大泉 幸雄 先生のプロフィール

大泉 幸雄 先生

おおいずみ ゆきお

大泉 幸雄 先生

横須賀市立うわまち病院 高精度放射線治療センター センター長

専門分野

放射線治療、肺・頭頸部および定位照射、IMRT

紹介

放射線治療一筋40年、臨床はもちろん生物学やパイ中間子・温熱療法の研究にも専念。
2002年より東海大の教授に歴任し、2014年から横須賀市立うわまち病院の高精度放射線治療センター長を務める。

略歴

1974年 三重県立大学医学部卒
1974年 三重大学医学部放射線科研修医・助手
1977年 東海大学医学部放射線科助手
1984年 同 講師
1992年~1993年 カナダ British Colombia Cancer Agency 留学
1996年 同 助教授
2002年 同 教授
2014年 同 退職
2014年 横須賀市立うわまち病院着任

所属学会・資格・役職など

【資格】
放射線腫瘍学専門医 
医学博士:「エピネフリンの腫瘍内投与による温熱療法の増強」1995年3月取得
【所属学会】
日本放射線腫瘍学会、日本医学放射線学会、日本定位放射線治療学会
【主な研究歴】
放射線治療(頭頸部腫瘍、婦人科腫瘍、定位照射、再照射、有害事象)、放射線生物学(転移、放射線増感剤、温熱療法、パイ中間子)

受賞・著書・論文など

【基礎的研究】
Y. Ohizumi, H.Maezawa, T.Mori. Time course of development of metastasis in irradiated Lewis lung carcinoma: Relationship between primary tumor volume and metastasis. Radiation Medicine 6: 179-184, 1988.
Y. Ohizumi, H. Tamai, H. Maezawa, T. Mori. Tumor control dose for microscopic Lewis lung tumors and hypoxic radiosensitizer, RP-170. J. Jpn. Soc. Ther, Radiol. Oncol. 6: 217-223, 1994.
Y. Ohizumi. LIECH therapy: local injection of epinephrine and chemotherapeutic agents combined with hyperthermia. Jpn. J. Hyperthermia Oncol. 11: 34-41, 1995.
Y. Ohizumi, G.K.Y.Lam, T. Pickles, C.F.

【基礎的研究】
Y. Ohizumi, H.Maezawa, T.Mori. Time course of development of metastasis in irradiated Lewis lung carcinoma: Relationship between primary tumor volume and metastasis. Radiation Medicine 6: 179-184, 1988.
Y. Ohizumi, H. Tamai, H. Maezawa, T. Mori. Tumor control dose for microscopic Lewis lung tumors and hypoxic radiosensitizer, RP-170. J. Jpn. Soc. Ther, Radiol. Oncol. 6: 217-223, 1994.
Y. Ohizumi. LIECH therapy: local injection of epinephrine and chemotherapeutic agents combined with hyperthermia. Jpn. J. Hyperthermia Oncol. 11: 34-41, 1995.
Y. Ohizumi, G.K.Y.Lam, T. Pickles, C.F.David, J.Chaplin. Radiosensitizing effect of nicotinamide and carbogen combined in fractionated pion or x-ray SCCVII tumors Radiation Medicine 13: 291-295, 1995.
【臨床的研究】
大泉幸雄,玉井好史,福原昇,母里知之. 放射線±化学療法併用療法による頭頚部癌原発巣の制御-RTOGの多変量モデルによる予想値との比較- 日癌治22: 2362-2369, 1987.
大泉幸雄,玉井好史,今宮聡,秋庭健志,母里知之,瀬尾誠. pReference Stereotactic System Users Group 不整形コリメータを用いた定位照射におけるその利用度. 臨床放射線44: 485-490, 1999.
Y. Ohizumi, Y. Tamai, S. Imamiya, T. Akiba, T. Mori. Inhibition of subsequent nodal metastasis by low dose of elective neck irradiation for tongue cancers. J Jpn Soc Ther Radiol Oncol; 11: 77-84, 2000.
Y. Ohizumi, Y. Tamai, S. Imamiya, T. Akiba. Complications following re-irradiation for head and neck cancer. Am. J. Otolaryngol. 23: 215-221, 2002.
Y.Ohizumi, Y.Tamai, S.Imamiya, T. Akiba. Prediction of tumor control by tumor regression at 40Gy/4 weeks of external beam irradiation for oropharyngeal carcinoma. Radiation Med 22; 324-331, 2004.

続きを見る

大泉 幸雄先生 の所属する医療機関

横須賀市立うわまち病院

TEL: 046-823-2630

横須賀市立うわまち病院

神奈川県横須賀市上町2丁目36

京浜急行電鉄本線「横須賀中央」駅 徒歩12分

- -

受付時間: 8:30~11:30 原則紹介制、一部診療科予約制 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科

大泉 幸雄 先生 の記事