伊藤 壽記 先生のプロフィール

伊藤 壽記 先生

いとう としのり

伊藤 壽記 先生

大阪大学大学院医学系研究科統合医療学寄附講座 特任教授 / 千里金蘭大学看護学部 教授

専門分野

膵臓・膵島移植、膵疾患(特に膵癌)、炎症性腸疾患、補完代替医療、統合医療

紹介

専門領域は消化器(肝胆膵)外科、特に膵臓外科、膵臓移植。臓器の移植に関する法(1997年)施行後、2000年に本邦第1例目の膵腎同時移植を大阪大学病院で実施し、これまでに43例の膵臓移植を経験。また2013年には、遺伝性膵炎に対して、慢性膵炎術後の全摘後の残膵から膵島を分離・移植した、同疾患に対する本邦初の自家膵島移植を実施した。また、2005年からは現行医療に補完代替医療の各種手法・手技を併用して、QOL(生活の質)のさらなる向上を目指す統合医療にも臨床試験を通じて取り組んでいる。

略歴

1977年 大阪大学医学部医学科卒業、同付属病院(第一外科)医員
1978年 大阪警察病院外科・心臓血管外科 医員
1981年 大阪府立母子保健総合医療センター小児外科 医員
1985年 米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部外科 Research fellow
1986年 米国テキサス大学ヒューストン校医学部外科 Research fellow
1990年 大阪大学医学部(外科学第一講座)助手
1993年 米国ウイスコンシン大学(臨床膵臓移植) Visiting fellow
1996年 大阪大学医学部(外科学第一講座)講師
1997年 大阪大学医学部(外科学第一講座)助教授
2005年 大阪大学大学院医学系研究科(生体機能補完医学寄附講座)寄附講座教授
2015年 大阪大学大学院医学系研究科(統合医療学寄附講座)特任教授
              千里金蘭大学看護学部 教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本外科学会 専門医・認定医・指導医
日本移植学会 監事・認定医
日本消化器外科学会 専門医・認定医・指導医・消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会 評議員・高度技能指導医
日本膵・膵島移植研究会 会長
日本組織移植学会 理事
日本統合医療学会 副理事長・指導医
日本補完代替医療学会 理事・認定補完代替医療学識医
日本機能性食品医用学会 理事
日本アロマセラピー学会 理事
エビデンスに基づく統合医療研究会 理事長
The Transplantation Society;Member
The International Society for Experimental Microsurgery;Member & Councilor
American Society of Transplant Surgeons;Corresponding Member
American Society of Transplant Physicians;Corresponding Member
European Society for Organ Transplantation;Associate Member
International Pancreas and Islet Transplantation Association;Regular Member
など

受賞・著書・論文など

【著書】
T. Ito. DCD for Pancreas Transplantation. In: T. Asano, N. Fukushima, T. Kenmochi, N. Matsuno Eds. Marginal Donors – Current and Future Status, Springer Japan, Tokyo, p.209-214, 2014.

T. Ito. ECD for Pancreas Transplantation. In: T. Asano, N. Fukushima, T. Kenmochi, N. Matsuno Eds. Marginal Donors – Current and Future Status, Springer Japan, Tokyo, p.215-223, 2014.

T. Ito and M. Gotoh. Report from the Japan Registry of Pancreas Transplantation (2000-2012)–Outcomes of Pancreas Transplantation from Marginal Donors –. In: P.I. Terasaki & M. Cecka, Eds. UCLA Tissue Typing Laboratory, L

【著書】
T. Ito. DCD for Pancreas Transplantation. In: T. Asano, N. Fukushima, T. Kenmochi, N. Matsuno Eds. Marginal Donors – Current and Future Status, Springer Japan, Tokyo, p.209-214, 2014.

T. Ito. ECD for Pancreas Transplantation. In: T. Asano, N. Fukushima, T. Kenmochi, N. Matsuno Eds. Marginal Donors – Current and Future Status, Springer Japan, Tokyo, p.215-223, 2014.

T. Ito and M. Gotoh. Report from the Japan Registry of Pancreas Transplantation (2000-2012)–Outcomes of Pancreas Transplantation from Marginal Donors –. In: P.I. Terasaki & M. Cecka, Eds. UCLA Tissue Typing Laboratory, Los Angeles, Clinical Transplants, 2013. p.53‐56, 2014.

伊藤壽記 監修・編集, 「日本移植学会50周年記念誌」, 丸善プラネット, 2014.

伊藤壽記, 上島悦子 監訳, 「がんの統合医療」(Integrative Oncology, D. Abrams & A. Weil 編), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2010.

伊藤壽記, 寺岡 慧 編集, 「膵臓移植-糖尿病根治を目指して-」, シュプリンガー・ジャパン, 2009.

【論文】
Tsujimoto T, Yamamoto Y, Wasa M, Takenaka Y, Nakahara S, Takagi T, Tsugane M, Hayashi N, Maeda K, Inohara H, Uejima E, Ito T. L-Glutamine reduces the severity of oral mucositis induced by chemoradiotherapy in patients with head and neck cancer: A double- blind, randomized placebo-controlled trial. Oncol Rep. 2015; 33(1): 33-9.

Ito T, Urushima H, Sakaue M, Yukawa S, Honda H, Hirai K, Igura T, Hayashi N, Maeda K, Kitagawa T, Kondo K. Reduction of adverse effects by a mushroom product, active hexose correlated compound (AHCC) in patients with advanced cancer during chemotherapy--the significance of the levels of HHV-6 DNA in saliva as a surrogate biomarker during chemotherapy. Nutr Cancer. 2014; 66(3): 377-82.

Machida T, Tanemura M, Ohmura Y, Tanida T, Wada H, Kobayashi S, Marubashi S, Eguchi H, Ito T, Nagano H, Mori M, Doki Y, Sawa Y. Significant improvement in islet yield and survival with modified ET-Kyoto solution: ET-Kyoto/Neutrophil elastase inhibitor. Cell Transplant. 2013; 22(1): 159-73.

Song J, Hagiya H, Kurata H, Mizuno H, Ito T. Prevention of GVHD and graft rejection by a new S1P receptor agonist, W-061, in rat small bowel transplantation. Transpl Immunol. 2012; 26(2-3): 163-70.

Tanemura M, Ohmura Y, Deguchi T, Machida T, Tsukamoto R, Wada H, Kobayashi S, Marubashi S, Eguchi H, Ito T, Nagano H, Mori M, Doki Y. Rapamycin causes upregulation of autophagy and impairs islets function both in vitro and in vivo. Am J Transplant. 2012; 12(1): 102-14.

Koyama S, Tomimatsu T, Kanagawa T, Daimon E, Kimura T, Kuroda A, Tanemura M, Doki Y, Ito T. Successful pregnancy after simultaneous pancreas-kidney transplantation from a brain-dead donor: the first case report in Japan. J Obstet Gynaecol Res. 2011; 37(11): 1711-6.

Saito T, Gotoh M, Satomi S, Uemoto S, Kenmochi T, Itoh T, Kuroda Y, Yasunami Y, Matsumoto S. Teraoka S Islet transplantation using donors after cardiac death: report of the Japan Islet Transplantation Registry. Transplantation. 2010; 90(7): 740-7.

伊藤壽記. 本邦膵移植症例登録報告(2016)日本膵・膵島移植研究会 移植51(2-3);171-7, 2016.

伊藤壽記. 本邦膵移植症例登録報告(2015)日本膵・膵島移植研究会 移植50(2・3);179-185, 2015.

伊藤壽記. 本邦膵移植症例登録報告(2014)日本膵・膵島移植研究会 移植49(2・3);285-291, 2014.

伊藤壽記. 本邦膵移植症例登録報告(2013)日本膵・膵島移植研究会 移植48(6);378-383, 2013.

伊藤壽記. 本邦膵移植症例登録報告(2012)日本膵・膵島移植研究会 移植47(6);437-442, 2012.

伊藤壽記, 石橋道男. 本邦膵移植症例登録報告(2011)日本膵・膵島移植研究会 移植46(6);546-551, 2011.

伊藤壽記, 石橋道男. 本邦膵移植症例登録報告(2010)日本膵・膵島移植研究会 移植45(6);641-646, 2010.

続きを見る

伊藤 壽記 先生 の記事