勝野 雅央 先生のプロフィール

勝野 雅央 先生

かつの まさひさ

勝野 雅央 先生

名古屋大学大学院医学系研究科 神経内科学 教授

勝野 雅央 先生のストーリー記事を読む

専門分野

神経変性疾患、臨床試験

紹介

1989年に名古屋大学を卒業後、名古屋第二赤十字病院で研修を積んだのち、名古屋大学大学院医学系研究科神経内科へ進学。主に、球脊髄性筋萎縮症(SBMA)の分子病態に関する研究を行う。また、基礎研究を臨床試験(医師主導治験)へと応用するトランスレーショナルリサーチを積極的に進める。2015年には同大学大学院医学系研究科 神経内科学の教授に就任し、後進の指導にも尽力している。

略歴

1989年 名古屋大学医学部卒業
1995年 名古屋第二赤十字病院研修医
1997年 名古屋第二赤十字病院神経内科
2003年 名古屋大学大学院医学系研究科修了(医学博士)
2004年 長寿科学振興財団リサーチレジデント
2006年 名古屋大学高等研究院特任講師
2012年 名古屋大学大学院医学系研究科神経内科准教授
2015年 名古屋大学大学院医学系研究科神経内科教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本神経学会(代議員、将来構想委員)、日本神経治療学会(評議員)、日本神経科学会、日本内科学会、日本臨床薬理学会、日本神経病理学会、日本自律神経学会、日本末梢神経学会、MDS-J、Society for Neuroscienceなど

受賞・著書・論文など

【受賞】
2009年 日本学術振興会賞
2014年 日本神経学会賞
【論文】
1. Kondo N, Katsuno M, Adachi H, Minamiyama M, Doi H, et al. Heat shock factor-1 influences pathological lesion distribution of polyglutamine-induced neurodegeneration. Nat Commun. 4:1405, 2013.
2. Minamiyama M, Katsuno M, Adachi H, Doi H, Kondo N, et al. Naratriptan mitigates CGRP1-associated motor neuron degeneration caused by expanded polyglutamine. Nat Med. 18: 1531-1538, 2012.
3. Katsuno M, Banno H, Suzuki K, Takeuchi Y, Kawashima M, et al. Efficacy and safety of leuprorelin in patients with spinal and bulbar muscular atrophy (JASMITT study): a

【受賞】
2009年 日本学術振興会賞
2014年 日本神経学会賞
【論文】
1. Kondo N, Katsuno M, Adachi H, Minamiyama M, Doi H, et al. Heat shock factor-1 influences pathological lesion distribution of polyglutamine-induced neurodegeneration. Nat Commun. 4:1405, 2013.
2. Minamiyama M, Katsuno M, Adachi H, Doi H, Kondo N, et al. Naratriptan mitigates CGRP1-associated motor neuron degeneration caused by expanded polyglutamine. Nat Med. 18: 1531-1538, 2012.
3. Katsuno M, Banno H, Suzuki K, Takeuchi Y, Kawashima M, et al. Efficacy and safety of leuprorelin in patients with spinal and bulbar muscular atrophy (JASMITT study): a multicentre, randomised, double-blind, placebo-controlled trial. Lancet Neurol. 9: 875-884, 2010.
4. Katsuno M, Adachi H, Doyu M, Minamiyama M, Sang C, et al. Leuprorelin rescues polyglutamine-dependent phenotypes in a transgenic mouse model of spinal and bulbar muscular atrophy. Nat Med. 9: 768-773, 2003.
5. Katsuno M, Adachi H, Kume A, Li M, Nakagomi Y, et al. Testosterone reduction prevents phenotypic expression in a transgenic mouse model of spinal and bulbar muscular atrophy. Neuron 35: 843-854, 2002.

続きを見る

勝野 雅央先生 の所属する医療機関

名古屋大学医学部附属病院

TEL: 052-741-2111

名古屋大学医学部附属病院

愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65

JR中央本線「鶴舞」駅 名古屋市営地下鉄鶴舞線も利用可 徒歩3分

- - -

受付時間: 9:00~17:00 初診受付8:30~11:00 紹介予約制 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科