成島 健二 先生のプロフィール

成島 健二 先生

なるしま けんじ

成島 健二 先生

東京都立多摩総合医療センター 精神神経科 部長、東京医科歯科大学 臨床教授

専門分野

臨床精神医学一般、感情障害

紹介

心身の接点に興味を持ち、脳梗塞後に発症するうつ病の研究で成果を残したのちにアメリカで医師免許を取得、精神科のみならず身体科の医療も自ら行なうMedicine-Psychiatry Unitでの研修を実際に体験。帰国後は東京都の精神科救急における受け皿の一つである、多摩総合医療センターの精神神経科部長を務めている。

略歴

1992年 弘前大学医学部卒業 東京都立広尾病院研修医
1999年 東京医科歯科大学精神科 医員
2001年 アメリカ アイオワ大学精神科リサーチフェロー
2005年 アメリカ アイオワ大学精神科研修医 George Winokur Research Award
2009年 アメリカ アイオワ大学精神科PTSDフェロー
2010年 東京医科歯科大学精神科助教
2011年 東京医科歯科大学精神科病棟医長
2013年 東京都立多摩総合医療センター精神科医長、東京医科歯科大学精神科 臨床教授
2015年 東京都立多摩総合医療センター精神科部長

所属学会・資格・役職など

医学博士
精神保健指定医
厚生労働省臨床研修指導医
精神神経学会専門医・指導医
総合病院精神医学会特定指導医
日本医師会認定産業医
米国アイオワ州医師免許

受賞・著書・論文など

【論文】英文、一部のみ
*Maruyama A, Noguchi Y, Ito T, Narushima K, Kitamura K. “Sensorineural hearing loss associated with a factitious disorder.” ; Ear Nose Throat J. 2015 Dec;94(12):E7-9.

*Shiwaku H, Masaki H, Yasugi D, Narushima K. “A Case of a Depressed Patient With Major Titanium Cranial Base Reconstruction Successfully Treated by ECT.” ; Am J Psychiatry. 2015 Oct;172(10):1024-5. doi: 10.1176/appi.ajp.2015.14121539.

*Kurumaji A, Narushima K, Ooshima K, Yukizane T, Takeda M, Nishikawa T.” Clinical course of the bipolar II disorder in a Japanese sample.” ;J Affect Disord. 2014 Oct;168:363-6. do

【論文】英文、一部のみ
*Maruyama A, Noguchi Y, Ito T, Narushima K, Kitamura K. “Sensorineural hearing loss associated with a factitious disorder.” ; Ear Nose Throat J. 2015 Dec;94(12):E7-9.

*Shiwaku H, Masaki H, Yasugi D, Narushima K. “A Case of a Depressed Patient With Major Titanium Cranial Base Reconstruction Successfully Treated by ECT.” ; Am J Psychiatry. 2015 Oct;172(10):1024-5. doi: 10.1176/appi.ajp.2015.14121539.

*Kurumaji A, Narushima K, Ooshima K, Yukizane T, Takeda M, Nishikawa T.” Clinical course of the bipolar II disorder in a Japanese sample.” ;J Affect Disord. 2014 Oct;168:363-6. doi: 10.1016/j.jad.2014.07.023. Epub 2014 Jul 21.

*Narushima K, McCormick LM, Yamada T, Thatcher RW, Robinson RG.” Subgenual cingulate theta activity predicts treatment response of repetitive transcranial magnetic stimulation in participants with vascular depression.”; J Neuropsychiatry Clin Neurosci. 2010 Winter;22(1):75-84.; The 2007-2008 American Psychiatric Association/Lilly; Resident Research Award

*Narushima K, David J. Moser, Robert G. Robinson, “Correlation between Denial of Illness and Executive Function following Stroke: A Pilot Study”, Journal of Neuropsychiatry and Clinical Neuroscience, Spring, 2008, Volume: 20 (1), Pages: 96 - 100

*Narushima K, Paradiso S, Moser JD, Jorge R, Robinson RG, “Effect of antidepressant therapy on executive function after stroke” Br J Psychiatry, March, 2007, Volume: 190, Pages:250-255.

*Jorge RE, Robinson RG, Tateno A, Narushima K, Acion L, Moser D, Arndt S, Chemerinski E. “Repetitive transcranial magnetic stimulation as treatment of poststroke depression: a preliminary study.” Biological Psychiatry. Feb, 2004, Volume: 15;55(4), Pages: 398-405

*Narushima K, Kosier JT, Robinson RG, "A Reappraisal of Post-Stroke Depression Intra- and Inter-Hemispheric Lesion Location Using Meta-Analysis", Journal of Neuropsychiatry and Clinical Neuroscience, Fall, 2003 , Volume: 15(4), Pages: 422 - 430

*Narushima K, Chan KL, Kosier JT, Robinson RG, "Does cognitive recovery after treatment of poststroke depression last? A 2-year follow-up of cognitive function associated with poststroke depression", The American Journal of Psychiatry, June, 2003 , Volume: 160 (6), Pages: 1157-1162

*Narushima K, Paradiso S, Robinson RG, "The Relationship Between Post-Stroke Depression and Lesion Location in Follow-Up Studies: A Review of Confounding Factors", Essential Psychopharmacology, , 2003 , Volume: 5 (2), Pages: 83-101

*Narushima K. Robinson RG, "The Effect of Early versus Late Antidepressant Treatment on Physical Impairment Associated with Post-Stroke Depression.: Is there a time-related therapeutic window?", Journal of Nervous and Mental Disease, October, 2003, Volume: 191(10), Pages: 645-652

*Narushima K, Robinson RG, "Stroke-related depression", Current Athelosclerotic Report, July, 2002 , Volume: 4 (4), Pages: 296-303

*Narushima K, Kosier JT, and Robinson RG, "Preventing Poststroke Depression: A 12-Week Double-Blind Randomized Treatment Trial and 21-Month Follow-up", The Journal of Nervous and Mental Disease, May, 2002 , Volume: 190(5), Pages: 296-303 The American Neuro Psychiatric Association; Young Investigator Award

*Narushima K, Robinson RG, "Psychiatric Management of Stroke: Detection and Treatment of Post-Stroke Depression", Direction in Psychiatry, July, 2001 , Volume: 21(17), Pages: 239-253

*Iwawaki A, Narushima K, Ota K, Okura T, Tsuchiya K, Takashima A, "Two factors of experienced deficits in schizophrenia and their relationships with positive, negative, and depressive symptoms", Comprehensive Psychiatry, November, 1998 , Volume: 39 (6), Pages: 386-391

*Messner E, Groves JE, Schwartz JH et al. / Translated by Shintani M, Ozawa K, Wada Y, Kitajima J, Kitada S, Narushima K, "Autognosis; How Psychiatrist Analyze Themselves", John Scott & Company / Kongou Publication, 1996 Pages: 46-52, 77-84, 116-11 (Translation)

続きを見る

成島 健二先生 の所属する医療機関

東京都立多摩総合医療センター

TEL: 042-323-5111

東京都立多摩総合医療センター

東京都府中市武蔵台2丁目8-29

JR中央本線「西国分寺」駅 南口 徒歩14分

- - -

受付時間: 9:00~17:00 紹介予約制 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

成島 健二先生 の所属する医療機関

東京医科歯科大学医学部附属病院

TEL: 03-3813-6111

東京医科歯科大学医学部附属病院

東京都文京区湯島1丁目5-45

JR中央・総武線「御茶ノ水」駅 東京メトロ丸ノ内線も利用可能 徒歩3分

東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅 徒歩5分

- - -

受付時間: 8:30~14:00 原則、全診療科完全紹介制(初診予約受付) 診療は9:00開始 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科

成島 健二 先生 の記事