伊藤 康信 先生のプロフィール

伊藤 康信 先生

いとう やすのぶ

伊藤 康信 先生

総合東京病院 院長代行・脊椎脊髄センター長 東京クリニック 脊髄外科

専門分野

脳神経外科→脊椎脊髄外科,末梢神経外科
頚椎症性脊髄神経根症、頸椎・腰椎椎間板ヘルニア、頸椎・胸椎後縦靱帯骨化症,頸部・腰部脊柱菅狭窄症、腰椎変性分離すべり症、骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折などの脊椎変性疾患,脊椎骨折,環軸椎亜脱臼などの脊椎外傷疾患,脊髄髄内腫瘍,硬膜内髄外腫瘍,硬膜外腫瘍,転移性腫瘍などの腫瘍性疾患、キアリ奇形,脊髄空洞症などの先天奇形,脊椎炎・椎間板炎などの炎症性疾患,手根管・肘部管症候群などの末梢神経疾患に対する低侵襲外科治療が専門です.

紹介

脊椎脊髄外科手術を始めて25年,3,000件以上を行っている.それ以前の11年間は脳神経外科学一般の修練期間で,平行して電子顕微鏡および電気生理を用いた脊髄再生の基礎研究を国内外で行った.この研究はアカデミックおよび手術スキルを身につける上で有益な経験であった.現在は総合東京病院において院長代行ならびに脊椎脊髄センター長を務める。脳神経外科のマイクロサージェリー技術を駆使して各種脊椎脊髄疾患に対する低侵襲手術を行っている。外科手術は何よりも経験がものを言う世界ですが,経験だけに溺れることなく,個々の患者さんにあったテイラーメイドの手術をすることを信条としている.桜の花出版の『2018年版国民のための名医ランキング』にも選出された。

略歴

1981年 秋田大学医学部卒業
1986年 秋田大学大学院卒業 医学博士取得
1986年 秋田大学医学部脳神経外科 助手
1987年 ペンシルバニア医科大学 客員講師
1989年 秋田大学医学部脳神経外科 助手
1991年 ペンシルバニア医科大学 客員講師
1992年 秋田大学医学部脳神経外科 助手
1994年 秋田大学医学部脳神経外科 講師
1997年 秋田大学医学部脳神経外科 助教授
2003年 財団法人 脳神経疾患研究所 附属 総合南東北病院 副院長・脳神経外科部長
2004年 京都府立医科大学脳神経外科 客員講師 兼任
2011年 医寮法人財団 健貢会 総合東京病院 脊椎脊髄センター長 兼任
2015年 医寮法人財団 健貢会 総合東京病院 院長代行・脊椎脊髄センター長

所属学会・資格・役職など

医学博士 (1986年取得)
日本脳神経外科学会 専門医 (1987年取得)
日本脊髄外科学会 指導医 (2003年取得)
American Association of Neurological Surgeons, International Member (2007年取得)

受賞・著書・論文など

(英文)
1) Nakagawa H, Itoh Y, Mizuno J, et al Threaded cylindrical interbody cage fixation for cervical spondylosis and ossification of the posterior longitudinal ligament. In Bezel EC, ed. Spine Surgery Techniques, Complication Avoidance, and Management, Vol 1, 3rd ed., Philadelphia, Elsevier, 2012, 417-421.
2) Itoh Y, Nakagawa H, Mizuno J: Expansive laminoplasty. In Mummaneni PV, Kanter AS, Wang MY, Haid RW, eds, Cervical Spine Surgery: Current Trends and Challenges, 1st ed, Boca Raton, FL, CRC Press, 2013
(和文)
1) 伊藤康信:神経外傷患者の慢性期ケアと家族への支援,脊椎・脊髄外傷.脳神経外科学大系,神経外傷 感染・炎症性疾患 12巻 354-359,2005.

(英文)
1) Nakagawa H, Itoh Y, Mizuno J, et al Threaded cylindrical interbody cage fixation for cervical spondylosis and ossification of the posterior longitudinal ligament. In Bezel EC, ed. Spine Surgery Techniques, Complication Avoidance, and Management, Vol 1, 3rd ed., Philadelphia, Elsevier, 2012, 417-421.
2) Itoh Y, Nakagawa H, Mizuno J: Expansive laminoplasty. In Mummaneni PV, Kanter AS, Wang MY, Haid RW, eds, Cervical Spine Surgery: Current Trends and Challenges, 1st ed, Boca Raton, FL, CRC Press, 2013
(和文)
1) 伊藤康信:神経外傷患者の慢性期ケアと家族への支援,脊椎・脊髄外傷.脳神経外科学大系,神経外傷 感染・炎症性疾患 12巻 354-359,2005.
2) 伊藤康信:頸椎椎間板障害に対する術式のバリエーション,頸椎前方プレート固定.脳神経外科エキスパート 脊髄・脊椎ステップアップ編,高安正和編,中外医学社,31-39, 2009.
3) 中川洋,伊藤康信:脊椎OPLLの手術,脳神経外科臨床マニュアルIII,改訂第4版,シュプリンガー・ジャパン,端和夫編,1388-1399,2010.
4) 伊藤康信,中川洋:腰椎椎間板ヘルニア,脳神経外科臨床マニュアルIII,改訂第4版,シュプリンガー・ジャパン,端和夫編,1401-1416,2010.

【論文】(和文も可)
(英文)
1)Itoh Y, Kowada M, Mineura K, Kojima H: Congenital glioblastoma of the cerebellum with cytofluorometric deoxyribonucleic acid analysis. Surg Neurol 1987; 27: 163-167.
2)Itoh Y, A Tessler: Ultrastructural organization of regenerated adult dorsal root axons within transplants of fetal spinal cord. J Comp Neurol 1990; 292: 396-411.
3)Itoh Y, Tessler A: Regeneration of adult dorsal root axons into transplants of fetal spinal cord and brain: A comparison of growth and synapse formation in appropriate and inappropriate targets. J Comp Neurol 1990; 302: 272-293.
4)Itoh Y, Sugawara T, Kowada M, Tessler A: Time course of dorsal root axon regeneration into transplants of fetal spinal cord: I A light microscopic study. J. Comp. Neurol 1992; 323: 198-208.
5)Itoh Y, Sugawara T, Kowada M, Tessler A: Time course of dorsal root axon regeneration into transplants of fetal spinal cord: An electron microscopic study. Exp Neurol 1993; 123: 133-146.
6)Itoh Y, Waldeck RF, Tessler A, Pinter MJ: Regenerated dorsal root fibers form functional synapses in embryonic spinal cord transplants. J Neurophysiol 1996; 76: 1236-1245.
7)Itoh Y, Mineura K, Sasajima H, Kowada M: Intramedullary spinal cord germinoma: Case report and review of the literature. Neurosurg 1996; 38(1): 187-191.
8)Sasajima T, Mineura K, Itoh Y, et al: Spinal cord ependymoma: A positron emission tomographic study with (11C-methyl)-L-methionine. Neuroradiol 1996; 38: 53-55.
9)Iwaya K, Mizoi K, Tessler A, Itoh Y: Neurotrophic agents in fibrin glue mediate adult dorsal root regeneration into spinal cord. Neurosurg 1999; 44(3); 589-595.
10)Itoh Y, Mizoi K, Tessler A: Embryonic central nervous system transplants mediate adult dorsal root regeneration into host spinal cord. Neurosurg 1999; 45(4): 849-858.
Sugawara T, Itoh Y, Mizoi K: Immunosuppressants promote adult dorsal root regeneration into the spinal cord. NeuroReport 1999; 10: 3949-3953.
11)Iwakawa M, Mizoi K, Tessler A, Itoh Y: Intraspinal implants of fibrin glue containing glial cell line-derived neurotrophic factor promote dorsal root regeneration into spinal cord. Neurorehabilitation and Neural Repair 2001; 15: 173-182.
12)Ito T, Sawaishi Y, Itoh Y, Sugawara A: Severe pulmonary hypertension in an infant with achondroplasia. Case report. The Lancet 2001; 358: 1062.
13)Itoh Y, Kuwahara N, Sasajima T, et al: Spinal cord edema preceding syringomyelia associated with Chiari I malformation. Case report. Neurologia medico-chirurgica 2002; 42(9): 410-413.
14)Kayaba H, Hebiguchi T, Itoh Y, et al: Evaluation of anorectal function in patients with tethered cord syndrome: saline enema test and fecoflowmetry. J Neurosurg Spine 2003; 98: 251-257.
15)Sugawara T, Itoh Y, Hirano Y, et al: Novel dural closure technique using polyglactin acid sheet prevents cerebrospinal fluid leakage after spinal surgery. Neurosurg 2005; 57(4): 290-294.
16)Sugawara T, Hirano Y, Itoh Y, et al: Angiographically occult spinal dural arteriovenous fistula located using selective computed tomography angiography. Case report. J Neurosurg Spine 2007; 7: 215-220.
17)Sugawara T, Itoh Y, Hirano Y, et al: Long term outcome and adjacent disc degeneration after anterior cervical discectomy and fusion with titanium cylindrical cages. Acta Neurochir 2009; 151: 303-309.
18)Hirano Y, Mizuno J, Nakagawa H, Itoh Y, et al: Minimally invasive central corpectomy for ossified posterior longitudinal ligament in the cervical spine. J Clin Neurosci 2011; 18: 131-135.
19)Hirano Y, Mizuno J, Takeda M, Itoh Y, et al: Percutaneous endoscopic lumbar discectomy -Early clinical experience. Neurologia medico-chirurgica 2012; 52(9): 625-630.
20)Tomii M, Mizuno J, Takeda M, Matsushima T, Itoh Y, et al: Thoracolumbar extradural arachnoid cyst –Three surgical case reports-. Neurologia medico-chirurgica 2013; 53(2): 129-133.
21)Tomura N, Itoh Y, Matsuoka H, et al: PET findings of intramedullary tumors of the spinal cord using [18F]FDG and [11C]medhionine. AJNR Am J Neuroradiol 2013; 34: 1278-1283.
(和文)
1) 伊藤康信,高橋和孝,笹嶋寿郎,他:小児脊髄混合腫瘍gliofibroma/pilocytic astrocytomaの1例.脊髄外科 2002; 16(2): 171-178.
2) 伊藤康信,菅原卓,平野仁崇,他:難治性大後頭神経痛に対するC2神経節切除術.脊椎脊髄ジャーナル 2002; 15(10): 1033-1036.
3) 荘司英彦,伊藤康信,溝井和夫,他:大後頭孔狭窄を伴った軟骨無形成症の2手術例.脳神経外科ジャーナル2003; 12(10): 707-711.
4) 伊藤康信,菅原卓,溝井和夫,渡邉一夫:小児の脊髄硬膜内腫瘍.脊椎脊髄ジャーナル,2005; 18(2): 117-125.
5) 安田宗義,中川洋,水野順一,高安正和,伊藤康信:頸椎変性疾患に対する手術手技の時代的変遷.脳神経外科ジャーナル 2007; 16(8); 596-603.
6) 伊藤康信,冨井雅人,沼澤真一,他:脊椎硬膜外くも膜囊胞.脊椎脊髄ジャーナル 2010; 23(4): 451-454.
7) 松岡秀典,伊藤康信,沼澤真一,他:Dumbbell shapeを呈したC1-root schwannomaの1全摘例.脊髄外科 2011; 25(1): 34-38.
8) 伊藤康信,平野仁崇,沼澤真一,他: 腰椎変性疾患に対するcortical bone trajectoryによる低侵襲的脊椎固定術.脳神経外科速報 2013; 23(10): 1146-1155.
9) 平野仁崇,伊藤康信,水野順一,渡邉一夫:経皮的内視鏡下腰椎椎間板摘出術 (PELD).脳外速報 2013; 23: 657-665.
10) 平野仁崇,水野順一,沼澤真一,伊藤康信,他:腰椎椎間板ヘルニアに対する経皮的内視鏡下腰椎椎間板摘出術 (percutaneous endoscopic lumbar discectomy: PELD)の適応と限界. 脳神経外科ジャーナル 2017; 26(5): 346-352.

続きを見る

伊藤 康信先生 の所属する医療機関

総合東京病院

TEL: 03-3387-5421

総合東京病院

東京都中野区江古田3丁目15-2

都営地下鉄大江戸線「新江古田」駅 徒歩10分

西武鉄道新宿線「沼袋」駅 徒歩10分

- -

診療時間: 9:00〜12:30 13:00〜17:00 予約制 紹介状持参推奨 受付8:00〜11:30 12:30〜15:00 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科

院長インタビュー

伊藤 康信 先生 の記事