寺内 公一 先生のプロフィール

寺内 公一 先生

てらうち まさかず

寺内 公一 先生

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科女性健康医学講座(寄附講座)教授

専門分野

女性医学(更年期障害、骨粗鬆症など)

紹介

2016年より東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科女性健康医学にて教授を務める。更年期障害や骨粗鬆症を専門とし、数々の賞を受けている。

略歴

【学歴】
1994年 東京医科歯科大学医学部医学科卒業
2003年 東京医科歯科大学大学院医学系研究科博士課程卒業

【職歴】
1994年 第88回医師国家試験合格(医籍登録第361149号)
1994年 東京医科歯科大学医学部附属病院産科婦人科研修医
1995年 国保旭中央病院産婦人科医員
1997年 東京都立大塚病院産婦人科医員
2003年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科生殖機能協関学分野助手
     東京医科歯科大学医学部附属病院周産・女性診療科病棟医長
2005年 エモリー大学医学部内分泌代謝内科リサーチ・フェロー(米国)
2008年 東京医科歯科大学医学部附属病院周産・女性診療科助教
2009年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科生殖機能協関学分野助教
2012年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科女性健康医学講座准教授
2016年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科女性健康医学講座教授

所属学会・資格・役職など

【日本産科婦人科学会】
女性ヘルスケア委員会委員・研究協力者(2011年4月~)
女性ヘルスケア委員会・妊娠後骨粗鬆症の実態調査小委員長(2017年6月~)
産科婦人科用語集・用語解説集編集委員会委員(2014年1月~)
低用量経口避妊薬、低用量エストロゲン・プロゲストーゲン配合剤のガイドライン執筆委員(2014年2月~)
ガイドライン婦人科外来編委員会委員(2014年5月~)
専門医認定筆記試験問題作成委員会委員(2015年8月~)
「産婦人科研修の必修知識」編集委員(2016年11月~)
代議員(2017年4月~)
【関東連合産科婦人科学会】
代議員(2017年4月~)
【東京産科婦人科学会】
評議員(2011年4月~)
【日本女性医学学会】
幹事・代議員(2009年10月~)
特任理事(2018年1月~)
【日本女性心身医学会】
評議員(2009年6月~)
幹事(2009年6月~2015年3月)
幹事長(2015年4月~)
【更年期と加齢のヘルスケア学会】
代表幹事(2008年11月~2014年10月)
幹事(2014年10月~)
理事(2016年4月~)
【日本胎盤学会】
評議員(2011年4月~)
【日本骨粗鬆症学会】
若手研究者育成委員会委員(2010年6月~)
倫理・利益相反マネジメント委員会委員(2012年6月~)
学会誌編集委員会委員(2015年2月~)
評議員(2015年9月~)
認定医試験小委員会委員(2017年11月~)
【日本骨粗鬆症財団】
財団研究助成金選考委員(2015年4月~)
骨粗鬆症患者の会ワーキンググループメンバー(2015年6月~)
【日本骨代謝学会】
あり方委員会委員(2010年6月~)
【日本抗加齢医学会】
プログラム委員会2号委員(2014年4月~)
評議員(2015年5月~)
プログラム委員会2号委員小委員長(2016年11月~)
広報委員会委員(2017年10月~)
【その他の学術活動】
Associate Editor, BMC Women’s Health (2018年1月~)

受賞・著書・論文など

【受賞】
2007年 米国骨代謝学会 Young Investigator Award
2009年 日本産科婦人科学会 学術講演会 グッドプレゼンテーション賞
2009年 日本更年期医学会 学術奨励賞
2010年 東京医科歯科大学 医師会賞
2011年 産婦人科漢方研究会 学術集会 優秀演題賞
2012年 日本女性医学学会 学会奨励賞
2012年 更年期と加齢のヘルスケア学会 学会賞
2013年 日本女性医学学会 優秀演題賞
2015年 日本女性心身医学会 優秀演題賞
2016年 東京医科歯科大学 医学研究奨励賞
2016年 日本産科婦人科学会 学術講演会 International Session Good Poster Award
2017年 アジア太平洋閉経学会 Best Oral Award
2017年 産婦人科漢方研究会 学術集会 優秀演題賞

【論文】(as 1st author and/or corresponding author)
25. Hirose A, Terauchi M, et al. Effect of soy lecithin on fatigue and menopausal symptoms in middle-aged women: a randomized, double-blind, placebo-cont

【受賞】
2007年 米国骨代謝学会 Young Investigator Award
2009年 日本産科婦人科学会 学術講演会 グッドプレゼンテーション賞
2009年 日本更年期医学会 学術奨励賞
2010年 東京医科歯科大学 医師会賞
2011年 産婦人科漢方研究会 学術集会 優秀演題賞
2012年 日本女性医学学会 学会奨励賞
2012年 更年期と加齢のヘルスケア学会 学会賞
2013年 日本女性医学学会 優秀演題賞
2015年 日本女性心身医学会 優秀演題賞
2016年 東京医科歯科大学 医学研究奨励賞
2016年 日本産科婦人科学会 学術講演会 International Session Good Poster Award
2017年 アジア太平洋閉経学会 Best Oral Award
2017年 産婦人科漢方研究会 学術集会 優秀演題賞

【論文】(as 1st author and/or corresponding author)
25. Hirose A, Terauchi M, et al. Effect of soy lecithin on fatigue and menopausal symptoms in middle-aged women: a randomized, double-blind, placebo-controlled study. Nutr J 17: 4, 2018
24. Terauchi M, et al. Feelings of unattractiveness in peri- and postmenopausal women are associated with depressed mood, poor memory and unsatisfactory sexual relationships. Climacteric (published online: 11 Mar 2017)
23. Hirose A, Terauchi M, et al. Higher intake of cryptoxanthin is related to low body mass index andbody fat in Japanese middle-aged women. Maturitas 96: 89-94, 2017
22. Hirose A, Terauchi M, et al. Subjective insomnia is associated with low sleep efficiency and fatigue in middle-aged women.Climacteric 19(4): 369-374, 2016
21. Hiorse A, Terauchi M, et al. Depressive symptoms are associated with oxidative stress in middle-aged women: a cross-sectional study. BioPsychoSocial Medicine 10: 12, 2016
20. Hirose A, Terauchi M et al. Low-dose isoflavone aglycone alleviates psychological symptoms of menopause in Japanese women: a randomized, double-blind, placebo-controlled study. Arch Gynecol Obstet 293: 609-615, 2016
19. Hirose A, Terauchi M et al. Tomato juice intake increases resting energy expenditure and improves hypertriglyceridemia in middle-aged women: an open-label, single-arm study. Nutr J 14: 34, 2015
18. Terauchi M et al. Prevalence and predictors of storage lower urinary tract symptoms in peri- and postmenopausal women attending a menopause clinic. Menopause 22: 1084-1090, 2015
17. Takata A, Terauchi M et al. Dkk-3 induces apoptosis through mitochondrial and Fas death receptor pathways in human mucinous ovarian cancer cells. Int J Gynecol Cancer 25: 372-379, 2015
16. Terauchi M et al. Subgrouping of Japanese middle-aged women attending a menopause clinic using physical and psychological symptom profiles: a cross-sectional study. BMC Womens Health 14: 148, 2014
15. Terauchi M et al. Effects of grape seed proanthocyanidin extract on menopausal symptoms, body composition, and cardiovascular parameters in middle-aged women: a randomized, double-blind, placebo-controlled, pilot study. Menopause 21: 990-996, 2014
14. Terauchi M et al. Effects of the Kampo formula Tokishakuyakusan on headaches and concomitant depression in middle-aged women. Evid-Based Compl Alt 2014: ID 593560, 2014
13. Hiramitsu S, Terauchi M et al. The effects of Dickkopf-4 on the proliferation, differentiation, and apoptosis of osteoblasts. Endocrinology 154: 4618-4626, 2013
12. Terauchi M. Which is worse: old or obese? Menopause 20: 802-803, 2013
11. Terauchi M et al. Associations among depression, anxiety, and somatic symptoms in peri- and post-menopausal women. J Obstet Gynaecol Res 39: 1007-1013, 2013
10. Terauchi M et al. Effects of oral estradiol and levonorgestrel on cardiovascular risk markers in postmenopausal women. Arch Gynecol Obstet 285: 1647-1656, 2012
9. Terauchi M et al. Associations between anxiety, depression and insomnia in peri- and post-menopausal women. Maturitas 72: 61-65, 2012
8. Terauchi M et al. Effects of three Kampo formulae—Tokishakuyakusan (TJ-23), Kamishoyosan (TJ-24), and Keishibukuryogan (TJ-25)—on Japanese peri- and postmenopausal women with sleep disturbances. Arch Gynecol Obstet 284: 913-921, 2011
7. Terauchi M et al. Effects of the Kampo medication keishibukuryogan on blood pressure in perimenopausal and postmenopausal women. Int J Gynaecol Obstet 114: 149-152, 2011
6. Terauchi M et al. Effects of oral estrogen and hypnotics on Japanese peri- and postmenopausal women with sleep disturbance. J Obstet Gynaecol Res 37: 741-749, 2011
5. Terauchi M et al. Insomnia in Japanese peri- and postmenopausal women. Climacteric 13:479-486, 2010
4. Terauchi M et al. T Lymphocytes amplify the anabolic activity of parathyroid hormone through Wnt10b signaling. Cell Metab 10: 229-240, 2009
3. Terauchi M et al. Dysembryoplastic neuroepithelial tumor in pregnancy. Obstetrics and Gynecology 108: 730-2, 2006
2. Terauchi M et al. Estriol, conjugated equine estrogens and alendronate therapy for osteoporosis. Int J Gynaecol Obstet 92: 141-142, 2006
1. Terauchi M et al. Placental extravillous cytotrophoblasts persistently express class I major histocompatibility complex molecules after human cytomegalovirus infection. Journal of Virology 77: 8187-8195, 2003

続きを見る

寺内 公一先生 の所属する医療機関

東京医科歯科大学医学部附属病院

TEL: 03-3813-6111

東京医科歯科大学医学部附属病院

東京都文京区湯島1丁目5-45

JR中央・総武線「御茶ノ水」駅 東京メトロ丸ノ内線も利用可能 徒歩3分

東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅 徒歩5分

- - -

受付時間: 8:30~14:00 原則、全診療科完全紹介制(初診予約受付) 診療は9:00開始 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科

寺内 公一 先生 の記事