島田 朗 先生のプロフィール

島田 朗 先生

しまだ あきら

島田 朗 先生

埼玉医科大学 内分泌・糖尿病内科 教授 /埼玉医科大学病院 内分泌内科・糖尿病内科 診療部長

専門分野

内分泌代謝疾患一般(特に1型糖尿病)

紹介

糖尿病診療のエキスパート。特に1型糖尿病を専門とし、1型糖尿病の成因の解明、新しい免疫治療の開発に取り組んでいる。

略歴

1986年 慶應義塾大学医学部卒業
1986年- 慶應義塾大学病院内科 研修医
1988年- 立川共済病院内科 専修医
1990年- 慶應義塾大学医学部内科(腎内分泌代謝)専修医
1993年- アメリカStanford大学内科postdoctoral fellow
1996年- 東京都済生会中央病院内科 医員
1999年- 慶應義塾大学医学部内科(腎内分泌代謝)講師
2010年- 東京都済生会中央病院内科 部長
2012年- 慶應義塾大学薬学部 客員教授(非常勤)
2015年- 埼玉医科大学 内分泌・糖尿病内科 教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本内科学会 内科認定医・総合内科専門医・認定内科研修指導医
日本糖尿病学会 専門医・研修指導医
日本内分泌学会 専門医・指導医
日本糖尿病学会 監事
日本糖尿病学会 学術評議員
Diabetes International編集委員
糖尿病学用語集編集委員
日本人1型糖尿病の成因、診断、病態、治療に関する調査研究委員
膵臓移植地域適応検討委員(代表委員)
膵・膵島移植に関する常置委員
日本糖尿病眼学会(理事)
日本医学会 用語代委員
日本内分泌学会 評議員
日本病態栄養学会 評議員
日本免疫学会 正会員
米国糖尿病学会 正会員
Immunology of Diabetes Society(IDS) 正会員(IDS8 organizing committee)
埼玉県糖尿病協会理事

受賞・著書・論文など

【受賞】
1997年 東京都医師会医学研究費 奨励賞
1998年 難病医学研究財団 医学研究振興賞
【著書】
Prediction, prevention and genetic counseling in IDDM. Lessons from animal models NOD mouse, John Wiley & Sons Ltd., 1996
内科実地診療必携 生活習慣病 糖尿病、朝倉書店、1999
症例から学ぶEBM時代の糖尿病診療 緩徐進行型1型糖尿病の治療方針、医学書院、2004
糖尿病の症状と最新治療がわかる本、成美堂出版、2004
糖尿病 インスリン療法.MR教育研修テキスト、エルゼビアジャパン、2004
からだの科学(増刊)糖尿病2005 1型糖尿病の発症予防、日本評論社、2005
2012 今日の治療指針 1型糖尿病、医学書院、2012
やさしい臨床医学テキスト 第三版 代謝疾患、薬事日報社、2014
いまさら聞けない糖尿病診療 1型糖尿病と膵島関連自己抗体、南山堂、2014
2015 今日の治療指針 糖尿病ケトアシドーシス、医学書院、2015

【論文】
1. Shimada A, Rohane P, Fathman CG, Charlton B : Pathogenic and protective roles of CD4

【受賞】
1997年 東京都医師会医学研究費 奨励賞
1998年 難病医学研究財団 医学研究振興賞
【著書】
Prediction, prevention and genetic counseling in IDDM. Lessons from animal models NOD mouse, John Wiley & Sons Ltd., 1996
内科実地診療必携 生活習慣病 糖尿病、朝倉書店、1999
症例から学ぶEBM時代の糖尿病診療 緩徐進行型1型糖尿病の治療方針、医学書院、2004
糖尿病の症状と最新治療がわかる本、成美堂出版、2004
糖尿病 インスリン療法.MR教育研修テキスト、エルゼビアジャパン、2004
からだの科学(増刊)糖尿病2005 1型糖尿病の発症予防、日本評論社、2005
2012 今日の治療指針 1型糖尿病、医学書院、2012
やさしい臨床医学テキスト 第三版 代謝疾患、薬事日報社、2014
いまさら聞けない糖尿病診療 1型糖尿病と膵島関連自己抗体、南山堂、2014
2015 今日の治療指針 糖尿病ケトアシドーシス、医学書院、2015

【論文】
1. Shimada A, Rohane P, Fathman CG, Charlton B : Pathogenic and protective roles of CD45RB(low) CD4+ cells correlate with cytokine profiles in the spontaneously autoimmune diabetic mouse. Diabetes.45:71-78, 1996
2. Shimada A, Charlton B, Taylor EC, Fathman CG. : Beta-cell destruction may be a late consequence of the autoimmune process in nonobese diabetic mice. Diabetes 45:1063-1067, 1996
3. Shimada A, Morimoto J, Kodama K, Suzuki R, Oikawa Y, Funae O, Kasuga A, Saruta T, Narumi S : Elevated serum IP-10 level observed in type 1 diabetes. Diabetes Care 24: 510-515, 2001
4. Oikawa Y, Shimada A, Kasuga A, Morimoto J, Osaki T, Tahara H, Miyazaki T, Tashiro F, Yamato E, Miyazaki J, Saruta T : Systemic administration of IL-18 promotes diabetes development in young nonobese diabetic mice. J. Immunol. 171:5865-5875, 2003
5. Irie J, Shimada A, Oikawa Y, Shigihara T, Saruta T : N-acetyl-cysteine accelerates transfer of diabetes into non-obese diabetic-scid mice. Diabetologia 47:1803-1809, 2004
6. Morimoto J, Yoneyama Y, Shimada A, Shigihara T, Yamada S, Oikawa Y, Matsushima K, Saruta T, Narumi S : CXCL10 neutralization suppresses the occurrence of diabetes in non-obese diabetic mice through enhanced b-cell proliferation resulting in increased b-cell mass without affecting insulitis. J. Immunol. 173:7017-7024, 2004
7. Shigihara T, Shimada A, Oikawa Y, Yoneyama H, Kanazawa Y, Okubo Y, Matsushima K, Yamato E, Miyazaki J, Kasuga A, Saruta T, Narumi S : CXCL10 DNA Vaccination Prevents Spontaneous Diabetes through Enhanced {beta} Cell Proliferation in NOD Mice. J. Immunol. 175:8401-8408, 2005
8. Kanazawa Y, Shimada A, Oikawa Y, Okubo Y, Tada A, Imai T, Miyazaki J, Itoh H : Induction of anti-whole GAD65 reactivity in vivo results in disease suppression in type 1 diabetes. J. Autoimm. 32:104-109, 2009
9. Tada A, Shimada A, Yamada T, Oikawa Y, Yamada Y, Okubo Y, Irie J, Bluestone JA, Itoh H : A mimic of viral double-stranded RNA triggers fulminant type 1 diabetes-like syndrome in regulatory T cell-deficient autoimmune diabetic mouse. J. Immunol. 187:4947-4953, 2011
10. Yamada Y, Okubo Y, Shimada A, Oikawa Y, Yamada S, Narumi S, Matsushima K, Itoh H : Acceleration of diabetes development in CXC chemokine receptor 3 (CXCR3)-deficient NOD mice. Diabetologia 55:2238-2245, 2012
11.Awata T, Yamashita H, Kurihara S, Morita-Ohkubo T, Miyashita Y, Katayama S, Mori K, Yoneya S, Kohda M, Okazaki Y, Maruyama T, Shimada A, Yasuda K, Nishida N, Tokunaga K, Koike A. A genome-wide association study for diabetic retinopathy in a Japanese population: potential association with a long intergenic non-coding RNA. PLoS One. 2014 Nov 3;9(11):e111715.
12.Kawasaki E, Maruyama T, Imagawa A, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Osawa H, Kawabata Y, Kobayashi T, Shimada A, Shimizu I, Takahashi K, Nagata M, Makino H, Hanafusa T. Diagnostic criteria for acute-onset type 1 diabetes mellitus (2012): Report of the Committee of Japan Diabetes Society on the Research of Fulminant and Acute-onset Type 1 Diabetes Mellitus. J Diabetes Investig. 2014 Feb 12;5(1):115-8.
13.Aida K, Saitoh S, Nishida Y, Yokota S, Ohno S, Mao X, Akiyama D, Tanaka S, Awata T, Shimada A, Oikawa Y, Shimura H, Furuya F, Takizawa S, Ichijo M, Ichijo S, Itakura J, Fujii H, Hashiguchi A, Takasawa S, Endo T, Kobayashi T. Distinct cell clusters touching islet cells induce islet cell replication in association with over-expression of Regenerating Gene (REG) protein in fulminant type 1 diabetes. PLoS One. 2014 Apr 23;9(4):e95110.
14.Oikawa Y, Tanaka H, Uchida J, Atsumi Y, Osawa M, Katsuki T, Kawai T, Shimada A. Slowly progressive insulin-dependent (type 1) diabetes positive for anti-GAD antibody ELISA test may be strongly associated with a future insulin-dependent state. Endocr J. 2016 Oct 18. [Epub ahead of print]
15.Yajima K, Oikawa Y, Ogata K, Hashiguchi A, Shimada A. CD4+ T cell-dominant insulitis in acute-onset Type 1 diabetes mellitus associated with intraductal papillary mucinous adenoma. Endocr J. 2016 Sep 30;63(9):841-847.
16.Teramoto Y, Nakamura Y, Asami Y, Imamura T, Takahira S, Nemoto M, Sakai G, Shimada A, Noda M, Yamamoto A. Case of type 1 diabetes associated with less-dose nivolumab therapy in a melanoma patient. J Dermatol. 2016 Jun 23. [Epub ahead of print]
17.Yasui J, Kawasaki E, Tanaka S, Awata T, Ikegami H, Imagawa A, Uchigata Y, Osawa H, Kajio H, Kawabata Y, Shimada A, Takahashi K, Yasuda K, Yasuda H, Hanafusa T, Kobayashi T; JapanDiabetes Society Committee on Type 1 Diabetes Mellitus Research. Clinical and Genetic Characteristics of Non-Insulin-Requiring Glutamic Acid Decarboxylase (GAD) Autoantibody-Positive Diabetes: A Nationwide Survey in Japan. PLoS One. 2016 May 13;11(5):e0155643.
18.Kobayashi T, Aida K, Fukui T, Jimbo E, Shimada A, Mori Y, Fujii T, Yagihashi S. Pancreatic ductal hyperplasia/dysplasia with obstructive chronic pancreatitis: an association with reduced pancreatic weight in type 1 diabetes. Diabetologia. 2016 Apr;59(4):865-7.

続きを見る

島田 朗先生 の所属する医療機関

埼玉医科大学病院

TEL: 049-276-1127

埼玉医科大学病院

埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38

JR八高線「毛呂」駅 徒歩3分

- -

受付時間: 9:00~17:00 原則紹介制 一部診療科予約制 初診および予約外受付は8:30~11:00 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

島田 朗 先生 の記事