齋藤 滋 先生のプロフィール

齋藤 滋 先生

さいとう しげる

齋藤 滋 先生

富山大学大学院医学薬学研究部産科婦人科学講座 教授/富山大学附属病院 病院長

専門分野

サイトカイン、生殖免疫学、母子感染、妊娠高血圧症候群の病因
胎盤の増殖・分化ならびにアポトーシス、早産の発症メカニズム

紹介

務める。富山大学附属病院にて診療を続けるなかで聞き得た患者さんの不安や悩みを解消すべく、有効性のある不育症治療の保険適用を目指し、治験や講演を進める。患者さんが前向きに次の妊娠に進めるよう、医療者に対する「テンダーラビングケア(TLC/心のケア)の重要性の啓発にも力を入れており、多くの患者さんから厚い信頼を得ている。

略歴

1980年 奈良県立医科大学卒業、産婦人科学教室入局(主任一條元彦教授)
1984年 同大学院医学研究科卒業
1986年 京都大学ウイルス研究所予防治療部に留学
              文化勲章受章者の日沼 賴夫 先生のもとでサイトカイン、分子生物学、細胞生物学を学ぶ
1998年 富山医科薬科大学 教授 (産科婦人科学)
2004年 富山医科薬科大学副病院長
 *2005年10月より、富山医科薬科大学から富山大学に名称変更となる
2009年 富山大学附属病院周産母子センター長(教授と併任)
2011年 富山大学附属病院 副病院長
2013年 富山大学附属病院手術部部長
2013年 富山大学教育研究評議会評議員
2016年 富山大学附属病院 病院長事務取扱
2016年 富山大学附属病院 病院長、副学長

所属学会・資格・役職など

医学博士
富山県産科婦人科学会 会長     
日本生殖免疫学会 常任理事(2016.12-)、理事長(2012.12-2016.11)
日本妊娠高血圧学会 理事長(2014.4-)
日本周産期・新生児医学会 理事、副理事長(2014.6-2016.6)
周産期シンポジウム委員長(2010-2012)
日本産科婦人科学会 常務理事、広報委員長(2015.6-)、代議員(1998.4-2015.6)、特任理事(2013.4-2015.6)
周産期委員会委員長(2009-2011)
若手育成委員会(サマースクール・スプリングフォーラム担当)委員長(2007-2015)
産婦人科漢方研究会 代表世話人
日本胎盤学会 常務理事
日本産婦人科・新生児血液学会 理事
日本産科婦人科栄養・代謝研究会 理事
腎と妊娠研究会 理事
Journal of Reproductive Immunology : Editor-in-Chief (2003‐現在)
American Journal of Reproductive Immunology : Editorial Board(1998‐2005)
米国生殖免疫学会 Vice President (2002.7 - 2004.6)
国際胎盤学会(IFPA) Council member (2002 - 2014)
国際生殖免疫学会(ISIR) Council member (2004.10 -2010)、Treasurer (2010-)、 President (2016.6-)
Pregnancy Hypertension : Editorial Board (2012-)

受賞・著書・論文など

【論文】
1) Saito S, Nakabayashi Y, Nakashima A, Shima T, Yoshino O. A new era in reproductive medicine: consequences of third-party oocyte donation for maternal and fetal health. Semin Immunol. 38:687-697, 2016.
2) Saito S, Shima T, Nakashima A, Inada K, Yoshino O. Role of paternal antigen-specific Treg cells in successful implantation. Am J Reprod Immunol. 75(3):310-316, 2016.
3) Nakabayashi Y, Nakashima A, Yoshino O, Shima T, Shiozaki A, Adachi T, Nakabayashi M, Okai T, Kushima M, Saito S. Impairment of the accumulation of decidual T cells, NK cells, and monocytes, and the poor vascular remo

【論文】
1) Saito S, Nakabayashi Y, Nakashima A, Shima T, Yoshino O. A new era in reproductive medicine: consequences of third-party oocyte donation for maternal and fetal health. Semin Immunol. 38:687-697, 2016.
2) Saito S, Shima T, Nakashima A, Inada K, Yoshino O. Role of paternal antigen-specific Treg cells in successful implantation. Am J Reprod Immunol. 75(3):310-316, 2016.
3) Nakabayashi Y, Nakashima A, Yoshino O, Shima T, Shiozaki A, Adachi T, Nakabayashi M, Okai T, Kushima M, Saito S. Impairment of the accumulation of decidual T cells, NK cells, and monocytes, and the poor vascular remodeling of spiral arteries, were observed in oocyte donation cases, regardless of the presence or absence of preeclampsia. J Reprod Immunol. 114: 65-74, 2016.
4) Niimi H, Ueno T, Hayashi S, Abe A, Tsurue T, Mori M, Tabata H, Minami H, Goto M, Akiyama M, Yamamoto Y, Saito S, Kitajima I. Melting Temperature Mapping Method: A Novel Method for Rapid Identification of Unknown Pathogenic Microorganisms within Three Hours of Sample Collection. Sci Rep. 5:12543, 2015.
5) Shima T, Inada K, Nakashima A, Ushijima A, Ito M, Yoshino O, Saito S. Paternal antigen-specific proliferating regulatory T cells are increased in uterine-draining lymph nodes just before implantation and in pregnant uterus just after implantation by seminal plasma-priming in allogeneic mouse pregnancy. J Reprod Immunol. 108:72-82, 2015.
6) Inada K, Shima T, Ito M, Ushijima A, Saito S. Helios-positive functional regulatory T cells are decreased in decidua of miscarriage cases with normal fetal chromosomal content. J Reprod Immunol.107:10-19, 2015.
7) 齋藤 滋, 他: 厚生労働科学研究費補助金成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業 不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究.平成22年度総括・分担研究報告書2011.

続きを見る

齋藤 滋先生 の所属する医療機関

富山大学附属病院

TEL: 076-434-2281

富山大学附属病院

富山県富山市杉谷2630

JR北陸本線「富山」駅 富山地鉄バス 富山大学附属病院行き バス30分

- - -

受付時間: 8:30~17:00 原則紹介制 一部診療科予約制 受付は11:00まで 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

齋藤 滋 先生 の記事