南雲 正士 先生のプロフィール

南雲 正士 先生

なぐも まさし

南雲 正士 先生

医療法人社団健育会 石川島記念病院 院長

専門分野

心臓血管外科

紹介

独立行政法人国立病院機構東京医療センター手術診療部長・心臓血管外科医長を経て、2014年に心臓病センターを新設しリニューアルした石川島記念病院に、センター長として就任。現在、病院長。心臓血管外科の第一人者であり、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対するオフポンプ・バイパス手術の有用性がわかってからは、いち早くその手術方法を取り入れ、手技の確立と術式の標準化につとめてきた。

略歴

1983年 慶應義塾大学医学部卒業
1987年 慶應義塾大学大学院修了
1990年 医学博士取得
1983年 慶應義塾大学医学部助手研修医
1985年 国立療養所晴嵐荘病院
1985年 慶應義塾大学医学部助手
1987年 平塚市民病院
1989年 慶應義塾大学助手
1990年 平塚市民病院
1991年 済生会宇都宮病院
1995年 米国アラバマ大学フェロー
1996年 慶應義塾大学医学部客員講師
1998年 東海大学専任講師
2000年 セコメディック病院、心臓血管外科部長
2002年 足利赤十字病院、心臓血管外科部長
2005年 独立行政法人国立病院機構 東京医療センター、心臓血管外科部長
2013年 慶應義塾大学医学部講師(非常勤)
2013年 石川島記念病院 

所属学会・資格・役職など

医学博士
外科専門医
心臓血管外科専門医、修練指導者
日本外科学会認定医、指導医
日本胸部外科学会認定医、指導医
心臓血管外科学会国際会員

受賞・著書・論文など

【著書・総説】

Masashi Nagumo, Kozo Kawada, Tadashi Inoue, Tetuichi Shibata, Seiichi Inayama : Biochemical study of healing process of experimental dissecting aneurysms of the aorta. Cytoprotection and Cytobiology, (Yukio Nagamachi Ed.), Cytomedica, London 1989 : 185 – 193

南雲正士,川田光三,井上正,柴田徹一,稲山誠一:解離性大動脈瘤に関す る実験的研究 瘤壁の治癒過程の生化学的検討.Cyto-protection Biology   6巻(長町幸雄 編), 蟹書房,東京 1988:211 - 221

南雲正士:新しい針、PN針。慶應医学 1998; 75: 155

南雲正士:西平論文(体外循環心停止下、超音波メスによる完全心膜切除が有効であった収縮性心膜炎の1例)に対するEditorial Comment 心臓 39(4): 383、2007

南雲正士:Off-pump CABG 術中のIABP 駆動 一安定した心電図トリガー法一。わが国で生まれた心臓血管外科手

【著書・総説】

Masashi Nagumo, Kozo Kawada, Tadashi Inoue, Tetuichi Shibata, Seiichi Inayama : Biochemical study of healing process of experimental dissecting aneurysms of the aorta. Cytoprotection and Cytobiology, (Yukio Nagamachi Ed.), Cytomedica, London 1989 : 185 – 193

南雲正士,川田光三,井上正,柴田徹一,稲山誠一:解離性大動脈瘤に関す る実験的研究 瘤壁の治癒過程の生化学的検討.Cyto-protection Biology   6巻(長町幸雄 編), 蟹書房,東京 1988:211 - 221

南雲正士:新しい針、PN針。慶應医学 1998; 75: 155

南雲正士:西平論文(体外循環心停止下、超音波メスによる完全心膜切除が有効であった収縮性心膜炎の1例)に対するEditorial Comment 心臓 39(4): 383、2007

南雲正士:Off-pump CABG 術中のIABP 駆動 一安定した心電図トリガー法一。わが国で生まれた心臓血管外科手術 先達の創意工夫に学ぶ(Developing the Academic Surgeon 編、責任編集 川副浩平)、メジカルビュー社、東京 2013(10): 76 - 77

【論文】

1 Nagumo M, Kiso I, Misumi T, Yasudo M, Nakada K, Mukai M. Cardiac extention of intravenous leiomyomatosis with successful resection. Tokai J Exp Cli Med 1997; 22: 125-131

2 Nagumo M, Kiso I, Misumi T, Onoguchi K, Ito T. Left atrial ball thrombus in a patient without mitral valve disease. Tokai J Exp Cli Med 1997; 22: 159-161

3 Nagumo M, Kiso I, Takahashi R, Mori A, Masuda Y. Redo cardiac surgery for atrial septal defect in a patient with idiopathic thrombocytopenic purpura preoperative management with high-dose intravenous gamma-globilin. J Cardiovasc surg

4 Ogino M, Nagumo M, Nakagawa T, Nakatukasa M, Murase I. Axilloaxillary bypass for the Treatment of subclavian artery stenosis complicated by bilateral common carotid artery occlusion : Technucal case report. Neurosurg 2003; 53: 444-447

5 Tsutsumi K, Ito T, Takeda N, Nagumo M. Successful surgical repair of an elderly patient with tetoralogy of Fallot : a case report. Ann Thorac Cardivasc Surg. 13(2) : 125 – 127, 2007

6 Yoshitake A, Nagumo M, Okamoto M, Osumi K. Heparin – induced Thrombocytopenia with associated thrombosis causing multiple thrombosis with aortic occlusion : Report of a case. EJVES Extra 2008 ; 15 : 24 – 26

7 Tsutsumi K, Nagumo M, Nishikawa K, Takahashi R. Effect of prosthesis – patient mismatch on survival after aortic valve replacement using mechanical prosthesis in patients with aortic stenosis. Gen Thorac Cadiovasc Surg 2008; 56 : 577 – 583

8 内藤千秋,川田光三,早川誠悟,上田敏彦,祝井文治,金子寛,南雲正士, 井上正:破裂性腹部大動脈瘤の外科治療に関する検討.日本心臓血管外科学 会雑誌 1985; 15:148 - 149

9 三角隆彦,竹内成之,今村洋二,上田敏彦,広谷隆,下山嘉章,金子寛,鈴 木孝明,南雲正士:Nonvalved conduit を用いた総動脈幹症に対する乳児期 根治手術の1治験例.臨床胸部外科 1985; 5:248 - 254

10 相馬康宏,上田敏彦,広谷隆,南雲正士,川田光三,井上正:経大動脈的に摘出した多発性左室粘液腫の1治験例.日本胸部外科学会雑誌 1986:; 34:1834 -1838

11 南雲正士,川田光三,鈴木孝明,井上正:急性期および慢性期大動脈解離の 壁強度に関する実験的研究.日本心臓血管外科学会雑誌 1988; 18:477 – 479

12 申範圭,川田光三,四津良平,鈴木孝明,南雲正士,井上正:胸腹部大動脈 瘤の外科治療.臨床胸部外科 1989; 9:441 – 446

13 南雲正士:解離性大動脈瘤における瘤壁の構築と強度の経時的変化に関する 実験的研究.慶応医学 1990; 67:231 - 247

14 南雲正士,四津良平:胸部大動脈瘤の外科治療 - 最近の動向 胸部大動脈 瘤の外科治療における対麻痺の発生と予防法.医学のあゆみ 1990; 153:284 - 287

15 下山 嘉章,相馬康宏,南雲正士,鈴木孝明,井上正:開心術後の多臓器不 全例の検討.日本心臓血管外科学会雑誌 1990; 20:593 - 594

16 南雲正士,相馬康宏,井上正:保存的治療の適応と限界 - 外科から,内科 から 感染性心内膜炎 コメント.臨床外科 1990; 45:1612 - 1613

17 南雲正士,竹内成之,今村洋二,鈴木孝明,黒坂有,志水秀行,工藤樹彦, 井上正:Two - patch 法による完全型心内膜床欠損の外科治療成績の検討. 日本心臓血管外科学会雑誌 1991; 20:783 – 785
9 加藤木利行,竹内成之,今村洋二,鈴木孝明,南雲正士,川田志明:完全型 心内膜床欠損症の手術.日本胸部外科学会雑誌 1991; 39:693 - 694

18 小野口勝久,川田光三,四津良平,南雲正士,高橋隆一,志水秀行,川田志 明:胸部下行大動脈瘤手術における補助手段の検討(シャントチューブと遠 心ポンプ).人工臓器 1991; 20:711 – 714

19 志水秀行,相馬康宏,四津良平,南雲正士,鈴木孝明,黒坂有,井上正:糖尿病合併症例における体外循環回路内充填液に関する臨床的検討.日本心臓血管外科学会雑誌 1991; 20:1153 - 1154

20 大蔵幹彦,三角隆彦,南雲正士,酒井隆,川田光三:右鎖骨下動脈起始異常 の成人例に対する胸骨正中切開前方到達法による1治験例.日本胸部外科学 会雑誌 1991; 39:2234 - 2239

21 申範圭,林郁夫,上田敏彦,南雲正士,小野口勝久,小梶清和,江尻成昭, 三橋武司:竹内法を施行した成人の左冠動脈肺動脈起始異常症の1例  術後 近接期および遠隔期成績.胸部外科 1992; 45:533 - 536

22 三角隆彦,大蔵幹彦,南雲正士,志水秀行:外傷性三尖弁閉鎖不全症の1手 術治験例.日本心臓血管外科学会雑誌 1992; 21:484 - 488

23 木曽一誠,梅津泰洋,南雲正士,森厚夫:特集 Annuloaortic ectasia の外科治療 Annulo aortic ectasia に対するModified Bentall 手術と術中自己血輸血法の検討.臨床胸部外科 1993; 13:145 - 148

24 三角隆彦,木曽一誠,南雲正士,高橋隆一,小野口勝久,伊藤努:成人開心 術における自己濃厚血小板血漿 (自己PRP) の効果に関する検討.日本胸部外 科学会雑誌 1995; 43:6 - 9

25 三角隆彦,木曽一誠,南雲正士,小野口勝久,伊藤努:腹部大動脈瘤術後に 合併した急性非閉塞性腸間膜血行障害による広範囲腸管壊死の2症例.日本 血管外科学会雑誌 1995; 4:465 - 468

26 斉藤温彦,野間重孝,松原隆,佐藤吉弘,安戸幹人,三角隆彦,南雲正士, 木曽一誠:二次孔欠損型心房中隔欠損症に発生した肺動脈弁感染性心内膜炎 の1例.心臓 1996; 28:326 - 329

27 高橋隆一,木曽一誠,南雲正士,長秦則:開心術においてヘパリンコーテイ ング体外循環回路は有用か 凝固能に関して. 人工臓器 1997; 26:41-45

28 長泰則、木曽一誠、南雲正士、高橋隆一、森厚夫。Stanford A 型大動脈解離の急性期治療の検討。1997; 8: 331-337

29 高橋隆一、木曽一誠、南雲正士、長泰則。心筋梗塞後巨大左室仮性瘤に対する手術経験。胸部外科 1998; 51: 231-234

30 小野達也、勝野寿人、小沢豊、中村一男、伊藤努、南雲正士:閉鎖式部分対外循環下に胸腹部大動脈瘤人工血管置換術を行った1例。対外循環技術32 : 189 – 192, 2005

31 森庸介、金子武彦、青山康彦、鈴木聖子、高山渉、宮下佳子、吉川保、小林佳郎、南雲正士、上門真一:off-pump CABG術中のIABP駆動の新しい心電図トリガー法の工夫 麻酔56(1) : 87 - 90, 2007

32 岡本雅彦、南雲正士、後藤哲哉、吉武明弘、三木隆久、大住幸司:腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術後に発症したコレステロール塞栓症の1例。日本心臓血管外科学会雑誌 39(4)、199-202、2010

33 岡本雅彦、南雲正士、後藤哲哉、吉武明弘、三木隆久、大住幸司:IgG4関連疾患による冠動脈周囲腫瘍の1例。日本心臓血管外科学会雑誌 39(4)、230-233、2010

【学会】

1 相馬康宏,上田敏彦,広谷隆,下山嘉章,金子寛,南雲正士,内藤千秋,川 田光三,井上正:経大動脈的に摘出せる左室粘液腫の1例.第52回 日本 胸部外科学会関東甲信越地方会,1984

2 南雲正士,林郁夫,広谷隆,下川路正健,竹内成之:左冠状動脈肺動脈起始 症の一治験例 竹内法による経験.第40回 国立病院療養所総合医学会, 1985

3 南雲正士,林郁夫,広谷隆,下川路正健,竹内成之:Blant - White - Garland 症候群の竹内法による1治験例.第54回 日本胸部外科学会関東甲 信越地方会,1985

4 相馬康宏,上田敏彦,広谷隆,下山嘉章,金子寛,南雲正士,内藤千秋,川 田光三,井上正:経大動脈左室内粘液腫摘出術.第85回 日本外科学会総 会,1985

5 内藤千秋、川田光三、早川誠悟、上田敏彦、祝井文治、金子寛、南雲正士、井上正:破裂性腹部大動脈瘤の外科治療に関する検討。第15回 日本心臓血管外科学会総会、1985

6 鈴木孝明,川田光三,今村洋二,早川誠悟,大平貴之,三角隆彦,南雲正士, 井上正:大動脈遮断における体性感覚誘発電位 (SEP) の変動に関する検討. 第26回 日本脈管学会総会,1985

7 林郁夫,広谷隆,南雲正士,下川路正健,菊池正子,柳内登,唐沢和夫:循 環器科開設後1年3ヶ月を経過して(活動の一端としての虚血性心疾患の手 術).第40回 国立病院療養所総合医学会,1985

8 大谷一,益子満男,渡辺定友,林郁夫,広谷隆,下川路正健,南雲正士:冠 動脈造影術中のEKGモニターについて(胸部誘導記録の効用).第40回  国立病院療養所総合医学会,1985

9 林郁夫,広谷隆,下川路正健,南雲正士,益子満男,川上重光,柳内登,唐沢和夫:循環器科1年の経歴(地域医療への参加と今後の問題点).第40回 国立病院療養所総合医学会,1985

10 南雲正士,川田光三,上田敏彦,祝井文治,饗庭了,井上正:急性大動脈解 離 ( Ⅰ型,Ⅲ型 ) 作製実験の手技と実際 .第39回 日本胸部外科学会総会, 1986

11 上田敏彦,川田光三,相馬泰宏,南雲正士,申範圭,広谷隆,祝井文治,井 上正:DeBakey Ⅲ型解離性大動脈瘤におけるl ATR(左側大動脈胸郭比)の 経時的変化の検討.第27回 日本脈管学会総会,1986

12 上田敏彦,川田光三,相馬康宏,祝井文治,広谷隆,下山嘉章,三角隆彦, 南雲正士,井上正:DeBakey Ⅲb型解離性大動脈瘤の遠隔期予後に影響する 因子の検討.第39回 日本胸部外科学会総会,1986

13 南雲正士,川田光三,熊丸裕也,下山嘉章,田口真一,井関治和,志水秀行, 井上正:胸部と腹部大動脈瘤の合併例に対する1期的手術の検討.第28回  日本脈管学会総会,1987

14 南雲正士,川田光三,鈴木孝明,井上正,細田泰弘,内田和秀,斉藤真一,柴田徹一,稲山誠一:大動脈解離における瘤壁の強度と構築の経時的変化に関する実験的研究.第40回 日本胸部外科学会総会,1987

15 南雲正士,川田光三,井上正,柴田徹一,長嶋真枝,稲山誠一:コラーゲン 研究最近の進歩 (1)   コラーゲン-フロー定量法 ( KISO-FIA 法 )の開発と解 離性大動脈瘤に対する適用.第67回 慶応医学会総会,1987

16 南雲正士,川田光三,井上正,細田泰弘,柴田徹一,長嶋真枝,原晴子,稲 山誠一:創傷治癒におけるコラーゲンの消長と関連酵素活性(10)  (KISO 法 28 ) 犬の実験的解離性大動脈瘤の治癒過程とコラーゲン代謝.第108回  日本薬学会,1988

17 祝井文治,川田光三,今村洋二,蜂谷貴,南雲正士,鈴木孝明,井上正:解離性大動脈瘤モデルによる拍動流下の流体力学的解析と臨床症例の検討.第87回 日本外科学会総会,1987

18 四津良平,川田光三,相馬康宏,下山嘉章,南雲正士,蜂谷貴,井上正,半 田俊之介,大西祥平,阿部純久:PTCA直後に施行した緊急CABGの1例. 第62回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会 1987

19 広谷隆,川田光三,竹内成之,今村洋二,下山嘉章,南雲正士,鈴木孝明, 井上正:左大動脈弓,右下行大動脈の3例の経験.第61回 日本胸部外科学 会関東甲信越地方会,1987

20 鈴木孝明,川田光三,上田敏彦,早川誠悟,祝井文治,南雲正士,井上正: 胸部下行大動脈遮断時における脊髄誘発電位モニターの有用性.第40回  日本胸部外科学会総会,1987

21 竹内成之,今村洋二,熊丸祐也,下山嘉章,三角隆彦,南雲正士,田口真一, 井関治和,井上正:両大血管右室起始症の開心術.第40回 日本胸部外科 学会総会,198

22 南雲正士,川田光三,鈴木孝明,井上正,細田泰弘:大動脈解離発生後の瘤 壁の組織学的変化に関する実験的研究.第29回 日本脈管学会総会,1988

23 南雲正士,大蔵幹彦,吉川広,椎名豊:大動脈炎による両側冠動脈入口部狭 窄にたいし緊急CABGを施行した1治験例.第67回 日本胸部外科学会関東 甲信越地方会,1988

24 南雲正士,川田光三,鈴木孝明,井上正,細田泰弘,大西陽三:急性期およ び慢性期大動脈解離の壁強度に関する実験的研究.第18回 日本心臓血管 外科学会学術総会,1988

25 大蔵幹彦,南雲正士,吉川広,川田光三,菊地功次:二弁置換術後約1年の 経過中に併発した気管狭窄,上行大動脈仮性動脈瘤,胸骨感染に対する1手 術治験例.第66回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1988

26 四津良平,川田光三,相馬康宏,南雲正士,志水秀行,井上正:Ⅲ型解離性 大動脈瘤の外科治療に関する検討.第30回 日本脈管学会総会,1989

27 工藤樹彦,井関治和,志水秀行,南雲正士,四津良平,川田光三,井上正: DeBakey Ⅱ型に対するBentall 術後、Ⅲb型に対し,全下行大動脈完全置換手 術を行った1治験例.第71回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1989

28 南雲正士,青木明人,岡斧繁夫,金井歳雄,島田英雄,正村滋,柳瀬豊,塚 本恵,宮尾裕之,大木和明,深井志摩夫:完全型縦隔内甲状腺腫の1治験例. 第75回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1990

29 南雲正士,相馬康宏,四津良平,芳賀佳之,古梶清和,井上正:AVR後の 全周性膿瘍を伴う人工弁感染に対する1手術例.第73回 日本胸部外科学会 関東甲信越地方会,1990

30 南雲正士,川田光三,四津良平,黒坂有,高橋隆一,小野口勝久,志水秀行, 川田志明:胸部大動脈瘤,とくに胸部下行大動脈遮断例の外科治療の検討. 第43回 日本胸部外科学会総会,1990

31 南雲正士,川田光三,鈴木孝明,田口真一,小野口勝久,井関治和,志水秀 行,井上正:胸部下行大動脈遮断による対麻痺合併例の検討.第90回 日 本外科学会総会,1990

32 四津良平,川田光三,南雲正士,川田志明:胸部大動脈瘤の手術成績の検討. 第31回 日本脈管学会総会,1990

33 小野口勝久,川田光三,四津良平,南雲正士,黒坂有,高橋隆一,志水秀行, 川田志明:胸部下行大動脈瘤手術における遠心ポンプによる補助手段の検討. 第31回 日本脈管学会総会,1990

34 高橋隆一,川田光三,四津良平,南雲正士,黒坂有,小野口勝久,志水秀行, 川田志明:De Bakey Ⅲ型解離性大動脈瘤に対する広範囲置換術.第31回  日本脈管学会総会,1990

35 下山嘉章,相馬康宏,南雲正士,鈴木孝明,井上正:開心術後の多臓器不 全例の検討.第20回 日本心臓血管外科学会学術総会,1990

36 志水秀行,相馬康宏,四津良平,南雲正士,鈴木孝明,黒坂有,井上正:糖尿病合併症例における体外循環回路内充填液に関する臨床的検討.第20回 日本心臓血管外科学会学術総会,1990

37 加藤木利行,竹内成之,今村洋二,南雲正士,鈴木孝明,川田志明:完全型 心内膜床欠損症の手術.第43回 日本胸部外科学会総会,1990

38 大蔵幹彦,南雲正士,三角隆彦,椎名豊,酒井隆,川田光三:右鎖骨下動脈 起始異常の胸骨正中切開前方到達法による1手術治験例.第76回 日本胸 部外科学会関東甲信越地方会,1990

39 大久保暢之,三浦敏洋,伊従茂,椎名豊,酒井隆,南雲正士,三角隆彦,大 蔵幹彦:嚥下困難を主訴とし,手術を施行した右鎖骨下動脈起始異常の一例. 第398回 日本内科学会関東地方会,1991

40 梅津泰洋,木曽一誠,南雲正士,森厚夫:循環停止法を用いた上行弓部大動 脈瘤,最近の5例.第79回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1991

41 梅津泰洋,木曽一誠,南雲正士,森厚夫:左肺動脈欠損を伴うⅠ型総動脈幹 症に対し,径12mmのConduit Repair を施行した術後8年間の経過(心カ テ,肺生検)についての検討.第80回 日本胸部外科学会関東甲信越地方 会,1991

42 南雲正士,木曽一誠,梅津泰洋,森厚夫,井関治和:弓部大動脈瘤手術にお ける低体温循環停止法,逆行性脳潅流法の検討.第22回 日本心臓血管外 科学会学術総会,1992

43 南雲正士,木曽一誠,梅津泰洋,森厚夫,三角隆彦,安戸幹人:Stanford A 型大動脈解離の外科治療における低体温循環停止法,逆行性脳潅流法の検討. 第33回 日本脈管学会総会,1992

44 南雲正士,木曽一誠,三角隆彦,安戸幹人,野間重孝,松原隆,中田浩一: 右心室内まで進展したIntravenous Leiomyomatosis の1手術例.第83回 日 本胸部外科学会関東甲信越地方会,1992

45 南雲正士,木曽一誠,三角隆彦,安戸幹人,野間重孝,松原隆,中田浩一: 右心室内まで進展したIntravenous Leiomyomatosis の1手術例.第93回 日 本外科学会総会,1993

46 森厚夫,梅津泰洋,南雲正士,木曽一誠:解離性大動脈瘤(A型,心タンポ ナーデ)の術後第12日に生じた急性下肢動脈閉塞の1例.第12回 北関 東循環不全研究会,1992

47 森厚夫,南雲正士,梅津泰洋,木曽一誠,四津良平,川田志明:胸部大動脈 瘤手術における顆粒球エラスターゼ値の変動とミラクリッド.宇都宮地区M RCの会,1992

48 木曽一誠,梅津泰洋,南雲正士,森厚夫,広谷隆,井関治和:Modified Bentall 手術.第22回 日本心臓血管外科学会学術総会,1992

49 Issei Kiso, Yasuhiro Umezu, Masashi Nagumo, Atuo Mori:Modified Bentall Procedure for Annulo Aortic Ectasia. 41st International Congress,The  Europian Society for Cardiovascular Surgery,1992

50 木曽一誠,梅津泰洋,井関治和、南雲正士:解離性大動脈瘤(DeBakey Ⅱ+Ⅲb)の弓部および下行大動脈再建。第33回 日本脈管学会総会,1992

51 三角隆彦,木曽一誠,南雲正士,安戸幹人:虚血性心疾患を合併した大血管 疾患の管理 ー非心臓手術,心臓手術ー.第5回 心と血管の会,1992

52 安戸幹人,木曽一誠,三角隆彦,南雲正士,梅津泰洋,森厚夫,野間重孝: 弁輪膿瘍を伴った大動脈弁位人工弁感染に対する一治験例.第84回 日本 胸部外科学会関東甲信越地方会,1992

53 南雲正士,木曽一誠,三角隆彦,小野口勝久,安戸幹人:肺血管病変 ( Heath - Edwards, grade 3 ) を有する37才,VSD,PHの1例.第86回 日本胸 部外科学会関東甲信越地方会,1993

54 三角隆彦,木曽一誠,南雲正士,小野口勝久,安戸幹人:開心術時IABP 使用例の遠隔成績.第13回 北関東循環不全研究会,1993

55 安戸幹人,木曽一誠,三角隆彦,南雲正士,小野口勝久:肺動脈弁心内膜炎 を合併したASDの1例.第85回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会, 1993

56 三角隆彦,木曽一誠,南雲正士,安戸幹人:開心術時IABP使用例の早期 及び遠隔成績についての検討.第23回 日本心臓血管外科学会学術総会, 1993

57 小野口勝久,木曽一誠,三角隆彦,伊藤努,南雲正士.左冠洞にも瘤を伴った無冠洞心外型バルサルバ洞動脈瘤の1例.第87回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1993

58 木曽一誠,三角隆彦,南雲正士,小野口勝久,安戸幹人:小児無輸血開心術 の検討 ( 乳児でどこまで可能か ).第46回 日本胸部外科学会総会,1993

59 三角隆彦,木曽一誠,南雲正士,小野口勝久,安戸幹人:成人開心術におけ るPlasma Saver の効果に関する検討.第46回 日本胸部外科学会総会, 1993

60 木曽一誠,三角隆彦,南雲正士,小野口勝久,安戸幹人:解離性大動脈瘤 (type A)の弓部再建術の検討( 低体温循環停止,逆行性脳潅流併用 ). 第34回 日本脈管学会総会,1993

61 南雲正士,木曽一誠,三角隆彦,小野口勝久,伊藤努,浜野恭之:胸骨正中切開手術後重症胸骨感染に対する持続洗浄法の工夫.第24回 日本心臓血管外科学会学術総会,1994

62 南雲正士,木曽一誠,三角隆彦,小野口勝久,伊藤努:僧房弁病変を伴わな い左房内巨大血栓症の1例.第90回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会, 1994

63 南雲正士,木曽一誠,三角隆彦,小野口勝久,伊藤努:急性動脈閉塞に対す る緊急血行再建術,救命救急病院での経験.第22回 日本血管外科学会総 会,1994

64 南雲正士,木曽一誠,高橋隆一,長泰則:CABG10年後に,心後方の限局 した血腫による急性左心不全を来した1例.第92回 日本胸部外科学会関 東甲信越地方会,1994

65 小野口勝久,木曽一誠,三角隆彦,南雲正士,伊藤努:破裂性腹部大動脈瘤 治療成績向上に向けての工夫.第24回 日本心臓血管外科学会学術総会, 1994

66 伊藤努,木曽一誠,三角隆彦,南雲正士,小野口勝久:心房中隔欠損症+左 室右房交通症の1治験例.第89回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会, 1994

67 森厚夫,四津良平,上田敏彦,田口真一,黒坂有,梅津泰洋,南雲正士,木 曽一誠,川田志明:胸部大動脈瘤における多核白血球の活性化と術後多臓器 不全との相関 顆粒球エラスターゼからのアプローチ.第94回 日本外科 学会総会,1994

68 三角隆彦,木曽一誠,南雲正士,小野口勝久,伊藤努:腹部大動脈瘤術後合 併した非閉塞性腸間膜梗塞(NOMI)の2症例.第22回 日本血管外科学会 総会,1994

69 小野口勝久,木曽一誠,三角隆彦,南雲正士,伊藤努:ファロー4徴症根治 術後の遠隔期右室機能に関する検討.第30回 日本小児循環器学会総会, 1994

70 木曽一誠,三角隆彦,南雲正士,小野口勝久:回収式自己血輸血の発展性  シンポシウム(1)心臓血管外科.第19回 日本外科系連合学会学術, 1994

71 長泰則,三角隆彦,小野口勝久,伊藤努,南雲正士,高橋隆一,木曽一誠: 左冠動脈回旋枝PTCA中に左前下行枝に生じた急性冠動脈閉塞に対する緊急 CABGの1例.第91回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1994

72 南雲正士,木曽一誠,高橋隆一,長泰則:ペースメーカーリードによる右室 破裂,心タンポナーデを来した1例.第93回 日本胸部外科学会関東甲信越 地方会,1995

73 南雲正士,木曽一誠,高橋隆一,長泰則,広谷隆,小野口勝久:7年間の経 過で次々に大動脈が瘤化した1例.第23回 日本血管外科学会総会,1995

74 三角隆彦,木曽一誠,南雲正士,高橋隆一,長泰則,小野口勝久,伊藤努: 腹部大動脈ー下大静脈瘻5例の治療経験.第25回 日本心臓血管外科学会 学術総会,1995

75 木曽一誠,南雲正士,三角隆彦,高橋隆一,長泰則:高齢者(80歳以上) の腹部大動脈瘤手術の検討.第23回 日本血管外科学会総会,1995

76 高橋隆一,木曽一誠,南雲正士,長泰則:心筋梗塞後巨大左室仮性瘤に対す る手術例.第95回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1995

77 長泰則,木曽一誠,南雲正士,高橋隆一,森厚夫:当院における急性大動脈 解離 Stanford A 型症例の検討.第23回 日本救急医学会総会,1995

78 高橋隆一,木曽一誠,南雲正士,長泰則:成人(16歳以上)動脈管開存症 手術例の検討.第36回 日本脈管学会総会,1995

79 森厚夫,木曽一誠,加島一郎,高橋隆一,南雲正士:大動脈解離を伴う腹部 大動脈瘤の2例.第26回 日本心臓血管外科学会学術総会,1996

80 井原正博、小島好文、加藤一昭、南雲正士、木曽一誠:血清学的カンジダ抗原検査により診断し、イトラコナゾール投与で治癒したカンジダによる感染性心内膜炎の一例。 第32回日本小児循環器学会総会、1996

81 高橋隆一,木曽一誠,南雲正士,長泰則:開心術においてへパリンコーテイ ング体外循環回路は有用か 凝固能に関して.第34回 日本人工臓器学会, 1996

82 木曽一誠,高橋隆一,森厚夫,加島一郎,斉藤力,南雲正士:破裂性胸部大 動脈瘤の手術方法の検討( extraanatomic bypass 法は有用か).第49回  日本胸部外科学会総会,1996

83 高橋隆一,木曽一誠,南雲正士,斉藤力,森厚夫:成人期ファロー4徴症手 術症例の検討.第9回 心と血管の会 1996

84 高橋隆一,木曽一誠,南雲正士,斉藤力,森厚夫:APwindow,大動脈離断 症術後10年目に再手術を施行した大動脈弁上部狭窄症の1例.第100回 日 本胸部外科学会関東甲信越地方会,1996

85 南雲正士,木曽一誠,高橋隆一,森厚夫,斉藤力,大木伸一,浜野恭之:ワ イヤーブラシを内臓したチューブを用いた重症胸骨感染に対する閉鎖式持続 洗浄法.第50回 日本胸部外科学会総会,1997

86  森厚夫,木曽一誠,南雲正士,高橋隆一,斉藤力,井原正博:総肺静脈還流異常症の術後吻合部狭窄に対する一手術例.第101回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1997

87 木曽一誠,高橋隆一,森厚夫,斉藤力,南雲正士,祝井文治:左房粘液腫摘 出術の工夫.第27回 日本心臓血管外科学会学術総会,1997

88 荻野雅宏、中川淳、中務正志、南雲正士、村瀬活郎:右→左腋窩動脈バイパス術が奏功した両側総頚動脈閉塞,左鎖骨下動脈狭窄の1例.第67回 日本脳神経外科学会関東地方会,1997

89 森厚夫、木曽一誠、南雲正士、高橋隆一、大木伸一:超低体温循環停止下に手術を施工した外傷性大動脈破裂の一例。第104回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1997

90 高橋隆一、木曽一誠、南雲正士、斉藤力、森厚夫:成人期におけるファロー4徴症根治手術症例の検討。第28回 日本心臓血管外科学会総会、1998

91 大木伸一、木曽一誠、高橋隆一、南雲正士、森厚夫:Multi component system による術前血小板採血:第11回 日本自己血輸血学会総会、1998

92 森厚夫、木曽一誠、南雲正士、高橋隆一、大木伸一、大谷伸一:体外循環下に摘出を必要としたペースメーカーリード感染の一手術例。第106回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会、1998

93 大日方則行、山口雅臣、木村剛爾、菅原眞治、笠原啓史、稲村俊一、南雲正士、折井正博、小出司郎策、幕内博康:大動脈に浸潤した食道癌に対し胸部下行大動脈合併切除を施行した一例。第107回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会、1998

94  林高史、笠原啓史、木村剛爾、菅原眞治、志村信一郎、佐藤江利子、後藤貴子、大日方則行、田代秀夫、山口雅臣、氏家敏巳、田中克己、稲村俊一、南雲正士、折井正博、川口章、小出司郎策:術後縦隔炎に対する大網充填術の検討。第7回 神奈川心臓血管外科研究会、1998

95 笠原哲史、山口雅臣、後藤貴子、佐藤江利子、大日方則行、南雲正士、小出司郎策:大動脈弁置換術後に上行弓部瘤を認めた若年者の一手術例。第108回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会、1998

96 笠原哲史、山口雅臣、大日方則行、南雲正士、折井正博、小出司郎策:気管支喘息重積発作で術中術後管理に難渋した急性大動脈解離Ⅰ型の一例。第109回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会、1999

97 田代秀夫、大日方則行、氏家敏巳、田中克己、南雲正士、折井正博、小出司郎策:急性腸骨大腿静脈血栓閉塞にFemoro-femoral vein crossover bypass (Palma operation) が奏功した一例。第13回 日本心臓血管外科学会ウインターセミナー、1999

98 田代秀夫、大日方則行、氏家敏巳、田中克己、南雲正士、折井正博、小出司郎策:急性腸骨大腿静脈血栓閉塞にFemoro-femoral vein crossover bypass (Palma operation) が奏功した一例。第27回 日本血管外科学会総会、1999

99 後藤貴子、氏家敏巳、田代秀夫、大日方則行、南雲正士、小出司郎策:三尖弁閉鎖症(Ⅰb)に対するFontan手術22年後の再手術例の経験。第111回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会、1999

100 後藤貴子、志村信一郎、氏家敏巳、南雲正士、小出司郎策:鈍的胸部外傷による大動脈弁破裂、腕頭動脈損傷の一例。第8回 神奈川心臓血管外科研究会、1999

101 志村信一郎、後藤貴子、山口雅臣、氏家敏巳、南雲正士、折井正博、川口章、小出司郎策:頭部外傷を合併した外傷性胸部大動脈瘤破裂の1手術例。第112回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会

102 高田健太郎、藤邑尚史、後藤貴子、木村剛爾、菅原眞治、桑原江理子、南雲正士、折井正博、川口章、小出司郎策:生体腎移植後6年目に発症した若年性腹部大動脈瘤の一例。第7回 日本血管外科学会関東甲信越地方会、1999

103  高田健太郎、藤邑尚史、後藤貴子、木村剛爾、菅原眞治、南雲正士、折井正博、川口章、小出司郎策:最近10年間における若年性腹部大動脈瘤手術例の検討。第28回 日本血管外科学会総会、2000

104 田代秀夫、後藤貴子、氏家敏巳、南雲正士、折井正博、小出司郎策、山口雅臣但木太:急性大動脈鞍状塞栓症術後のMNMSに術後早期のCHDFが有効であった一例。第28回 日本血管外科学会総会、2000

105 深部静脈血栓症の急性期治療におけるFemoro-femoral vein crossover bypass (Palma operation)の適応について。第20回 日本静脈学会総会、2000

106 秋顕、南雲正士、小出司郎策:Y型人工血管術後残存右内腸骨動脈瘤破裂の一例。第9回 日本血管外科学会関東甲信越地方会、2001

107 秋顕、南雲正士、小出司郎策:右大腿骨頚部骨折術後に発症した急性肺塞栓症の1救命例。第120回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2001

108 吉津晃、水渡哲史、小山孝彦、南雲正士、伊藤努、保土田健太郎、塚田紀理、保坂靖子:人工血管を用いて再建を行った大動脈浸潤肺癌の一例。第56回 日本胸部外科学会総会、2003

109 水渡哲史、吉津晃、小山孝彦、南雲正士、伊藤努、保土田健太郎:大動脈を合併切除した肺癌の2症例。第13回 呼吸器外科医会、2004

110 伊藤努、南雲正士、武田尚一郎、保土田健太郎:外傷性左房破裂の1治験例。第131回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2004

111 小野達也、勝野寿人、小沢豊、中村一男、伊藤努、南雲正士:閉鎖式部分体外循環下に胸腹部大動脈瘤人工血管置換術を行った一例。第30回 日本体外循環技術研究会、2004

112 小野達也、南雲正士:OPCAB時の補助循環―IABP駆動に体外式Pace Maker (OSYPKA)を使用して。第35回 日本心臓血管外科学会総会、2005

113 林田健太郎、杵渕修、山根正久、横塚仁、武田尚一郎、伊藤努、南雲正士. 巨大疣贅を伴う真菌性心内膜炎の一例。Circuration Journal 69 Suppl : 836, 2005

114 林田健太郎、杵渕修、山根正久、横塚仁、遠藤仁、福本耕太郎、山根明子、保戸田健太郎、伊藤努、南雲正士. 治療に難渋した感染性心内膜炎の一例。Circuration Journal 69 Suppl : 784, 2005

115 麻生美由紀、南雲美也子、中島亮、熊沢哲夫、布施淳、高木英爾、坂本宗久、樅山幸彦、吉武明弘、岡本雅彦、南雲正士. Dor術の左室形成のためのデザイン決定に心エコーが有用であった一例 第40回東京心エコー図研究会 2006年11月

116 河尻拓之、南雲美也子、中根登喜子、小原ゆき子、遠藤彩佳、布施淳、高木英爾、坂本宗久、樅山幸彦、吉武明弘、岡本雅彦、南雲正士.  Dor術の左室形成のためのデザイン決定に心エコーが有用であった一例 第34回無侵襲心機能検査法研究会 2006年12月

117 麻生美由紀、南雲美也子、中島 亮、小川裕子、斉藤麻衣、藤原由貴之、三五朋子、熊野寿世、大石悦子、佐藤俊行、宮越 基、神 ツギノ、高橋祥慈、奥田 勲、坂本宗久、樅山幸彦、吉武明弘、岡本雅彦、南雲正士 Dor術の左室形成のためのデザイン決定に心エコーが有用であった一例 第61回国立病院総合医学会、名古屋、11. 19 -17, 2007.

118 吉武明弘、南雲正士、岡本雅彦、大住幸司、後藤哲哉、三木隆久、腹部大動脈血栓閉塞をきたしたヘパリン起因性血小板減少症の一例、第37回日本血管外科学会総会、名古屋、2009年5月

119 武田将史、佐山律子、石橋康伸、竹田聡子、眞 隆一、小林佳朗、南雲正士、急性大動脈解離(stanford A 型)に対し、15時間を越える体外循環を施行し救命した1例、第35回日本体外循環技術医学会、大阪、2009年10月

120 山本克彦、石井由紀、青山阿沙子、星永剛、澤本美紗緒、古野薫、南雲正士、樅山幸彦。当院における心臓リハビリテーション。 第62回国立病院総合医学会、東京、2008年11月

121 門松 賢、田中香代子、難波早耶香、山崎恵介、太田 彗 、菊野隆明、三木隆久、南雲正士、白石淳一、稲本 元 限局した心のう液貯溜によりショックをきたした血液透析患者の一例 第56回日本透析医学会学術集会・総会 2011年6月

122 南雲正士、循環器疾患-3 座長、第62回国立病院総合医学会、東京、2008年11月21-22日

123 南雲正士、クリニカルライブビデオ(心臓)感染性心内膜炎 座長、第62回日本胸部外科学会定期学術集会、横浜、2009年10月11日~14日

続きを見る

南雲 正士先生 の所属する医療機関

石川島記念病院

TEL: 03-3532-3201

石川島記念病院

東京都中央区佃2丁目5-2

東京メトロ有楽町線「月島」駅 6番出口 都営地下鉄大江戸線も利用可能 徒歩3分

- - -

受付時間: 9:00~11:30 13:30~16:30  科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 皮膚科 眼科 神経内科 リハビリテーション科

南雲 正士 先生 の記事