藤本 礼尚 先生のプロフィール

藤本 礼尚 先生

ふじもと あやたか

藤本 礼尚 先生

聖隷浜松病院 てんかんセンター副センター長・てんかん科部長

専門分野

てんかん/てんかん外科/不随意運動

紹介

筑波大学を卒業後、国内外の施設にて研鑽を積み、現在は聖隷浜松病院にててんかんセンター副センター長・てんかん科部長を務める。てんかん外科の第一人者であり、数多のてんかんの手術を手掛ける。患者目線に立つことを忘れない診療により厚い信頼を得ており、現在はてんかん医療が抱える課題や疾患への偏見解消に向け地域連携活動にも尽力している。

略歴

1998年 筑波大学卒業
1998年 北茨城市立総合病院 脳神経外科
2000年 筑波大学附属病院臨床医学系脳神経外科
2001年 医療法人 愛宣会 秦病院 脳神経外科
2002年 医療法人 筑波記念病院 脳神経外科
2003年 筑波大学附属病院臨床医学系脳神経外科 チーフレジデント
2004年 独立行政法人国立病院機構 西新潟中央病院てんかんセンター 脳神経外科
2005年 筑波大学大学院博士課程人間総合科学機能制御医学 脳神経機能制御医学分野入学
2006年 トロント小児病院 てんかんモニタリングユニット 研究フェロー
2008年 カルガリー大学 てんかん外科プログラム 臨床チーフフェロー
2009年 カナダてんかん専門医合格、医学博士取得
2009年 聖隷浜松病院 てんかんセンター副センター長・てんかん科部長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本脳神経外科専門医
カナダてんかん専門医
日本臨床神経生理学会脳波認定医
日本神経内視鏡学会技術認定医
てんかん専門医指導医

受賞・著書・論文など

【受賞】
浜松市医療奨励賞、2016年
日本小児神経学会優秀論文賞、2010年
日本脳神経外科学会中部支部会奨励賞、2013年
など
【著書】
Epilepsy、「てんかん食」メディカルビュー、2016年(in press)
インテンシヴィスト、「てんかん合併妊娠」MEDSI出版、2016年
Epilepsy、「抗てんかん薬薬物動態」メディカルビュー社、2015年
Text book of functional neurosurgery、Springer社、2009年
など

【論文】(1-50)
1. Benifla M, Sala F, Jr., Jane J, Otsubo H, Ochi A, Drake J, et al. Neurosurgical management of intractable rolandic epilepsy in children: role of resection in eloquent cortex. Clinical article. Journal of neurosurgery Pediatrics. 2009;4(3):199-216.
2. Bercovici E, Pang EW, Sharma R, Mohamed IS, Imai K, Fujimoto A, et al. Somatosen

【受賞】
浜松市医療奨励賞、2016年
日本小児神経学会優秀論文賞、2010年
日本脳神経外科学会中部支部会奨励賞、2013年
など
【著書】
Epilepsy、「てんかん食」メディカルビュー、2016年(in press)
インテンシヴィスト、「てんかん合併妊娠」MEDSI出版、2016年
Epilepsy、「抗てんかん薬薬物動態」メディカルビュー社、2015年
Text book of functional neurosurgery、Springer社、2009年
など

【論文】(1-50)
1. Benifla M, Sala F, Jr., Jane J, Otsubo H, Ochi A, Drake J, et al. Neurosurgical management of intractable rolandic epilepsy in children: role of resection in eloquent cortex. Clinical article. Journal of neurosurgery Pediatrics. 2009;4(3):199-216.
2. Bercovici E, Pang EW, Sharma R, Mohamed IS, Imai K, Fujimoto A, et al. Somatosensory-evoked fields on magnetoencephalography for epilepsy infants younger than 4 years with total intravenous anesthesia. Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology. 2008;119(6):1328-34.
3. Fujimoto A, Enomoto T, Takano S, Nose T. Pitch perception abnormality as a side effect of carbamazepine. Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia. 2004;11(1):69-70.
4. Fujimoto A, Masuda H, Homma J, Sasagawa M, Kameyama S. False lateralization of mesial temporal lobe epilepsy by noninvasive neurophysiological examinations. Neurologia medico-chirurgica. 2006;46(10):518-21.
5. Fujimoto A, Matsumura A, Maruno T, Yasuda S, Nose T. Cervical spondylosis with thoracic level Brown-Sequard syndrome. Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia. 2004;11(8):898-900.
6. Fujimoto A, Matsumura A, Maruno T, Yasuda S, Yamamoto M, Nose T. Normal pressure hydrocephalus after gamma knife radiosurgery for cerebellopontine angle meningioma. Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia. 2004;11(7):785-7.
7. Fujimoto A, Ochi A, Imai K, Chan D, Sharma R, Viljoen A, et al. Magnetoencephalography using total intravenous anesthesia in pediatric patients with intractable epilepsy: lesional vs nonlesional epilepsy. Brain & development. 2009;31(1):34-41.
8. Fujimoto A, Sato H, Katayama W, Nakai K, Tsunoda T, Kobayashi E, et al. Kernohan's phenomenon associated with left ruptured occipital arteriovenous malformation. Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia. 2004;11(4):444-6.
9. Fujimoto A, Tsuboi K, Ishikawa E, Nose H, Nose T. Surgery improves vision and cosmetic appearance of an adult patient with fibrous dysplasia of the frontal bone. Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia. 2004;11(1):95-7.
10. Fujimoto A, Yamazoe T, Yokota T, Enoki H, Sasaki Y, Nishimura M, et al. Clinical utility of vagus nerve stimulation for progressive myoclonic epilepsy. Seizure. 2012;21(10):810-2.
11. Fukuda M, Masuda H, Honma J, Fujimoto A, Kameyama S, Tanaka R. Ictal SPECT in supplementary motor area seizures. Neurological research. 2006;28(8):845-8.
12. Galicia E, Imai K, Mohamed IS, Go C, Fujimoto A, Ochi A, et al. Changing ictal-onset EEG patterns in children with cortical dysplasia. Brain & development. 2009;31(8):569-76.
13. Hanaya R, Okamoto H, Fujimoto A, Ochi A, Go C, Snead CO, 3rd, et al. Total intravenous anesthesia affecting spike sources of magnetoencephalography in pediatric epilepsy patients: focal seizures vs. non-focal seizures. Epilepsy research. 2013;105(3):326-36.
14. Homma J, Kameyama S, Masuda H, Ueno T, Fujimoto A, Oishi M, et al. Stereotactic radiofrequency thermocoagulation for hypothalamic hamartoma with intractable gelastic seizures. Epilepsy research. 2007;76(1):15-21.
15. Matsumura A, Anno I, Nose T, Fujimoto A, Shibata Y, Okazaki M. Intracranial hypotension. Journal of neurosurgery. 2001;95(5):914-6.
16. Otsubo H, Ochi A, Imai K, Akiyama T, Fujimoto A, Go C, et al. High-frequency oscillations of ictal muscle activity and epileptogenic discharges on intracranial EEG in a temporal lobe epilepsy patient. Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology. 2008;119(4):862-8.
17. Yamamoto T, Yamazoe T, Fujimoto A, Kobayashi R, Yokota T, Okanishi T, et al. [Effectiveness and role of lamotrigine in the paradigm shift towards new antiepileptic drugs: a therapeutic strategy proposed after an investigation of a large number of cases at a single hospital]. Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo. 2014;66(1):59-69.
18. Yamazaki M, Terrill M, Fujimoto A, Yamamoto T, Tucker DM. Integrating dense array EEG in the presurgical evaluation of temporal lobe epilepsy. ISRN neurology. 2012;2012:924081.
19. Yamazaki M, Tucker DM, Fujimoto A, Yamazoe T, Okanishi T, Yokota T, et al. Comparison of dense array EEG with simultaneous intracranial EEG for interictal spike detection and localization. Epilepsy research. 2012;98(2-3):166-73.
20. Yamazaki M, Tucker DM, Terrill M, Fujimoto A, Yamamoto T. Corrigendum: Dense Array EEG Source Estimation in Neocortical Epilepsy. Frontiers in neurology. 2013;4:132.
21. Yamazaki M, Tucker DM, Terrill M, Fujimoto A, Yamamoto T. Dense array EEG source estimation in neocortical epilepsy. Frontiers in neurology. 2013;4:42.
22. Yamazoe T, Fujimoto A, Yamazaki M, Yokota T, Okanishi T, Uchiyama T, et al. [Clinical efficacy of the novel antiepileptic agent levetiracetam: evaluation in patients with localization-related epilepsy]. Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo. 2012;64(10):1169-74.
23. 榎 日, 横田 卓, 岡西 徹, 藤本 礼, 山本 貴. トピラマートが小児のbody mass indexに及ぼす経時的変化. てんかん研究. 2014;32(1):25-30.
24. 榎本 貴, 藤本 礼. 【神経症候群(III)】 先天性奇形 先天性形態形成異常 クローバー葉頭蓋症候群. 日本臨床. 2000;別冊(神経症候群III):578-9.
25. 山添 知, 藤本 礼, 山崎 ま, 横田 卓, 岡西 徹, 内山 剛, et al. 新規抗てんかん薬レベチラセタムの臨床効果 部分てんかん患者に対する有効性検証. BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩. 2012;64(10):1169-74.
26. 山添 知, 藤本 礼, 西村 光, 佐藤 慶, 金井 創, 本井 宏, et al. てんかんセンターの現況報告. 聖隷浜松病院医学雑誌. 2015;15(2):18-21.
27. 山本 貴, 山添 知, 藤本 礼, 小林 理, 横田 卓, 岡西 徹, et al. 新規抗てんかん薬へのパラダイムシフトにおけるラモトリギンの有効性と役割 一施設多数例の検討からみえる治療戦略. BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩. 2014;66(1):59-69.
28. 川合 謙, 卜部 貴, 藤本 礼, 太組 一. 脳神経疾患に伴うてんかんの治療戦略 QOLに着目した薬物治療の実践. Pharma Medica. 2012;30(4):123-8.
29. 増田 浩, 亀山 茂, 上野 武, 本間 順, 藤本 礼, 福多 真. パーキンソン病に対する淡蒼球内節(GPi)の両側刺激と片側刺激の比較検討. 機能的脳神経外科. 2004;43(3):251-5.
30. 速水 千, 小粥 雅, 藤本 礼, 木俣 美. ラモトリギンの治験中に発症したStevens-Johnson症候群の1例. 聖隷浜松病院医学雑誌. 2012;12(2):16-20.
31. 中戸川 裕, 山本 貴, 堀川 真, 斗ヶ澤 京, 藤本 礼, 稲永 親, et al. 新生児・乳児水頭症におけるシャント感染に対する予防戦略. 小児の脳神経. 2014;38(5):421-5.
32. 中戸川 裕, 太田 仲, 鈴木 智, 釼持 博, 神尾 佳, 渡邊 水, et al. スパズム研究の最前線 臨床編 Oxepa投与による遅発性脳血管攣縮予防の有用性と多価不飽和脂肪酸の血管内皮細胞、血管平滑筋での作用機序. 脳血管攣縮. 2012;27:61-5.
33. 中戸川 裕, 内田 大, 堀川 真, 斗ヶ澤 京, 藤本 礼, 稲永 親, et al. くも膜下出血後の脳血管攣縮 全身炎症性症候群とEPA大量投与との関係. 脳血管攣縮. 2015;30:33-9.
34. 中戸川 裕, 鈴木 智, 釼持 博, 神尾 佳, 藤本 礼, 稲永 親, et al. 脳血管攣縮抑制のための多価不飽和脂肪酸とコレステロールの関係について. 脳血管攣縮. 2013;28:51-7.
35. 斗ヶ澤 京, 藤本 礼, 近土 善, 山添 知, 榎 日, 横田 卓, et al. ミルタザピン使用により食欲不振、疼痛、うつ症状が改善した側頭葉海綿状血管腫摘出術後の1例. 新薬と臨牀. 2013;62(6):1142-5.
36. 渡邊 水, 田中 篤, 太田 仲, 中戸川 裕, 藤本 礼, 稲永 親, et al. 【動脈解離と脳卒中】 椎骨脳底動脈解離(発症形態・診断) 非外傷性後頭蓋窩解離性脳動脈瘤における先行頭頸部痛の発症形式ごとに異なる特徴 連続57例の検討から. The Mt Fuji Workshop on CVD. 2011;29:29-32.
37. 渡邊 水, 田中 篤, 太田 仲, 中戸川 裕, 釼持 博, 千村 学, et al. 非外傷性後頭蓋窩解離性脳動脈瘤における先行頭頸部痛の性状の重要性 当院における連続57例の検討. 脳神経外科ジャーナル. 2011;20(5):381-91.
38. 藤森 健, 中戸川 裕, 鈴木 智, 釼持 博, 藤本 礼, 稲永 親, et al. 先天性眼窩海綿静脈洞巨大血管腫の1例 外科的治療方法と時期、待機中の内科的治療. 脳神経外科ジャーナル. 2013;22(8):632-7.
39. 藤本 礼. 【グラフィックと図表でみる小児脳神経外科の"Emergency"と専門医の対応】 小児てんかんの"Emergency". 小児の脳神経. 2009;34(6):482-5.
40. 藤本 礼. 【けいれん・けいれん重積発作-救急外来からてんかん診療へ-】 検査と治療 脳波検査の役割と限界. 救急・集中治療. 2013;25(11-12):1331-41.
41. 藤本 礼. 【てんかん診療入門-患者100万人のありふれた神経疾患を知る】 てんかん診療の基本を知る てんかんの検査. 脳神経外科速報. 2015;25(10):1030-7.
42. 藤本 礼. 日常診療で気をつけるべき抗てんかん薬の相互作用. Epilepsy: てんかんの総合学術誌. 2015;9(1):59-64.
43. 藤本 礼, 榎 日, 岡西 徹, 横田 卓, 山添 知, 佐藤 慶, et al. 静岡県西部医療圏におけるてんかん診療地域連携システム Epi Passportの導入. てんかん研究. 2015;33(1):20-7.
44. 藤本 礼, 榎本 貴. 【小児の症候群】 脳・神経・筋 Hakim症候群. 小児科診療. 2001;64(増刊):101.
45. 藤本 礼, 山添 知, 榎 日, 岡西 徹, 横田 卓, 近土 善, et al. Dysembryoplastic Neuroepithelial Tumor(DNET)を伴った内側側頭葉てんかんの1例. 脳神経外科ジャーナル. 2011;20(10):755-60.
46. 藤本 礼, 本間 順, 村上 博, 福多 真, 増田 浩, 亀山 茂. 症候性振戦に対し定位的視床手術を行った6例. 機能的脳神経外科. 2005;44(2):180-3.
47. 福多 真, 増田 浩, 藤本 礼, 村上 博, 亀山 茂, 田中 隆. 両側淡蒼球刺激療法後の局所脳血流分布の変化. 機能的脳神経外科. 2006;45(2):117-22.
48. 福多 真, 増田 浩, 藤本 礼, 村上 博, 亀山 茂, 田中 隆. 両側淡蒼球刺激療法後の局所脳血流分布の変化. 機能的脳神経外科. 2006;45(1):54-5.
49. 堀川 真, 中戸川 裕, 斗ヶ澤 京, 藤本 礼, 稲永 親, 山本 貴, et al. 喫煙習慣はくも膜下出血に続発する脳血管攣縮の危険因子となりうる くも膜下出血後の症候性脳血管攣縮と病前生活習慣病の有無との関連性についての検討 当院での連続194例を振り返って. 脳血管攣縮. 2015;30:15-9.
50. 本間 順, 亀山 茂, 増田 浩, 上野 武, 藤本 礼. 脳波・筋電図の臨床 笑い発作の外科治療. 臨床脳波. 2004;46(7):430-4.

続きを見る

藤本 礼尚先生 の所属する医療機関

総合病院 聖隷浜松病院

TEL: 053-474-2222

総合病院 聖隷浜松病院

静岡県浜松市中区住吉2丁目12-12

JR東海道本線「浜松」駅 バス利用可能(北口 14番線 8 せいれいまわり 富塚じゅんかん、51 せいれい浜松 泉高丘、せいれい病院下車、所要時間約20分) 車15分

JR東海道本線「浜松」駅 車10分

- -

受付時間: 7:30〜11:30 土曜7:30〜11:00 原則紹介制、一部診療科予約制 診療は9:00開始 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

藤本 礼尚 先生 の記事