膵臓

2型糖尿病(にがたとうにょうびょう)

2型糖尿病とは

2型糖尿病とは、血液中のブドウ糖(血糖)が増えすぎる、すなわち血糖値が高くなってしまう病気です。糖尿病はその発症要因により1型、2型、妊娠糖尿病、その他に分けられますが、なかでも2型糖尿病は90%以上を占め、最も多いとされています。遺伝的な要因もありますが、食生活や運動不足に起因する生活習慣病の一つでもあります。糖尿病自体は当初無症状で経過することが多い病気ですが、網膜症、腎症、神経障害といったいわゆる3大合併症のみならず、心筋梗塞や脳梗塞などにつながる危険性があります。また、最近では糖尿病を発症すると歯周病や認知症、がん、骨粗鬆症にかかりやすくなるということも知られてきています。

より詳しい情報は、記事①記事②をご参照ください

より詳しい情報はこちら

原因

2型糖尿病には、インスリン分泌が低下している場合とインスリンのはたらきが悪くなる(インスリン抵抗性)場合があります。その原因としては、遺伝因子と環境因子が挙げられます。インスリン分泌または機能に関わる遺伝子は複数報告されており、それらの遺伝子異常が重なるほど発症しやすくなるといわれています。環境因子としては、肥満、運動不足、食生活が欧米化したことによる脂質摂取量の増加が考えられます。

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

症状

糖尿病発症初期においては、無症状であることがほとんどであるといえます。2型糖尿病の場合、ゆっくりと時間をかけて血糖値が上昇していくため、ある程度進行した状態になるまで自覚症状が現れません。血糖値が上昇すると、糖を尿から排出する動きが強まるため、多尿となります。多尿により体内の水分が奪われるため口や喉が異常に渇くようになり、水分を補給するために多飲となります。その他、食欲増進、疲れやすい、体重減少といった症状も認められます。また、進行するとさまざまな合併症のリスクが伴います。三大合併症と呼ばれる糖尿病網膜症、糖尿病神経障害、糖尿病腎症のみならず、免疫力低下による感染症、心筋梗塞、脳卒中などが挙げられます。

より詳しい情報は、記事①記事②記事③をご参照ください

より詳しい情報はこちら

検査・診断

2型糖尿病の診断には血液検査が用いられます。まずはじめに確認するのは、血糖値です。血糖値は食事のタイミングにより、「空腹時血糖」と「随時血糖」に分けられます。糖尿病の診断にあたっては、空腹時血糖126mg/dl以上または随時血糖200mg/dl以上が条件の一つに含まれています。血糖値に加え、HbA1c(ヘモグロビンA1c)の値も重視されています。血液中のブドウ糖が赤血球中のヘモグロビンと結合すること、赤血球の寿命が4か月であることから、HbA1c値は過去1~2か月の血糖の平均を反映しているといわれています。6.5%以上が確認されれば糖尿病であると診断されます。この他、75g経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)が実施されることもあります。この検査では、75gのブドウ糖もしくはそれに相当するものを摂取した後、時間経過と共に採血、血糖値を測定します。健常者の場合、糖分摂取後30分ごろに最大値をむかえ、その後2時間ほどで基準値にもどります。しかし、糖尿病の場合には十分に下がらず高値のままです。2時間値が200mg/dl以上が診断条件の1つとなっています。2型糖尿病は、前述した検査結果を組み合わせて診断されます。

より詳しい情報は、記事①記事②をご参照ください

より詳しい情報はこちら

治療

2型糖尿病治療の基本は、食事療法と運動療法です。食事を改善し、適度な運動を生活に取り入れた上で、薬も上手に組み合わせるといったバランスのとれた治療が重要になります。食事療法といっても、特別な食事が必要なわけではありません。日常生活における身体活動量と体重などから摂取すべき適正なエネルギー摂取量を知り、炭水化物50~60%、タンパク質15~20%、脂質20~25%のバランスよい食事が推奨されています。また、食後の血糖値上昇を抑えるべく、具体的な食事内容、食事の摂り方なども指導されます。運動療法も特別に激しい運動が必要とされるわけではなく、日常生活で体をまめに動かすなど、継続的に身体活動量を増やしていく必要があります。このような食事療法や運動療法を励行しても血糖値がコントロールできない場合には、薬物療法が実施されます。病態に応じたインスリン以外の経口糖尿病薬による薬物療法を行った後、それでも効果が認められない場合には、インスリン療法が必要になります。

より詳しい情報は、記事①記事②記事③記事④記事⑤をご参照ください

2型糖尿病の記事を読む

もっとみる

2型糖尿病の記事にご協力いただいている医師