田中 栄 先生のプロフィール

田中 栄 先生

たなか さかえ

田中 栄 先生

東京大学大学院医学系研究科外科学専攻 感覚運動機能医学講座整形外科学 教授

田中 栄 先生のストーリー記事を読む

専門分野

関節外科、骨粗鬆症、関節リウマチ、骨代謝

紹介

1987年東京大学医学部卒業。日本で最も歴史のある東京大学医学部整形外科教室にて教授を務め、未来の医療を見据えた研究に従事。

略歴

1987年 東京大学医学部医学科卒業
1993年 Yale University School of Medicine, Postdoctoral Associate
1996年 東京大学大学院医学系研究科修了 医学博士
1996年 東京大学医学部整形外科 助手
2004年 東京大学医学部整形外科 講師
2008年 東京大学医学部整形外科 准教授
2012年 東京大学医学部整形外科 教授
2015年 東京大学医学部附属病院 副院長

所属学会・資格・役職など

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会代議員・理事
日本リウマチ学会指導医・専門医
日本リウマチ学会理事
日本骨代謝学会理事長
日本関節病学会理事
日本骨粗鬆症学会理事
日本軟骨代謝学会評議員
日本骨免疫学会理事
日本筋学会理事
日本股関節学会評議員
日本サルコペニア・フレイル学会理事
日本抗加齢医学会評議員

受賞・著書・論文など

【受賞】
1992年 日本骨代謝学会 奨励賞
1993年 米国骨代謝学会 奨励賞
1996年 アルケア奨励賞
1997年 日本整形外科学会 奨励賞
1997年 Julius-Wolff Award (Germany)
2002年 日本骨代謝学会 学術賞
2003年 日本リウマチ学会 学会賞
2003年 第51回東日本整形災害外科学会学術集会奨励賞
2010年 BONE Top Reviewer 2009-2010
2011年 日本骨粗鬆症学会 研究奨励賞
【著書】
新骨の科学 医歯薬出版; 第2版 (2016/5/1)
標準整形外科学 医学書院; 第13版 (2016/12/19)
【論文】
1. Tanaka S, Yamamoto T, Oda E, Nakamura M, Fujiwara S. Real-world evidence of raloxifene versus alendronate in preventing non-vertebral fractures in Japanese women with osteoporosis: retrospective analysis of a hospital claims database. J Bone Miner Metab. 2016 Dec 27. doi: 10.1007/s

【受賞】
1992年 日本骨代謝学会 奨励賞
1993年 米国骨代謝学会 奨励賞
1996年 アルケア奨励賞
1997年 日本整形外科学会 奨励賞
1997年 Julius-Wolff Award (Germany)
2002年 日本骨代謝学会 学術賞
2003年 日本リウマチ学会 学会賞
2003年 第51回東日本整形災害外科学会学術集会奨励賞
2010年 BONE Top Reviewer 2009-2010
2011年 日本骨粗鬆症学会 研究奨励賞
【著書】
新骨の科学 医歯薬出版; 第2版 (2016/5/1)
標準整形外科学 医学書院; 第13版 (2016/12/19)
【論文】
1. Tanaka S, Yamamoto T, Oda E, Nakamura M, Fujiwara S. Real-world evidence of raloxifene versus alendronate in preventing non-vertebral fractures in Japanese women with osteoporosis: retrospective analysis of a hospital claims database. J Bone Miner Metab. 2016 Dec 27. doi: 10.1007/s00774-016-0809-0.
2. Naito M, Mori M, Inagawa M, Miyata K, Hashimoto N, Tanaka S, Asahara H. Dnmt3a Regulates Proliferation of Muscle Satellite Cells via p57Kip2. PLoS Genet. 2016 Jul 14;12(7):e1006167. doi: 10.1371/journal.pgen.1006167. eCollection 2016 Jul. PMID: 2741561
3. Hirose J, Masuda H, Tokuyama N, Omata Y, Matsumoto T, Yasui T, Kadono Y, Hennighausen L, Tanaka S. Bone resorption is regulated by cell-autonomous negative feedback loop of Stat5-Dusp axis in the osteoclast. J Exp Med. 2014 Jan 13;211(1):153-63. doi: 10.1084/jem.20130538. Epub 2013 Dec 23. PubMed PMID: 24367002; PubMed Central PMCID: PMC3892975.
4. Nagase Y, Yasunaga H, Horiguchi H, Hashimoto H, Shoda N, Kadono Y, Matsuda S, Nakamura K, Tanaka S. Risk factors for pulmonary embolism and the effects of fondaparinux after total hip and knee arthroplasty: a retrospective observational study with use of a national database in Japan. J Bone Joint Surg Am. 2011 Dec 21;93(24):e146. doi: 10.2106/JBJS.J.01365. PubMed PMID: 22258781.
5. Matsumoto T, Nagase Y, Iwasawa M, Yasui T, Masuda H, Kadono Y, Nakamura K, Tanaka S. Distinguishing the proapoptotic and antiresorptive functions of risedronate in murine osteoclasts: role of the Akt pathway and the ERK/Bim axis. Arthritis Rheum. 2011 Dec;63(12):3908-17. doi: 10.1002/art.30646. PubMed PMID: 21898348.
6. Akiyama T, Bouillet P, Miyazaki T, Kadono Y, Chikuda H, Chung UI, Fukuda A, Hikita A, Seto H, Okada T, Inaba T, Sanjay A, Baron R, Kawaguchi H, Oda H, Nakamura K, Strasser A, Tanaka S. Regulation of osteoclast apoptosis by ubiquitylation of proapoptotic BH3-only Bcl-2 family member Bim. EMBO J. 2003 Dec 15;22(24):6653-64. PubMed PMID: 14657036; PubMed Central PMCID: PMC291830.
7. Miyazaki T, Katagiri H, Kanegae Y, Takayanagi H, Sawada Y, Yamamoto A, Pando MP, Asano T, Verma IM, Oda H, Nakamura K, Tanaka S: Reciprocal role of ERK and NF-kappaB pathways in survival and activation of osteoclasts. J Cell Biol 2000, 148:333-342
8. Takayanagi H, Iizuka H, Juji T, Nakagawa T, Yamamoto A, Miyazaki T, Koshihara Y, Oda H, Nakamura K, Tanaka S: Involvement of receptor activator of nuclear factor kappaB ligand/osteoclast differentiation factor in osteoclastogenesis from synoviocytes in rheumatoid arthritis. Arthritis Rheum 2000, 43:259-269
9. Tanaka S, Amling M, Neff L, Peyman A, Uhlmann E, Levy JB, Baron R: c-Cbl is downstream of c-Src in a signalling pathway necessary for bone resorption. Nature 1996, 383:528-531
10. Tanaka S, Takahashi N, Udagawa N, Tamura T, Akatsu T, Stanley ER, Kurokawa T, Suda T: Macrophage colony-stimulating factor is indispensable for both proliferation and differentiation of osteoclast progenitors. J Clin Invest 1993, 91:257-263

続きを見る

田中 栄先生 の所属する医療機関

東京大学医学部附属病院

TEL: 03-3815-5411

東京大学医学部附属病院

東京都文京区本郷7丁目3-1

東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目」駅 2番出口 都営地下鉄大江戸線も利用可(5番出口) 徒歩10分

東京メトロ千代田線「湯島」駅 1番出口 徒歩15分

- - -

受付時間: 8:25~17:00 原則紹介・予約制 当日予約受付は11:00まで 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 矯正歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科