クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Urinary organs
過活動膀胱
過活動膀胱(ぼうこう)とは、突然トイレに行きたくなる、日中や夜中に何度もトイレに行く、トイレまでがまんできずに漏らしてしまうなど排尿(はいにょう)(おしっこ)に関わる症状が現れる病気です。 ...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
泌尿器

過活動膀胱かかつどうぼうこう

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

過活動膀胱(ぼうこう)とは、突然トイレに行きたくなる、日中や夜中に何度もトイレに行く、トイレまでがまんできずに漏らしてしまうなど排尿(はいにょう)(おしっこ)に関わる症状が現れる病気です。

40歳以上の8人に1人が過活動膀胱であることがわかっています。「トイレが心配で旅行に行けない」「漏らしてしまうので外出できない」などと考えてしまいがちであるため、生活の質を損ねてしまうことがあり、自宅にひきこもりがちになってしまうといった恐れもあります。

原因

膀胱に尿がたまり膀胱の容積と圧力が増加すると、膀胱の知覚神経が感知し、その情報が脊髄(せきずい)を通って大脳へ伝わります。このとき、排尿できる状況であれば、大脳で意識的に尿の出口を調節する筋肉(尿道括約筋)を緩め、同時に自律神経系が自動的に膀胱の筋肉を収縮させることによって、排尿がおこります。つまり、排尿はたくさんの神経や筋肉が連動することで初めて正常に行われるのです。これらのどこかで異常が生じると、過活動膀胱などの排尿のトラブルが起きます。

過活動膀胱の原因は、神経系の異常で起こる神経因性過活動膀胱と神経系の異常とは関係なく起こる非神経因性過活動膀胱の2つに分けられます。

神経因性過活動膀胱

脳出血や脳梗塞などの脳血管障害やパーキンソン病などの神経変性疾患により起こります。

非神経因性過活動膀胱

男性の膀胱の下流にある前立腺という組織が尿道を狭くすることにより排尿を邪魔する病気(前立腺肥大症)や、女性の子宮や直腸が加齢に伴って尿道を狭くすること(それぞれ、子宮脱、直腸脱)などにより起こります。

症状

過活動膀胱の症状には、排尿に関わるさまざまなものがあります。たとえば、以下のような症状が一般的です。

  • 尿意切迫感:突然トイレに行きたくなるような場合を指します
  • 夜間頻尿:夜中に1回以上トイレに起きるような場合を指します
  • 昼間頻尿:日中8回以上トイレに行くような場合を指します
  • 切迫尿失禁:トイレまでがまんできずに漏らしてしまうような場合を指します

など

検査・診断

検査では、過活動膀胱の症状をチェックするために、過活動膀胱症状質問票(OABSS)というチェックシートの記入をおこないます。これにより過活動膀胱が疑われる場合には、膀胱の超音波検査による残尿測定をはじめ、原因を特定するためにCTやMRIなどの画像検査、または前立腺の診察や神経診察などを行い、治療すべき原因を調べます。

治療

過活動膀胱の治療の原則は薬物療法です。主に抗コリン薬、β3作動薬の2種類の薬が用いられます。いずれも膀胱の筋肉が過剰に収縮するのを抑えるはたらきや、膀胱の下流である尿道を拡げやすくするはたらきをもっています。

また、男性で前立腺肥大症と併存する場合にはα1ブロッカーも用いられます。そのほかにも、過活動膀胱の症状のひとつである頻尿に対しては漢方薬が有効となる場合があります。

そのほか、寒さや心理的ストレスが頻尿の原因になることがあります。そのため、問診からそれらが原因と考えられる場合には生活習慣の改善や心理療法などが必要となることもあります。

過活動膀胱の記事を読む

過活動膀胱の記事にご協力いただいている医師