川島 佳代子 先生のプロフィール

川島 佳代子 先生

かわしま かよこ

川島 佳代子 先生

地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センター 耳鼻咽喉科 主任部長

専門分野

耳鼻咽喉科全般 アレルギー性鼻炎 慢性副鼻腔炎

紹介

徳島大学医学部、北大阪警察病院を経て現在は地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センター耳鼻咽喉科において主任部長を務める。アレルギー性鼻炎におけるトップランナーとして広く知られており、同院では最新の治療である舌下免疫療法も実施している。

略歴

1989年 徳島大学医学部卒業
1996年 大阪第二警察病院(現 北大阪警察病院)副医長
2004年 同上 副部長
2006年 箕面市立病院 副部長
2008年 同上 部長
2010年 国家公務員共済組合連合会 大手前病院耳鼻咽喉科 部長
2017年 地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センター 耳鼻咽喉科 主任部長

所属学会・資格・役職など

日本耳鼻咽喉科学会 専門医 指導医
日本アレルギー学会 指導医
厚生労働省認定補聴器適合判定医
日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医
身体障害者福祉法15条指定医
日本医師会産業医

日本耳鼻咽喉科学会代議員
日本鼻科学会代議員
大阪府耳鼻咽喉科医会副会長

受賞・著書・論文など

【学術集会発表】
2011年花粉症患者における点鼻薬認識度調査についての検討
花粉症患者における点鼻薬認識度についての検討―花粉飛散量の影響―
通年性鼻炎患者に対するQOL調査の検討(JRQLQとRQLQの比較)
通年性アレルギー性鼻炎患者に対するQOL調査の検討(JRQLQとRQLQの比較)
アナフィラキシー症状を呈した豆乳による口腔アレルギーの1症例
スギ抗原特異的皮下免疫療法のスギ、ヒノキ花粉飛散期の効果の検討
鼻噴霧用ステロイド薬指導の実態についての検討
スギ花粉症初期療法の患者意識の検討
花粉曝露室におけるプライミング曝露の影響と連日曝露での症状発現に関するバリデーション試験
スギ・ヒノキ花粉症におけるスギ抗原特異的免疫療法の経時的有効性の検討―2013年と2014年の比較―
アレルギー性鼻炎治療における鼻噴霧用ステロイド薬のアドヒアランス改善のための実態調査(薬剤師への調査からの検討)  
スギ、ヒノキ花粉症としてのスギ抗原特異的皮下免疫療法の有効性の検討 
鼻噴霧用ステロイド薬に関する調剤薬局薬剤師に対してのアンケート調査
スギ花粉舌下免疫療法の初年度有効性の検討

【論文】
PCR法を用いたハント症候群からのVZV-DNAの検出と臨床経過
大阪大学における鼻アレルギーの現況(第17報)-新しい特異的IgE検査法MASTについてー

【学術集会発表】
2011年花粉症患者における点鼻薬認識度調査についての検討
花粉症患者における点鼻薬認識度についての検討―花粉飛散量の影響―
通年性鼻炎患者に対するQOL調査の検討(JRQLQとRQLQの比較)
通年性アレルギー性鼻炎患者に対するQOL調査の検討(JRQLQとRQLQの比較)
アナフィラキシー症状を呈した豆乳による口腔アレルギーの1症例
スギ抗原特異的皮下免疫療法のスギ、ヒノキ花粉飛散期の効果の検討
鼻噴霧用ステロイド薬指導の実態についての検討
スギ花粉症初期療法の患者意識の検討
花粉曝露室におけるプライミング曝露の影響と連日曝露での症状発現に関するバリデーション試験
スギ・ヒノキ花粉症におけるスギ抗原特異的免疫療法の経時的有効性の検討―2013年と2014年の比較―
アレルギー性鼻炎治療における鼻噴霧用ステロイド薬のアドヒアランス改善のための実態調査(薬剤師への調査からの検討)  
スギ、ヒノキ花粉症としてのスギ抗原特異的皮下免疫療法の有効性の検討 
鼻噴霧用ステロイド薬に関する調剤薬局薬剤師に対してのアンケート調査
スギ花粉舌下免疫療法の初年度有効性の検討

【論文】
PCR法を用いたハント症候群からのVZV-DNAの検出と臨床経過
大阪大学における鼻アレルギーの現況(第17報)-新しい特異的IgE検査法MASTについてー
大阪大学における鼻アレルギーの現状(第23報)-当科における10年間のアレルギー患者の変遷
メニエール病におけるⅠ型アレルギーの関与―MAST法を用いてー
PCR法によるハント症候群患者からのVZVの検出
Evaluation of allergen-specific IgE antibodies by MAST for the diagnosis of nasal allergy 通年性アレルギー性鼻炎患者におけるQOL調査 (JRQLQとRQLQJの比較)
Pranlukast dry syrup inhibits symptoms of Japanese cedar pollinosis in children using OHIO Chamber.
Noninvasive biological evaluation of response to pranlukast treatment in pediatric patients with Japanese cedar pollinosis.
Efficacy of fluticasone furoate nasal spray and levocetirizine
in patients with Japanese cedar pollinosis subjected to an artificial exposure chamber

その他 論文13編、著者4編

続きを見る

川島 佳代子先生 の所属する医療機関

大阪はびきの医療センター

TEL: 072-957-2121

大阪はびきの医療センター

大阪府羽曳野市はびきの3丁目7-1

近畿日本鉄道南大阪線「古市」駅 近鉄バス 羽曳ケ丘方面行き又は四天王寺大学行き 府立医療センター前下車 バス10分

- - -

受付時間: 8:45~11:00 原則紹介制 診療は9:00~開始 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: アレルギー科 呼吸器外科 消化器外科 小児科 皮膚科 産婦人科 眼科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科

院長インタビュー

川島 佳代子 先生 の記事