山崎 隆志 先生のプロフィール

山崎 隆志 先生

やまざき たかし

山崎 隆志 先生

日本赤十字社 武蔵野赤十字病院 副院長 /整形外科部長

専門分野

脊椎・脊髄外科 戦傷・災害外科 難問診

紹介

東京大学医学部を卒業後、東京大学医学部付属病院分院、山楽病院、国立西埼玉病院にて診療に携わる。1995年より武蔵野赤十字病院入職。2002年より同院 整形外科部長、2012年より副院長就任。脊椎疾患で悩む患者の診療に携わり、脊椎手術は3000例を越える。(2015年時点)また、海外の紛争地および被災地での診療経験も多数。多くの国民の健康上の課題の一つとなった骨粗しょう症脊椎対策のエキスパートとして、医師の間からも評価を集めている。

略歴

1981年 東京大学理学系大学院物理学修士課程卒業
1987年 東京大学医学部医学科卒業
東大分院、日赤医療センター、三楽病院、国立西埼玉病院、
武蔵野赤十字病院、東大病院にて、研修および診療に携わる。
1995年 武蔵野赤十字病院入職
2002年 同院 整形外科部長就任
2005年 東京大学医学部非常勤講師
2012年 武蔵野赤十字病院副院長就任

海外救援派遣略歴
1998年 ケニア国際赤十字委員会病院(ロキチョキオ)
     スーダン内戦救援
1999年 トルコ地震被災者救援
2001年 インド地震被災者救援
2004年 イラン南東部地震救援
2005年 スマトラ島沖地震救援
2012年 ウガンダ北部地区病院外科支援

所属学会・資格・役職など

日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
日本整形外科学会脊椎脊髄医
日本整形外科学会専門医
インフェクションコントロールドクター
東京大学医学部非常勤講師
日本脊椎脊髄神経手術手技学会理事

受賞・著書・論文など

【著書】
整形外科領域の痛み 脊椎(腰仙椎部) (真興交易医書出版)
整形外科手術クルズス 腰椎後側方固定術 (南江堂)
整形外科手術クルズス 後方経路腰椎椎体間固定術 (南江堂)
整形外科クルズス 腰痛症 (南江堂)
整形外科クルズス 腰椎ぶんり・すべり症( 南江堂)
疾患と治療薬 脊椎の構造 (南江堂)
疾患と治療薬 椎間板ヘルニア (南江堂)
インフォームドコンセントのための図解シリーズ腰部脊柱管狭窄症( 医薬ジャーナル社)

【論文(共著含む)】
手指骨骨折に対する Hoffmann II micro 創外固定の使用経験
下腿骨開放骨折に対する Hybrid 創外固定器の有用性
小児上腕骨顆上骨折に対する手術治療の検討
脊髄硬膜外血腫の治療方針
腰部脊柱管狭窄症に対する黄色靭帯浮上術の短期成績と安全性の向上
腰部脊柱管狭窄症患者の重症度判定 : 妥当性の検討
新しいリン酸カルシウム骨ペースト(XSB-671D)の臨床応用
腰部脊柱管狭窄症における症状悪化の予測因子の検討
腰部脊柱管狭窄症に対するリマプロストの効果の検討 : 無作為比較試験
腰部脊柱管狭窄症の健康関連QOL
脊椎外科におけるインシデント・アクシデント
脊椎疾患における10m歩行テストによる歩行能力評価
第4腰椎変性すべり症に対する固定・非固定からみた成績の考察

【著書】
整形外科領域の痛み 脊椎(腰仙椎部) (真興交易医書出版)
整形外科手術クルズス 腰椎後側方固定術 (南江堂)
整形外科手術クルズス 後方経路腰椎椎体間固定術 (南江堂)
整形外科クルズス 腰痛症 (南江堂)
整形外科クルズス 腰椎ぶんり・すべり症( 南江堂)
疾患と治療薬 脊椎の構造 (南江堂)
疾患と治療薬 椎間板ヘルニア (南江堂)
インフォームドコンセントのための図解シリーズ腰部脊柱管狭窄症( 医薬ジャーナル社)

【論文(共著含む)】
手指骨骨折に対する Hoffmann II micro 創外固定の使用経験
下腿骨開放骨折に対する Hybrid 創外固定器の有用性
小児上腕骨顆上骨折に対する手術治療の検討
脊髄硬膜外血腫の治療方針
腰部脊柱管狭窄症に対する黄色靭帯浮上術の短期成績と安全性の向上
腰部脊柱管狭窄症患者の重症度判定 : 妥当性の検討
新しいリン酸カルシウム骨ペースト(XSB-671D)の臨床応用
腰部脊柱管狭窄症における症状悪化の予測因子の検討
腰部脊柱管狭窄症に対するリマプロストの効果の検討 : 無作為比較試験
腰部脊柱管狭窄症の健康関連QOL
脊椎外科におけるインシデント・アクシデント
脊椎疾患における10m歩行テストによる歩行能力評価
第4腰椎変性すべり症に対する固定・非固定からみた成績の考察
器質的要因の関与を確定できなかった腰 ・ 下肢の慢性疼痛に対する三環系うつ薬の効果
器質的要因の関与を確定できない腰・下肢の慢性疼痛に対するうつ状態・心理的要因の評価と三環系抗うつ薬の効果
ラブ法手術患者に対するクリニカルパス導入効果の検討
腰部脊柱管狭窄症患者におけるpain drawingを用いた自覚的腰痛評価の検討
腰痛とはどの部位の痛みをいうか―患者,整形外科医へのアンケートによる調査―
腰痛、下肢痛としびれ、歩行能力からみた腰部脊柱管狭窄症の手術成績
腰部脊柱管狭窄症手術例におけるJOAスコア自覚症状項目とVASの関係の分析
腰部脊柱管狭窄症症例のSDS(Self-Depression Scale)によるうつ状態の検討
腰椎変性疾患の術前インフォームドコンセント
腰椎変性疾患に対して pedicle screw は前弯位保持に有効か?
一時的下大静脈フィルターの有用性の検討 : 股関節手術後の肺塞栓症への処置として
当科における人工股関節の中期成績 : セメント使用例と非使用例の比較
PCA型人工股関節の中期成績
医療におけるリスクマネジメント : 武蔵野赤十字病院におけるインシデントレポートの実践とその成果
交通外傷による骨盤骨折を伴わない後腹膜出血の1例
転移性脊椎腫瘍に対する手術的治療の検討
後縦靭帯を穿破脱出した腰椎椎間板ヘルニアのMRI所見の特徴
収益性の高い整形外科になるために
整形外科における術後深部感染の原因の検討と予防の試み
巨大後腹膜腫瘍の3例
腰部脊柱管狭窄症に対する黄色靭帯浮上術 : 臨床成績・安全性・低侵襲性
SSIサーベイランスの全国集計結果および第14, 15回SSIサーベイランス研究会報告
セレウス菌菌血症のアウトブレイクを経験して
インシデントレポートを用いた事故防止活動の経験
電気メスの刺激を用いてペディクルスクリューを安全に刺入する方法 : Diathermy Test
糸で固定する必要のない片開き式脊柱管拡大術のスペーサーの考案
戦傷外科の経験 : スーダン内戦救援活動に参加して
整形外科における術後深部感染の原因の検討と予防の試み
整形外科術後の早期離床の効果

続きを見る

山崎 隆志先生 の所属する医療機関

武蔵野赤十字病院

TEL: 0422-32-3111

武蔵野赤十字病院

東京都武蔵野市境南町1丁目26-1

JR中央本線「武蔵境」駅 南口 西武鉄道多摩川線も乗り入れ 徒歩10分

- - -

受付時間: 8:30~11:00 完全紹介予約制 科により異なる 赤十字創立記念日(5/1)休診 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

院長インタビュー

山崎 隆志 先生 の記事