坂本 二哉 先生のプロフィール

坂本 二哉 先生

さかもと つぐや

坂本 二哉 先生

元東京大学医学部 教授 /日本心臓病学会 創立理事長/ 半蔵門病院 循環器内科/ 霞が関ビル診療所(非常勤)

専門分野

循環器内科、心音図、超音波検査

紹介

心尖部肥大型心筋症(AAH)を世界に先駆けて発見・提唱した第一人者。臨床心音図研究会(日本心臓病学会)のほか、世界非侵襲心臓病学会、アジア・太平洋ドップラー心エコー図学会、日本心エコー図研究会など多くの研究会・学会を設立している。

略歴

1954年 東京大学医学部卒業
1955年- 東京大学医学部第二内科入局
1959年 東京大学大学院生物系第一臨床医学修了
1962年-1964年 フルブライト交換留学生、アメリカNIH trainee、シカゴ医科大学およびMount Sinai病院勤務
1975年- 東京大学医学部 講師
1986年- 東京大学健康管理センター 助教授
1990年- 東京大学健康管理センター 教授
1992年- 半蔵門病院 循環器内科
1993年- 霞が関ビル診療所岩井クリニック 院長
1996年- 霞が関ビル診療所

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本心臓病学会
日本心エコー図学会

日本心臓病学会 創立者・名誉会員・栄誉会員・FJCC・Journal of Cardiology創立編集長
日本心エコー図学会 創立者・名誉会員
世界非侵襲心臓病学会 創立者・アジア地区代表
アジア・太平洋心エコー図学会 創始者・President
American College of Cardiology FACC Emeritus
American Heart Association International Fellow

受賞・著書・論文など

【受賞】
日本心臓病学会栄誉賞(1996)
日本超音波医学会特別学会賞(2013)

【著書】
臨床心音図学(共著)南山堂、1963年(1980年第4版以降はメディカルエレクトロタイムス社より刊行、全7版)
レコードによる心臓の聴診、南山堂、1960年(全26版)
後天性心弁膜疾患、中山書店、1974年
心音図の手引き、日本医事新報社、1977年(第1版)、1981年(第2版)、1990年(第3版)
超音波シリーズ:循環器 I,II、南江堂、1986年
ドップラー心エコー図テキスト、文光堂、1988年(第1版)、1990年(第2版)、1992年(第3版)
僧帽弁逸脱症候群(最新内科学体系)、中山書店、1991年
心臓聴診エッセンシャルズ、金芳堂、2012年
超高速 CT による心臓病診断の実際、文光堂、1993年
心臓 MRI テキスト、南江堂、1998年
JC 語録:Journal of cardiology 編集後記集、日本心臓病学会出版委員会、2012年
海霧の町から、愛育社、2006年
大学への散歩道、丸善出版、1990年(愛育社、2007年)
多病息災―あるお医者さんのたわごと、愛育社、2014年

【論文】
Sakamoto T, Matsuhisa M, Hayashi T, et al. Echocardiogram

【受賞】
日本心臓病学会栄誉賞(1996)
日本超音波医学会特別学会賞(2013)

【著書】
臨床心音図学(共著)南山堂、1963年(1980年第4版以降はメディカルエレクトロタイムス社より刊行、全7版)
レコードによる心臓の聴診、南山堂、1960年(全26版)
後天性心弁膜疾患、中山書店、1974年
心音図の手引き、日本医事新報社、1977年(第1版)、1981年(第2版)、1990年(第3版)
超音波シリーズ:循環器 I,II、南江堂、1986年
ドップラー心エコー図テキスト、文光堂、1988年(第1版)、1990年(第2版)、1992年(第3版)
僧帽弁逸脱症候群(最新内科学体系)、中山書店、1991年
心臓聴診エッセンシャルズ、金芳堂、2012年
超高速 CT による心臓病診断の実際、文光堂、1993年
心臓 MRI テキスト、南江堂、1998年
JC 語録:Journal of cardiology 編集後記集、日本心臓病学会出版委員会、2012年
海霧の町から、愛育社、2006年
大学への散歩道、丸善出版、1990年(愛育社、2007年)
多病息災―あるお医者さんのたわごと、愛育社、2014年

【論文】
Sakamoto T, Matsuhisa M, Hayashi T, et al. Echocardiogram of the pulmonary valve. Jpn Heart J 1974;15:360–73.
Ichiyasu H, Sakamoto T. Phonoechocardiography. J Cardiogr 1977;7:485–513.
Sakmoto T, Tei C, Murayama M, et al. Giant T wave inversion as a mechanism of asymmetric apical hypertrophy(AAH)of the left ventricle. Echocardiographic and ultrasono-cardiotomographic study. Jpn Heart J 1976;17:611–29.
Sakamoto T, Amano K, Hada Y, et al. Asymmetric apical hypertrophy: ten years experience. Postgrad Med J 1986;62:567–70.
Suzuki J, Sakamoto T, Takenaka K, et al. New subtype of apical hypertrophic cardiomyopathy identified with nuclear magnetic resonance imaging as an underlying cause of markedly inverted T waves.J Am Coll Cardiol 1993;22:1175–81.
Sakamoto T. Apical hypertrophic cardiomyopathy(apical hypertrophy): An overview. J Cardiol 2001;37(Suppl 1):161–78.
Sakamoto T, Matsuhisa M, Kawaratani H, et al. Echocardiographic evaluation of systolic time intervals: time discrepancy between valve closure and second heart sound. In: List WF, Gravenstein JS, Spodick DH(eds).Systolic time intervals. Berlin, Heidelberg, Springer, 1980. p.202–9.
Sakamoto T. Curiosity of vascular murmurs. In: Shah CV, et al(eds). Non-invasive Techniques. Bombay,Glenmarel, 1983. p.9–23.
Sakamoto T. Phonocardiography in the study of the Austin Flint murmur in aortic regurgitation. In: Shah CV,et al(eds). Non-invasive Techniques. Bombay, Glenmarel, 1983. p.120–34.
Sakamoto T. 1 Mitral Valve Prolapse. Contributions of Japanese Investigators. In Boudoulas W, Wooley CF eds Mitral Valve Prolapse and Mitral Valve Prolapse Syndrome.Futura Publ Co Inc, Mount Kisco, New York 1988,p633–50. 2 Mitral Valve, Mitral Valve Prolapse, Mitral Valve Regurgitation.2nd ed. Futura Publ Co Inc, Armonk, New York 2000, p 569–91.
Sakamoto T. Phonocardiography in valvular heart disease. In: Acar J, Bodnar E ed. Textbook of Acquired Heart Valve Disease(2 vol)London, ICR Publishers, 1995.
Tanaka M, Sakamoto T, Sugawara S, et al. Blood flow structure and dynamics, and ejection mechanism in the left ventricle:Analysis using echo-dynamography. J Cardiol 2008;52:86–101.
Tanaka M, Sakamoto T, Sugawara S, et al. Spiral systolic blood flow in the ascending aorta and aortic arch analyzed by echo-dynamography. J Cardiol 2010;56:97–110.
Tanaka M, Sakamoto T, Sugawara S, et al. Physiological basis and clinical significance of left ventricular suction studied using echo-dynamography. J Cardiol 2011;58:232–44.
Tanaka M, Sakamoto T, Sugawara S, et al. A new concept of the contraction-extention property of the left ventricular myocardium. J Cardiol 2014;63:313–3199
Tanaka M,Sakamoto T,Katahira Y,et al.Non-uniform distribution of the contraction/extension (C–E) in the left ventricular myocardium related to the myocardial function. J Cardial 2014;64:401-408
Tanaka M,Sakamoto T,Sugawara S,et al.Deformability of the pulsating left ventricular wall: A new aspect elucidated by high resolution ultrasonic methods.J Conelial 2016 (既出版:印刷中)

続きを見る

坂本 二哉 先生 の記事