河村 和弘 先生のプロフィール

河村 和弘 先生

かわむら かずひろ

河村 和弘 先生

国際医療福祉大学 医学部 産婦人科 教授 / 国際医療福祉大学 高度生殖医療リサーチセンター センター長

専門分野

生殖内分泌学 、高度生殖補助医療

紹介

日本の生殖内分泌学の第一人者。特に早発卵巣機能不全の治療を専門としており、客員教授を務める米国スタンフォード大学と共同で開発した卵胞活性化法の臨床応用を行い、2013年に閉経した早発卵巣機能不全で世界初の妊娠・分娩に成功した。本治療法は2013年の世界10大medical breakthrough(米国Time誌)に選ばれた。

略歴

1996年 秋田大学医学部卒業
2001年 秋田大学大学院修了 医学博士取得
2002年 秋田大学産婦人科 助教
2009年 秋田大学産婦人科 講師
2012年 聖マリアンナ医科大学産婦人科 准教授
2018年 国際医療福祉大学 医学部 産婦人科 教授
     国際医療福祉大学 高度生殖医療リサーチセンター センター長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本産婦人科学会 指導医・専門医
日本生殖医学会 代議員・専門医
日本卵子学会 評議員・編集委員・胚培養士資格認定委員
日本生殖内分泌学会 評議員
日本受精着床学会 幹事・編集委員
日本生殖再生医学会 理事
日本がん・生殖医療学会 理事
日本IVF学会 評議員

受賞・著書・論文など

【受賞】
第43回日本哺乳動物卵子学会 学術奨励賞、2002年
第49回日本不妊学会 学術奨励賞、2004年
第10回日本生殖内分泌学会 学術奨励賞、2005年
第50回日本不妊学会 優秀演題賞、2005年
第17回山下太郎顕彰育英会 学術研究奨励賞、2006年
第24回日本受精着床学会 世界体外受精会議記念賞、2006年
第20回秋田医学会 医学会賞、2007年
第60回日本産婦人科学会 学術奨励賞、2007年
International Ovarian Conference 2009 Poster Award、2009年
第6回 日本生殖再生医学会 学術奨励賞、2011年
第64回日本産婦人科学会 優秀演題賞、2012年
アステラス病態代謝研究会 最優秀理事長賞、2013年
第55回 日本卵子学会 学術奨励賞、2014年
第32回 日本受精着床学会 世界体外受精会議記念賞、2014年
第10回 日本生殖再生医学会 学術奨励賞、2015年
第56回 日本卵子学会 学術奨励賞、2015年
第19回 神澤医学研究振興財団 神澤医学賞、2017年
【著書】
Follicle and oocyte development dynamics, Cambridge University Press, 2013年
産婦人科レビュー2011, 総合医学社,

【受賞】
第43回日本哺乳動物卵子学会 学術奨励賞、2002年
第49回日本不妊学会 学術奨励賞、2004年
第10回日本生殖内分泌学会 学術奨励賞、2005年
第50回日本不妊学会 優秀演題賞、2005年
第17回山下太郎顕彰育英会 学術研究奨励賞、2006年
第24回日本受精着床学会 世界体外受精会議記念賞、2006年
第20回秋田医学会 医学会賞、2007年
第60回日本産婦人科学会 学術奨励賞、2007年
International Ovarian Conference 2009 Poster Award、2009年
第6回 日本生殖再生医学会 学術奨励賞、2011年
第64回日本産婦人科学会 優秀演題賞、2012年
アステラス病態代謝研究会 最優秀理事長賞、2013年
第55回 日本卵子学会 学術奨励賞、2014年
第32回 日本受精着床学会 世界体外受精会議記念賞、2014年
第10回 日本生殖再生医学会 学術奨励賞、2015年
第56回 日本卵子学会 学術奨励賞、2015年
第19回 神澤医学研究振興財団 神澤医学賞、2017年
【著書】
Follicle and oocyte development dynamics, Cambridge University Press, 2013年
産婦人科レビュー2011, 総合医学社, 2011年
生殖卵巣学, 医歯薬出版株式会社, 2011年
卵子学, 京都大学学術出版会, 2011年
今日の不妊診療, 医師薬出版株式会社, 2013年
がん・生殖医療 妊孕性温存の診療, 医師薬出版株式会社, 2013年
【論文】最近5年くらいの主なものを記載してます。
1. Kawamura K, Kawamura N, Mulders SM, Sollewijn Gelpke MD, Hsueh AJW: Ovarian BDNF promotes oocyte development into preimplantation embryos, Proc Natl Acad Sci USA, 102: 9206-9211, 2005
2. Kawamura K, Fukuda J, Kumagai J, Shimizu Y, Kodama H, Tanaka T: Survivin contributes to the anti-apoptotic activities of transforming growth factor  in mouse blastocysts through phosphatidylinositol-3’-kinase pathway, Biol Reprod, 73: 1094-1101, 2005
3. Kawamura K, Kawamura N, Fukuda J. Kumagai J, Hsueh AJW, Tanaka T: Regulation of preimplantation embryo development by brain-derived neurotrophic factor, Dev Biol, 311: 147-158, 2007
4. Kawamura K, Kawamura N, Kumagai J, Fukuda J, Tanaka T: Tumor Necrosis factor regulation of apoptosis in mouse preimplantation embryos and its antagonism by transforming growth factor alpha/phosphatidylionsitol 3-kinase signaling system, Biol Reprod, 76: 611-618, 2007
5. Kawamura K, Ye Y, Kawamura N, Jing L, Groenen P, Gelpke MS, Rauch R, Hsueh AJW, Tanaka T: Completion of meiosis I of preovulatory oocytes and facilitation of preimplantation embryo development by glial cell line-derived neurotrophic factor, Dev Biol, 315: 189-202, 2008
6. Kawamura K, Ye Y, Liang LC, Kawamura N, Gelpke MS, Rauch R, Tanaka T, Hsueh AJW: Paracrine regulation of the resumption of oocyte meiosis by endothelin-1, Dev Biol, 327: 62-70, 2009
7. Kawamura K, Kawamura N, Sato W, Fukuda J, Kumagai J, Tanaka T: Brain-derived neurotrophic factor promotes implantation and subsequent placental development by stimulating trophoblast cell growth and survival, Endocrinology, 150: 3774-3782, 2009
8. Kawamura N, Kawamura K, Manabe M, Tanaka T: Inhibition of brain-derived neurotrophic factor/tyrosine kinase B signaling suppresses choriocarcinoma cell growth, Endocrinology, 151: 3006-3014, 2010
9. Li J, Kawamura K, Cheng Y, Liu S, Klein C Liu S, Duan EK, Hsueh AJW: Activation of dormant ovarian follicles to generate mature eggs, Proc Natl Acad Sci USA, 107: 10280-10284, 2010
10. Kawamura K, Kawamura N, Kumazawa Y, Kumagai J, FujimotoT, Tanaka T: Brain-derived neurotrophic factor/tyrosine kinase B signaling regulates human trophoblast growth in an in vivo animal model of ectopic pregnancy. Endocrinology, 152: 1090-1100, 2011
11. Kawamura K, Cheng Y, Kawamura N, Takae S, Okada A, Kawagoe Y, Mulders S, Terada Y, Hsueh AJW: Pre-ovulatory LH/hCG surge decreases C-type natriuretic peptide secretion by ovarian granulosa cells to promote meiotic resumption of pre-ovulatory oocytes, Hum Reprod, 26: 3094-3101, 2011
12. Kawamura K, Kawamura N, Kawagoe Y, Kumagai J, Fujimoto T, Terada Y: Suppression of hydatidiform molar growth by inhibiting endogenous brain-derived neurotrophic factor/tyrosine kinase B signaling, Endocrinology, 153: 3972-3981, 2012
13. Kawamura K, Chen Y, Shu Y, Cheng Y, Qiao J, Behr B, Pera RA, Hsueh AJW: Promotion of human early embryonic development and blastocyst outgrowth in vitro using autocrine/paracrine growth factors, PLoS One, 7: e49328, 2012,
14. 45. Kawamura K, Cheng Y, Suzuki N, Deguchi M, Sato Y, Takae S, Ho CH, Kawamura N, Tamura M, Hashimoto S, Sugishita Y, Morimoto Y, Hosoi Y, Yoshioka N, Ishizuka B, Hsueh AJW: Hippo signaling disruption and Akt stimulation of ovarian follicles for infertility treatment, Proc Natl Acad Sci USA, 110: 17474-17479, 2013
15. Kawamura K, Kawamura N, Okamoto N, Manabe M: Suppression of choriocarcinoma invasion and metastasis following blockade of BDNF/TrkB signaling, Cancer Med, 2: 849-861, 2013
16. Kawamura K, Cheng Y, Sun YP, Zhai J, Diaz-Garcia C, Simon C, Pellicer A, Hsueh AJ: Ovary transplantation: to activate or not to activate. Hum Reprod, 30, 2457-2460, 2015
17. Kawamura K, Kawamura N, Hsueh AJ. Activation of dormant follicles: a new treatment for premature ovarian failure? Curr Opin Obstet Gynecol, 28, 217-222, 2016
18.Zhai J, Yao G, Dong F, Bu Z, Cheng Y, Sato Y, Hu L, Zhang Y, Wang J, Dai S, Li J, Sun J, Hsueh AJ, Kawamura K, Sun Y. In Vitro Activation of Follicles and Fresh Tissue Auto-transplantation in Primary Ovarian Insufficiency Patients. J Clin Endocrinol Metab. 2016 Nov;101(11):4405-4412.
19.Kawashima I, Kawamura K. Disorganization of the germ cell pool leads to primary ovarian insufficiency. Reproduction. 2017 Mar 13. pii: REP-17-0015. doi: 10.1530/REP-17-0015. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 28289071.

続きを見る

河村 和弘先生 の所属する医療機関

山王病院

TEL: 03-3402-3151

山王病院

東京都港区赤坂8丁目10-16

東京メトロ銀座線「青山一丁目」駅 4番出口 ほか半蔵門線・大江戸線も利用可 徒歩4分

東京メトロ千代田線「乃木坂」駅 3番出口 徒歩4分

- -

受付時間: 9:00~12:00 13:30~17:00 一部診療科紹介・予約制 受付8:30~11:30 13:00~16:30 科により異なる 臨時休診あり 

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 小児科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

河村 和弘 先生 の記事