朝本 俊司 先生のプロフィール

朝本 俊司 先生

あさもと しゅんじ

朝本 俊司 先生

国際医療福祉大学三田病院・脊椎脊髄センター副センター長

専門分野

脳神経外科 脊椎脊髄外科 頭蓋底外科

紹介

常に患者さんの納得がいくまで十分かつ丁寧な説明を行うことを心掛けている。疾患に打ちかっていくため、患者さんと共に治療を行う姿勢を重視し、どのような疑問にも細やかに答えることをモットーとしている。また、日本のスポーツドクターの第一人者でもあり、日本体育協会公認スポーツドクター、日本体育協会公認スポーツドクターなどを務めている。アスリートの目線に立った治療を行い、プロからアマチュアまで多くのスポーツ選手から高い信頼を得ている。

略歴

1988年 昭和大学医学部卒業
1991年 昭和大学大学院卒業 医学博士取得
1991年 自治医科大学大宮医療センター(現:さいたま医療センター)脳神経外科 レジデント
1995年 東京都立荏原病院(現:東京都保健医療公社荏原病院) 脳神経外科 医員
2000年 Giessen大学病院(ドイツ連邦共和国 ヘッセン州) 脳神経外科 医員
2005年- 国際医療福祉大学三田病院 講師
2007年- 国際医療福祉大学三田病院 准教授
2014年- 国際医療福祉大学三田病院 教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本脳神経外科学会 評議員・認定専門医
日本脊髄外科学会 理事・認定指導医
日本脳卒中学会専門医
日本脊髄障害医学会 評議員

受賞・著書・論文など

【論文】
1.
「Activation of the Satiety Center by Auricular Acupuncture   Point Stimulation」
Shunji Asamoto, Chifuyu Takeshige
Brain Reserch Bulletin
Vol.29. pp157-164,1992

2.
「Positive feedback action of pituitary β–endorphin on acupuncture analgesia afferent pathway」
Chifuyu Takeshige, Akio Nakamura, Shunji Asamoto,
Tsuyoshi Arai
Brain Reserch Bulletin
Vol.29. pp37-44,1992

3.
「Combined treatment of a dural arteriovenous malformation of the lateral sinus using transarterial and direct lateral sinus embolisation.」
K. Kasai、H.Iwasa、N.Yamada、S.Asamoto、T.Abe、S.Nemoto

【論文】
1.
「Activation of the Satiety Center by Auricular Acupuncture   Point Stimulation」
Shunji Asamoto, Chifuyu Takeshige
Brain Reserch Bulletin
Vol.29. pp157-164,1992

2.
「Positive feedback action of pituitary β–endorphin on acupuncture analgesia afferent pathway」
Chifuyu Takeshige, Akio Nakamura, Shunji Asamoto,
Tsuyoshi Arai
Brain Reserch Bulletin
Vol.29. pp37-44,1992

3.
「Combined treatment of a dural arteriovenous malformation of the lateral sinus using transarterial and direct lateral sinus embolisation.」
K. Kasai、H.Iwasa、N.Yamada、S.Asamoto、T.Abe、S.Nemoto
Neuroradiology
Vol.38. pp494-496,1996

4.
「Brain stem abscess treated successfully by ultrasound guided aspiration.」
Hiroshi Doi、 Shunji Asamoto、 Masahiro Ogai、
Hiroyuki Sugiyama
Neurosonology
Vol.10.(3). pp119-122,1997

5.
「Hyperbaric oxygen (HBO) therapy for acute traumatic cervical spinal cord injury」
Shunji Asamoto, Hiroyuki Sugiyama, Hiroshi Doi, Masataka Iida, Takehiko Nagao, Kiyoshi Matsumoto
Spinal Cord
Vol.38. pp538-540,2000

6.
「Traumatic sites and clinical features associated with acute hyperextension spinal cord injury without bone damage. – Relationship between trauma site and severity-」
Shunji Asamoto, Hiroyuki Sugiyama, Masataka Iida, Hiroshi Doi, Tetsushi Itoh, Takehiko Nagao, Munetaka Hayashi,
Kiyoshi Matsumoto, Mikio Morii
Neurol Med Chir (Tokyo)
Vol.41. pp1-7,2001

7.
「Pathological mechanism and three-demensional structure of cerebral dissecting aneurysms」
Tohru Mizutani, Hideaki Kojima, Shunji Asamoto,
Yoshimasa Miki
J Neurosurg
Vol.94. pp712-717,2001

8.
「Risk factors for outcome and complications of dorsal foraminotomy in cervical disc herniation」
Andreas Joedicke, Dorothea Daentzer, Stefany Kaestner,
Shunji Asamoto, Dieter-Karsten Boeker
Surg Neurology
Vol.60. pp124-129,2003

9.
「Surgical treatment of carpal tunnel syndrome」
Shunji Asamoto, Dieter-Karsten Boeker, Andreas Joedicke
Jpn J Neurosurgery
Vol.13. pp27-31,2004

10.
「Healing process for cerebral dissecting aneurysms presenting with subarachnoid hemorrhage」
Tohru Mizutani, Hideaki Kojima, Shunji Asamoto,
Neurosurger
Vol.54. pp342-348,2004

11.
「HAK-Titan als Interponat zur interkorporellen Fusion bei knöchern bedingter Spinalkanalstenose der HWS Ergebnisse nach 6-jährigem klinischen Einsatz」
「HAC titanium as an implant for interbody fusion in spondylotic stenosis of the cervical spine Six-year clinical results」
Dorothea Daentzer, Shunji Asamoto, Dieter-Karsten Böker,
Der Orthopäde
Springer-Verlag Heidelberg
0085-4530,2004 (Online:1433-0431)

12.
「HAK-Titan als Interponat zur interkorporellen Fusion bei knöchern bedingter Spinalkanalstenose der HWS. Ergebnisse nach 6-jährigem klinischen Einsatz」
Daentzer, D., Asamoto, S., Böker, D.-K.
Orthopäde
Vol.34. pp234-240, 2005

13.
「Surgical treatment for ulnar nerve entrapment of the elbow」
Shunji Asamoto, Dieter-Karsten Böker, Andreas Jödicke
Neurol Med Chir (Tokyo)
Vol.45.pp240-245, 2005

14.
「Spondylodiscitis:diagnosis and treatment」
Shunji Asamoto, Hiroshi Doi, Nobusuke Kobayashi, Takahiro Endoh, Hajime Sakagawa, Yoichi Iwanaga, Masahiro Ida, Hiroyuki Jimbo
Surg Neurol
Vol.64. pp103-108, 2005

15.
「”Juxtafacet cysts”, a misleading name for cystic formations of mobile spine (CYFMOS)」
Christophis Petrus, Shunji Asamoto, Kuchelmeister K, Schchenmayr W.
Eur Spine J
Vol.16. pp1499-505, 2007

16.
「Spinal cord decompression sickness associated with scuba diving: correlation of immediate and delayed magnetic resonance imaging findings with severity of neurologic impairment. A report on 3 cases.」
Mitsuharu Yoshiyama, Shunji Asamoto, Nobusuke Kobayashi, Hiroyuki Sugiyama, Hiroshi Doi, Hajime Sakagawa, Masahiro Ida
Surg Neurol
Vol.67. pp283-287, 2007

17.
「Surgical management of giant trigeminal schwannomas extending into the parapharyngeal space」
Hiroyuki Jimbo, Shinetsu Kamata, Kouki Miura, Shunji Asamoto, Shinichirou Tatsuo Masubuchi, Yukio Ikeda, Jo Haraoka
Acta Neurochir
Vol.151. Pp335-340,2009

18
「Operative management of Skull Base Malignant Tumors Arising From the Nasal Cavity and Paranasal Sinus: Recent Strategies Used in 25 Cases」
Hiroyuki JIMBO, Shinetsu KAMATA, Kouki MIURA, Shunji ASAMOTO, Shinichirou TADA, Takahiro ENDOH, Tatsuo MASUBUCHI, Narihito NAKAMURA, and Chihiro FUSHIMI
Neurol Med Chir (Tokyo)
Vol.50.pp20-26, 2010

19.
「Diagnosis and surgical strategy for sacral meningeal cysts with check-valve mechanism: technical note.」
Shunji Asamoto, Yasuyuki Fukui, Makoto Nishiyama, Masayuki Ishikawa, Nobuyuki Fujita, Satoshi Nakamura, Jun Muto, Yuta Shiono, Hiroshi Doi, Motoo Kubota, Kazuhiko Ishii
Acta Neurochir (Wien)
Vol.155(2). pp,309-313,2013

20.
「Cortical bone trajectory and traditional trajectory-a radiological evaluation of screw-bone contact.」
Kota Kojima, Shunji Asamoto, Kobayashi Yoshiomi, Masayuki Ishikawa, Yasuyuki Fukui,
Acta Neurochir (Wien)
Vol.157(7). Pp,1173-1178,2015

1.
「短潜時体性感覚誘発電位(SSEP)による頚椎症性脊髄症患者の術中モニタリング」
山田直司、岩佐英明、朝本俊司、竹下 裕
脊髄外科
Vol.7. pp130-137,1993

2.
「メドス圧可変式シャントバルブの使用経験 ーその有用性と問題点ー」
朝本俊司、岩佐英明、竹下 裕、笠井敬一郎、山田直司
診断と治療
Vol.82.(8). pp155-157(1383-1385),1994

3.
「DOAで来院したクモ膜下出血の検討」
花川一郎、有賀 徹、朝本俊司、池田尚人、川村典義、阿部琢巳、
松本 清、坂本哲也
日本救急医学会関東地方会雑誌
Vol.16.(1). pp166-167,1995

4.
「緊急手術を要した脳腫瘍症例の検討」
本間秀樹、阿部琢巳、川村典義、広田暢夫、朝本俊司、池田尚人、
岩田隆信、松本 清
日本救急医学会関東地方会雑誌
Vol.16.(1). Pp304-305,1995

5.
「高齢者頚髄損傷の救急医療の現状」
朝本俊司、杉山弘行、飯田昌孝、土居 浩、松本 清
Geriatric Neurosurgery 
Vol.12.(11). pp95-97,2000

6.
「高気圧酸素とプロスタグランディンE1製剤を併用した変形性頚椎症に対する保存的療法の有効性」
朝本俊司、杉山弘行、土居 浩、飯田昌孝、長尾毅彦、小林信介、林 宗貴、池田幸穂
脊髄外科
Vol.16. pp39-42,2002

7.
「脊髄髄膜嚢腫の分類と病態」
土居 浩、朝本俊司、小林信介、阪川 肇、井田正博
脊椎脊髄ジャーナル
Vol.15. pp896-900,2002

8.
「開胸の際、髄液漏を呈したダンベル型脊髄腫瘍摘出術の工夫」
土居 浩、中村精紀、小林信介、朝本俊司、阪川 肇、高橋秀暢
脊椎・脊髄神経手術手技
Vol.4. pp65-67,2002

9.
「馬尾神経部に発生した腫瘍の手術」
朝本俊司、土居 浩、小林信介、遠藤孝裕、阪川 肇、井田正博、
神保洋之
脊髄外科
Vol.19. pp55-60, 2005

10.
「脊椎椎体・椎間板炎に対する外科的治療」
朝本俊司、土居 浩、小林信介、遠藤孝裕、阪川 肇、井田正博、
岩永洋一、神保洋之
脊髄外科
Vol.19. pp119-126, 2005

11.
「切迫脳卒中で発症した高齢者頸部頸動脈狭窄症の検討」
神保洋之、儘田佳明、東郷康二、田中幸太郎、三原結子、朝本俊司、岩崎康夫
脳卒中の外科
Vol.33. pp256-260, 2005

12.
「胸椎椎間板病変に対する経胸膜的開胸前側方アプローチによる手術」
朝本俊司、土居 浩、神保洋之、畑山和己、光山哲滝
脳神経外科ジャーナル
Vol.15. pp444-449, 2006

13.
「脳神経外科 専門医に聞く最新の臨床」
朝本俊司、福井康之
中外医学社
pp441-443, 2006

14.
「スポーツ現場における脳震盪の頻度と対応(アイスホッケー)」
朝本俊司、鈴木孝治、福田公孝
臨床スポーツ医学
第27巻 第3号 pp297-302, 2010

15.
「スポーツにおける頭部・脊椎脊髄外傷 -内科医にもできる現場での運動器診察-」
朝本俊司
日本臨床スポーツ医学会誌
Vol.21.(2) pp-, 2013

【学会発表】
1.
「短潜時体性感覚誘発電位(SSEP)による頚椎症性脊髄症患者の術中モニタリング」
山田直司、岩佐英明、朝本俊司、竹下 裕
脊髄外科
Vol.7. pp130-137,1993

2.
「メドス圧可変式シャントバルブの使用経験 ーその有用性と問題点ー」
朝本俊司、岩佐英明、竹下 裕、笠井敬一郎、山田直司
診断と治療
Vol.82.(8). pp155-157(1383-1385),1994

3.
「DOAで来院したクモ膜下出血の検討」
花川一郎、有賀 徹、朝本俊司、池田尚人、川村典義、阿部琢巳、
松本 清、坂本哲也
日本救急医学会関東地方会雑誌
Vol.16.(1). pp166-167,1995

4.
「緊急手術を要した脳腫瘍症例の検討」
本間秀樹、阿部琢巳、川村典義、広田暢夫、朝本俊司、池田尚人、
岩田隆信、松本 清
日本救急医学会関東地方会雑誌
Vol.16.(1). Pp304-305,1995

5.
「高齢者頚髄損傷の救急医療の現状」
朝本俊司、杉山弘行、飯田昌孝、土居 浩、松本 清
Geriatric Neurosurgery 
Vol.12.(11). pp95-97,2000

6.
「高気圧酸素とプロスタグランディンE1製剤を併用した変形性頚椎症に対する保存的療法の有効性」
朝本俊司、杉山弘行、土居 浩、飯田昌孝、長尾毅彦、小林信介、林 宗貴、池田幸穂
脊髄外科
Vol.16. pp39-42,2002

7.
「脊髄髄膜嚢腫の分類と病態」
土居 浩、朝本俊司、小林信介、阪川 肇、井田正博
脊椎脊髄ジャーナル
Vol.15. pp896-900,2002

8.
「開胸の際、髄液漏を呈したダンベル型脊髄腫瘍摘出術の工夫」
土居 浩、中村精紀、小林信介、朝本俊司、阪川 肇、高橋秀暢
脊椎・脊髄神経手術手技
Vol.4. pp65-67,2002

9.
「馬尾神経部に発生した腫瘍の手術」
朝本俊司、土居 浩、小林信介、遠藤孝裕、阪川 肇、井田正博、
神保洋之
脊髄外科
Vol.19. pp55-60, 2005

10.
「脊椎椎体・椎間板炎に対する外科的治療」
朝本俊司、土居 浩、小林信介、遠藤孝裕、阪川 肇、井田正博、
岩永洋一、神保洋之
脊髄外科
Vol.19. pp119-126, 2005

11.
「切迫脳卒中で発症した高齢者頸部頸動脈狭窄症の検討」
神保洋之、儘田佳明、東郷康二、田中幸太郎、三原結子、朝本俊司、岩崎康夫
脳卒中の外科
Vol.33. pp256-260, 2005

12.
「胸椎椎間板病変に対する経胸膜的開胸前側方アプローチによる手術」
朝本俊司、土居 浩、神保洋之、畑山和己、光山哲滝
脳神経外科ジャーナル
Vol.15. pp444-449, 2006

13.
「脳神経外科 専門医に聞く最新の臨床」
朝本俊司、福井康之
中外医学社
pp441-443, 2006

14.
「スポーツ現場における脳震盪の頻度と対応(アイスホッケー)」
朝本俊司、鈴木孝治、福田公孝
臨床スポーツ医学
第27巻 第3号 pp297-302, 2010

15.
「スポーツにおける頭部・脊椎脊髄外傷 -内科医にもできる現場での運動器診察-」
朝本俊司
日本臨床スポーツ医学会誌
Vol.21.(2) pp-, 2013

【講演会】
1、 脳卒中との鑑別を要する脊髄疾患 - いわゆるstroke like episodeを呈する脊髄疾患 – 
(大田区医師会講演会 2002年11月18日:東京)

2、 脊椎・脊髄外科医としてのskill-up - U-18からA代表へ - (香川県U-18脳神経外科医勉強会 2009年10月24日:高松)

3、 脊椎・脊髄手術と看護 – 特に、腰部脊柱管狭窄症と外傷に関して – 
(済生会岡山総合病院研究会 2009年11月27日:岡山)

4、 腰部脊柱管狭窄症に対する外科的治療  
(東東京順天堂整形外科セミナー 2010年4月10日:東京)

5、 腰部脊柱管狭窄症に対する診断と治療 
(第一回国際医療福祉大学小田原キャンパス同窓会 2011年7月18日:小田原)

6、 脳神経外科医としての脊椎・脊髄外科への役割 
(第3回臨床脳神経外科広島セミナー 2011年9月30日:広島)

7、 頭部スポーツ外傷の対応 
(第13回北海道臨床スポーツ研究会 2011年11月12日:札幌)

8、 腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離症の顕微鏡下手術 
(第6回岐阜脊椎脊髄手術手技研究会 2011年11月15日 岐阜)

9、 脳神経外科医としての脊椎・脊髄外科への役割 
(鳥取大学セミナー 2011年12月13日:鳥取)

10、 内科医にもできる現場での運動器診察 - 明日から役立つミニマムエッセンス ~ 頭部・頚部編 – スポーツにおける頭部・脊椎脊髄外傷とPitfall 
(第23回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2012年11月3日:横浜)

11、 脊椎脊髄疾患の治療 – 整形外科 VS 脳神経外科の構図は本当に消滅するのか? -
(第2回長久手脊椎脊髄セミナー 2014年1月23日:名古屋)

12、 くび肩・背中・手のしびれ、痛み、手指こまかいことできなくなる頸椎症 
(岡山県岡山市健康講座 2013年7月28日:岡山市)

13、 くび肩・背中・手のしびれ、痛み、手指こまかいことできなくなる頸椎症 
(岡山県高梁市健康講座 2014年3月9日:高梁市)

14、 スポーツにおける重症頭・頚部外傷と予防対策 - アイスホッケー – 
(第87回日本整形外科学会総会 2014年5月25日:神戸)

15、 くび肩・背中・手のしびれ、痛み、手指こまかいことできなくなる頸椎症 
(岡山県玉野市健康講座 2014年8月31日:玉野市)

16、 脊椎脊髄外科分野を隔てる壁とは? - そしてその壁は、“ベルリンの壁”のように崩壊するのか? - 
(第17回湘南脊椎脊髄外科フォーラム 2014年11月27日:藤沢)

17、三田病院脊椎脊髄センターの生い立ち - そして、私が最後のライフワークとして掲げるCBTに関して - 
(第11回愛媛脊椎脊髄病セミナー 2015年6月20日:松山)

18、くび肩・背中・手のしびれ、痛み、手指こまかいことできなくなる頸椎症 
(岡山県早島町健康講座 2015年6月21日:早島町)

19、くび肩・背中・手のしびれ、痛み、手指こまかいことできなくなる頸椎症 
(岡山県新見市健康講座 2015年7月12日:新見市) 

20、くび肩・背中・手のしびれ、痛み、手指こまかいことできなくなる頸椎症 
(香川県高松市健康講座 2015年7月26日:高松市) 

21、くび肩・背中・手のしびれ、痛み、手指こまかいことできなくなる頸椎症 
(岡山県岡山市津高地区健康講座 2016年3月6日:岡山市) 

【症例報告】
1.
「Polymyositis associated with primary cerebral malignant lymphoma. A case report」
Shunji Asamoto、Kiyoshi Matsumoto、 Hitoshi Izumiyama、
Hiroyuki Jinbo、Teru Kawamata、Takanobu Iwata、
Hiroshi Doi、 Kyugo Hirabayashi
脳神経外科ジャーナル
Vol.6.(9). pp644-648,1997

2.
「 Levodopa Efffective Parkinsonism Associated with Aqueductal Stenosis ; A case report and review of the literatures」
Shunji Asamoto、 Hiroyuki Sugiyama、 Hiroshi Doi、
Masayuki Yokochi、Kyuugo Hirabayashi、Shigeki Tanaka、
Kazuaki Sugiura、Hideyuki Nakama、Kiyoshi Matsumoto
脳神経外科
Vol.26.(12). pp1089-1092,1998

3.
「Spinal epidural varices」
Shunji Asamoto. Hiroyuki Sugiyama, Hiroshi Doi,
Takehiko Nagao, Masahiro Ida, Kiyoshi Matsumoto
脳神経外科
Vol.27.(10). pp911-913,1999

4.
「Intraorbital mucocele associated with old minor trauma」
Shunji Asamoto, Dieter-Karsten Boeker, Marcus Luecke
Neurologia medico-chirurgica
Vol.43.(8). Pp383-385,2003

5.
「A case of basilar impression complicated with left frontal meningioma」
Shunji Asamoto, Ulf Nestler, Chris Shulz, Dieter-Karsten Boeker
Neurological surgery (Japan)
Vol.31.(9). Pp1003-1007,2003

6.
「Cyst of the ligamentum of flavum – case report –」
Shunji Asamoto, Hiroyuki Jimbo, Yasuyuki Fukui, Hiroshi Doi, Hajime Sakagawa, Masahiro Ida, Manabu Takahashi,
Naoki Shiraishi
Neurologia medico-chirurgica
Vol.45.(12). Pp653-656,2005

7.
「Spinal Chronic Subdural Hematoma in Association With Anticoagulant Therapy. A Case Report and Literature Review」
Hiroyuki Jimbo, Shunji Asamoto, Tetsuryu Mitsuyama,
Kazumi Hatayama, Yasuo Iwasaki, Yasuyuki Fukui
SPINE
Vol.31.(6). Pp184-187,2006

8.
「A huge presacral Tarlov cyst. Case report.」
Ishii K, Yuzurihara M, Asamoto S, Doi H, Kubota M
J Neurosurg Spine
Vol.7.(2). Pp259-63,2007

1.
「経蝶形骨洞手術後の大量鼻出血」
朝本俊司、岩佐英明、田中裕一、山田直司、藤本清成、高橋康二
ホルモンと臨床 増刊・間脳下垂体腫瘍II
Vol.41. pp152-156,1993

2.
「Fallot四徴症を合併した頚髄動静脈奇形の一例」
朝本俊司、岩佐英明、竹下 裕、山田直司、田中裕一、藤本清成
小児の脳神経
Vol.18. pp339-343,1993

3.
「不全型Brown-Sequard症候群で発症した脊髄動静脈奇形の一例」
朝本俊司、岩佐英明、竹下 裕、山田直司
脊椎脊髄ジャーナル
Vol.6. pp995-998,1993

4.
「凍結血漿投与に伴ったアレルギー性急性肺水腫の1例」
松浦克彦、夕部富三、寺迫 潔、村山隆起、瀬尾憲正、角田三郎、
朝本俊司
日本救急医学会雑誌
Vol.5.(1). pp63-67,1994

5.
「神経性食欲不振症様症状が先行したPrimary chiasmal
germinomaの一例」
朝本俊司、岩佐英明、笠井敬一郎、山田直司
ホルモンと臨床
Vol.42.(4). pp71-76(325-330),1994

6.
「TIAで発症し未破裂動脈瘤を合併した静脈性血管腫の1例」
朝本俊司、岩佐英明、笠井敬一郎、山田直司
脳と神経
Vol.46.(6). pp584-589,1994

7.
「初診時、脳梗塞と診断された脳膿瘍の一例」
朝本俊司、岩佐英明、山田直司
最新医学
Vol.49.(7). pp134-135(1346-1347),1994

8.
「Hypertrophic spinal pachymeningitisの一例」
朝本俊司、杉山弘行、日野 健、小粥正博、林 宗貴、岩間淳一、
土居 浩、長尾毅彦、井田正博、高橋 学、松本 清
脳神経外科
Vol.25.(4). pp363-366,1997

9.
「類モヤモヤ病に合併した遠位部破裂中大脳動脈瘤の1例」
朝本俊司、杉山弘行、小粥正博、林 宗貴、岩間淳一、土居 浩、
井田正博、松本 清
脳卒中の外科
Vol.25. pp321-324,1997

10.
「人工流産後のPETにより下垂体にmethionineの高集積像を示した神経膠腫の1例」
花川一郎、池田 尚人、石井賢二、朝本俊司、岩田隆信、松本 清
脳と神経
Vol.50.(6). pp573-577,1998

11.
「敗血症経過中陳旧性脳梗塞巣に生じた脳膿瘍の1例」
岡村康之、嶋津基彦、小林信介、澤部吉春、古屋 一、松本浩明、
朝本俊司、川村典義、本間秀樹、岩田隆信、松本 清
脳神経外科ジャーナル
Vol.7.(10). pp644-647,1998

12.
「左前頭葉endodermal cystの一例」
朝本俊司、杉山弘行、土居 浩、日野 健、井田正博、高橋 学、
松本 清
脳と神経
Vol.51.(6). pp520-523,1999

13.
「神経組織のヘルニアを伴ったsacral meningeal cyst (type II)の1例」
土居 浩、飯田昌孝、朝本俊司、杉山弘行、桜井茂樹、坂川 肇
脊椎脊髄ジャーナル
Vol.12. (8).pp67-69,1999

14.
「精神発達遅滞を呈した脳梁周囲脂肪腫の一剖検例」
朝本俊司、杉山弘行、土居 浩、諏訪 浩、井田正博、高橋 学、
船田信顕、松本 清
脳と神経 
Vol.51.(11). pp981-984,1999

15.
「Instrumentation併用による前方固定を施行した結核性胸椎炎の一例」
土居 浩、朝本俊司、杉山弘行、藤野浩道、阪川 肇、伊藤哲思、高橋秀暢
脊髄外科 
Vol.14.pp137-142,2000

16.
「SCUBA divingに起因した脊髄型減圧症」
朝本俊司、杉山弘行、土居 浩、飯田昌孝、小林信介、林 宗貴、池田幸穂、松本 清
脊髄外科 
Vol.15.(2). pp139-143,2001

17.
「肺サルコイドーシスの治療経過中に胸椎カリエスを併発した1例」
朝本俊司、杉山弘行、土居 浩、飯田昌孝、池田幸穂、林 宗貴、小林信介、松本 清
脳神経外科 
Vol.29.(9). Pp879-883,2001

18.
「骨盤腔内に膿瘍を伴ったPott’s diseaseの1例」
土居 浩、朝本俊司、黒岡雄二、丸山二郎
脊椎・脊髄神経手術手技 
Vol.6.(1). Pp37-40,2004

19.
「放射線照射後に多種菌混合感染をきたした化膿性脊椎椎間板炎の2例」
市村真也、朝本俊司、土居 浩、徳永 仁、岡部輝雄、各務 宏、稲葉 真、矢﨑貴仁
脊髄外科 
Vol.25.(2). pp191-194,2011

【総説】
1.
「特発性脊髄肥厚性硬膜炎」
朝本俊司、土居 浩、足立朋子、越村 勲、横地正之
神経内科
Vol.55. pp241-246,2001

2.
「Royal surgeonをめざして」
朝本俊司
脊椎脊髄ジャーナル
Vol.17. pp5-7,2004

3.
「脊椎・脊髄の構造」
朝本俊司
整形外科看護
第12巻9号 pp12(836)-14(838),2007

4.
「整形外科と脳神経外科のコラボレーションHybrid or Fusion?」
朝本俊司
脊椎脊髄ジャーナル
Vol.26. pp679-682,2013

5.
「脊髄肥厚性硬膜炎の診断と治療」
朝本俊司、土居 浩
脊椎脊髄ジャーナル
Vol.27. pp535-540,2014

【スポーツドクターしての活動】

東北Free Blades専属チームドクター(アジアリーグアイスホッケー)
日本アイスホッケー連盟 医・科学安全管理委員会
日本プロレスリング 医事委員会

続きを見る

朝本 俊司先生 の所属する医療機関

国際医療福祉大学三田病院

TEL: 03-3451-8121

国際医療福祉大学三田病院

東京都港区三田1丁目4-3

都営大江戸線「赤羽橋」駅 赤羽橋口出口または中之橋出口 徒歩5分

東京メトロ南北線「麻布十番」駅 3番出口 都営大江戸線も乗り入れあり 徒歩8分

- -

診療時間: 8:30〜11:30 12:30〜16:30 原則紹介予約制 科により異なる 臨時休診あり 

診療科目: 内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

朝本 俊司 先生 の記事