周藤 高 先生のプロフィール

周藤 高 先生

しゅうとう たかし

周藤 高 先生

横浜労災病院脳神経外科 部長

専門分野

脳神経外科 ガンマナイフ 定位放射線治療 脳神経外科手術(頭蓋底腫瘍,良性腫瘍,脳血管障害)

紹介

2015年開催の第16回日本ガンマナイフ研究会で会長を務める。困難な脳神経外科手術とガンマナイフをはじめとした定位放射線治療を両方行っている数少ない脳神経外科医。

略歴

1989年   佐賀医科大学医学部卒業
1989年   横浜市立大学医学部附属病院研修医
1991年   横浜市立大学医学部脳神経外科助手
1992年   神奈川県立こども医療センター脳神経外科医師
1993年   横浜労災病院脳神経外科医師
1995年   小田原市立病院脳神経外科医師
1996年   横浜市立大学救命救急センター医師
1997年   横浜市立大学医学部脳神経外科助手
2001年   横浜労災病院脳神経外科医長
2004年   横浜労災病院脳神経外科副部長
2006年   横浜市立大学医学部医学科非常勤講師
2008年   横浜労災病院脳神経外科部長

所属学会・資格・役職など

【所属学会】
日本脳神経外科学会(評議員,専門医)
日本ガンマナイフ研究会(前会長,世話人,学術委員)
日本定位放射線治療学会(世話人)
日本ガンマナイフ治療計画勉強会(世話人,第2回会長)
日本放射線外科学会(世話人)
日本脳神経外科コングレス
日本頭蓋底外科学会
日本脳卒中の外科学会
日本脳卒中学会(専門医)
日本脳腫瘍の外科学会
日本泌尿器科学会
日本医療マネジメント学会
日本職業・災害医学会(査読委員)
関東脳神経外科懇話会(幹事)
東京脳腫瘍研究会
腎癌研究会
神奈川脳神経外科手術手技研究会(世話人)
湾岸脳神経外科コングレス(常任幹事)
The Asian Leksell Gamma Knife Society (board member)
Asian Gamma Knife Academy (organizing committee)

【資格】
日本脳神経外科学会専門医
医学博士
日本脳卒中学会専門医

受賞・著書・論文など

【受賞】
労働者健康福祉機構 2007年優秀論文賞「放射線抵抗性腫瘍である腎癌脳転移に対するガンマナイフを用いた腫瘍制御に関する研究」2007
労働者健康福祉機構 2011年優秀論文賞「腎癌脳転移に対する治療戦略の臨床的研究」2011

【論文】

【論文(筆頭著者)】46編(英文19編,和文27編)
【論文(共著者)】51編(英文18編,和文33編)

【論文(筆頭著者)】
01 Shuto T,Sekido K, Ohtsubo Y, Tanaka Y, Hara M, Yamaguchi K, Yamamoto I:Choroid Plexus Papilloma of the Third Ventricle in an Infant. Child′s Nervous System 11:664-666,1995
02 Shuto T, Ohtsubo Y, Sekido K, Iwamoto H,Yamamoto I:Rapidly Growing Calcified Cerebellar Astrocytoma in an Infant.Childs Nervous System 12:107- 109, 1996
03 Shuto T,Ohtsubo Y,Sekido K, Yamamoto I:Dandy-Walker Syndrome A

【受賞】
労働者健康福祉機構 2007年優秀論文賞「放射線抵抗性腫瘍である腎癌脳転移に対するガンマナイフを用いた腫瘍制御に関する研究」2007
労働者健康福祉機構 2011年優秀論文賞「腎癌脳転移に対する治療戦略の臨床的研究」2011

【論文】

【論文(筆頭著者)】46編(英文19編,和文27編)
【論文(共著者)】51編(英文18編,和文33編)

【論文(筆頭著者)】
01 Shuto T,Sekido K, Ohtsubo Y, Tanaka Y, Hara M, Yamaguchi K, Yamamoto I:Choroid Plexus Papilloma of the Third Ventricle in an Infant. Child′s Nervous System 11:664-666,1995
02 Shuto T, Ohtsubo Y, Sekido K, Iwamoto H,Yamamoto I:Rapidly Growing Calcified Cerebellar Astrocytoma in an Infant.Childs Nervous System 12:107- 109, 1996
03 Shuto T,Ohtsubo Y,Sekido K, Yamamoto I:Dandy-Walker Syndrome Associated with Occipital Meningocele and Spinal Lipoma.Neurologia medico-chirurgica (Tokyo)39:544-547,1999
04 Shuto T,Yamamoto I:Ocular Ischaemia with Hypoplasia of the Internal Carotid Artery Associated with Neurofibromatosis Type 1. Acta Neurochirurgica (Wien)142: 353-354,2000
05 Shuto T, Horie H, Hikawa N, Sango K, Tokashiki A, Murata H, Yamamoto I,Ishikawa Y:IL-6 upregulates CNTF mRNA expression and enhances neurite regeneration.NeuroReport 12:1081-1085,2001
06 Shuto T, Fujino H, Asada H, Inomori S, Nagano H:Gamma Knife Radiosurgery for Metastatic Tumours in the Brain Stem.Acta Neurochir (Wien) 145:755-760, 2003
07 Shuto T,Fujino H, Inomori S and Nagano H:Repeated gamma knife radiosurgery for multiple metastatic brain tumours.Acta Neurochir (Wien) 146:989-993, 2004
08 Shuto T,Inomori S,Fujino H,Nagano H,Hasegawa N, and Kakuta Y:Cyst formation following gamma knife surgery for intracranial meningioma.J Neurosurg Suppl:134-139,2005
09 Shuto T,Inomori S,Fujino H,Nagano H:Gamma knife radiosurgery for metastatic brain tumors from renal cell carcinoma.J Neurosurg 105:555-560, 2006
10 Shuto T, Inomori S, Fujino H:Microsurgery for Vestibular Schwannoma after Gamma Knife Radiosurgery.Acta Neurochir (Wien) 150:229-234,2008
11 Shuto T, Inomori S, Matsunaga S, Inomori S, Fujino H:Efficacy of gamma knife surgery for control of peritumoral edema associated with metastatic brain tumors.J Neurol Neurosurg Psychiatry 79:1061-1065,2008
12 Shuto T, Matsunaga S, Suenaga J, Inomori S, Fujino H.:Treatment strategy for metastatic brain tumors from renal cell carcinoma: Selection of gamma knife surgery or craniotomy for control of growth and peritumoral edema.J Neurooncol 98:169-175, 2010.
13 Shuto T, Matsunaga S, Suenaga J, Inomori S, Fujino H:Surgical treatment for late complications following gamma knife surgery for arteriovenous malformations.Stereotactic and Functional Neurosurgery 89:96-102, 2011
14 Shuto T, Matsunaga S, Suenaga J:Contralateral hearing disturbance following posterior fossa surgery. Case report and review of the literature.Neurol Med Chir (Tokyo) 51:434-437, 2011.
15 Shuto T, Ohtake M, Matsunaga S, Hasegawa N:Primary medulla oblongata germinoma in a male patient.J Clin Neurosci 19:769-771, 2012
16 Shuto T, Ohtake M, Matsunaga S:Proposed mechanism for cyst formation and enlargement following gamma knife surgery for arteriovenous malformation. Clinical article. J Neurosurg 117 Suppl: 135-143, 2012
17 Shuto T, Yagishita S, Matsunaga S:Pathological characteristics of cyst formation following gamma knife surgery for arteriovenous malformation.Acta Neurochir (Wien) 157: 293-298, 2015.
18 Shuto T:Authors' reply to "Pathogenesis of radiosurgery-induced cyst formation in patients with arteriovenous malformation".Acta Neurochir (Wien) 157:779-780, 2015.
19 Shuto T, Matsunaga S:Cystic enlargement of vestibular schwannoma as a late complication following gamma knife surgery. Report of 2 cases.J Clin Neurosci (in press)
20 周藤 高,藤津 和彦,権藤 学司,持松 泰彦,藤井 聡,枚田 一広,久保田 昭彦:両側に慢性硬膜下血腫を合併した中頭蓋窩クモ膜嚢胞の1例.CI研究191-194,1993
21 周藤 高:短期間に著しい石灰化を呈した小脳星細胞腫の1例.こども医療センター医学誌 22:305-306,1993
22 周藤 高,大坪 豊,関戸 謙一,気賀沢 寿人,西平 浩一:転移性神経芽腫 - 脳神経外科的見地から- 小児の脳神経 18,359-364,1993
23 周藤 高,斉田 晃彦,関戸 謙一,鳥飼 勝行,瀬崎 晃一郎,山口 和郎: 頭蓋形成術におけるmicroplateの有用性.小児の脳神経 19:285-290,1994
24 周藤 高,大坪 豊,斉田 晃彦,関戸 謙一:セラタイト (水酸アパタイトとリン酸三カルシウムの複合セラミックス)による頭蓋形成後に自傷行為により破損・感染を生じた1例. 小児の脳神経 19:411-415,1994
25 周藤 高,藤野英世,猪森茂雄,中山 敏,佐藤博信,井手口 浩之:肝転移をきたしたglioblastoma multiformeの1剖検例. 脳と神経 47:772-777,1995
26 周藤 高,橘田要一,吉田利之, 鈴木範行,杉山 貢,山本勇夫:著しい頭蓋内airを認めた外傷性CPA例.日本神経救急研究会雑誌 11:172-174,1997
27 周藤 高,橘田要一,吉田利之,鈴木範行,杉山 貢,山本勇夫:Air in epidural hematoma例の検討.脳と神経49:977-981,1997
28 周藤 高,橘田要一,吉田利之,鈴木範行,杉山 貢,山本勇夫:重症頭部外傷における気脳症の検討.脳と神経51:615-619,1999
29 周藤 高,吉田利之,藤井 聡,山本勇夫:本邦における脳動脈瘤治療の現況 ─全国アンケート調査より─. 脳卒中の外科 28:1-5.2000
30 周藤 高,吉田利之,藤井 聡,山本勇夫:本邦における頸部頚動脈狭窄症治療の現況 ─全国アンケート調査より─. 脳卒中の外科 28:165-170,2000
31 周藤 高,藤野英世,猪森茂雄,浅田裕幸,永野尚登:転移性脳腫瘍に対するrepeated gamma knife radiosurgeryの有用性.定位放射線治療 8:125-131,2004
32 周藤 高,藤野英世,猪森茂雄,永野尚登:無症候性脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療.脳卒中の外科 34:265-269, 2006
33 周藤 高,松永成生,猪森茂雄,藤野英世,菅野 洋,山本勇夫:後頭蓋窩血管芽腫に対するガンマナイフの治療成績およびその適応に関する考察.定位的放射線治療 11:35-42, 2007
34 周藤 高,松永成生,猪森茂雄,藤野英世:腎癌脳転移に対する治療戦略-ガンマナイフによる脳浮腫制御能を考慮に入れた手術適応についての考察- 脳腫瘍の外科 296-300, 2007
35 周藤 高,松永成生,末永 潤,猪森茂雄,藤野英世:小児脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療.脳外誌 17:130-136, 2008
36 周藤 高,松永成生,末永 潤,岡村 泰,善積哲也,猪森茂雄,藤野英世: 髄膜腫に対するガンマナイフ治療後の嚢胞形成について.Neuro-Oncology 17:8-12,2008
37 周藤 高,松永成生,末永 潤,猪森茂雄,藤野英世:髄膜腫に対するガンマナイフ治療後のまれな合併症としての嚢胞形成について.定位的放射線治療 13:65-72, 2009
38 周藤 高,松永成生,末永 潤,猪森茂雄,藤野英世:脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療後の嚢胞形成.脳卒中の外科 38:228-234, 2010.
39 周藤 高,松永成生,末永 潤,猪森茂雄,藤野英世:脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療後の血管腫様病変に対する手術について.定位的放射線治療 14:89-96, 2010
40 周藤 高,松永成生,末永 潤,猪森茂雄,藤野英世:脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療後の血管腫様病変の画像および病理所見について.CI研究32:209-214, 2010
41 周藤 高,松永成生,末永 潤,猪森茂雄,藤野英世:脳動静脈奇形ガンマナイフ治療後の長期合併症に対する手術適応.定位的放射線治療 15:71-76, 2011.
42 周藤 高,松永成生,末永 潤,善積哲也,猪森茂雄,藤野英世:脳動静脈奇形のガンマナイフ後に生じた血管腫様病変の3手術例.脳卒中の外科 39:349-353, 2011.
43 周藤 高,松永成生,猪森茂雄,藤野英世:脳動静脈奇形に対するガンマナイフ後に生じる嚢胞の増大機序について.定位的放射線治療 16:5-10, 2012.
44 周藤 高,松永成生,田中貴大:脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療後に生じる嚢胞の増大機序について:第2報.定位的放射線治療 17:45-49, 2013
45 周藤 高,松永成生,猪森茂雄,藤野英世:脳動静脈奇形に対するガンマナイフ後に生じる嚢胞―その増大機序と治療選択に関する考察―.脳卒中の外科 41:447-451,2013
46 周藤 高,松永成生:ガンマナイフ治療後合併症としての嚢胞形成について.定位的放射線治療 19:67-72, 2015

他,共著論文51編

【著書】 13編
01 周藤 高,山本勇夫:脳脊髄の腫瘍,外傷,奇形,脊椎異常.内科臨床リファレンスブック 疾患編I 94-104 1998,中山書店
02 山本勇夫, 周藤 高:先天奇形 内科学エッセンス. 西元寺克禮,山本紘子編. 朝倉書店 281-285,1999
03 山本勇夫, 周藤 高:脳腫瘍 内科学エッセンス. 西元寺克禮,山本紘子編. 朝倉書店  286-292,1999
04 周藤 高,関戸謙一,山本勇夫:患側大脳半球萎縮を伴う大脳基底核・視床部 germinoma 眼で見る神経内科 53 (suppl.2),146-147,2000
05 周藤 高,山本勇夫:頸部内頚動脈狭窄症への抗血小板薬・抗凝固薬.臨床成人 病 31,907-911,2001
06 Shuto T, Fujino H, Inomori S, Nagano H:Gamma knife radiosurgery for metastatic brain tumors in "Brain Cancer Therapy and Surgical Interventions" editited by Andrew V Yang, P113-P125 Nova Science Publishers Inc.2006
07 周藤 高:教育に主眼をおいた野戦病院脳神経外科を目指して.脳神経外科速報 19:1205-1207, 2009
08 周藤 高,松永成生,末永 潤,善積哲也,都築俊介,大竹 誠:膠芽腫に対するガンマナイフ治療の役割.癌と化学療法 37:1024-1026, 2010
09 周藤 高:聴神経腫瘍.Textbook of Radiosurgery. 井上 洋編. メディカ出版 132-137, 2012.
10 周藤 高:転移性脳腫瘍の治療 -腎癌脳転移を中心に-.泌尿器外科 25(臨増): 857-860, 2012.
11 周藤 高:腎癌脳転移に対するガンマナイフ治療前後にsunitinibやsorafenibは一時中止する必要があるか?泌尿器外科 26(別冊): 76-77, 2013.
12 周藤 高:転移巣に対する治療戦略―脳転移―.Year Book of RCC 2013 :55-64, 2013,メディカルレビュー社.
13 周藤 高:脳転移を伴う腎細胞癌治療の実際.RCC INSIGHT 2-7, 2015,メディカルレビュー社.

【その他】
Best Doctors in Japan 2012-2013
Best Doctors in Japan 2014-2015

続きを見る

周藤 高先生 の所属する医療機関

横浜労災病院

TEL: 045-474-8111

横浜労災病院

神奈川県横浜市港北区小机町3211

横浜市営地下鉄ブルーライン(3号線)「新横浜」駅 JR横浜線の新横浜駅も利用可能(徒歩10分) 徒歩7分

- - -

診療時間: 8:15~11:00  原則、紹介予約制 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

院長インタビュー

周藤 高 先生 の記事