坪田 一男 先生のプロフィール

坪田 一男 先生

つぼた かずお

坪田 一男 先生

慶應義塾大学医学部眼科学教室 教授・眼科診療部長

専門分野

ドライアイ、角膜移植、屈折矯正手術、抗加齢医学、再生医療

紹介

再生医療を導入した最先端の角膜移植から、アンチエイジング医学の考えに基づいた予防的な医療まで、世界をリードする眼科医療を提供している。「人の可能性を拓く」をミッションとしており、疾患の治療のみならず、レーシックなどのプラスの医療にも積極的に取り組むほか、後進の眼科医への指導にも精力的に取り組んでいる。一般向けに多くの著作を出版しており、その数は単著だけでも40冊近い(坪田一男先生公式ホームページ:http://www.tsubota.ne.jp/)

略歴

1980年 慶應義塾大学医学部卒業
1980年 慶應義塾大学医学部研修医
1983年 国立栃木病院 眼科医長
1985年 米国ハーバード大学 留学
1987年 国立栃木病院 眼科医長
1990年 東京歯科大学助教授・市川総合病院眼科部長
1990年 慶應義塾大学 非常勤講師
1998年 東京歯科大学教授・市川総合病院眼科部長
2004年 慶應義塾大学医学部 教授・眼科診療部長
2011年 慶應義塾大学 SFC研究所 ヘルスサイエンス・ラボ共同代表

所属学会・資格・役職など

日本抗加齢医学会(理事長)
日本角膜学会(理事)
日本白内障屈折矯正手術学会(理事)
日本眼科学会(評議員)
日本ドライアイ研究会(世話人代表 )
日本再生医療学会(理事)
日本炎症・再生医学会(理事)
ブルーライト研究会 (世話人代表)
日本ポジティブサイコロジー医学会 (副理事長)

日本コンタクトレンズ学会(理事)

受賞・著書・論文など

Lans Distinguished Award, International Society of Refractive Surgery
Senior Achievement Award, American Academy of Ophthalmology
The First Claes Dohlman Award, Tear Film and Ocular Surface Society
慶應義塾大学医学研究奨励事業:坂口基金症例研究賞
上原研究財団研究奨励賞
興和財団研究奨励賞
日本眼科医会学術奨励賞

Tsubota K, Satake Y, Kaido M, Shinozaki N, Shimmura S, Bissen-Miyajima H, Shimazaki J. Treatment of severe ocular-surface disorders with corneal epithelial stem-cell transplantation. New England Journal of Medicine. 1999;340:1697-1703.
Tsubota K, Kawashima M, Inaba T, Dogru, M, Ogawa Y, Nakamura S, Shinmura K, Higuchi A, Kawakita T

Lans Distinguished Award, International Society of Refractive Surgery
Senior Achievement Award, American Academy of Ophthalmology
The First Claes Dohlman Award, Tear Film and Ocular Surface Society
慶應義塾大学医学研究奨励事業:坂口基金症例研究賞
上原研究財団研究奨励賞
興和財団研究奨励賞
日本眼科医会学術奨励賞

Tsubota K, Satake Y, Kaido M, Shinozaki N, Shimmura S, Bissen-Miyajima H, Shimazaki J. Treatment of severe ocular-surface disorders with corneal epithelial stem-cell transplantation. New England Journal of Medicine. 1999;340:1697-1703.
Tsubota K, Kawashima M, Inaba T, Dogru, M, Ogawa Y, Nakamura S, Shinmura K, Higuchi A, Kawakita T. The era of antiaging ophthalmology comes of age: antiaging approach for dry eye treatment. Ophthalmic Res 2010;44(3): 146-154.
Nakamura S, Kinoshita, S, Yokoi, N, Ogawa, Y, Shibuya, M, Nakashima, H, Hisamura, R, Imada, T, Imagawa, T, Uehara, M, Shibuya, I, Dogru, M, Ward, S, Tsubota, K. Lacrimal hypofunction as a new mechanism of dry eye in visual display terminal users. PLoS ONE 2010;5(6): e11119.
Imamura Y, Noda S, Hashizume K, Shinoda K, Yamaguchi M, Uchiyama S, Shimizu T, Mizushima Y, Shirasawa T, Tsubota K. Drusen, choroidal neovascularization, and retinal pigment epithelium dysfunction in SOD1-deficient mice: a model of age-related macular degeneration. Proc Natl Acad Sci U S A. 2006 Jul 25;103(30):11282-7. Epub 2006 Jul 14.
Norihiro Nagai, Yuichi Oike, Kanako Izumi, Takashi Urano, Yoshiaki Kubota, Kousuke Noda, Yoko Ozawa, Makoto M. Inoue, Kazuo Tsubota, Toshio Suda, and Susumu Ishida.Angiotensin IIType 1 Receptor-Mediated Inflammation Is Required for Choroidal Neovascularization.Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol., Aug 2006; doi:10.1161/01.ATV.0000240050.15321.fe
Satoru Yoshida, Shigeto Shimmura, Narihito Nagoshi, Keiichi Fukuda, Yumi Matsuzaki, Hideyuki Okano, Kazuo Tsubota Isolation of multipotent neural crest-derived stem cells from the adult mouse cornea.Stem Cells First published online August 3, 2006; doi:doi:10.1634/stemcells.2006-0156
Tsubota K, Hirai S, King LS, Agre P, Ishida N. Defective cellular trafficking of lacrimal gland aquaporin-5 in Sjogren's syndrome. Lancet. 2001;357:688-689.
Tsubota K, Fujita H, Tsuzaka K, Takeuchi T. Mikulicz's disease and Sjogren's syndrome.Investigative Ophthalmology & Visual Science. 2000;41:1666-1673.
Shimazaki J, Kaido M, Shinozaki N, Shimmura S, Munkhbat B, Hagihara M, Tsuji K, Tsubota K. Evidence of long-term survival of donor-derived cells after limbal allograft transplantation. Investigative Ophthalmology & Visual Science. 1999;40:1664-1668.
Tsubota K, Saito I, Ishimaru N, Hayashi Y. Use of topical cyclosporin a in a primary Sjogren's syndrome mouse model. Investigative Ophthalmology & Visual Science. 1998;39:1551-1559.
Tsubota K. Corneal epithelial stem-cell transplantation. Lancet. 1997 May 24;349(9064):1556.
Shimazaki J, Yang HY, Tsubota K. Amniotic membrane transplantation for ocular surface reconstruction in patients with chemical and thermal burns. Ophthalmology. 1997;104:2068-2076.
Tsubota K, Satake Y, Shimazaki J.Treatment of severe dry eye. Lancet. 1996 Jul 13;348(9020):123.
Tsubota K, Toda I, Nakamori K.Poor illumination, VDTs, and desiccated eyes. Lancet. 1996 Mar 16;347(9003):768-9.
Tsubota K, Satake Y, Ohyama M, Toda I, Takano Y, Ono M, Shinozaki N, Shimazaki J. Surgical reconstruction of the ocular surface in advanced ocular cicatricial pemphigoid and Stevens-Johnson syndrome. American Journal of Ophthalmology. 1996;122:38-52.
Tsubota K, Toda I, Saito H, Shinozaki N, Shimazaki J. Reconstruction of the Corneal Epithelium by Limbal Allograft Transplantation for Severe Ocular Surface Disorders. Ophthalmology. 1995;102:1486-1496.
Tsubota K, Hata S, Okusawa Y, Egami F, Ohtsuki T, Nakamori K. Quantitative videographic analysis of blinking in normal subjects and patients with dry eye. Archives of Ophthalmology. 1996;114:715-720.

Tsubota K, Nakamori K.Dry eyes and video display terminals. N Engl J Med. 1993 Feb 25;328(8):584.
ほか

続きを見る

坪田 一男先生 の所属する医療機関

慶應義塾大学病院

TEL: 03-3353-1211

慶應義塾大学病院

東京都新宿区信濃町35

JR中央本線「信濃町」駅 徒歩1分

都営地下鉄大江戸線「国立競技場」駅 A1出口 徒歩5分

- -

受付時間: 8:40~11:00 原則、紹介予約制 科により異なる 第1・3土曜、慶應義塾の休日(1/10、4/23)休診 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

坪田 一男 先生 の記事