安藤 暢敏 先生のプロフィール

安藤 暢敏 先生

あんどう のぶとし

安藤 暢敏 先生

国際親善総合病院 病院長

専門分野

消化器外科 食道癌

紹介

食道がんの集学的治療における第一人者。東京歯科大学市川総合病院で食道がんの名医としてその名を広く知られる。同病院長を経て現在は国際親善総合病院で病院長を務める。JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)での活動をはじめ、国内のみならず国際学会においても長年に渡る活動・業績が高く評価されている。

略歴

1971年 慶應義塾大学医学部卒業
1971年- 慶應義塾大学医学部訓練医(外科)
1972年- 教育出張(済生会神奈川県病院、佐野厚生総合病院)
1974年- 慶應義塾大学助手(医学部外科学)
1977年- 済生会神奈川県病院外科出向
1978年- 慶應義塾大学助手(医学部外科学)
1979年 医学博士学位取得
1990年- 慶應義塾大学専任講師(医学部外科学)
1993年- 慶應義塾大学病院診療科副部長(一般・消化器外科)
2000年- 慶應義塾大学助教授(医学部外科学)
2001年- 東京歯科大学教授(外科学講座主任)市川総合病院 外科部長
2004年- 東京歯科大学 市川総合病院 副病院長
2007年- 東京歯科大学 市川総合病院 病院長 東京歯科大学 理事
2009年- 慶應義塾大学医学部客員教授(外科学)
2013年- 国際親善総合病院 病院長補佐
2015年- 国際親善総合病院 病院長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本食道学会 元理事長、現名誉会長
日本消化器外科学会 元理事、現名誉会員
日本消化器関連学会機構JDDW 元理事
日本外科学会 元評議員、現特別会員
日本消化器外科学会 評議員
日本胸部外科学会 元評議員、現特別会員
日本癌治療学会 元評議員、現功労会員
日本臨床外科学会 元評議員、現特別会員
日本外科代謝栄養学会 元評議員
日本気管食道科学会 元評議員、現参与
日本腹部救急医学会 元評議員、現特別会員
日本食道学会 評議員
日本創傷治癒学会 評議員

日本外科学会 指導医
日本消化器外科学会 指導医
日本胸部外科学会 指導医
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
食道外科専門医

国際食道疾患会議ISDE 元理事
米国外科学会FACS 正会員
米国臨床腫瘍学会ASCO 正会員

受賞・著書・論文など

【論文】
Nobutoshi Ando, Toshifumi Iizuka, Teruo Kakegawa, et al. A RANDOMIZED TRIAL OF SURGERY WITH AND WITHOUT CHEMOTHERAPY FOR LOCALIZED SQUAMOUS CARCINOMA OF THE THORACIC ESOPHAGUS: THE JAPAN CLINICAL ONCOLOGY GROUP STUDY. J Thorac Cardiovasc Surg 1997; 114:205-209
Nobutoshi Ando, MD,FACS, Soji Ozawa, MD,FACS, Yuko Kitagawa, MD, et al. Improvement in the Results of Surgical Treatment of Advanced Squamous Esophageal Carcinoma During 15 Consecutive Years. Ann Surg 2000; 232:225-232
Nobutoshi Ando, Toshifumi Iizuka, Hiroko Ide, et al. Surgery Plus Chemotherapy Compared With Surgery Alone for

【論文】
Nobutoshi Ando, Toshifumi Iizuka, Teruo Kakegawa, et al. A RANDOMIZED TRIAL OF SURGERY WITH AND WITHOUT CHEMOTHERAPY FOR LOCALIZED SQUAMOUS CARCINOMA OF THE THORACIC ESOPHAGUS: THE JAPAN CLINICAL ONCOLOGY GROUP STUDY. J Thorac Cardiovasc Surg 1997; 114:205-209
Nobutoshi Ando, MD,FACS, Soji Ozawa, MD,FACS, Yuko Kitagawa, MD, et al. Improvement in the Results of Surgical Treatment of Advanced Squamous Esophageal Carcinoma During 15 Consecutive Years. Ann Surg 2000; 232:225-232
Nobutoshi Ando, Toshifumi Iizuka, Hiroko Ide, et al. Surgery Plus Chemotherapy Compared With Surgery Alone for Localized Squamous Cell Carcinoma of the Thoracic Esophagus : A Japan Clinical Oncology Group Study-JCOG9204. J Clin Oncol 2003; 21:4592-4596
Nobutoshi Ando, Hoichi Kato, Hiroyasu Igaki, et al. A Randomized Trial Comparing Postoperative Adjuvant Chemotherapy with Cisplatin and 5-fluorouracil versus Preoperative Chemotherapy for Localized Advanced Squamous Cell Carcinoma of the Thoracic Esophagus (JCOG9907). Ann Surg Oncol 2012; 19:68-74
Nobutoshi Ando : Neoadjuvant and adjuvant therapy. Esophageal Squamous Cell Carcinoma (Nobutoshi Ando Ed.) 177-195, Springer, 2014

続きを見る

安藤 暢敏先生 の所属する医療機関

国際親善総合病院

TEL: 045-813-0221

国際親善総合病院

神奈川県横浜市泉区西が岡1丁目28-1

相模鉄道いずみ野線「弥生台」駅 徒歩9分

- -

受付時間: 8:30~11:00 13:30~15:00 土曜AMのみ 一部診療科紹介制 PMは予約診・専門外来中心 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 小児科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 麻酔科

安藤 暢敏 先生 の記事