古倉 聡 先生のプロフィール

古倉 聡 先生

こくら さとし

古倉 聡 先生

京都学園大学教授、京都府立医大客員教授、武田病院グループ免疫遺伝子医療部門センター長

専門分野

癌免疫療法、癌化学療法、癌温熱療法

紹介

ハイパーサーミアの基礎的研究を30年行いつつ、ハイパーサーミアの保険収載に尽力し、保険収載後は、がん患者さんのハイパーサーミア治療に従事している。また、米国留学中に、リンパ球の癌組織への移行・浸潤のメカニズムの解明の研究を行い、帰国後は癌免疫療法の基礎研究と臨床研究を行っており国際ハイパーサーミア腫瘍学会で事務局長を務めた。現在は京都学園大学教授、京都府立医大客員教授、武田病院グループ免疫遺伝子医療部門センター長ほか日本ハイパーサーミア学会副理事長、アジアハイパーサーミア腫瘍学会理事長として国際的にも活躍中。

略歴

1985年3月15日 京都府立医科大学医学部卒業
1997年4月1日 アメリカ合衆国ルイジアナ州立大学へ留学(3年間)
       (ルイジアナ州立大学分子細胞生理学教室)
2000年3月31日 帰国
2004年5月1日 京都府立医科大学医学部生体安全医学講座助教授
2008年2月1日 京都府立医科大学消化器内科准教授
2008年5月1日 京都府立医科大学医学部がん免疫細胞制御学講座准教授
2015年4月1日 京都学園大学健康医療学部 教授 
京都府立医大客員教授   現在に至る

所属学会・資格・役職など

国際ハイパーサーミア腫瘍学会 前事務局長
国際癌治療増感研究協会 理事
アジアハイパーサーミア腫瘍学会 理事長
日本ハイパーサーミア学会 副理事長
日本消化器病学会 評議員

日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本ハイパーサーミア学会指導医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本癌治療学会臨床試験登録医
日本がん治療医認定機構暫定教育医
日本消化管学会胃腸科認定医
日本抗加齢医学専門医

受賞・著書・論文など

【受賞】
1998年11月1日 京都府立医科大学第8回青蓮賞
1998年5月15日 Distinguished Poster Award:99th Annual Meeting of the American
Gastroenterological Association
2003年5月18日 Distinguished Poster Award: 104th Annual Meeting of the American
Gastroenterological Association
2004年5月8日 第5回国際癌治療増感研究協会 協会賞
2004年9月24日 日本ハイパーサーミア学会誌優秀論文賞
2005年9月23日 日本ハイパーサーミア学会誌優秀論文賞
2010年6月27日 第19回日本癌病態治療研究会優秀演題賞
2014年9月15日 アジアハイパーサーミア腫瘍学会賞

【著書】
「Hyperthermic Oncology from bench to bedside」、「Springer」、「2016」

【論文】(和文も可)
欧文総説
1. Yoshikawa T, Kokura S. Hyperthermia and Reactive Oxygen. Jpn.J.Hyperthermic Oncol.(Thermal  Medici

【受賞】
1998年11月1日 京都府立医科大学第8回青蓮賞
1998年5月15日 Distinguished Poster Award:99th Annual Meeting of the American
Gastroenterological Association
2003年5月18日 Distinguished Poster Award: 104th Annual Meeting of the American
Gastroenterological Association
2004年5月8日 第5回国際癌治療増感研究協会 協会賞
2004年9月24日 日本ハイパーサーミア学会誌優秀論文賞
2005年9月23日 日本ハイパーサーミア学会誌優秀論文賞
2010年6月27日 第19回日本癌病態治療研究会優秀演題賞
2014年9月15日 アジアハイパーサーミア腫瘍学会賞

【著書】
「Hyperthermic Oncology from bench to bedside」、「Springer」、「2016」

【論文】(和文も可)
欧文総説
1. Yoshikawa T, Kokura S. Hyperthermia and Reactive Oxygen. Jpn.J.Hyperthermic Oncol.(Thermal  Medicine) 14: pp1-6, 1998.
2. Kokura S, Yoshida N, Yoshikawa T. Anoxia/reoxygenation-induced leukocyte-endothelial cell interactions. Free Radic Biol Med. 33(4): pp427-432, 2002.
3. Kokura S, Yuji Naito, Yoshikawa T, Carcinogenesis due to Free Radicals and Carcinogenesis Preventive Effects of Ginkgo Leave Extracts. J Clin Biochem Nutr 38: pp69-71, 2006.
4. Kokura S, Yoshikawa T. Large Intestine and Heat Shock Protein (HSP). J Clin Biochem Nutr 38: pp156-160, 2006.
5. Adachi S, Kokura S, Yoshikawa T. Effect of Heating Prior to Gemcitabine Exposure on Therapeutic Outcomes in Combination Therapies. Jpn J Hyperthermic Oncol. (Thermal Medicine) 26(3): pp75-85, 2010.

【和文総説】

1. 古倉 聡、吉川敏一、近藤元治. 過酸化脂質と疾患. 治療学Vol. 26 No. 5:568-572, 1992.
2. 古倉 聡、吉川敏一、近藤元治. Up Date フリーラジカル-基礎と臨床- 悪性腫瘍:癌治療. 現代医療25:3355-3358,1993.
3. 古倉 聡、吉川敏一、近藤元治. Degradable starch microspheres(DSM)Practical Oncology8:6-7,1995.
4. 古倉 聡、吉川敏一. フリーラジカル反応を利用した消化器癌治療. 消化器癌5:379-383,1995頁:
5. 古倉 聡、吉川敏一、近藤元治. 特集 癌の温熱療法 肝癌に対する温熱化学塞栓療法. 癌の Palliative Therapy 2:13-16,1996.
6. 古倉 聡、吉川敏一、DSM使用時の抗癌効果増強の3つのメカニズム-特にAnoxia/Reoxygenation による転写因子NF-kB、AP-1活性化について- Radiology Frontier 4:159-160, 2001.
7. 古倉 聡、石川 剛、吉川敏一. 非ウイルスベクターを用いた大腸癌の肝転移および肺転移に対する遺伝子治療とくにIL-10 plasmid によるNF-kBの活性化抑制効果について. 放射線生物研究 37:446-451,2002.
8. 古倉 聡. 論文紹介:脂質過酸化物による小腸上皮細胞のアポトーシスとレドックスバランスの不均衡 消化管 Network 3: 17, 2002.
9. 古倉 聡、吉川敏一. フリーラジカル. 外科:外科エンサイクロペディア64:1580,2002.
10. 古倉 聡、吉川敏一. NF-kBを標的とした遺伝子治療.日本臨床増刊号「大腸癌の診断と治療」:515-518,2003.
11. 古倉 聡、吉川敏一. 癌転移における細胞接着分子とサイトカインの役割. 日
本臨床増刊号「癌転移;基礎と臨床アップデート」:79-82,2003.
12. 古倉 聡、吉田憲正、吉川敏一. 無酸素/再酸素化により誘導される白血球と血管内皮細胞の相互作用. 日本炎症再生医学会学会誌:炎症再生23:39-43, 2003.
13. 古倉 聡、吉川敏一. 不飽和脂肪酸(EPA)の経口投与により惹起されるフリーラジカル反応を利用した癌治療. 消化器科37:589-592,2003.
14. 古倉 聡、吉川敏一 特集 発がんのケモプリベンション:COX-2と大腸癌. 細胞35:82-85, 2003.
15. 古倉 聡、論文紹介:RNAiによるNF-kB p65サブユニットの発現低下が、イリノテカンの大腸癌に対する抗癌作用に及ぼす影響、消化管network 5:87, 2004.
16. 古倉 聡、特集 肝臓癌―診療の進歩:ハイパーサーミア(温熱療法)Medico 35:130-132, 2004.
17. 古倉 聡、吉川敏一 特集 熱ショック蛋白質と消化器疾患:大腸と熱ショック蛋白質(heat shock protein;HSP) G.I.Research 13:435-440, 2005.
18. 古倉 聡、食品の機能を利用した病気予防のために バイオニクス7:37-41, 2005.
19. 古倉 聡、吉川敏一. 癌治療と活性酸素 バイオセラピィー 19:1-6, 2005.
20. 古倉 聡、吉川敏一、特集 機能性食品の功罪:機能性食品の臨床応用 医薬ジャーナル41:105-108, 2006.
21. 古倉 聡、吉川敏一、消化器疾患に対するサプリメントを科学する:「カテキン類の消化器疾患に対して期待される作用」G.I.Research 14:590-594, 2006.
22. 古倉 聡、吉川敏一、特集:抗加齢医療 診断と治療の最前線:アンチエイジング医療を実践する医療機関への支援システム Modern Physician 26:493-496, 2006.
23. 古倉 聡、竹内 晃、吉川敏一、特集 進行消化器癌の予後改善を目指す治療戦略:進行消化器癌に対する遠赤外線全身温熱療法 消化器科 42:173-177, 2006.
24. 古倉 聡、吉川敏一、特集 健康食品·機能性食品の臨床試験 3.健康食品と医薬品の分類(食薬区分)と臨床試験、日本臨床薬理学会誌「臨床薬理」37: 111-114, 2006.
25. 古倉 聡、酸化ストレスと抗酸化物 日本抗加齢医学会雑誌 3(3):74-77,2007
26. 古倉 聡:全身病としての進行消化器癌に対する癌治療ー特に温熱化学療法および温熱免疫療法について 京都府立医科大学雑誌 116 (5):p315-327, 2007
27. 古倉 聡、海外論文紹介 マウス大腸癌モデルにおいて、制御性T細胞を枯渇させるとIL-2によって誘導される癌免疫応答は増強する。 G.I. Research 15(4) :65-67, 2007.
28. 古倉 聡、 免疫療法最前線 パスツール通信1 2008
29. 古倉 聡、吉川敏一、 特集:消化器癌化学予防の現状:消化器癌化学予防ー抗酸化物質を用いた戦略、 臨床内科. 23(12):1707-1712、2008
30. 古倉 聡、 温熱療法とその併用療法、特に免疫療法について、 放射線生物研究 44(1):70-75、2009
31. 古倉 聡、Ⅸ 肝癌の治療 温熱療法、 日本臨床 67巻(3):583-586、2009
32. 古倉 聡、 温熱療法の最近の動向、 統合医療でがんに克つ20(2): 12-15、2010
33. 古倉 聡 温熱療法の最近の動向―特に温熱免疫療法についてー 統合医療でがんに克つ22(2): 12-15、2012
34. 古倉 聡 切除不能膵臓がんに対するハイパーサーミアによる治療戦略 統合医療でがんに克つ 60(6): 12-14: 2013
【欧文原著】
1. Kokura S. Role of superoxide anion radical and antioxidant in the antitumor effect of hyperthermia. J. Kyoto Pref. Univ. Med 103: 107-117, 1994.
2. Kokura S, Yoshikawa T, Tainaka K, Kaneko T, Iinuma S, Nishimura S, Matsuyama K, Kondo M. Anti-tumor effects of hyperthermia plus granulocyte colony-stimulating factor. Jpn J Cancer Res. (Cancer Science) 87: 862-866, 1996.
3. Kokura S, Yoshikawa T, Kaneko T, Iinuma S, Nishimura S, Matsuyama K, Naito Y, Yoshida N, Kondo M. Efficacy of hyperthermia and polyunsaturated fatty acids on experimental carcinoma. Cancer Res. 57: 2200-2202, 1997.
4. Kokura S, Yoshikawa T, Naito Y, Ichikawa H, Takano H, Takahashi S, Tomii T, Yoshida N, Kondo M. Effects of rebamipide, a novel anti-ulcer agent, on gastric mucosal injury induced by platelet-activating factor in rats. Dig. Dis. Sci. 42: 2566-2571, 1997.
5. Kokura S, Wolf RE, Yoshikawa T, Granger DN, Aw TY. Molecular mechanisms of neutrophil-endothelial cell adhesion induced by redox imbalance. Circ Res. 84: 516-524, 1999.
6. Kokura S, Wolf RE, Yoshikawa T, Ichikawa H, Granger DN, Aw TY. Endothelial cells exposed to anoxia/reoxygenation are hyperadhesive to T-lymphocytes: kinetics and molecular mechanisms. Microcirculation 7: 13-23, 2000.
7. Kokura S, Wolf RE, Yoshikawa T, Granger DN, Aw TY. T-lymphocyte-derived tumor necrosis factor exacerbates anoxia-rexygenation induced neutrophil-endothelial cell adhesion. Circ Res. 86: 205-213, 2000.
8. Kokura S, Wolf RE, Yoshikawa T, Granger DN, Aw TY. Postanoxic T lymphocyte-endothelial cell interactions induce tumor necrosis factor- production and neutrophil adhesion; Role of vary late antigen-4/vascular cell adhesion molecule-1. Circ Res. 86: 1237-1244, 2000.
9. Kokura S, Rhoads CA, Wolf RE, Yoshikawa T, Granger DN, Aw TY. NF kappa b signalling in posthypoxic endothelial cells: relevance to E-selectin expression and neutrophil adhesion. J Vasc Res. 38: 47-58, 2001
10. Kokura S, Nakagawa S, Hara T, Boku Y, Naito Y, Yoshida N, Yoshikawa T. Enhancement of lipid peroxidation and of the antitumor effect of hyperthermia upon combination with oral eicosapentaenoic acid. Cancer Lett. 185: 139-144,2002.
11. Kokura S, Yoshida N, Ueda M, Imamoto E, Ishikawa T, Takagi T, Naito Y, Okanoue T, Yoshikawa T. Hyperthermia enhances tumor necrosis factor alpha-induced apoptosis of a human gastric cancer cell line. Cancer Lett. 201: 89-96, 2003.
12. Kokura S, Nakagawa S, Boku Y, Hara T, Naito Y, Yoshida N, Yoshikawa T. Enhancement of the antitumor effect of hyperthermia by buthionine sulphoximine. Jpn.J.Hyperthermic Oncol. (Thermal Medicine) 19: 23-30, 2003.
13. Kokura S, Yoshida N, Imamoto E, Ueda M, Ishikawa T, Uchiyama K, Kuchide M, Naito Y, Okanoue T, Yoshikawa T. Anoxia/reoxygenation down-regulates the expression of E-cadherin in human colon cancer cell lines. Cancer Lett. 211: 79-87, 2004.
14. Kokura S, Kaneko T, Iinuma S, Nishimura S, Matsuyama K, Ishikawa T, Naito Y, Yoshida N, Yoshikawa T. Hyperthermia enhances free radical-dependent cytotoxicity of gamma-linolenic acid on AH109a rat hepatocellular carcinoma cells. Jpn.J.Hyperthermic Oncol. (Thermal Medicine) 20: 15-22, 2004.
15. Kokura S, Kaneko T, Iinuma S, Nishimura S, Matsuyama K, Ishikawa T, Handa O, Naito Y, Yoshida N, Yoshikawa T. The effect of combination therapy using regional hyperthermia and transarterial chemoembolization for the treatment of large hepatocellular carcinomas. Jpn J Hyperthermic Oncol. (Thermal Medicine)
16. Kokura S, Yoshida N, Ishikawa T, Higashihara H, Sakamoto N, Takagi T, Uchiyama K, Naito Y., Mazda O, Okanoue T, Yoshikawa T. Interleukin-10 plasmid DNA inhibits subcutaneous tumor growth of Colon26 adenocarcinoma in mice. Cancer Lett. 218: 171-179, 2005.
17. Kokura S, Adachi S, Manabe E, Mizushima K, Hattori T, Okuda T, Nakabe N, Handa O, Takagi T, Naito Y, Yoshida N, Yoshikawa T. Whole body hyperthermia improves obesity-induced insulin resistance in diabetic mice. Int J Hyperthermia. 23: 259-265, 2007.
18. Kokura S, Yoshida N, Okuda T, Nakabe N, Sakamoto N, Isozaki Y, Hattori T, Handa O, Takagi T, Naito Y, Yoshikawa T. Hyperthermia ameliorates 2, 4, 6- Trinitrobenzene Sulphonic Acid-induced colitis in rats: the role of heat shock proteins. Int J Hyperthermia. 23: 17-28, 2007.
19. Kokura S, Adachi S, Mizushima K, Okayama T, Hattori T, Okuda T, Nakabe N, Manabe E, Ishikawa T, Handa O, Takagi T, Naito Y, Yoshikawa T.Gene expression profiles of diabetic mice treated with whole body hyperthermia: A high-density DNA microarray analysis. Int J Hyperthermia 26: 101-107, 2010.
20. Kokura S, Handa O, Takagi T, Ishikawa T, Naito Y, Yoshikawa T. Silver nanoparticles as a safe preservative for use in cosmetics. Nanomedicine 6: 570-574, 2010
21. Ishikawa T, kokura S, Sakamoto N, Okajima M, Matsuyama T, Sakai H, Okumura Y, Adachi S, Yoshida N, Uchiyama K, Handa O, Takagi T, Konichi H, Wakabayashi N, Yagi N, Ando T, Uno K, Naito Y, Yoshikawa T Relationship between circulating cytokine levels and physical or psychological functioning in patients with advanced cancer Clin Biochem 45:207-211. 2012
22. Ishikawa T, Kokura S, Sakamoto N, Ando T, Imamoto E, Hattori T, Oyamada H, Yoshinami N, Sakamoto M, Kitagawa K, Okumura Y, Yoshida N, Kamada K, Katada K, Uchiyama K, Handa O, Takagi T, Yasuda H, Sakagami J, Konishi H, Yagi N, Naito Y, Yoshikawa T. PhaseII trial of combined regional hyperthermia and gemcitabine for locally advanced or metastatic pancreatic cancer. Int. J.Hyperthermia: 28:597-604, 2012
23. Takeshi Ishikawa, Satoshi Kokura, Tatsuji Enoki, Naoyuki Sakamoto, Tetsuya Okayama, Mitsuko Ideno, Junichi Mineno, Kazuko Uno, Naohisa Yoshida, Kazuhiro Kamada, Kazuhiro Katada, Kazuhiko Uchiyama, Osamu Handa, Tomohisa Takagi, Hideyuki Konishi, Nobuaki Yagi, Yuji Naito, Yoshito Itoh, and Toshikazu Yoshikawa Phase I clinical trial of fibronectin CH296-stimulated T cell therapy in patients with advanced cancer. PLoS One. 2014 Jan 31;9(1):e83786. doi: 10.1371/journal.pone.0083786. eCollection 2014.
24. Satoshi KOKURA, The Present State of the Hyperthermia in Japan, and by What Kind of Way Should We Progress from Now on? 京都学園大学健康医療学部紀要 13-20、2016

続きを見る

古倉 聡先生 の所属する医療機関

たけだ診療所

TEL: 075-321-1117

たけだ診療所

京都府京都市右京区西京極北大入町65 天神川ビル1階

阪急電鉄京都本線「西京極」駅 徒歩12分

- -

診療時間: 9:30〜12:30 17:00〜19:30 木・土曜AMのみ 臨時休診あり

診療科目: 内科 リハビリテーション科