小川 彰 先生のプロフィール

小川 彰 先生

おがわ あきら

小川 彰 先生

学校法人岩手医科大学

専門分野

脳神経外科

紹介

1974年岩手医科大学医学部医学科卒業後、東北大学医学部付属脳疾患研究施設脳神経外科入局。その後国立仙台病院脳神経外科医長、同病院の臨床研究部脳神経研究室長、東北大学医学部助教授を経たのち、1991年より米国バロー神経研究所(アリゾナ大学)へ留学。帰国後、岩手医科大学脳神経外科学講座教授を務め、2003年に同大学医学部長、2008年に岩手医科大学学長、そして2012年 学校法人岩手医科大学理事長に就任する。脳神経関連のエキスパートであり東北地方を代表する脳神経外科の名医として知られる。現在は学校法人岩手医科大学理事長として、創立120周年の記念事業である看護学部の開設(平成29年4月)と、附属病院の矢巾キャンパスへの移転新築(平成31年9月開院)、内丸メディカルセンターの整備を予定しており、地域医療に根ざした医療を発展させ、国民医療に寄与するとともに、東洋、世界一の大学・病院を目指しています。

略歴

1974年 東北大学医学部付属脳疾患研究施設脳神経外科
1982年 国立仙台病院脳神経外科
1985年 国立仙台病院脳神経外科医長、臨床研究部脳神経研究室長
1988年 東北大学医学部 助教授
1992年 米国 バロー神経研究所(アリゾナ大学)留学
1992年 岩手医科大学脳神経外科学講座 教授
2003年 岩手医科大学 医学部長(2008年3月)
2008年 岩手医科大学 学長(2012年再任~2016年3月)
2012年 学校法人岩手医科大学 理事長

所属学会・資格・役職など

【専門医】
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
一般社団法人日本脳神経外科学会常務理事(第Ⅲ期2007年~第Ⅴ期2013年)
一般社団法人日本脳卒中学会理事長(2009年)、同顧問(2015年)
【学外活動等】
2004年 岩手県医師会副会長
2006年 日本学術会議連携会員21期・22期・23期
2008年 日本私立医科大学協会理事、2013年同協会副会長
2008年 全国医学部長病院長会議会長、2010年同会議顧問
2013年 日本医学会幹事(1期)
2014年 日本医学会連合理事(設立時)
2012年 財団法人岩手県対がん協会会長~2014年公益財団法人岩手県対がん協会理事長
など

受賞・著書・論文など

【受賞】
1990年  中村賞(東北脳血管障害懇話会)
2007年  美原賞(公益信託美原脳血管障害研究振興基金)
2008年 斎藤眞賞 (社団法人日本脳神経外科学会)
【著書】
1) 小川彰, 出江紳一, 片山泰朗, 嘉山孝正, 鈴木則宏, 脳卒中ガイドライン委員会; 脳卒中治療ガイドライン2015. 協和企画, 東京, 2015
2) 小川彰編集 「脳神経検査のグノーティセアウトン」、「シナジー」、「2010年」
【論文】
3) Ogawa A, Yoshimoto T, Mizoi K, Sugawara T, Sakurai Y, Sato H; Acute revascularization for progressing stroke. Acta Neurochir (Wien); 112(3-4): 100-5, 1991

4) Ogawa A, Kameyama M, Muraishi K, Yoshimoto T, Ito M, Sakurai Y. Cerebral blood flow and metabolism following superficial temporal artery to superior cerebellar artery bypass for vertebrobasilar occlusive disea

【受賞】
1990年  中村賞(東北脳血管障害懇話会)
2007年  美原賞(公益信託美原脳血管障害研究振興基金)
2008年 斎藤眞賞 (社団法人日本脳神経外科学会)
【著書】
1) 小川彰, 出江紳一, 片山泰朗, 嘉山孝正, 鈴木則宏, 脳卒中ガイドライン委員会; 脳卒中治療ガイドライン2015. 協和企画, 東京, 2015
2) 小川彰編集 「脳神経検査のグノーティセアウトン」、「シナジー」、「2010年」
【論文】
3) Ogawa A, Yoshimoto T, Mizoi K, Sugawara T, Sakurai Y, Sato H; Acute revascularization for progressing stroke. Acta Neurochir (Wien); 112(3-4): 100-5, 1991

4) Ogawa A, Kameyama M, Muraishi K, Yoshimoto T, Ito M, Sakurai Y. Cerebral blood flow and metabolism following superficial temporal artery to superior cerebellar artery bypass for vertebrobasilar occlusive disease. J Neurosurg; 76(6): 955-60, 1992

5) Ogawa A, Yoshimoto T, Kikuchi H, Sano K, Saito I, Yamaguchi T, Yasuhara H. Ebselen in acute middle cerebral artery occlusion: a placebo-controlled, double-blind clinical trial. Cerebrovasc Dis.; 9(2):112-8, 1999

6) Ogawa A, Mori E, Minematsu K, Taki W, Takahashi A, Nemoto S, Miyamoto S, Sasaki M, Inoue T, MELT Japan Study Group ; Randomized trial of intraarterial infusion of urokinase within 6 hours of middle cerebral artery stroke: the middle cerebral artery embolism local fibrinolytic intervention trial (MELT) Japan. Stroke; 38(10): 2633-9, 2007

7) Saver JL; Editorial; Intra-arterial fibrinolysis for acute ischemic stroke: the message of MELT. Stroke; 38(10): 2627-8, 2007

8) Sasaki M, Yamada K, Watanabe Y, Matsui M, Ida M, Fujiwara S, Shibata E, Acute Stroke Imaging Standardization Group-Japan (ASIST-Japan) Investigators. Variability in absolute apparent diffusion coefficient values across differentplatforms may be substantial: a multivendor, multi-institutional comparisonstudy. Radiology; 249(2):624-30, 2008

9) Hirai T, Sasaki M, Maeda M, Ida M, Katsuragawa S, Sakoh M, Takano K, Arai S,Hirano T, Kai Y, Kakeda S, Murakami R, Ikeda R, Fukuoka H, Sasao A, Yamashita Y, Acute Stroke Imaging Standardization Group-Japan (ASIST-Japan) Investigators; Diffusion-weighted imaging in ischemic stroke: effect of display method onobservers' diagnostic performance. Acad Radiol; 16(3): 305-12, 2009

10) Kudo K, Sasaki M, Østergaard L, Christensen S, Uwano I, Suzuki M, Ogasawara K, Shirato H, Ogawa A; Susceptibility of Tmax to tracer delay on perfusion analysis: quantitative evaluation of various deconvolution algorithms using digital phantoms. J Cereb Blood Flow Metab; 31(3): 908-12, 2011

11) Shimizu H, Tominaga T, Ogawa A, Kayama T, Mizoi K, Saito K, Terayama Y, Ogasawara K, Mori E; Tohoku Acute Stroke Progressing Stroke Study Group. Cilostazol for the prevention of acute progressing stroke: a multicenter randomized controlled trial. J Stroke Cerebrovasc Dis; 22(4): 449-56, 2013

続きを見る

小川 彰先生 の所属する医療機関

岩手医科大学附属病院

TEL: 019-651-5111

岩手医科大学附属病院

岩手県盛岡市内丸19-1

JR東北本線「盛岡」駅 車10分

JR東北本線「盛岡」駅 車8分

- -

診療時間: 8:30〜11:00 13:00〜16:00 土曜AMのみ 原則紹介制、一部診療科予約制 診療時間8:30〜17:00 土曜8:30〜12:30 科により異なる 第2・3・5土曜休診 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

院長インタビュー

小川 彰 先生 の記事