骨・関節

鎖骨骨折(さこつこっせつ)

鎖骨骨折とは

鎖骨骨折とは、転倒などをきっかけとして肩や腕に力が加わることによって鎖骨が骨折することを指します。鎖骨骨折を発症すると、痛みを生じ、また肩を動かすのが困難になります。交通外傷で発症する場合には、より強い外力が加わることになり、神経損傷を生じることもあります。鎖骨骨折が骨折の中で占める割合は高く、骨折全体の10%ほどであるとの報告もあります。

鎖骨骨折の治療方針は、骨のずれ具合や皮膚から骨が飛び出ているかどうかなどによって決定されます。基本的には患部の安静を保つことが重要であり、鎖骨バンドと呼ばれるものを使用します。治療後の機能をしっかりと回復させるためにも、適切なタイミングでリハビリテーションを行うことも重要になってきます。

より詳しい情報は、記事①記事②をご覧ください

原因

鎖骨は、真上から見るとS字型をした骨であり、骨の太さも均一ではなく中央部から外側にかけて丸から三角形へと変化します。横断面で見た時に、丸から三角形に変化する部位は外力に対して弱く、鎖骨骨折が生じやすい部位として知られています。

鎖骨骨折は、転倒して肩や腕を強打した時に発症することがあります。その他、ラグビーやアメリカンフットボール、柔道などの激しいコンタクトスポーツに際しても、大きな外力が加わることになり鎖骨骨折は発症します。

鎖骨骨折は、転倒やスポーツ以外にも交通事故でも発症することがあります。交通外傷で発症する鎖骨骨折では、より強い外力が加わることも少なくはありません。鎖骨が位置する肩周囲には、神経を始めとした重要臓器が密接に存在している部位になります。従って、交通外傷による鎖骨骨折では神経損傷を生じるリスクが高まります。

より詳しい情報は、記事①記事②をご覧ください

症状

鎖骨骨折を発症すると、骨折が生じた瞬間に「ポキッ」という音を聞く方も少なくありません。鎖骨骨折が生じると、骨折が生じた部位の痛みや腫れが生じます。また痛みがあることと関連して、腕を挙げることができなくなります。鎖骨骨折で生じる痛みはとても強く、捻挫や脱臼よりも強いです。また、骨折をすると分断された鎖骨が正常の位置からずれてしまい、外観から見て皮膚が突出して見えることもあります。また鎖骨骨折を発症すると出血を伴うこととなり、数日経過してからあざが出来ることになります。

さらに鎖骨骨折では、近傍に存在する神経が損傷を受けることがあります。その結果、骨折部位とは関係ない手にしびれや痛みを生じることもあります。

また、鎖骨骨折では、骨折を起こした部位や骨のずれの状況などによっては偽関節の頻度が増すと言われています。

より詳しい情報は、記事①記事②をご覧ください

検査・診断

鎖骨骨折を発症すると、外表から見た時に骨がずれている様子が確認されたり、肩幅の左右差が生まれたりします。鎖骨骨折を診断するためにはが単純レントゲン写真が行われます。レントゲン写真を撮影する際も、一方向のみでは判りにくいこともあるため、異なった方向から鎖骨を撮影し、より立体的に評価がしやすい方法で行われることもあります。

より詳しい情報は、記事①記事②記事③をご覧ください

治療

鎖骨骨折の治療方針は、骨のずれ具合や皮膚から骨が飛び出ているかどうかなどによって決定されます。保存的な治療により治癒することが期待できる場合には、第一に胸を張るような状態を保持しながら、骨折部位のずれを整復します。その後、鎖骨バンドなどを利用して患部を固定、安静を保つようにします。痛みが強い場合には、鎮痛薬の使用も考慮します。安静を保つとはいえ全く腕を動かしてはいけないという訳ではなく、日常生活を送る上での適度の動作は行うようにします。

骨折による骨のずれが激しい場合や皮膚から骨が飛び出ているような場合は、手術(金属製のねじやプレートやワイヤなどを使用して骨折した箇所を結合させる手術)を行うことになります。また、保存療法を選択した場合も治癒過程が芳しくない場合には、骨盤骨を鎖骨へうつす手術療法が選択されることもあります。

鎖骨骨折では、治療後にリハビリが必要になることもあります。リハビリは今後の生活を左右する、とても重要な訓練です。しかし、理学療法士と作業療法士のどちらも在籍している施設はあまり多くありません。また、リハビリに通うということは、大変根気のいる行為です。そのため、ご自宅にて自己流でリハビリを行ってしまう患者さんが大変多いことが問題となっています。しかし、自己流でリハビリを行うのではなく、適切な指示のもと適切なリハビリを行うことがとても重要です。また、骨折の治癒過程を促進させるために、超音波や電気刺激を行うこともあります。

より詳しい情報は、記事①記事②をご覧ください