大田 健 先生のプロフィール

大田 健 先生

おおた けん

大田 健 先生

独立行政法人国立病院機構 東京病院名誉院長

専門分野

内科 呼吸器病学 アレルギー学

紹介

1975年東京大学医学部医学科卒業し1977年同大学物療内科に入局、1980年〜1983年、および1988年〜1989年の計4.5年間米国コロラド州のNational Jewish Health (現在名)に留学し、IgEの産生調節と肺線維症を研究、帰国後東京大学医学部助手、聖マリアンナ医大講師、帝京大学医学部助教授を経て、1997年より同大学内科呼吸器・アレルギー学教授、2018年より現職。

略歴

1975年 東京大学医学部医学科 卒業
            東京大学医学部附属病院にて研修(2年間)
            ECFMG合格
1977年 東京大学医学部附属病院物療内科 入局
1980年 アメリカ合衆国コロラド州コロラド大学医学部 留学
    ナショナルジュイッシュ免疫呼吸器研究センター内科で研究
1983年 東京大学医学部附属病院物療内科助手
1986年 国立病院医療センター呼吸器科 出向
1987年 東京大学医学部附属病院物療内科助手
1988年 アメリカ合衆国コロラド州コロラド大学医学部 留学
            ナショナルジュイッシュ免疫呼吸器研究センター内科で研究
1989年 東京大学医学部附属病院物療内科助手
            聖マリアンナ医科大学臨床検査学教室講師、難病治療研究センター室長(併任)
1992年 帝京大学医学部第二内科学教室助教授
1997年 帝京大学医学部内科学講座呼吸器・アレルギー内科教授
2012年 独立行政法人国立病院機構東京病院院長
2018年 独立行政法人国立病院機構東京病院名誉院長

所属学会・資格・役職など

日本内科学会(評議員 ~2013年)
日本呼吸器学会(理事 ~2013年)
日本アレルギー学会(常務理事 ~2015年) 第58回日本アレルギー学会秋季学術大会会長 (2008.11.27〜29開催)           
日本肺癌学会(関東部会幹事 ~2015年)
日本呼吸器内視鏡学会(関東支部会幹事)
日本サルコイドーシス学会(評議員)
日本気胸・嚢胞性肺疾患学会(評議員)
日本成人病学会(評議員)
日本臨床生理学会(評議員)
日本職業・環境アレルギー学会 (理事)第46回日本職業・環境アレルギー学会会長(2015.7.3~4開催)
日本呼吸器管理学会(評議員)
米国呼吸器学会(An official educational program of the ATS: Up To Date Peer Reviewer ~2009)
米国アレルギー学会(評議員)
欧州呼吸器学会
欧州アレルギー学会
アジア太平洋呼吸器学会
米国胸部疾患医会(ACCP) (評議員), 国際胸部疾患学会
国際サルコイドーシス学会
GINA Executive Committee & Science Committee (2002~2012)
ARIA Advisory & Science Committee
INTEASMA Executive Committee
【客 員 教 授 ・ 非 常 勤 講 師】
東京大学医学部呼吸器内科非常勤講師(1999年4月~2015年3月)
昭和大学医学部呼吸器・アレルギー内科客員教授(2011年4月~)
帝京大学医学部呼吸器・アレルギー内科客員教授(2012年4月~)

受賞・著書・論文など

【著書】
今日の処方(南江堂)  臨床診断 ホップ ステップ ジャンプ(南江堂) 
今日の診断基準(南江堂)  今日の治療と看護(南江堂) 
呼吸器専門医テキスト(南江堂)
気管支喘息治療の新たなストラテジー(先端医学社) 
気管支喘息のすべて(文光堂) その他多数
【英文原著 (主要なもの15編を選択)】
1. Ohta K, Manzara T, Harbeck RJ and Kirkpatrick CH: Human tonsillar IgE biosynthesis in vitro. I. Enhancement of IgE and IgG synthesis in the presence of T-cell irradiation. J Allergy Clin Immunol 71: 212-223, 1983
2. Ohta K, Rozzo SJ, Hayward AR, Harbeck RJ, Kirkatrick CH: Human tonsillar IgE biosynthesis in vitro. II. Analysis of T cell regulation with monoclonal antibodies. J Allergy Clin Immunol 81: 401-412, 1988
3. Ueda T, Oht

【著書】
今日の処方(南江堂)  臨床診断 ホップ ステップ ジャンプ(南江堂) 
今日の診断基準(南江堂)  今日の治療と看護(南江堂) 
呼吸器専門医テキスト(南江堂)
気管支喘息治療の新たなストラテジー(先端医学社) 
気管支喘息のすべて(文光堂) その他多数
【英文原著 (主要なもの15編を選択)】
1. Ohta K, Manzara T, Harbeck RJ and Kirkpatrick CH: Human tonsillar IgE biosynthesis in vitro. I. Enhancement of IgE and IgG synthesis in the presence of T-cell irradiation. J Allergy Clin Immunol 71: 212-223, 1983
2. Ohta K, Rozzo SJ, Hayward AR, Harbeck RJ, Kirkatrick CH: Human tonsillar IgE biosynthesis in vitro. II. Analysis of T cell regulation with monoclonal antibodies. J Allergy Clin Immunol 81: 401-412, 1988
3. Ueda T, Ohta K, Suzuki N, Yamaguchi M, Hirai K, Horiuchi T, Watanabe J, Miyamoto T, and Ito K: Idiopathic pulmonary fibrosis and high prevalence of serum antibodies to hepatitis C virus. Am Rev Respir Dis 146: 266-286, 1992
4. Takizawa H, Ohta K, Horiuchi T, Suzuki N, Ueda T, Yamaguchi M, Yamashita N, Ishii A, Suko M, Okudaira H, Shiga J, Miyamoto T, and Ito K: Hypersensitivity pneumonitis in athymic nude mice. Am Rev Respir Dis 146: 479-484, 1992
5. Ohta K, Mortenson RL, Clark R A F, Hirose N, King TE: Immunohistochemical identification and characterization of smooth muscle-like cells in idiopathic pulmonary fibrosis. Am J Respir Crit Care Med 152: 1659-1665, 1995
6. Ohta K, Nakano J, Nishizawa M, Kaneda M, Nakagome K, Makino K, Suzuki N, Nakajima M, Kawashima R, Mano K, Miyashita H: Suppressive effect of antisense DNA of platelet derived growth factor (PDGF) on murine pulmonary fibrosis with silica particles. Chest 111: 105s, 1997
7. Ohta K, Yamashita N: Apoptosis of eosinophils and lymphocytes in allergic inflammation. J Allergy Clin Immunol 104: 14-21, 1999
8. Ohta K, Yamashita N, Tajima M, Miyasaka T, Nakano J, Nakajima M, Ishii A, Horiuti T, Mano K, Miyamoto T: Diesel exhaust patrticulate induces aireay hyperresponsiveness in a murine model: Essential role of GM-CSF. J Allegry Clin Immunol 104: 1024-1030, 1999
9. Yamashita N, Sekine K, Miyasaka T, Kawashima R, Nakajima Y, Nakano J, Yamamoto T, Horiuchi T, Hirai K, Ohta K: Platelet-derived growth factor is involved in the augmentation of airway responsiveness through remodeling of airways in diesel exhaust particulate-treated mice. J Allergy Clin Immunol 107: 135-142, 2001
10. Yamashita N, Tashimo H, Ishida H, Kaneko F, Nakano J, Kato H, Hirai K, Horiuchi T, Ohta K: Attenuation of airway hyperresponsiveness in a murine asthma model by neutralization of granulocyte-macrophage-colony stimulating factor (GM-CSF). Cell Immunol 219: 92-97, 2002
11. Yamashita N, Tashimo H, Ishida H, Matsuo Y, Arai H, Nagase H, Adachi T, Ohta K: Role of insulin-like growth factor-I in allergen-induced airway inflammation and remodeling. Cell Immunol. 235(2): 85-91. 2005
12. Yamashita N, Tashimo H, Matsuo Y, Ishida H, Yoshiura K, Sato K, Yamashita N, Kakiuchi T, Ohta K: Role of CCL21 and CCL19 in allergic inflammation in the ovalbumin-specific murine asthmatic model. J Allergy Clin Immunol. 117(5):1040-6, 2006
13. Bousquet J, Schünemann H J, Samolinski B, Demoly P, Baena-Cagnani C E, Bachert C, Bonini S, Boulet L P, Bousquet P J, Brozek J L, Canonica G W, Casale T B, Cruz A A, Fokkens W J, Fonseca J A, Gerth van Wijk R, Grouse L, Haahtela T, Khaltaev N, Kuna P, Lockey R F, Lodrup Carlsen K C, Mullo Jl, Naclerio R, O'Hehir R E, Ohta K, et al: Allergic Rhinitis and its Impact on Asthma (ARIA): Achievements in 10 years and future needs. J Allergy Clin Immunol. 130: 1049-1062, 2012
14. Ohta K, Ichinose M, Tohda Y, Engel M, Moroni-Zentgraf P, Kunimitsu S, Sakamoto W, Adachi M: Long-term once-daily tiotropium Respimat® is well tolerated and maintains efficacy over 52 weeks in patients with symptomatic asthma in Japan: A randomised, placebo-controlled study. PLOS ONE 10 (4), 2015
15. FitzGerald J, Bleecker E, Nair P, Korn S, Ohta K, Lommatzsch M, Ferguson G, Busse W, Barker P, Sproule S, Gilmartin G, Werkstrom V, Aurivillius M, Goldman M, on behalf of the CALIMA study investigators, Benralizumab, an anti-interleukin-5 receptor αmonoclonal antibody, as add-on treatment for patients with severe, uncontrolled, eosinophilic asthma (CALIMA): a randomised, double-blind, placebo-controlled phase 3 trial. Lancet, Oct29; 388(10056):2128-2141, 2016

続きを見る

大田 健先生 の所属する医療機関

東京病院

TEL: 042-491-2111

東京病院

東京都清瀬市竹丘3丁目1-1

西武鉄道池袋線「清瀬」駅 南口 バス利用可能(2番乗場 久米川駅行・所沢駅東口行 東京病院北下車、 または下里団地行・滝山営業所行・花小金井駅行 東京病院玄関前下車) 車5分

JR武蔵野線「新秋津」駅 無料シャトルバス運行あり 車10分

- - -

受付時間: 8:30~14:00 予約優先、紹介状持参を推奨 診療時間8:30~17:15 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 神経内科 呼吸器外科 消化器外科 整形外科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科

院長インタビュー