郭 伸 先生のプロフィール

郭 伸 先生

かく しん

郭 伸 先生

東京大学 大学院医学系研究科 非常勤講師・客員研究員 東京医科大学神経内科 兼任教授 株式会社遺伝子治療研究所 顧問 理化学研究所 研究コーディネーター

専門分野

臨床神経学 病態医科学 神経変性疾患 筋萎縮性側索硬化症

紹介

東京大学では、学部生の講義・実習、大学院生の博士論文研究指導、初期・後期研修医の臨床神経学教育を行い、医学部附属病院での神経内科疾患の診療に携わると共に、一貫して筋萎縮性側索硬化症の病因解明を目指した研究に取り組んだ1-4。東京大学を退職後も客員研究員としてラボメンバーの協力を得て研究を継続し、自らの研究成果に基づいたコンセプトによるALSの特異的治療法を共同研究者と共に開発した5,6。現在、市販薬による臨床試験は既に開始しており、別個に遺伝子治療の臨床試験を準備し1-2年内の実施を予定している。孤発性筋萎縮性側索硬化症に特化した研究を展開しているのは世界的にもユニークである。

略歴

1977年 東京大学医学部医学科卒業
1983年 東京大学神経内科 助手
1984年 医学博士取得(東京大学大学)
1989年 国立精神・神経センター神経研究所 室長
1994年 東京大学医学部附属病院神経内科 講師
1997年 東京大学 准教授 大学院医学系研究科神経内科学
2012年 国際医療福祉大學 臨床医学研究センター 特任教授(〜2017)
           東京大学 医学系研究科 非常勤講師・客員研究員(兼)
2014年 株式会社遺伝子治療研究所 顧問(兼)
2015年 東京医科大学神経内科 兼任教授(兼)
2017年 理化学研究所 コーディネーター 革新脳プロジェクトマネージャー

所属学会・資格・役職など

医学博士、日本神経学会 指導医・専門医、日本内科学会 認定医
日本神経科学学会、米国神経科学学会 Society for Neuroscience

受賞・著書・論文など

【論文】
1. Kawahara Y, Ito K, Sun H, Aizawa H, Kanazawa I, Kwak S: RNA editing and death of motor neurons. Nature 427:801, 2004
2. Kwak S, Kawahara Y: Deficient RNA editing of GluR2 and neuronal death in ALS. J Mol Med 83:110-120, 2005.
3. Hideyama T, Yamashita T, Suzuki T, Tsuji S, Higuchi M, Seeburg PH, Takahashi R, Misawa H, Kwak S: Induced loss of ADAR2 engenders slow death of motor neurons from Q/R site-unedited GluR2. J Neurosci 30:11917-11925, 2010.
4. Yamashita T, Hideyama T, Hachiga K, Teramoto S, Takano J, Iwata N, Saido T, Kwak S: A role for calpain-dependent cleavage of TDP-43 in

【論文】
1. Kawahara Y, Ito K, Sun H, Aizawa H, Kanazawa I, Kwak S: RNA editing and death of motor neurons. Nature 427:801, 2004
2. Kwak S, Kawahara Y: Deficient RNA editing of GluR2 and neuronal death in ALS. J Mol Med 83:110-120, 2005.
3. Hideyama T, Yamashita T, Suzuki T, Tsuji S, Higuchi M, Seeburg PH, Takahashi R, Misawa H, Kwak S: Induced loss of ADAR2 engenders slow death of motor neurons from Q/R site-unedited GluR2. J Neurosci 30:11917-11925, 2010.
4. Yamashita T, Hideyama T, Hachiga K, Teramoto S, Takano J, Iwata N, Saido T, Kwak S: A role for calpain-dependent cleavage of TDP-43 in amyotrophic lateral sclerosis pathology. Nat Commun 3:1307, 2012.
5. Yamashita T, Chai H, Teramoto S, Tsuji S, Shimazaki K, Muramatsu S, Kwak S: Rescue of amyotrophic lateral sclerosis phenotype in a mouse model by intravenous AAV9-ADAR2 delivery to motor neurons. EMBO Mol Med 5:1710-19, 2013.
6. Akamatsu M, Yamashita T, Hirose N, Teramoto S, Kwak S: The AMPA receptor antagonist perampanel robustly rescues amyotrophic lateral sclerosis (ALS) pathology in sporadic ALS model mice. Sci Reports 6:28649, 2016.

続きを見る

郭 伸 先生 の記事