クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Neck
頚椎症
頚椎症とは、主に加齢により生じる椎間板の変性が引き金となって起こる頚椎の変形を指します。頚椎症は、あくまでも頚椎の形態学的な変化を指すものであり、それのみでは症状を呈することはありません。顔にシ...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
首

頚椎症けいついしょう

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

頚椎症とは、主に加齢により生じる椎間板の変性が引き金となって起こる頚椎の変形を指します。頚椎症は、あくまでも頚椎の形態学的な変化を指すものであり、それのみでは症状を呈することはありません。顔にシワができたり、シミができたりするように、加齢による変化であり、誰にでもみられうる生理的な変化です。

しかし、頚椎や椎間板の内部に位置する脊髄・神経根が圧迫刺激を受けると、手足のしびれや痛み、運動障害などを呈するようになります。これら神経圧迫に関連した症状が出現した場合には、内服薬や固定などの保存的治療や手術が検討されます。

原因

脊椎は、頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨、といった各部位に分かれて構成されており、「椎骨」と呼ばれる骨が縦に連なっています。椎体と椎体の間には、クッションの役割をする椎間板が存在しています。

しかし、椎間板は、加齢とともにクッションとしての役割が弱まり、椎体同士がより強い衝撃を持ってぶつかりあうようになります。この反応をきっかけとして、椎体には骨棘(こつきょく)と呼ばれる形態学的な変化が生じます。
骨棘自体は加齢により誰にでも形成され得るものですが、これが脊髄・神経根を圧迫することで頚椎症性脊髄症・神経根症を発症し、神経症状を引き起こします。

頚椎症性脊髄症は、骨棘の他に、頚椎椎間の不安定性も原因となります。これは、椎間板および椎間関節が徐々に変性して、ぐらぐら動くことによります。

また、椎体と椎間板は、縦に連なることで脊柱管と呼ばれる空間を内部に形成しています。脊柱管内部には神経の束である脊髄が存在しており、脊椎により外力から保護されています。
しかし、頚椎症による椎体・椎間板の変化(骨棘形成や不安定性)が生じると脊髄が圧迫を受け、頚椎症性脊髄症の原因となります。

さらに、生まれつき脊柱管が狭い方も頚椎症性脊髄症を発症しやすいです。頚椎の変形や骨棘はそれだけでは病気とはいえませんが、同じような骨棘が形成されたとしても脊柱管が狭い方は通常の方よりも症状が出やすくなります。これは黄色人種に多いことも知られており、白人には少ないため、頚椎症性脊髄症に対する手術は米国では我が国と比較すると少なくなります。

症状

頚椎症による頚椎や椎間板の変化のみでは、必ずしも症状を呈するわけではありません。

しかし、脊柱管内部に位置する脊髄や神経根が圧迫を受けることで、神経症状を認めるようになります。脊髄には感覚や運動を司る神経が存在しており、手足のしびれや痛み、手の動かしにくさ、つまずきやすさなどの症状がみられます。その他、自律神経が影響を受けることから、膀胱直腸障害(尿や便が出にくくなる)がみられることもあります。

神経圧迫に関連した症状は、基本的にはゆっくりゆるやかに進行することが多いです。しかし、そのなかでも比較的急速に症状が進行するケースがあり、数週間程度で歩けなくなることもあるため注意が必要です。

検査・診断

頚椎症が疑われる場合、頚部のレントゲン検査が第一選択で行われ、レントゲン写真を通して頚椎・椎間板の形態変化および動き(椎間板や椎体のずれやすべり、骨棘形成など)を確認します。脊髄・神経根に対しての圧迫症状がある場合には、より詳細な検査としてMRIが行われます。

ただし、無症状の方であってもMRI画像検査にて圧迫が確認される場合があります。頚椎症の治療方針決定に際しては、圧迫所見を確認することも大切ですが、自・他覚症状の有無が重視されます。そのためMRIで脊髄の圧迫が確認されたとしても無症状である場合には、特に治療介入はなされません。

治療

頚椎症においては、形態学的な変化があるのみでは必ずしも治療が必要というわけではありません。ただし、症状がある場合には、保存的療法や手術が検討されます。

頚椎症で行われる保存療法としては、内服薬(アセトアミノフェン、ロキソプロフェン等のNSAIDSやプレガバリンなど)の使用や頚椎カラーによる安静、牽引療法、温熱療法などがあります。また日常生活上、首をそらしすぎない、転倒しないということも重要です。

こうした保存的療法の効果がない場合や、日常生活に対しての障害が大きくなってきている場合には手術による治療を検討します。手術時期の決定に際しては、ADL(日常生活動作)の障害と仕事の関連に注目することも重要です。
基本的な手術の考え方は除圧と固定であり、椎弓形成術、前方除圧固定術、後方除圧固定術といった術式が存在します。なかでもメジャーな治療方法は、椎弓形成術や前方除圧固定術です。

手術方法の決定に際しては、患者さんの状態を個々に評価することで最終決定を行います。

頚椎症の記事を読む

もっとみる

頚椎症の記事にご協力いただいている医師