宮永 将 先生のプロフィール

宮永 将 先生

みやなが まさる

宮永 将 先生

東京都立広尾病院 眼科医長

専門分野

ぶどう膜炎 白内障 網膜硝子体疾患

紹介

東京医科歯科大学を卒業後、同大学眼科学教室に入局し、ぶどう膜炎診療と臨床研究に従事。大学病院、関連病院にて眼科手術の研鑽を積み、2013年から東京都立広尾病院眼科医長に就任。患者さんの立場に立って、“視覚の質(QOV;quality of vision)”の向上を目指すべく日々診療に取り組んでいる。毎週、東京医科歯科大学附属病院のぶどう膜炎専門外来でも診療を行い、若手医師の指導も担っている。

略歴

1998年 東京医科歯科大学医学部医学科 卒業
    東京医科歯科大学医学部附属病院 眼科研修医
2000年 東京都保健医療公社 東部地域病院 眼科
2004年 東京都立広尾病院 眼科
2006年 宮田眼科病院 眼科
2009年 東京医科歯科大学医学部附属病院 眼科助教
2013年 東京都立広尾病院 眼科医長
    東京医科歯科大学非常勤講師 兼任

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本眼科学会専門医
日本眼科学会指導医
身体障害者福祉法指定医(視覚障害)

受賞・著書・論文など

【総説】
宮永 将, 望月 學.
Vogt-小柳-原田病. 眼科 50(6): 829-837, 2008

【論文】
Miyanaga M, Kiyosawa M, Takase H, Eishi Y, Shen DF, Chan CC, Mochizuki M.
Microdissection and Gene Rearrangement Analysis of Paraffin-embedded Specimens of Orbital Malignant Lymphoma. Jpn J Ophthal 48(2): 123-127, 2004

Miyanaga M, Kawaguchi T, Shimizu K, Miyata K, Mochizuki M.
Influence of early cerebrospinal fluid-guided diagnosis and early high-dose corticosteroid therapy on ocular outcomes of Vogt-Koyanagi-Harada disease. Int Ophthalmol 27(2-3): 183-188, 2007

宮永 将, 佐々木香る, 宮井尊史, 子島良平, 野口ゆかり, 丸山葉子, 宮田和典.
5検査施設間での白内障

【総説】
宮永 将, 望月 學.
Vogt-小柳-原田病. 眼科 50(6): 829-837, 2008

【論文】
Miyanaga M, Kiyosawa M, Takase H, Eishi Y, Shen DF, Chan CC, Mochizuki M.
Microdissection and Gene Rearrangement Analysis of Paraffin-embedded Specimens of Orbital Malignant Lymphoma. Jpn J Ophthal 48(2): 123-127, 2004

Miyanaga M, Kawaguchi T, Shimizu K, Miyata K, Mochizuki M.
Influence of early cerebrospinal fluid-guided diagnosis and early high-dose corticosteroid therapy on ocular outcomes of Vogt-Koyanagi-Harada disease. Int Ophthalmol 27(2-3): 183-188, 2007

宮永 将, 佐々木香る, 宮井尊史, 子島良平, 野口ゆかり, 丸山葉子, 宮田和典.
5検査施設間での白内障術前結膜嚢培養結果の比較. 臨眼 61(13): 2143-2147, 2007

宮永 将, 南 慶一郎, 宮田和典, 相原 一, 江口秀一郎, 城間弘喜, 澤口昭一.
フルオロキノロン系抗菌点眼薬の結膜組織移行性の検討. 眼科手術 21(4): 539-542, 2008

Miyanaga M, Miyai T, Nejima R, Maruyama Y, Miyata K, Kato S.
Effect of bromfenac ophthalmic solution on ocular inflammation following cataract surgery. Acta Ophthalmol 87(3): 300-305, 2009

宮永 将、子島良平、宮井尊史、加賀谷文絵、宮田和典、大橋裕一、浅利誠志.
白内障手術の周術期における結膜嚢内常在菌叢 -フルオロキノロン点眼薬による減菌化と感受性変化-. 臨眼 63(10): 1659-1666, 2009

Miyanaga M, Shimizu K, Kawaguchi T, Miyata K, Mochizuki M.
A Clinical Survey of Uveitis in HTLV-1 Endemic Region. Ocul Immunol Inflamm 17(5): 335-341, 2009

Miyanaga M, Nejima R, Miyai T, Miyata K, Ohashi Y, Inoue Y, Toyokawa M, Asari S.
Changes in drug susceptibility and the quinolone-resistance determining region of Staphylococcus epidermidis after administration of fluoroquinolones. J Cataract Refract Surg. 35(11): 1970-1978, 2009

Miyanaga M, Sugita S, Shimizu N, Morio T, Miyata K, Maruyama K, Kinoshita S, Mochizuki M.
A significant association of viral loads with corneal endothelial cell damage in cytomegalovirus anterior uveitis. Br J Ophthalmol. 94(3): 336-340, 2010

Miyanaga M, Kawaguchi T, Miyata K, Horie S, Mochizuki M, Herbort CP.
Indocyanine green angiography findings in initial acute pretreatment Vogt-Koyanagi-Harada disease in Japanese patients. Jpn J Ophthalmol. 54(5):377-382, 2010

宮永 将, 高瀬 博, 川口龍史, 鴨居功樹, 清水健太郎, 横田眞子, 杉田 直, 望月 學.
東京医科歯科大学眼科におけるぶどう膜炎臨床統計―1998年~2001年と2007年~2011年の比較. 日眼会誌 119(10): 678-685, 2015

続きを見る

宮永 将先生 の所属する医療機関

東京都立広尾病院

TEL: 03-3444-1181

東京都立広尾病院

東京都渋谷区恵比寿2丁目34-10

東京メトロ日比谷線「広尾」駅 1・2番出口 徒歩7分

- -

受付時間: 9:00~17:00 土曜12:00まで 原則紹介・予約制(土曜は予約不可) 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 外科 神経内科 脳神経外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

宮永 将 先生 の記事