松永 達雄 先生のプロフィール

松永 達雄 先生

まつなが たつお

松永 達雄 先生

国立病院機構東京医療センター臨床研究センター 聴覚・平衡覚研究部長、臨床遺伝センター長

専門分野

聴覚障害、遺伝性難聴、小児難聴

紹介

小児および成人の難聴、特に遺伝性難聴を専門とし、難聴の遺伝子診断や治療研究、難聴による言語発達の遅れ、コミュニケーション障害の支援までを包括的に担う。現在は東京医療センターにて、全国から訪れる小児難聴、遺伝性難聴の患者さんの遺伝子診断と難聴診療を行い、不安を抱える親御さんや患者さん本人を医学的な面から支えている。

略歴

1988年  慶應義塾大学医学部卒業
              慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程入学(外科系耳鼻咽喉科学専攻)
1989年  米国ベイラー医科大学耳鼻咽喉科で内耳病理学研究に従事
1992年  慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程修了、慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科 助手、
              川崎市立川崎病院耳鼻咽喉科 医員
1995年  川崎市立川崎病院耳鼻咽喉科 副医長
1996年    米国ペンシルバニア大学医学部病理研究部門にて内耳分子生物学研究に従事
1999年    国際医療福祉大学言語聴覚障害学科 助教授
2001年  国立病院東京医療センター耳鼻咽喉科 医師
2003年  国立病院機構東京医療センター臨床研究センター 聴覚障害研究室長、
              慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科 客員講師
2014年    国立病院機構東京医療センター 臨床遺伝センター長
2016年  国立病院機構東京医療センター臨床研究センター 聴覚・平衡覚研究部長

所属学会・資格・役職など

日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医、日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医、東京都指定身体障害者指定医、東京都指定難病指定医、日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医、日本めまい平衡医学会認定めまい相談医、日本耳鼻咽喉科学会 代議員、日本耳鼻咽喉科学会東京都地方部会 代議員、日本耳科学会 代議員、日本聴覚医学会 代議員、日本耳鼻咽喉科学会英文誌委員会 副委員長、Collegium Oto-Rhino-Laryngologicum Amicitiae Sacrum (CORLAS) 正会員

受賞・著書・論文など

2001年 慶応義塾大学医学部北里賞「内耳神経の傷害と再生の分子細胞機構」
2006年 臨床薬理研究振興財団研究奨励金「薬剤性平衡障害の発症予防」
2008年 国立病院医学会ベストポスター賞「幼小児難聴の系統的遺伝子解析と診療への活用」

著書
松永達雄
「聴力低下がある」と言われたら In:伊藤澄信・編集.健診データで困ったら よくある検査異常への対応策
医学書院:東京 2017; 20-23

松永達雄
ミトコンドリアDNAの遺伝子変異によるアミノグリコシドの副作用(感音難聴)の発症予測 In:奥山虎之、山本俊至・編集.遺伝学的検査・診断・遺伝カウンセリングの上手な進めかた
診断と治療社:東京 2016;166-168

松永達雄
遺伝子診断・平衡障害 In:永井良三・シリーズ総監修. 山岨達也、小川郁、丹生健一、久育男、森山寛、宇佐美真一・編集.耳鼻咽喉科・頭頚部外科研修ノート改訂第2版
診断と治療社:東京 2016; 622

Yamamoto N, Kanno A, Matsunaga T.
Genetics of Inner Ear Malformation and Cochlear Nerve Deficiency.
In: Cochlear Implantation in Children with Inner Ear Malf

2001年 慶応義塾大学医学部北里賞「内耳神経の傷害と再生の分子細胞機構」
2006年 臨床薬理研究振興財団研究奨励金「薬剤性平衡障害の発症予防」
2008年 国立病院医学会ベストポスター賞「幼小児難聴の系統的遺伝子解析と診療への活用」

著書
松永達雄
「聴力低下がある」と言われたら In:伊藤澄信・編集.健診データで困ったら よくある検査異常への対応策
医学書院:東京 2017; 20-23

松永達雄
ミトコンドリアDNAの遺伝子変異によるアミノグリコシドの副作用(感音難聴)の発症予測 In:奥山虎之、山本俊至・編集.遺伝学的検査・診断・遺伝カウンセリングの上手な進めかた
診断と治療社:東京 2016;166-168

松永達雄
遺伝子診断・平衡障害 In:永井良三・シリーズ総監修. 山岨達也、小川郁、丹生健一、久育男、森山寛、宇佐美真一・編集.耳鼻咽喉科・頭頚部外科研修ノート改訂第2版
診断と治療社:東京 2016; 622

Yamamoto N, Kanno A, Matsunaga T.
Genetics of Inner Ear Malformation and Cochlear Nerve Deficiency.
In: Cochlear Implantation in Children with Inner Ear Malformation and Cochlear Nerve Deficiency. Kaga K (Ed.).
Springer: Tokyo. 2016; 47-59

松永達雄
突発性難聴 In:福井次夫、高木誠、小室一成・総編集.今日の治療指針 2015年版 
医学書院:東京 2015; 1410-1411

松永達雄
外リンパ瘻 In:福井次夫、高木誠、小室一成・総編集.今日の治療指針 2015年版 
医学書院:東京 2015; 1411-1412

松永達雄
Waardenburg症候群 In:『小児内科』『小児外科』編集委員会共編.小児内科2015年47巻増刊号.株式会社東京医学社:東京 2015; 210-212.

Matsunaga T
Etiology and Genes.
In:Microtia and Atresia - Combined Approach by Plastic and Otologic Surgery. Adv Otorhinolaryngol.Kaga K, Asato H (Eds).
Karger, Basel .2014;75:2–8

松永達雄
急性感音難聴 In:福井次夫、高木誠、小室一成・総編集.今日の治療指針 2014年版 
医学書院:東京 2014; 1352-1353

松永達雄
Auditory Neuropathy Spectrum Disorders In:加我君孝・編集. 新生児・幼小児の難聴-遺伝子診断から人工内耳手術、療育・教育まで- 
診断と治療社:東京 2014;26-29

松永達雄
難聴遺伝子変異 In:加我君孝・編集. 新生児・幼小児の難聴-遺伝子診断から人工内耳手術、療育・教育まで- 
診断と治療社:東京 2014;19-25

松永達雄
遺伝性難聴と遺伝カウンセリング In:小川郁・編集. よくわかる聴覚障害―難聴と耳鳴のすべて― 永井書店:東京 2010;344-348

論文(総説)
松永達雄
遺伝性難聴と内耳再生医療
日本医事新報:東京 2017; 4846:29

松永達雄
新しい検査・解釈 遺伝子とめまい疾患
JOHNS:東京 2016; 32(1):45-48

永井遼斗、松永達雄
図説シリーズ「目で見る遺伝医学」-難聴の遺伝医学 
国立医療学会誌「医療」:東京 2016; 70(3):160-166

松永達雄、山本修子、村山圭
指定難病制度を踏まえたミトコンドリア病の診療.
耳鼻咽喉科・頭頸部外科:東京 2016; 88(3):240-247

松永達雄
先天性難聴児の遺伝子変異の研究と診療における新しい動向
音声言語医学:東京 2015; 56(3):219-225

松永達雄、瀧口洋一郎
突発性難聴の病態.
耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2015; 87(8):564–572

松永達雄
よくわかる遺伝子 単一遺伝子異常と疾患 難聴と内分泌の異常
JOHNS:東京 2014; 30(6):741-744

松永達雄
Pendred症候群の診断と治療 
日耳鼻会報:東京 2014; 117: 144-145

松永達雄
難聴の遺伝子診断・遺伝子治療
脳21:東京 2014;17(3):290-292

松永達雄、藤岡正人、細谷誠
Pendred症候群研究の現況と展望 
日本臨牀2013; 71(12): 2215-2222

松永達雄、鈴木直大、務台英樹、難波一徳、加我君孝
次世代シークエンサーを用いた難聴の遺伝子診断に関する検討
Otol Jpn 2013;23(5):903-907

松永達雄
難聴. In:泉孝英・編集.今日の診療のために ガイドライン外来診療2012
日経メディカル開発:東京 2012; 505-507

松永達雄
Auditory Neuropathyの遺伝子
Clinical Neuroscience 2011; 29 (12): 1409-1411

松永達雄
若い頃から難聴で補聴器を使っていますが、子どもに遺伝しますか?
JOHNS 2010; 26 (9): 1260-1261

進藤彰人、松永達雄
BPPV以外で、メニエール病、前庭神経炎、突発性難聴などの回転性めまいを生じる耳鼻科的疾患について、ジェネラリストが知っておくべきこと
JIM 2010; 20 (12): 932-935

論文(原著)
Hosoya M, Fujioka M, Sone T, Okamoto S, Akamatsu W, Ukai H, Ueda HR, Ogawa K, Matsunaga T, Okano H. Cochlear cell modeling using disease-specific iPSCs unveils a degenerative phenotype and suggests treatments for congenital progressive hearing loss. Cell Rep. 2017; 18(1):68-81

Kasakura-Kimura N, Masuda M, Mutai H, Masuda S, Morimoto N, Ogahara N, Misawa H, Sakamoto H, Saito K, Matsunaga T. WFS1 and GJB2 mutations in patients with bilateral low-frequency sensorineural hearing loss. Laryngoscope 2017; [Epub ahead of print] PMID: 28271504

Mutai H, Watabe T, Kosaki K, Ogawa K, Matsunaga T. Mitochondrial mutations in maternally inherited hearing loss. BMC Medical Genetics 2017; 18(1):32

Morimoto N, Mutai H, Namba K, Kaneko H, Kosaki R, Matsunaga T. Homozygous
EDNRB mutation in a patient with Waardenburg syndrome type 1. Auris Nasus Larynx.
2017; [Epub ahead of print] PubMed PMID: 28502583.

Kitoh R, et al. Nationwide epidemiological survey of idiopathic sudden sensorineural hearing loss in Japan. Acta Oto-Laryngologica 2017; [Epub ahead of print] PMID: 28394652

Umesawa M, et al. Relationships among habits, history of diseases, body mass index and idiopathic sudden sensorineural hearing loss in Japanese patients.
Acta Oto-Laryngologica 2017; [Epub ahead of print] PMID: 28366076

Okada M, et al. The effect of initial treatment on hearing prognosis in idiopathic sudden sensorineural hearing loss: a nationwide survey in Japan. Acta Oto-Laryngologica 2017; [Epub ahead of print] PMID: 28359220

Sato H, et al. Epidemiological survey of acute low-tone sensorineural hearing loss. Acta Oto-Laryngologica 2017; [Epub ahead of print] PMID: 28366042

Yoshida T, et al. Idiopathic sudden sensorineural hearing loss and acute low-tone sensorineural hearing loss: a comparison of the results of a nationwide epidemiological survey in Japan. Acta Oto-Laryngologica 2017; [Epub ahead of print] PMID: 28366083

Morita S, et al. The clinical features and prognosis of mumps-associated hearing loss: a retrospective, multi-institutional investigation in Japan. Acta Oto-Laryngologica 2017; [Epub ahead of print] PMID: 28338374

Wada T, et al. Differences between acoustic trauma and other types of acute noise-induced hearing loss in terms of treatment and hearing prognosis. Acta Oto-Laryngologica 2017; [Epub ahead of print] PMID: 28394667

Masuda M, Mutai H, Arimoto Y, Nakano A, Matsunaga T. A novel frameshift variant of COCH supports the hypothesis that haploinsufficiency is not a cause of autosomal dominant nonsyndromic deafness 9. Biochem Biophys Res Commun. 2016; 469(2):270-274

Namba K, Mutai H, Takiguchi Y, Yagi H, Okuyama T, Oba S, Yamagishi R, Kaneko H, Shintani T, Kaga K, Matsunaga T. Molecular impairment mechanisms of novel OPA1 mutations predicted by molecular modeling in patients with autosomal dominant optic atrophy and auditory neuropathy spectrum disorder. Otol Neurotol 2016; 37(4):394-402

Matsunaga T, Morimoto N. The auditory phenotype of children harboring mutations in the prestin gene. Acta Otolaryngol 2016; 136(4):397-401

Minami SB, Mutai H, Namba K, Sakamoto K, Matsunaga T.
Clinical characteristics of a Japanese family with hearing loss accompanied by compound heterozygous mutations in LOXHD1. Auris Nasus Larynx 2016; 43(6):609-613

Wasano K, Matsunaga T, Ogawa K, Kunishima S.
Late onset and high-frequency dominant hearing loss in a family with MYH9 disorder. Eur Arch Otorhinolaryngol 2016; 273(11):3547-3552

Takano K*, Ogasawara N, Matsunaga T, Mutai H, Sakurai A, Ishikawa A, Himi T. A novel nonsense mutation in the NOG gene causes familial NOG-related symphalangism spectrum disorder. Hum Genome Variation 2016; 3:16023

Kanno A, Mutai M, Namba K, Morita N, Nakano A, Ogahara N, Sugiuchi T, Ogawa K, Matsunaga T. Frequency and Specific Characteristics of the Incomplete Partition Type III Anomaly in Children. Laryngoscope 2016; [Epub ahead of print]PubMed PMID: 27577114

Kitao K, Mizutari K, Nakagawa S, Matsunaga T, Fukuda S, Fujii M. Recovery of
endocochlear potential after severe damage to lateral wall fibrocytes following
acute cochlear energy failure. Neuroreport 2016; 27(15):1159-1166

Goto F, Arai M, Kitamura M, Otomo A, Nagai R, Shimada T, Minami S, Matsunaga T, Tsunoda K, Fujii M. A case of undiagnosed sleep disorder with hearing difficulty and dizziness. Iran J Otorhinolaryngol 2016; 28(85):149-52

続きを見る

松永 達雄先生 の所属する医療機関

東京医療センター

TEL: 03-3411-0111

東京医療センター

東京都目黒区東が丘2丁目5-1

東京急行電鉄田園都市線「駒沢大学」駅 徒歩15分

- - -

受付時間: 8:30~11:00 原則紹介制、一部診療科予約制 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

院長インタビュー

松永 達雄 先生 の記事