宮田 俊男 先生のプロフィール

宮田 俊男 先生

みやた としお

宮田 俊男 先生

みいクリニック院長

専門分野

外科

紹介

早稲田大学理工学部にて人工心臓の研究開発を行い、人工心臓の治験を行いたいという夢を持ち、大阪大学医学部に編入し、医師の道を歩み始める。大阪大学医学部附属病院で心臓外科医として実際に人工心臓の医療に携わるもデバイスラグの問題に直面したことがきっかけで、厚生労働省に入省。薬事法改正や再生医療新法の立案、臨床研究予算の増額、治験の規制改革などをはじめとして日本の医療改革に幅広く従事する。その後、黒川清代表理事の日本医療政策機構に参画。現在は地域の跡継ぎがなく閉院したクリニックをみいクリニックとして地域の医療を再生し、病気を持つ患者さんにとどまらず、地域の住民と対話し、地域包括ケアシステムの中のかかりつけ医としても活動している。スマートフォンを用いた医師と薬剤師がコラボするセルフメディケーションサービスの構築など、時代のニーズに応えるべく、多角的な取り組みを行っている。

略歴

1999年 早稲田大学理工学部機械工学科卒業
2003年 大阪大学医学部医学科卒業(3年次編入学)
2009年 厚生労働省 入省
2013年 日本医療政策機構 参画 
同年内閣官房健康・医療戦略室 戦略推進補佐官に任命
2016年 みいクリニック 院長
(大阪大学特任教授、京都大学客員教授、国立がん研究センター政策室長)

所属学会・資格・役職など

日本臨床疫学学会理事
日本外科学会 専門医
日本医師会認定産業医

受賞・著書・論文など

International models of investigator-initiated trials: implications for JapanTrimble EL, Ledermann J, Law K, Miyata T,Imamura CK, Nam BH, Kim YH, Bang YJ,Michaels M, ArdronD, Amano S, Ando Y,Tominaga T, Kurokawa K, Takebe N. Ann. Oncol.
.2012; 3151-5.

Sclerosing mediastinitis mimicking an anterior mediastinal tumor: report of a case.Miyata T, Takahama M, Nakajima R, Yamamoto R, Tada H. The Annals of Thoracic Surgery.2009; 293-5.

Intracavitary Urokinase Therapy in a patient with a multiloculated empyema caused by major leakage from intrathoracic esophagojejunostomy.Miyata T, Yumiba T

International models of investigator-initiated trials: implications for JapanTrimble EL, Ledermann J, Law K, Miyata T,Imamura CK, Nam BH, Kim YH, Bang YJ,Michaels M, ArdronD, Amano S, Ando Y,Tominaga T, Kurokawa K, Takebe N. Ann. Oncol.
.2012; 3151-5.

Sclerosing mediastinitis mimicking an anterior mediastinal tumor: report of a case.Miyata T, Takahama M, Nakajima R, Yamamoto R, Tada H. The Annals of Thoracic Surgery.2009; 293-5.

Intracavitary Urokinase Therapy in a patient with a multiloculated empyema caused by major leakage from intrathoracic esophagojejunostomy.Miyata T, Yumiba T, Ohno K, Yamasaki Y. Esophagus.2008;33-35

Novel immunotherapy for peritoneal dissemination of murine colon cancer with macrophage inflammatory protein-1β mediated by a tumor-specific vector, HVJ cationic liposomes. Miyata T, Yamamoto S, Sakamoto K, Morishita R, Kaneda Y. Cancer Gene Therapy.2001; 852-60

日本医療研究開発機構の果たす役割と医学研究者への期待(医薬ジャーナル、2015)238-241
日米欧韓等での抗がん剤同時開発・同時承認 宮田俊男(腫瘍内科、2013)468-474

医療上必要性の高い医薬品のアクセスについて 宮田俊男(臨床薬理、2013)161-166

厚生労働省の視点からみた先進医療の成果の活用 宮田俊男(医学のあゆみ、2013)1116-20

個別化医療時代のレギュラトリーサイエンス確立に向けた国家の取り組み-厚生労働省の政策を中心に-宮田俊男(腫瘍内科、2013)321-4

わが国における早期開発試験のフレームワークをどう構築するか? 宮田俊男(腫瘍内科、2012)363-6
薬事行政の視点からみた先進医療における臨床研究の成果の活用-抜本的な運用の改正-宮田俊男(臨床評価、2012)19-22

抗悪性腫瘍薬の適応外使用における高度医療評価制度の活用 宮田俊男(腫瘍内科、2011)121-4

企業治験 改正GCP省令のポイント(じほう、2013)
医師主導治験 改正GCP省令のポイント(じほう、2013)
医療機器治験 改正GCP省令のポイント(じほう、2013)
製薬企業クライシス(エルゼビア、2014)
京都大学産官学連携本部 イノベーション講義(2015)
慶応大学薬学部 医療制度講義(2015)
東京大学医学部 基礎統合講義、基礎臨床社会医学統合講義(2013)
第29回日本医学会総会2015関西(2015)
Stem Cell Therapies: Opportunities for Assuring the Quality and
Safety of Unregulated Clinical Offerings,(IOM/NAS .2013)
3rd Annual Stem Cells Meeting(NIH .2013)
Pharmaceutical & Regulatory Sciences Workshop(Harvard大学.2013)

Public Workshop - Bridging the IDEAL and TPLC Approaches for Evidence Development for Surgical Medical Devices and Procedures(FDA .2011)
その他、国内外講演多数

続きを見る

宮田 俊男 先生 の記事