清水 栄司 先生のプロフィール

清水 栄司 先生

しみず えいじ

清水 栄司 先生

千葉大学医学部附属病院認知行動療法センター センター長(教授)

専門分野

認知行動療法

紹介

日本の不安症の認知行動療法の第一人者。千葉大学では、2016年度は、1年間で約2,464回の認知行動療法のセッションを提供しており、不安症、恐怖症、うつ病、摂食障害、慢性疼痛、不眠症、自閉スペクトラム症、適応障害等の多くの症例のスーパービジョンを担当している。2018年現在、英文原著論文が150編以上あり、Research Gateによるh-Indexは44である。後進の育成にも定評があり、毎年多数の大学院生が集まる。

略歴

1990年 千葉大学医学部卒業
1997年 千葉大学大学院卒業 医学博士取得
1994年 千葉大学精神科 助手、米国プリンストン大学客員研究員
2003年 千葉大学精神医学 講師
2005年 千葉大学精神医学 助教授
2006年 千葉大学神経情報統合生理学 教授(現 認知行動生理学)
2011年 千葉大学どものこころの発達教育研究センター長 兼務
2016年 千葉大学医学部附属病院認知行動療法センター長 兼務

所属学会・資格・役職など

医学博士
精神保健指定医、
日本精神神経学会 精神科専門医、指導医
日本認知・行動療法学会 理事、専門行動療法士
日本不安症学会 理事

受賞・著書・論文など

【受賞】
第6回ゐのはな同窓会学術賞、2001年

【著書】
自分でできる認知行動療法 星和書店 2010
認知行動療法のすべてがわかる本 講談社 2010
「自分で治す「社交不安症」 法研 2014
自分でできる認知行動療法 うつ・パニック症・強迫症のやさしい治し方(浅岡雅子氏との共著) 翔泳社 2017

【論文】
Seki Y, Nagata S, Shibuya T, Yoshinaga N, Yokoo M, Ibuki H, Minamitani N, Kusunoki M, Inada Y, Kawasoe N, Adachi S, Yoshimura Y, Nakazato M, Iyo M, Nakagawa A, Shimizu E. A Feasibility Study of the Clinical Effectiveness and Cost-Effectiveness of Individual Cognitive Behavioral Therapy for Panic Disorder in a Japanese Clinical Setting: An Uncontrolled Pilot Study.
BMC Research Notes. 2016;9(1):458.
Yoshinaga N, Matsuki S, N

【受賞】
第6回ゐのはな同窓会学術賞、2001年

【著書】
自分でできる認知行動療法 星和書店 2010
認知行動療法のすべてがわかる本 講談社 2010
「自分で治す「社交不安症」 法研 2014
自分でできる認知行動療法 うつ・パニック症・強迫症のやさしい治し方(浅岡雅子氏との共著) 翔泳社 2017

【論文】
Seki Y, Nagata S, Shibuya T, Yoshinaga N, Yokoo M, Ibuki H, Minamitani N, Kusunoki M, Inada Y, Kawasoe N, Adachi S, Yoshimura Y, Nakazato M, Iyo M, Nakagawa A, Shimizu E. A Feasibility Study of the Clinical Effectiveness and Cost-Effectiveness of Individual Cognitive Behavioral Therapy for Panic Disorder in a Japanese Clinical Setting: An Uncontrolled Pilot Study.
BMC Research Notes. 2016;9(1):458.
Yoshinaga N, Matsuki S, Niitsu T, Sato Y, Tanaka M, Ibuki H, Takanashi R, Ohshiro K, Ohshima F, Asano K, Kobori O, Yoshimura K, Hirano Y, Sawaguchi K, Koshizaka M, Hanaoka H, Nakagawa A, Nakazato M, Iyo M, Shimizu E. Cognitive Behavioral Therapy for Patients with Social Anxiety Disorder Who Remain Symptomatic following Antidepressant Treatment: A Randomized, Assessor-Blinded, Controlled Trial. Psychother Psychosom. 2016;85(4):208-17.
Urao Y, Yoshinaga N, Asano K, Ishikawa R, Tano A, Sato Y, Shimizu E. Effectiveness of a cognitive behavioural therapy-based anxiety prevention programme for children: a preliminary quasi-experimental study in Japan. Child Adolesc Psychiatry Ment Health. 2016 Feb 15;10:4.
Sutoh C, Matsuzawa D, Hirano Y, Yamada M, Nagaoka S, Chakraborty S, Ishii D, Matsuda S, Tomizawa H, Ito H, Tsuji H, Obata T, Shimizu E. Transient contribution of left posterior parietal cortex to cognitive restructuring. Sci Rep. 2015;5:9199
Matsuda S, Matsuzawa D, Ishii D, Tomizawa H, Sutoh C, Shimizu E. (2015) Sex differences in fear extinction and involvements of extracellular signal-regulated kinase (ERK). Neurobiol Learn Mem. 12;123:117-124. doi: 10.1016/j.nlm.2015.05.009.
Kobori O, Nakazato M, Yoshinaga N, Shiraishi T, Takaoka K, Nakagawa A, Iyo M, Shimizu E. Transporting Cognitive Behavioral Therapy (CBT) and the Improving Access to Psychological Therapies (IAPT) project to Japan: preliminary observations and service evaluation in Chiba. Journal of Mental Health Training, Education and Practice, 2014; 9(3):155-166.
Niitsu T, Takaoka K, Uemura S, Kono A, Saito A, Kawakami N, Nakazato M, Shimizu E. The psychological impact of a dual-disaster caused by earthquakes and radioactive contamination in Ichinoseki after the Great East Japan Earthquake. BMC Res Notes. 2014 May 20;7:307.
Kurayama T, Nakazawa K, Matsuzawa D, Yoshida S, Nanbu M, Suto C, Shimizu E. Alterations of Auditory P50 Suppression in Human Fear Conditioning and Extinction. Biol Psychiatry. 2009 Oct 30. 65(6) 495-502
Shimizu, E., Hashimoto, K. and Iyo, M. (2004) Ethnic differences of the BDNF 196G/A (val66met) polymorphism frequencies: the possibility to explain ethnic mental traits. Am. J. Med. Genet. 126B, 122-123.
Shimizu, E., Hashimoto, K., Okamura, N., Koike, K., Komatsu, N., Kumakiri, C., Nakazato, M., Watanabe, H., Shinoda, N., Okada, S. and Iyo, M. (2003) Alterations of Serum Levels of Brain-Derived Neurotrophic Factor (BDNF) in Depressed Patients without or with Antidepressants. Biol. Psychiatry 54(1):70-5
Wang, H., Shimizu, E., Tang, Y.P., Cho, M., Kyin, M., Zuo, W., Robinson, D.A., Alaimo, P.J., Zhang, C., Morimoto, H., Zhuo, M., Feng, R., Shokat, K.M. and Tsien, J.Z. (2003) Inducible protein knockout reveals temporal requirement of CaMKII reactivation for memory consolidation in the brain. Proc Natl Acad Sci U S A 100, 4287-4292.
Shimizu, E., Tang, Y.P., Rampon, C. and Tsien, J.Z. (2000) NMDA receptor-dependent synaptic reinforcement as a crucial process for memory consolidation. Science 290,1170-1174.
Bishop, A.C., Ubersax, J.A., Petsch, D.T., Matheos, D.P., Gray, N.S., Blethrow, J., Shimizu, E., Tsien, J.Z., Schultz, P.G., Rose, M.D., Wood, J.L., Morgan, D.O. and Shokat, K.M. (2000) A chemical switch for inhibitor-sensitive alleles of any protein kinase. Nature 407,395-401.
Tang, Y.P., Shimizu, E., Dube, G.R., Rampon, C., Kerchner, G.A., Zhuo, M., Liu, G. and Tsien, J.Z. (1999) Genetic enhancement of learning and memory in mice. Nature 401,63-69.

続きを見る

清水 栄司先生 の所属する医療機関

千葉大学医学部附属病院

TEL: 043-222-7171

千葉大学医学部附属病院

千葉県千葉市中央区亥鼻1丁目8-1

JR総武本線「千葉」駅 千葉都市モノレールの利用可 車8分

京成電鉄千葉線「千葉中央」駅 京成千原線も利用可 車10分

- - -

受付時間: 8:30〜10:30 原則紹介制、一部診療科予約制 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

院長インタビュー

清水 栄司 先生 の記事