宮地 良樹 先生のプロフィール

宮地 良樹 先生

みやち よしき

宮地 良樹 先生

滋賀県立成人病センター総長・病院長/京都大学名誉教授

専門分野

皮膚科学/皮膚アレルギー炎症、紫外線生物学、創傷治癒など

紹介

1951年、静岡市生まれ。天理病院レジデントを経て、1978年より京都大学皮膚科入局、1992年群馬大学皮膚科教授、1998年京都大学皮膚科教授に就任。国際皮膚科学会連合事務総長、アジア皮膚科学会理事長、日本褥瘡学会理事長などを歴任。日本皮膚科学会総会・日本研究皮膚科学会学術大会などを主催。2014年から現在の滋賀県立成人病センター病院長に就任。

略歴

1977年 京都大学医学部卒業
1979年 同皮膚科助手
1982年 米国ミネソタ大学リウマチ内科留学
1986年 京都大学医学部皮膚科講師、病棟医長、医学博士
1990年 天理よろづ相談所病院皮膚科部長
1992年 群馬大学医学部皮膚科教授
1998年 京都大学大学院医学研究科皮膚科教授
(平成17~20年 同附属病院副院長・経営担当)
2014年~ 滋賀県立成人病センター病院長・京都大学名誉教授

所属学会・資格・役職など

歴任理事・監事:日本皮膚科学会・日本研究皮膚科学会・日本褥瘡学会・日本美容皮膚科学会・日本炎症学会・日本香粧品学会など
歴任役職:国際皮膚科学会連合理事・事務総長、アジア皮膚科学会理事長・太陽紫外線防御研究委員会理事長など
ドイツ皮膚科学会・台湾皮膚科医学会(名誉会員)

受賞・著書・論文など

【受賞】
平成17年 日本褥瘡学会大浦賞
平成23年 小川・清寺賞
【著書】
邦文編集著書 約200冊
英文編集著書
1.O. Hayaishi, S. Imamura, Y. Miyachi (Ed)
The Biological Role of Reactive Oxygen Species in Skin. University of Tokyo Press, Tokyo, 1987.
2. Krieg T, Bickers D, Miyachi Y (Ed)
Therapy of Skin Diseases. Springer, Berlin, 2010.
【論文】
英文論文 約900編
1. Natsuaki Y, Egawa G, Nakamizo S, Ono S, Hanakawa S, Okada T, Kusuba N, Otsuka A, Kitoh A, Honda T, Nakajima S, Tsuchiya S, Sugimoto Y, Ishii KJ, Tsutsui H, Yagita H, Iwakura Y, Kubo M, Ng Lg, Hashimoto T, Fuentes J, Guttman-Yassky E, Miyachi Y, Kabashima K
Perivascular leukocyte c

【受賞】
平成17年 日本褥瘡学会大浦賞
平成23年 小川・清寺賞
【著書】
邦文編集著書 約200冊
英文編集著書
1.O. Hayaishi, S. Imamura, Y. Miyachi (Ed)
The Biological Role of Reactive Oxygen Species in Skin. University of Tokyo Press, Tokyo, 1987.
2. Krieg T, Bickers D, Miyachi Y (Ed)
Therapy of Skin Diseases. Springer, Berlin, 2010.
【論文】
英文論文 約900編
1. Natsuaki Y, Egawa G, Nakamizo S, Ono S, Hanakawa S, Okada T, Kusuba N, Otsuka A, Kitoh A, Honda T, Nakajima S, Tsuchiya S, Sugimoto Y, Ishii KJ, Tsutsui H, Yagita H, Iwakura Y, Kubo M, Ng Lg, Hashimoto T, Fuentes J, Guttman-Yassky E, Miyachi Y, Kabashima K
Perivascular leukocyte clusters are essential for efficient activation of effector T cells in the skin. Nat Immunol. 2014;15:1064-9
2. Otsuka A, Nakajima S, Kubo M, Egawa G, Honda T, Kitoh A, Nomura T, Hanakawa S, Sagita Moniaga C, Kim B, Matsuoka S, Watanabe T, Miyachi Y, Kabashima K.
Basophils are required for the induction of Th2 immunity to haptens and peptide antigens. Nat Commun. 2013;4:1739.
3. Ono M, Yaguchi H, Ohkura N, Kitabayashi I, Nagamura Y, Nomura T, Miyachi Y, Tsukada T, Sakaguchi S.
Foxp3 controls regulatory T-cell function by interacting with AML1/Runx1.
Nature. 2007 446(7136):685-9.
4. Kabashima K, Sakata D, Nagamachi M, Miyachi Y, Inaba K, Narumiya S.
Prostaglandin E2-EP4 signaling initiates skin immune responses by promoting migration and maturation of Langerhans cells. Nat Med. 2003 9(6):744-9.
5. Nishimura EK, Jordan SA, Oshima H, Yoshida H, Osawa M, Moriyama M, Jackson IJ, Barrandon Y, Miyachi Y, Nishikawa S.
Dominant role of the niche in melanocyte stem-cell fate determination.
Nature. 2002 416(6883):854-60.

続きを見る

宮地 良樹先生 の所属する医療機関

滋賀県立総合病院

TEL: 077-582-5031

滋賀県立総合病院

滋賀県守山市守山5丁目4-30

JR東海道本線「守山」駅 西口 車7分

- - -

受付時間: 8:30~11:00 原則紹介制、一部診療科予約制 診療は9:00~開始 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 外科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

院長インタビュー