木村 理 先生のプロフィール

木村 理 先生

きむら わたる

木村 理 先生

山形大学大学院医学系研究科医学専攻外科学第一講座 (消化器・乳腺甲状腺・一般外科)主任教授

専門分野

消化器・乳腺甲状腺・一般外科および、肝・胆・膵の外科と臨床病理学

紹介

1979年より消化器外科・乳腺甲状腺・一般外科医師としてキャリアをはじめる。1998年には山形大学第一外科学講座 主任教授に就任。膵臓手術の第一人者として、臨床・研究ともに日本をリードしており、2008年からは日本消化器外科学会理事に就任.現在監事を務めている。2017年には、著書「木村理 膵臓病の外科学、南江堂、2017年」を上梓した.

略歴

1979年 東京大学医学部卒業
1988年 東京大学医学部 医学博士取得
1979年 東京大学医学部(第一外科、胸部外科、小児外科、麻酔科)医員
1980年 キッコーマン総合病院外科医員
1983年 東京大学医学部第一外科講座医員
1984年 東京都老人総合研究所臨床病理学部門研究員
1987年 獨協医科大学越谷病院外科講師
1990年 ドイツ、ヴュルツブルグ大学研究員
    (アレキサンダー・フォン・フンボルト奨学生)
1992年 東京大学医学部第一外科講座助手
1997年 東京大学医学部肝胆膵・移植外科講座 講師
1998年 山形大学医学部外科学第一講座(消化器・乳腺甲状腺・一般外科) 教授
2006年 山形大学医学部附属病院副病院長(2006〜2013)兼務 
2010年 山形大学医学部外科学第一講座(消化器・乳腺甲状腺・一般外科) 主任教授 
    (主任教授制への移行による名称改変)   
2013年 山形大学医学部副学部長 兼務(2013〜)
2015年 山形大学医学部図書館長 兼務(2015〜)
2017年 山形大学大学院医学系研究科医学専攻外科学第一講座 主任教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本外科学会 代議員・指導医・専門医
日本消化器病学会 評議員・指導医・専門医
日本消化器外科学会 理事(2008〜2014)・評議員・監事
日本膵臓学会 理事(2007〜2011)・監事(2011〜2017)
日本肝胆膵外科学会 理事・高度技能指導医
日本静脈経栄養学会 代議員・認定医
日本外科病理学会理事長
日本胆道学会 理事(2007〜2017)評議員・指導員
日本老年医学会 評議員・専門医・指導医
日本内分泌外科学会 評議員
東日本アレクサンダー・フォン・フンボルト協会 常務理事
日本外科代謝栄養学会 理事
日本成人病(生活習慣病)学会 理事・認定管理指導医

受賞・著書・論文など

【受賞】
1993年 平成5年度日本消化器病学会学術奨励賞
1997年 平成8年度東京大学医師会医学賞
1997年 ポーランド外科学会リディギエール賞(Rydygier賞)
2006年 山形大学医学部医療功績賞
2010年 山形大学医学部特別功績賞
2012年 山形大学医学部特別功績賞
2013年 山形大学奨励賞室内合奏団(顧問)

【著書】
Knack & Pitfalls 膵脾外科の要点と盲点 幕内雅敏 監修,木村 理 編集.文光堂、2009年
THE PANCREAS SECOND EDITION An Interrated Textbook of Basic Science, Medicine, and Surgery.(Blackwell Publishing) 、2009
みる・わかる・自信がつく!消化器外科手術ナビガイド胆・膵.中山書店,2010
肝胆膵高難度外科手術、医学書院、2010
木村理 膵臓病の外科学、南江堂、2017年

【論文】
1) Kimura W, Kuroda A, Morioka Y. Clinical pathology of endocrine tumors of the pancreas. Analysis of autopsy cases. Dig Dis Sci.1991 Jul;36(7): 933

【受賞】
1993年 平成5年度日本消化器病学会学術奨励賞
1997年 平成8年度東京大学医師会医学賞
1997年 ポーランド外科学会リディギエール賞(Rydygier賞)
2006年 山形大学医学部医療功績賞
2010年 山形大学医学部特別功績賞
2012年 山形大学医学部特別功績賞
2013年 山形大学奨励賞室内合奏団(顧問)

【著書】
Knack & Pitfalls 膵脾外科の要点と盲点 幕内雅敏 監修,木村 理 編集.文光堂、2009年
THE PANCREAS SECOND EDITION An Interrated Textbook of Basic Science, Medicine, and Surgery.(Blackwell Publishing) 、2009
みる・わかる・自信がつく!消化器外科手術ナビガイド胆・膵.中山書店,2010
肝胆膵高難度外科手術、医学書院、2010
木村理 膵臓病の外科学、南江堂、2017年

【論文】
1) Kimura W, Kuroda A, Morioka Y. Clinical pathology of endocrine tumors of the pancreas. Analysis of autopsy cases. Dig Dis Sci.1991 Jul;36(7): 933-942
2) Kimura W, Meyer F, Hess D, Kirchner Th, Fischbach W, Moessner J. Comparison of different treatment modalities in experimental pancreatitis in rats. Gastroenterology.1992 Dec;103(6):1916-1924
3) Kimura W, Nagai H, Kuroda A, Muto T, Esaki Y: Analysis of small cystic lesions of the pancreas. Int J pancreatol.1995 Dec;18(3):197-206
4) Kimura W, Nagai H: Study of surgical anatomy for duodenum-preserving resction of the head of the panceas. Ann Surg.1995 Dec;221(4):359-363
5) Kimura W, Sasahira N, Yoshikawa T, Muto T, Makuuchi M: Duct-ectatic type of mucin producing tumor of the pancreas - New concept of pancreatic neoplasia. Hepato-Gastroenterol 43: 692-709,1996
6) Kimura W, Inoue T, Futakawa N, Shinkai H, Han I, Muto T. Spleen-preserving distal pancreatectomy with conservation of the splenic artery and vein. Surgery1996 Oct;120(5):885-890
7) Kimura W, Kuroda A, Makuuchi M. Problems in the diagonsis and treatment of a so-called mucin-producing tumor of the pancreas. Pancreas.1998 Apr;16(3): 363-369
8) Hirai I, Murakami G, Kimura W, Kanamura T, Sato I. How should we treat short hepatic veins and paracaval branches in anterior hepatectomy using the hanging maneuver without mobilization of the liver? An anatomical and experimental study. Clin Anat. 2003 May;16(3):224-232
9) Hirai I, Kimura W, Murakami G, Suto K, Fuse A. Surgical anatomy of the inferior vena cava ligament. Hepato-Gastroenterology.2003 Jul-Aug;50(52):983-987
10) Kimura W. IHPBA in Tokyo, 2002: Surgical treatment of IPMT vs MCT: a Japanese experience. Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery .2003;10(2):156-162
11) Wataru Kimura. Strategies for the treatment of invasive ductal carcinomaof the pancreas and how to achieve zero mortality for pancreaticoduodenectomy. Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery.2008;15(3):270-27
12) Wataru Kimura, Toshiyuki Moriya, Keiji Hanada, Hideki Abe, Akio Yanagisawa, Noriyoshi Fukushima, Nobuyuki Ohike, Michio Shimizu, Takashi Hatori, Naotaka Fujita, Hiroyuki Maguchi, Yasuhiro Shimizu, Kenji Yamao, Tamito Sasaki, Yoshiki Naito, Satoshi Tannno, Kosuke Tobita, Masao Tanaka. Multicenter Study of Serous Cystic Neoplasm of the Japan Pancreas Society. Pancreas. 2012 Apr; 41(3):380-38
13) Masao Tanaka, Carlos Ferandez-del Castillo, Volkan Adsay, Suresh Chari, Massimo Falconi, Jin-Young Jang, Wataru Kimura, Philippe Levy, Martha Bishop Pitman, C.Max Schmidt, Michio Shimizu, Christopher L. Wolfgang, Koji Yamaguchi, Kenji Yamao. International Consensus Guidelines 2012 for the Management of IPMN and MCN of the Pancreas. Pancreatology. 2012 May-Jun;12(3):183-197
14) Wataru Kimura, Hiroaki Miyata, Mitsukazu Gotoh, Ichiro Hirai, Akira Kenjo, Yuko Kitagawa, Mituo Shimada, Hideo Baba, Naohiro Tomita, Tohru Nakagoe, Kenischi Sugihara, Masaki Mori. A Pancreaticoduodenectomy Risk Model Derived From 8575 Cases From a National Single-Race Population (Japanese) Using a Web-Based Data Entry System. Annals of Surgery.2014Apr; 259(4):773-780
15) 木村 理:脾温存尾側切除術.日本外科学会雑誌.2008;109(6):363-368
16) 木村 理:膵内分泌腫瘍の外科的治療.膵臓.2008;23(6):703-70
17) 木村 理,高須直樹,村山最二郎:膵管内乳頭粘液性腫瘍の国際診療ガイドラインと診療の現況 日本内科学雑誌.2012;101(10):79-92
18) 木村 理:2016 IAP International Consensus Meetingの概要-コンセンサスは得られたか?—.肝胆膵.2017;74(4):619-623

続きを見る

木村 理先生 の所属する医療機関

山形大学医学部附属病院

TEL: 023-633-1122

山形大学医学部附属病院

山形県山形市飯田西2丁目2-2

JR奥羽本線「山形」駅 車7分

- - -

受付時間: 8:30~17:00 紹介予約制 受付8:30~11:00 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

院長インタビュー

木村 理 先生 の記事