菊地 誠志 先生のプロフィール

菊地 誠志 先生

きくち せいじ

菊地 誠志 先生

国立病院機構北海道医療センター 院長

専門分野

神経内科

紹介

1980年北海道大学医学部卒業より神経内科医師としてキャリアをはじめる。2012年北海道医療センター院長に就任。

略歴

1980年 北海道大学医学部医学科卒業
     北大病院脳神経外科神経内科部門入局
1991年~1993年 ブリティッシュ・コロンビア大学神経内科
    (カナダ・バンクーバー) 
1995年 北海道大学神経内科助手
2002年 同 講師
2003年 同 助教授
2006年 国立病院機構札幌南病院 神経内科医長
2007年 同 診療部長
2008年 同 副院長
2010年 国立病院機構北海道医療センター 副院長
2012年 同 院長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定内科医・指導医
日本認知症学会専門医・指導医

受賞・著書・論文など

【著書】
パーキンソン病治療ガイドライン2002(日本神経学会),2011(医学書院)
パーキンソン病診療ガイドライン2018(in press,医学書院)
重症筋無力症診療ガイドライン2014(医学書院)
多発性硬化症治療ガイドライン2010(医学書院)
多発性硬化症・視神経脊髄炎診療ガイドライン2017(医学書院)
作成委員,評価調整委員として参画

【論文】
Miyazaki Y, Niino M, Takahashi E, Suzuki M, Mizuno M, Hisahara S, Fukazawa T, Amino I, Nakano F, Nakamura M, Akimoto S, Minami N, Fujiki N, Doi S, Shimohama S, Terayama Y, Kikuchi S. Fingolimod induces BAFF and expands circulating transitional B cells without activating memory B cells and plasma cells in multiple sclerosis. Clin Immunol, in press.

Nakamura Y, Matsushita T, Sato S, Niino M, Fukazawa T,

【著書】
パーキンソン病治療ガイドライン2002(日本神経学会),2011(医学書院)
パーキンソン病診療ガイドライン2018(in press,医学書院)
重症筋無力症診療ガイドライン2014(医学書院)
多発性硬化症治療ガイドライン2010(医学書院)
多発性硬化症・視神経脊髄炎診療ガイドライン2017(医学書院)
作成委員,評価調整委員として参画

【論文】
Miyazaki Y, Niino M, Takahashi E, Suzuki M, Mizuno M, Hisahara S, Fukazawa T, Amino I, Nakano F, Nakamura M, Akimoto S, Minami N, Fujiki N, Doi S, Shimohama S, Terayama Y, Kikuchi S. Fingolimod induces BAFF and expands circulating transitional B cells without activating memory B cells and plasma cells in multiple sclerosis. Clin Immunol, in press.

Nakamura Y, Matsushita T, Sato S, Niino M, Fukazawa T, Yoshimura S, Hisahara S, Isobe N, Shimohama S, Watanabe M, Yoshida K, Houzen H, Miyazaki Y, Yamasaki R, Kikuchi S, Kira J; Japan Multiple Sclerosis Genetics Consortium. Latitude and HLA-DRB1*04:05 independently influence disease severity in Japanese multiple sclerosis: a cross-sectional study. J Neuroinflammation, 2016; 13: 239.

Misawa S, Sato Y, Katayama K, Sobue G, Yabe I, Watanabe O, Nishizawa M, Kusunoki S, Kikuchi S, Nakashima I, Ikeda S, Kohara N, Nagashima K, Aoyagi R, Sekiguchi Y, Sobue G, Koike H, Yabe I, Sasaki H, Watanabe O, Takashima H, Nishizawa M, Kawachi I, Kusunoki S, Mitsui Y, Kikuchi S, Nakashima I, Ikeda S, Kohara N, Kanda T, Kira J, Hanaoka H, Kuwabara S, for the Japanese POEMS Syndrome for Thalidomide Trial Study Group. Safety and efficacy of thalidomide in patients with POEMS syndrome: a multicentre, randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Lancet Neurol, 2016; 15: 1129-37

Miyazaki Y, Niino M, Kanazawa I, Suzuki M, Mizuno M, Hisahara S, Fukazawa T, Takahashi E, Amino I, Ochi R, Minami N, Fujiki N, Doi S, Shimohama S, Terayama Y, Kikuchi S. Fingolimod suppresses bone resorption in female patients with multiple sclerosis. J Neuroimmunol, 2016; 298: 24-31.

Higuchi O, Nakane S, Sakai W, Maeda Y, Niino M, Takahashi T, Fukazawa T, Kikuchi S, Fujihara K, Matsuo H. Lack of KIR4.1 autoantibodies in Japanese patients with MS and NMO. Neurol Neuroimmunol Neuroinflamm, 2016; 3: e263.

新野正明,宮﨑雄生,菊地誠志.髄液免疫マーカー.アクチュアル脳・神経疾患の臨床 免疫性神経疾患 病態と治療のすべて,辻 省次・吉良潤一編集,中山書店 2016年刊 pp 75-78.

新野正明,菊地誠志,宮﨑雄生.disease modifying drugは患者QOLを改善するか?アクチュアル脳・神経疾患の臨床 免疫性神経疾患 病態と治療のすべて,辻 省次・吉良潤一編集,中山書店 2016年刊 pp 530-532.

続きを見る

菊地 誠志先生 の所属する医療機関

北海道医療センター

TEL: 011-611-8111

北海道医療センター

北海道札幌市西区山の手五条7丁目1-1

札幌市営地下鉄東西線「琴似」駅 琴43 西野中洲橋線 北海道医療センター前下車 バス

JR函館本線「琴似」駅 車10分

- - -

受付時間: 8:30~11:00 原則紹介制 PM13:00~15:00は再診予約のみ 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 心療内科

院長インタビュー