高橋 周史 先生のプロフィール

高橋 周史 先生

たかはし しゅうじ

高橋 周史 先生

康生会武田病院 副院長/消化器センター所長

専門分野

消化器病、消化器内視鏡

紹介

京都府立医科大学を卒業後、消化器内科医として多くの経験を積み、現在は康生会武田病院副院長ならびに消化器センターで所長を務める。急性期病院において長年にわたり、消化器疾患の診療、内視鏡検査・治療に携わっている。

略歴

1984年 京都府立医科大学医学部卒業
1992年 京都府立医科大学大学院  医学博士取得
1992年 舞鶴赤十字病院 内科部長
1994年 医療法人財団 康生会武田病院 消化器センター 医長
2004年 同 消化器センター 所長
2009年 副院長 兼任

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本消化器病学会  指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会  指導医・専門医
日本内科学会 認定医、同 教育施設指導医
日本消化管学会 暫定指導医・専門医
がん治療認定機構暫定教育医
日本静脈経腸栄養学会認定医
日本臨床栄養学会臨床栄養医

受賞・著書・論文など

【受賞】
京都府立医科大学関係病院等協議会 医学研究功労賞 2008年

【論文】
●高橋 周史, 朴 義男, 吉川 敏一. 出血性消化性潰瘍に対する非手術的治療の標準化 ~クリニカルパスの活用~ 日本腹部救急医学会雑誌 2006:26巻4号 Page517-522.
●Takahashi S:Role of nitric oxide in acute intestinal damage induced by endotoxin in rats. J. Kyoto Pref Univ Med. 1993:102 107-127.
●Takahashi S, Yoshikawa T, Naito Y, Minamiyama Y, Tanigawa T, Kondo M: Antioxidant properties of antiulcer Kampo medicines. Free Radic Res Commun 1993: 19 : S101-8
●Takahashi S, Yoshikawa T, Naito Y, Tanigawa T, Yoshida N, Kondo M:
Role of platelet-activating factor (PAF) in superoxide production by human polymorphonuclea

【受賞】
京都府立医科大学関係病院等協議会 医学研究功労賞 2008年

【論文】
●高橋 周史, 朴 義男, 吉川 敏一. 出血性消化性潰瘍に対する非手術的治療の標準化 ~クリニカルパスの活用~ 日本腹部救急医学会雑誌 2006:26巻4号 Page517-522.
●Takahashi S:Role of nitric oxide in acute intestinal damage induced by endotoxin in rats. J. Kyoto Pref Univ Med. 1993:102 107-127.
●Takahashi S, Yoshikawa T, Naito Y, Minamiyama Y, Tanigawa T, Kondo M: Antioxidant properties of antiulcer Kampo medicines. Free Radic Res Commun 1993: 19 : S101-8
●Takahashi S, Yoshikawa T, Naito Y, Tanigawa T, Yoshida N, Kondo M:
Role of platelet-activating factor (PAF) in superoxide production by human polymorphonuclear leukocytes. Lipids 1991: Dec. 26(12) 1227-30

など

続きを見る

高橋 周史先生 の所属する医療機関

武田病院

TEL: 075-361-1351

武田病院

京都府京都市下京区東塩小路町841-5

JR東海道本線「京都」駅 烏丸口 近鉄・京都市営地下鉄など各線乗り入れあり 徒歩5分

- -

診療時間: 9:00〜12:30 14:00〜16:00 受付8:30〜12:30 13:00〜16:00 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 外科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 眼科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科