髙橋 祐二 先生のプロフィール

髙橋 祐二 先生

たかはし ゆうじ

髙橋 祐二 先生

国立精神・神経医療研究センター病院 神経内科診療部長

専門分野

臨床神経学
神経遺伝学
分子生物学

紹介

東京大学医学部を卒業後、東京大学医学部附属病院神経内科助教を経て、国立精神・神経医療研究センター・病院に所属する。現在は、神経内科診療部長として、臨床・研究共に、日々精進している。

略歴

1994年 東京大学医学部卒業
1994年 東京大学医学部附属病院内科研修医
1995年 三井記念病院内科研修医
1996年 東京逓信病院神経内科専修医
1999年 東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程入学
2003年 東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了
2004年 東京大学医学部附属病院神経内科助教
2013年 国立精神・神経医療研究センター・病院・神経内科医長
2016年 国立精神・神経医療研究センター・病院・神経内科診療部長

所属学会・資格・役職など

日本神経学会専門医(代議員)
日本頭痛学会専門医(代議員)
日本内科学会
日本人類遺伝学会

受賞・著書・論文など

著書
1)宇川義一 編. 運動失調のみかた、考えかた (小脳疾患の分子病態 遺伝子解析からわかってきたこと・わからないこと:髙橋祐二、水澤英洋) 中外医学社 2017

2)鈴木則宏 総編集、青木正志 編.神経内科Clinical Questions &Pearls 運動ニューロン疾患 (診断、遺伝学的検査:熱田直樹、髙橋祐二、割田仁、佐々木彰一、内野誠) 中外医学社 2017

3)永井良三 総監修 鈴木則宏 責任編集 荒木信夫、神田隆、吉良潤一、塩川芳昭、西野一三、水澤英洋 編.神経内科研修ノート (神経内科研修でのアドバイス 医療現場でのコミュニケーション 遺伝性疾患のインフォームドコンセント:髙橋祐二) 診断と治療社 2015

4)尾崎承一 編.難病事典 (脊髄小脳変性症(SCD):髙橋祐二、水澤英洋)Gakken 2015

5)中島健二、天野直二、下濱俊、冨本秀和、三村將 編.認知症ハンドブック (ハンチントン病 臨床で必要となる基本事項:髙橋祐二)医学書院 2013

6)辻 省次 総編集 祖父江 元 編.アクチュアル 脳・神経疾患の臨床 すべてがわかるALS・運動ニューロン疾患 (ALSの病態関連遺伝子と遺伝子変異 ALSの分子疫学と遺伝子解析の展望:髙橋祐二) 中山書店 2013

論文
1. Takahashi, Y., Kanai

著書
1)宇川義一 編. 運動失調のみかた、考えかた (小脳疾患の分子病態 遺伝子解析からわかってきたこと・わからないこと:髙橋祐二、水澤英洋) 中外医学社 2017

2)鈴木則宏 総編集、青木正志 編.神経内科Clinical Questions &Pearls 運動ニューロン疾患 (診断、遺伝学的検査:熱田直樹、髙橋祐二、割田仁、佐々木彰一、内野誠) 中外医学社 2017

3)永井良三 総監修 鈴木則宏 責任編集 荒木信夫、神田隆、吉良潤一、塩川芳昭、西野一三、水澤英洋 編.神経内科研修ノート (神経内科研修でのアドバイス 医療現場でのコミュニケーション 遺伝性疾患のインフォームドコンセント:髙橋祐二) 診断と治療社 2015

4)尾崎承一 編.難病事典 (脊髄小脳変性症(SCD):髙橋祐二、水澤英洋)Gakken 2015

5)中島健二、天野直二、下濱俊、冨本秀和、三村將 編.認知症ハンドブック (ハンチントン病 臨床で必要となる基本事項:髙橋祐二)医学書院 2013

6)辻 省次 総編集 祖父江 元 編.アクチュアル 脳・神経疾患の臨床 すべてがわかるALS・運動ニューロン疾患 (ALSの病態関連遺伝子と遺伝子変異 ALSの分子疫学と遺伝子解析の展望:髙橋祐二) 中山書店 2013

論文
1. Takahashi, Y., Kanai, M., Taminato, T., Watanabe, S., Matsumoto, C., Araki, T., Okamoto, T., Ogawa, M. & Murata, M. Compound heterozygous intermediate MJD alleles cause cerebellar ataxia with sensory neuropathy. Neurology. Genetics 3, e123, 2016.
2. Williams, K.L., Topp, S., Yang, S., Smith, B., Fifita, J.A., Warraich, S.T., Zhang, K.Y., Farrawell, N., Vance, C., Hu, X., Chesi, A., Leblond, C.S., Lee, A., Rayner, S.L., Sundaramoorthy, V., Dobson-Stone, C., Molloy, M.P., van Blitterswijk, M., Dickson, D.W., Petersen, R.C., Graff-Radford, N.R., Boeve, B.F., Murray, M.E., Pottier, C., Don, E., Winnick, C., McCann, E.P., Hogan, A., Daoud, H., Levert, A., Dion, P.A., Mitsui, J., Ishiura, H., Takahashi, Y., Goto, J., Kost, J., Gellera, C., Gkazi, A.S., Miller, J., Stockton, J., Brooks, W.S., Boundy, K., Polak, M., Munoz-Blanco, J.L., Esteban-Perez, J., Rabano, A., Hardiman, O., Morrison, K.E., Ticozzi, N., Silani, V., de Belleroche, J., Glass, J.D., Kwok, J.B., Guillemin, G.J., Chung, R.S., Tsuji, S., Brown, R.H., Jr., Garcia-Redondo, A., Rademakers, R., Landers, J.E., Gitler, A.D., Rouleau, G.A., Cole, N.J., Yerbury, J.J., Atkin, J.D., Shaw, C.E., Nicholson, G.A. & Blair, I.P. CCNF mutations in amyotrophic lateral sclerosis and frontotemporal dementia. Nature communications 7, 11253, 2016.
3. Mitsui, J., Matsukawa, T., Sasaki, H., Yabe, I., Matsushima, M., Durr, A., Brice, A., Takashima, H., Kikuchi, A., Aoki, M., Ishiura, H., Yasuda, T., Date, H., Ahsan, B., Iwata, A., Goto, J., Ichikawa, Y., Nakahara, Y., Momose, Y., Takahashi, Y., Hara, K., Kakita, A., Yamada, M., Takahashi, H., Onodera, O., Nishizawa, M., Watanabe, H., Ito, M., Sobue, G., Ishikawa, K., Mizusawa, H., Kanai, K., Hattori, T., Kuwabara, S., Arai, K., Koyano, S., Kuroiwa, Y., Hasegawa, K., Yuasa, T., Yasui, K., Nakashima, K., Ito, H., Izumi, Y., Kaji, R., Kato, T., Kusunoki, S., Osaki, Y., Horiuchi, M., Kondo, T., Murayama, S., Hattori, N., Yamamoto, M., Murata, M., Satake, W., Toda, T., Filla, A., Klockgether, T., Wullner, U., Nicholson, G., Gilman, S., Tanner, C.M., Kukull, W.A., Stern, M.B., Lee, V.M., Trojanowski, J.Q., Masliah, E., Low, P.A., Sandroni, P., Ozelius, L.J., Foroud, T. & Tsuji, S. Variants associated with Gaucher disease in multiple system atrophy. Annals of clinical and translational neurology 2, 417-426, 2015.
4. Takahashi, Y., Fukuda, Y., Yoshimura, J., Toyoda, A., Kurppa, K., Moritoyo, H., Belzil, V.V., Dion, P.A., Higasa, K., Doi, K., Ishiura, H., Mitsui, J., Date, H., Ahsan, B., Matsukawa, T., Ichikawa, Y., Moritoyo, T., Ikoma, M., Hashimoto, T., Kimura, F., Murayama, S., Onodera, O., Nishizawa, M., Yoshida, M., Atsuta, N., Sobue, G., JaCals, Fifita, J.A., Williams, K.L., Blair, I.P., Nicholson, G.A., Gonzalez-Perez, P., Brown, R.H., Jr., Nomoto, M., Elenius, K., Rouleau, G.A., Fujiyama, A., Morishita, S., Goto, J. & Tsuji, S. ERBB4 mutations that disrupt the neuregulin-ErbB4 pathway cause amyotrophic lateral sclerosis type 19. Am J Hum Genet 93, 900-905, 2013.
5. Multiple-System Atrophy Research, C. Mutations in COQ2 in familial and sporadic multiple-system atrophy. The New England journal of medicine 369, 233-244, 2013.
6. Majounie, E., Renton, A.E., Mok, K., Dopper, E.G.P., Waite, A., Rollinson, S., Chiテイ, A., Restagno, G., Nicolaou, N., Simon-Sanchez, J., van Swieten, J.C., Abramzon, Y., Johnson, J.O., Sendtner, M., Pamphlett, R., Orrell, R.W., Mead, S., Sidle, K.C., Houlden, H., Rohrer, J.D., Morrison, K.E., Pall, H., Talbot, K., Ansorge, O., Hernandez, D.G., Arepalli, S., Sabatelli, M., Mora, G., Corbo, M., Giannini, F., Calvo, A., Englund, E., Borghero, G., Floris, G.L., Remes, A.M., Laaksovirta, H., McCluskey, L., Trojanowski, J.Q., Van Deerlin, V.M., Schellenberg, G.D., Nalls, M.A., Drory, V.E., Lu, C.-S., Yeh, T.-H., Ishiura, H., Takahashi, Y., Tsuji, S., Le Ber, I., Brice, A., Drepper, C., Williams, N., Kirby, J., Shaw, P., Hardy, J., Tienari, P.J., Heutink, P., Morris, H.R., Pickering-Brown, S. & Traynor, B.J. Frequency of the C9orf72 hexanucleotide repeat expansion in patients with amyotrophic lateral sclerosis and frontotemporal dementia: a cross-sectional study. The Lancet Neurology 11, 323-330, 2012.
7. Mitsui, J., Takahashi, Y., Goto, J., Tomiyama, H., Ishikawa, S., Yoshino, H., Minami, N., Smith, D.I., Lesage, S., Aburatani, H., Nishino, I., Brice, A., Hattori, N. & Tsuji, S. Mechanisms of genomic instabilities underlying two common fragile-site-associated loci, PARK2 and DMD, in germ cell and cancer cell lines. Am J Hum Genet 87, 75-89, 2010.
8. Takahashi, Y., Seki, N., Ishiura, H., Mitsui, J., Matsukawa, T., Kishino, A., Onodera, O., Aoki, M., Shimozawa, N., Murayama, S., Itoyama, Y., Suzuki, Y., Sobue, G., Nishizawa, M., Goto, J. & Tsuji, S. Development of a high-throughput microarray-based resequencing system for neurological disorders and its application to molecular genetics of amyotrophic lateral sclerosis. Arch Neurol 65, 1326-1332, 2008.
9. Takahashi, Y., Takata, T., Hoshino, M., Sakurai, M. & Kanazawa, I. Benefit of IVIG for long-standing ataxic sensory neuronopathy with Sjogren's syndrome. IV immunoglobulin. Neurology 60, 503-505, 2003.
10. Takahashi, Y., Jeong, S.Y., Ogata, K., Goto, J., Hashida, H., Isahara, K., Uchiyama, Y. & Kanazawa, I. Human skeletal muscle calcium channel alpha1S is expressed in the basal ganglia: distinctive expression pattern among L-type Ca2+ channels. Neurosci Res 45, 129-137, 2003.

(総説・解説)
1.【脊髄小脳変性症(SCD)-最新診療マニュアル-】 遺伝子検査 高橋 祐二 Clinical Neuroscience 35(9) Page1084-1088 (2017.9)
2.【遺伝性脊髄小脳失調症の病態と治療展望】 ポリグルタミン病の病態機序 高橋 祐二 Brain and Nerve 69(8) Page901-912 (2017.8)
3. 【新しく発見された神経疾患遺伝子】 筋萎縮性側索硬化症(ALS19)の遺伝子.高橋 祐二 神経内科 87(2) Page149-154 (2017.8)
4. 【頭痛研究における最近の潮流】 片頭痛の遺伝学-最新情報.高橋 祐二 神経内科 86(6) Page699-705 (2017.6)
5.【未診断疾患イニシアチブ(IRUD)】 高橋 祐二、水澤 英洋 医学のあゆみ 259(11) Page1107-11112 (2016.12)
6.【小脳の最新知見】 脊髄小脳変性症の全体像 高橋 祐二、水澤 英洋 医学のあゆみ 255(10) Page1017-1026 (2015.12)
7. 【筋萎縮性側索硬化症(ALS)の分子遺伝学Update】 ALSの病因遺伝子ERBB4(ALS19).高橋 祐二 神経内科 82(4) Page349-355 (2015.4)
8.【分子細胞生物学講座】 ALSの新たな病因遺伝子ERBB4.高橋 祐二 細胞 46(7) Page51-54 (2014.7)
9.【神経症候群II-その他の神経疾患を含めて】 X染色体連鎖性遺伝性痙性対麻痺.高橋 祐二 領域別症候群シリーズNo.27 Page433-437 (2014.3)
10.【頭痛の成因と治療】 片頭痛に関する遺伝子研究の現状.高橋 祐二 BIO Clinica(0919-8237)27巻12号 Page1116-1122 (2012.11)

続きを見る

髙橋 祐二先生 の所属する医療機関

国立精神・神経医療研究センター病院

TEL: 042-341-2711

国立精神・神経医療研究センター病院

東京都小平市小川東町4丁目1-1

西武鉄道多摩湖線「萩山」駅 南口 西武鉄道拝島線も利用可 徒歩7分

JR武蔵野線「新小平」駅 徒歩10分

- - - - - - - -

受付時間: 予約制 紹介状持参推奨 初診予約はFAXでの受付(一部診療科除く) 診療日時は科により異なる

診療科目: 内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 小児科 整形外科 リハビリテーション科 放射線科 歯科

髙橋 祐二 先生 の記事