高本 眞一 先生のプロフィール

高本 眞一 先生

たかもと しんいち

高本 眞一 先生

東京大学 名誉教授

高本 眞一 先生のストーリー記事を読む

専門分野

成人心臓血管外科全般

紹介

三井記念病院の病院長で、東京大学医学部胸部外科の教授をつとめた心臓血管外科のエキスパート。「髙本式逆行性脳循環法」という心臓血管外科手術中の脳虚血を防ぐ術式を開発し、弓部大動脈瘤手術の成功率を飛躍的に高めたことで知られている。医学教育にも熱心に取り組んでおり、東京大学医学部時代は教務委員長として「医の原点」という医師としてのあるべき姿を考える授業を行い、多くの学生に影響を与えた。自身の家族を病気で亡くした体験を通じての考えを綴った『患者さんに伝えたい医師の本心』は、広く医療従事者、患者さんに読まれている。

略歴

1973年 東京大学医学部医学科卒業
1978年 ハーバード大学医学部、マサチューセッツ総合病院外科研究員
1980年 埼玉医科大学第一外科講師
1987年 公立昭和病院心臓血管外科主任医長
1993年 国立循環器病センター第二病棟部長
1997年 東京大学医学部胸部外科教授
1998年 東京大学大学院医学系研究科心臓外科・呼吸器外科教授
2009年 三井記念病院院長

所属学会・資格・役職など

2006年 日本心臓血管外科学会 理事長
2006年 日本胸部外科学会 第59回会長
2007年 厚生労働省診療行為に関連した死亡に係る死因究明等の在り方に関する検討会委員
2008年 日本心臓病学会 第56回会長、理事
2008年 日本循環器学会 理事
2009年 ヨーロッパ心臓胸部外科学会理事
2013年 アメリカ胸部外科学会理事
2015年 一般社団法人日本医学会連合理事
     アジア心臓血管外科胸部外科学会理事長

受賞・著書・論文など

1992年 東京都医師会医学研究賞
「医の原点」金原出版
「患者さんに伝えたい医師の本心」新潮社
ほか

高本 眞一 先生 の記事