クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Lung
RSウイルス(子ども)
RSウイルスとは、主に秋から冬に流行する風邪のウイルスの一種です。免疫力が正常な方がかかった場合には、鼻水や咳程度の軽い感冒症状(風邪のような症状)ですむことがほとんどです。 RSウイルス...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
肺

RSウイルス(子ども)あーるえすういるす

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

RSウイルスとは、主に秋から冬に流行する風邪のウイルスの一種です。免疫力が正常な方がかかった場合には、鼻水や咳程度の軽い感冒症状(風邪のような症状)ですむことがほとんどです。

RSウイルスは、2歳までにほぼ全員が感染するほどありふれた風邪の病原体です。しかし、一度RSウイルスにかかったとしても、一生涯の免疫が得られるわけではないため、成人になるまでに何度もRSウイルスにかかる可能性はあります。

RSウイルスの患者さんは、例年インフルエンザの流行に先駆けてみられるようになります。具体的には、夏頃から春先まで、特に秋から年末において流行することが多いです。

原因

RSウイルスは、患者さんの鼻水や唾液、手を介して感染します。特に家庭内においてうつりやすいことが知られています。ウイルスが付着した箸やタオル、おもちゃやドアノブなどを介してRSウイルスは広がります。

鼻や口に入ったRSウイルスは、年齢、基礎疾患(もともと持っている病気)の有無、アレルギー素因(アレルギーを起こしやすい体質)などの要素が複合的に関連して、場合によって下気道にまでウイルスが広がります。下気道まで広がると、急性細気管支炎や肺炎などの病気を引き起こすことがあります。

また、RSウイルスにはインフルエンザウイルス同様に型が存在しています。大きくA型とB型の二つに分類されており、一般にA型のほうが重症になりやすいと考えられています。

症状

ウイルスに感染してから症状が出現するまでの潜伏期間は約4日間です。感染の初期には、鼻水やのどの痛みがみられ、その1〜3日後に咳がでるようになります。成人や学童期の子どもであれば、これらの症状は数日の経過で「風邪」として治癒します。

重症化する可能性も

しかし、乳児や心臓・肺の病気を持つ子ども、ダウン症の子ども、早産児、免疫不全の子どもなどがRSウイルスに感染すると、さらに症状が進行し重症化する危険性があります。


風邪症状が数日間続いた後、肺に近い気道である細気管支に炎症がおよぶと、呼吸の状態が悪化してゼイゼイと音が聞こえるようになります。乳児の場合、哺乳量が低下したり、肋骨と肋骨の間がへこむ呼吸がみられたりすることもあります。これらの症状は1週間程度をピークとして回復傾向に向かいます。しかし、RSウイルス感染症の後に気道が過敏になり、風邪をひくたびにゼイゼイすること(喘鳴(ぜんめい))を繰り返すようになることもあります。

生後1か月までの子どもがRSウイルスにかかった場合は、典型的な呼吸器の症状ではなく、息を止めて唇が紫色になるような「無呼吸発作」がみられる場合が多いです。無呼吸発作とは、その言葉から想像されるように呼吸を止めてしまうことであり、突然死を引き起こすこともあるほど危険な状態です。

その他の症状

その他、中耳炎を合併することもまれではなく、耳の痛みからの不機嫌などを認めることもあります。さらに特殊な病態として、「ADH分泌異常症候群(SIADH)」と呼ばれる状況となることもあります。


この状態では、体内のナトリウムイオンのバランスが崩れてしまい、哺乳低下や傾眠傾向、けいれん等の症状が現れることもあります。

検査・診断

RSウイルスの診断では、鼻咽頭拭い液(びいんとうぬぐいえき)を利用した迅速キットで検査を行います。

また、PCR法と呼ばれる検査が行われることもありますが、一般の診療で広く用いられるような検査ではありません。老人ホームや介護施設などにおける、RSウイルスの流行を把握するためなど、特殊な状況で行われる検査方法になります。

その他、ウイルスを直接分離する「ウイルス分離」と呼ばれる方法もありますが、ウイルス自体が環境中で不安定であり検体の取り扱いに注意が必要です。必ずしも検査が簡単ではなく、迅速キットと比較して取り扱いに困難な部分も多いため、一般の診療では第一選択にはなりにくいです。

治療

RSウイルスに対して効果がある抗ウイルス薬は存在しません。そのため、水分と栄養をとりながら鼻水をこまめに吸引して回復を待ちます。呼吸障害が強くなった場合には、重症度に応じて、酸素、加湿、人工呼吸管理等を行います。細菌感染の合併が疑われるときには、抗生物質の投与を行います。

無呼吸発作に対しては、キサンチン製剤を用いて無呼吸の予防を行います。それでも無呼吸発作が頻回に生じる場合には、RSウイルス感染症の回復を待ちながら人工呼吸管理を一時的に行うこともあります。ADH分泌異常症候群を発症した場合は、水分制限を中心としてナトリウムバランスの調整を行います。

予防

早産児や、肺や心臓などに病気を持つ子ども、ダウン症児、免疫不全を伴う新生児・乳児に対してRSウイルスの予防を目的とした注射を用いることができます。

RSウイルス(子ども)の記事を読む

もっとみる

RSウイルス(子ども)の記事にご協力いただいている医師