山根 建樹 先生のプロフィール

山根 建樹 先生

やまね たてき

山根 建樹 先生

国際医療福祉大学教授/塩谷病院消化器内科部長

専門分野

消化管疾患

紹介

東京慈恵会医科大学卒業後、東京慈恵会医科大学附属柏病院消化器・肝臓内科講師などを経て、現在は国際医療福祉大学塩谷病院にて消化器内科部長を務める。消化性潰瘍、胃食道逆流症、機能性胃腸症、大腸ポリープなどの診療にあたっている。

略歴

1982年 東京慈恵会医科大学卒業
1984年 同大第一内科
1990年- 学位取得
1992年- 東京慈恵会医科大学柏病院総合内科
1998年- 同大講師
2010年- 国際医療福祉大学塩谷病院消化器内科 教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 指導医・専門医
日本内科学会 認定医

受賞・著書・論文など

・山根建樹,中村 眞,石井隆幸 ほか.腸管アミロイドーシス.臨床外科 2005年;第28巻:83-90.
・Tateki Yamane, et al. A case of multiple inflammatory myograndular polyps of the colon. Digestive Endoscopy 2007;vol 19:192-4.
・Tateki Yamane, et al: Two cases of refractory post-bulbar duodenal ulcer.Internal Medicine 2007; vol 46: 1413-17.
・Tateki Yamane, et al: A case of refractory antral gastric ulcer of unknown etiology. Digestive Endoscopy 2008; vol 20: 203-6.
・Tateki Yamane, et al: A case of inflammatory fibroid polyp of the esophagogastric junction. Digestive Endoscopy 2009; vol 21: 97-100.
・Tateki Yamane, et al: A case of

・山根建樹,中村 眞,石井隆幸 ほか.腸管アミロイドーシス.臨床外科 2005年;第28巻:83-90.
・Tateki Yamane, et al. A case of multiple inflammatory myograndular polyps of the colon. Digestive Endoscopy 2007;vol 19:192-4.
・Tateki Yamane, et al: Two cases of refractory post-bulbar duodenal ulcer.Internal Medicine 2007; vol 46: 1413-17.
・Tateki Yamane, et al: A case of refractory antral gastric ulcer of unknown etiology. Digestive Endoscopy 2008; vol 20: 203-6.
・Tateki Yamane, et al: A case of inflammatory fibroid polyp of the esophagogastric junction. Digestive Endoscopy 2009; vol 21: 97-100.
・Tateki Yamane, et al: A case of refractory diverticular colitis with progressive ulcerative colitis-like changes extending to the rectum. Digestive Endoscopy 2009; vol 21: 188-91.
・山根建樹, 内山 幹, 石井隆幸 ほか. 十二指腸球後部潰瘍におけるH. pylori感染と除菌. 消化器科2009年; 第48巻: 第1号. 24-28.
・Tateki Yamane, et al: A case of isolated granulomatous gastritis showing discoloration of lesions after Helicobacter pylori eradication. Digestive Endoscopy 2010; vol 22: 140-3.
・Tateki Yamane, et al: Lipoma of the stomach prolapsing into the duodenal bulb and causing a duodenal ulcer: A case report. International Journal of Clinical Medicine 2011; vol 2: 452-5.
・Tateki Yamane, et al: Tuberticular papillitis of Vater. International Journal of Clinical Medicine 2012; vol 3: 469-72.
・Tateki Yamane, et al: Evaluation of six cases of idiopatic gastric antral ulcer.  Gastroenterology Research 2012; vol 5: 120-6.
・Tateki Yamane, et al: Analysis of recent cases of intestinal tuberculosis in Japan. Internal Medicine 2014 vol 53: 957-962.
・山根建樹,梅田 啓,嶋尾 仁.著明な多発性を呈した特発性細菌性肝膿瘍症例.治療 2015年;第97巻:443-447.
・山根建樹,梅田 啓,嶋尾 仁,石井隆幸.気腹とChilaiditi症候群および大量の腹水がみられた慢性偽性腸閉塞症による腸管嚢腫様気腫症の1例.内科 2015年;第116巻:717-720.

続きを見る

山根 建樹先生 の所属する医療機関

国際医療福祉大学塩谷病院

TEL: 0287-44-1155

国際医療福祉大学塩谷病院

栃木県矢板市富田77

JR東北本線「矢板」駅 バスの利用も可能(矢板市営バス 塩谷病院前下車) 徒歩15分

- -

診療時間: 9:00〜13:00 14:00〜17:00 一部診療科予約制 初診受付7:30〜11:00 13:30〜15:30 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 外科 神経内科 脳神経外科 消化器外科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科

山根 建樹 先生 の記事