南野 徹 先生のプロフィール

南野 徹 先生

みなみの とおる

南野 徹 先生

新潟大学大学院医歯学総合研究科循環器内科学 教授

南野 徹 先生のストーリー記事を読む

専門分野

循環器内科学、老化制御学、再生医療

紹介

1989年 千葉大学医学部卒業。1994年より東京大学医学部第三内科にて「エンドセリンと動脈硬化」についての研究で学位取得。1997年にハーバード大学へ留学。留学中から現在に至るまで老化制御学を研究。現在は新潟大学大学院医歯学綜合研究科循環器内科教授として、抗老化治療の開発研究を進めつつ、後進医師の育成・指導にもあたる。

略歴

1989年 千葉大学医学部卒業
1989年 千葉大学医学部内科研修医
1991年 国立習志野病院内科医師
1992年 東部地域病院循環器科医師
1994年 東京大学医学部研究生
1997年 東京大学医学博士号取得
1997年 ハーバード大学医学部リサーチフェロー
2000年 帝京大学医学部第3内科助手
2001年 千葉大学大学院医学研究院循環病態医科学助教
2007年 科学技術振興機構さきがけ研究者(兼任)
2010年 千葉大学大学院医学研究院循環病態医科学講師
2011年 科学技術振興機構さきがけ研究者(兼任)
2012年 文部科学省学術調査官(兼任)
2012年 新潟大学大学院医歯学総合研究科循環器内科教授
2015年 北里大学大学院客員教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本内科学会認定内科医、総合内科専門医、日本内科学会指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本動脈硬化学会認定動脈硬化専門医
日本高血圧学会認定高血圧専門医
日本内科学会(評議員)
日本循環器学会(社員)
American Heart Association(FAHA)
European Society of Cardiology(FESC)
Asian Pacific Society of Cardiology(FAPSC)
日本血管生物医学会(理事)
日本抗加齢医学会(理事)
日本心臓病学会(FJCC 評議員)
日本心血管内分泌学会(理事)
日本脈管学会(評議員)
日本老年医学会(評議員)
日本高血圧学会(評議員)
日本動脈硬化学会(評議員)
International Society of Heart Research(評議員)
日本心不全学会(評議員)
日本心脈管作動物質学会(評議員)
日本肺高血圧学会(評議員)
日本心臓リハビリテーション学会(評議員)
日本臨床分子医学会(評議員)
Anti-aging Medicine(Editor-in-Chief)
Journal of Molecular and Cellular Cardiology(Associate Editor)
PLOS ONE(Academic Editor)
Aging and Mechanisms of Disease(Associate Editor)
Circulation Journal(Associate Editor)
Journal of Cardiology(Associate Editor)
International Heart Journal(Editorial Board)
Frontiers in Cardiovascular Medicine(Associate Editor)
Internal Medicine(Editorial Board)

受賞・著書・論文など

【受賞】
日本心臓病学会YIA優秀賞、2002年
日本心血管内分泌代謝学会YIA、2002年
岡本研究奨励賞, 2003年
日本心血管内分泌学会高峰譲吉研究奨励賞, 2007年
日本循環器学会佐藤賞, 2010年
ベルツ賞(1等賞), 2010年
日本医師会研究奨励賞, 2011年
【著書】
1. Minamino T, Komuro I. Vascular cell senescence in human atherosclerosis. (ELSEVIER)
2. Suda M, Shimizu I, Yoshida Y, Minamino T. Peripheral blood mononuclear cells for limb ischemia (Springer publication).
3. Yoshida Y, Shimizu I, Minamino T. Diabetes and aging-related complications (Springer publication).
【論文】
1. Yokoyama M, Nakagomi A, Moriya J, Shimizu I, Nojima A, Yoshida Y, Ichimiya H, Kamimura N, Kobayashi Y, Ohta S, Fruttiger

【受賞】
日本心臓病学会YIA優秀賞、2002年
日本心血管内分泌代謝学会YIA、2002年
岡本研究奨励賞, 2003年
日本心血管内分泌学会高峰譲吉研究奨励賞, 2007年
日本循環器学会佐藤賞, 2010年
ベルツ賞(1等賞), 2010年
日本医師会研究奨励賞, 2011年
【著書】
1. Minamino T, Komuro I. Vascular cell senescence in human atherosclerosis. (ELSEVIER)
2. Suda M, Shimizu I, Yoshida Y, Minamino T. Peripheral blood mononuclear cells for limb ischemia (Springer publication).
3. Yoshida Y, Shimizu I, Minamino T. Diabetes and aging-related complications (Springer publication).
【論文】
1. Yokoyama M, Nakagomi A, Moriya J, Shimizu I, Nojima A, Yoshida Y, Ichimiya H, Kamimura N, Kobayashi Y, Ohta S, Fruttiger M, Lozano G, Minamino T. Inhibition of endothelial p53 improves metabolic abnormalities related to dietary obesity. Cell Rep 2014; 7: 1691-1703.
2. Shimizu I, Yoshida Y, Suda M, Minamino T. DNA damage response and metabolic disease. Cell Metab 2014; 20: 967-977.
3. Shimizu I, Yoshida Y, Moriya J, Nojima A, Uemura A, Kobayashi Y, Minamino T. Semaphorin-induced inflammation contributes to insulin resistance in dietary obesity. Cell Metab 2013; 18: 491-504.
4. Shimizu I, Yoshida Y, Katsuno T, Tateno K, Okada S, Moriya J, Yokoyama M, Nojima A, Ito T, Zechner R, Komuro I, Kobayashi Y, Minamino T. p53-induced adipose tissue inflammation is critically involved in the development of insulin resistance in heart failure. Cell Metab 2012; 15: 51-64.
5. Naito AT, Sumida T, Nomura S, Liu ML, Higo T, Nakagawa A, Okada K, Sakai T, Hashimoto A, Hara Y, Shimizu I, Zhu W, Toko H, Katada A, Akazawa H, Oka T, Lee JK, Minamino T, Nagai T, Walsh K, Kikuchi A, Matsumoto M, Botto M, Shiojima I, Komuro I. Complement C1q activates canonical wnt signaling and promotes age-related phenotypes. Cell 2012; 149: 1298-1313.
6. Minamino T, Orimo M, Shimizu I, Kunieda T, Yokoyama M, Ito T, Nojima A, Nabetani A, Oike Y, Matsubara H, Ishikawa F, Komuro I. A crucial role for adipose tissue p53 in the regulation of insulin resistance. Nat Med 2009; 15: 1082-1087.
7. Minamino T and Komuro I. Vascular aging: insights from studies on cellular senescence, stem cell aging, and progeroid syndromes. Nat Clin Pract Cardiovasc Med 2008; 5: 637-648.
8. Minamino T and Komuro I. Vascular cell senescence: Contribution to atherosclerosis. Circ Res 2007; 100: 15-26.
9. Minamino T, Sano M, and Komuro I et al. p53-induced Inhibition of Hif-1 Causes Cardiac Dysfunction during Pressure Overload. Nature 2007 446: 444-448.
10. Minamino T, Harada M, Qin Y, Takano H, Zou Y, Toko H, Ohtsuka M, Matsuura K, Sano M, Nishi J, Iwanaga K, Akazawa H, Kunieda T, Zhu W, Hasegawa H, Kunisada K, Nagai T, Nakaya H, Yamauchi-Takihara K, Komuro I. G-CSF prevents cardiac remodeling after myocardial infarction by activating Jak/Stat in cardiomyocytes. Nat Med 2005; 11: 305-311.
11. Minamino T, Miyauchi H, Yoshida T, Ishida Y, Yoshida H, Komuro I. Endothelial cell senescence in human atherosclerosis. Role of telomere in endothelial dysfunction. Circulation. 2002; 105:1541-1544.

続きを見る

南野 徹先生 の所属する医療機関

新潟大学医歯学総合病院

TEL: 025-223-6161

新潟大学医歯学総合病院

新潟県新潟市中央区旭町通1番町754

JR越後線「白山」駅 徒歩15分

JR信越本線「新潟」駅 万代口 万代バスターミナルからバスの利用も可能(4番乗場 新大病院線) 車10分

- - -

受付時間: 8:30〜11:00 歯科8:30〜11:30 13:00〜14:30 原則紹介制、一部診療科予約制 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

院長インタビュー