笠間 毅 先生のプロフィール

笠間 毅 先生

かさま つよし

笠間 毅 先生

昭和大学江東豊洲病院 院長、リウマチ・膠原病内科学部門 教授

専門分野

リウマチ・膠原病内科疾患全般、とくに関節リウマチの基礎と臨床

紹介

1989年よりリウマチ・膠原病内科医師としてキャリアをはじめる。2014年に昭和大学内科学講座リウマチ・膠原病内科学部門教授に就任とともに昭和大学江東豊洲病院の新規開院にしたがい副院長として赴任。関節リウマチなどのリウマチ膠原病疾患の臨床および基礎研究を行っている。

略歴

1984年 昭和大学医学部卒業
1988年 昭和大学大学院修了 医学博士取得
1988年 昭和大学第一内科 助手
1991年 米国ミシガン大学病理学教室 (Steven L. Kunkel教授)研究員
1996年 昭和大学第一内科 講師
2005年 昭和大学第一内科 助教授
2008年 昭和大学リウマチ・膠原病内科 准教授 診療科長
2014年 昭和大学リウマチ・膠原病内科 教授
     昭和大学江東豊洲病院 副院長
2017年 昭和大学江東豊洲病院 院長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本内科学会 指導医・認定内科医
日本リウマチ学会 評議員・指導医・専門医
米国リウマチ学会 国際会員
日本医師会認定産業医
ICD

受賞・著書・論文など

【受賞】
上原記念生命科学財団研究奨励賞、1996年

【著書】
1. 笠間 毅(分担執筆).膠原病に伴う血液障害 アレルギー・リウマチ膠原病診療最新ガイドライン(総合医学社 東京、2012)
2. Kasama T, et al. Expression and involvement of cytokines, chemokines and adhesion molecules in rheumatoid vasculitis; in Advances in Medicine and Biology (Nova Science Publishers, New York, 2013)
3. Kasama T, et al. Fractalkine/CX3CL1 and CX3CR1 in rheumatoid arthritis and related conditions; in Advances in Medicine and Biology (Nova Science Publishers, New York, 2014)
4. 笠間 毅(分担執筆).III.治療薬について知る 2.免疫調節薬.関節リウマチ治療 実践バイブル(南江堂、東京、2013)
5.笠間 毅(分担執筆)精神神経症状をみたときに鑑別すべき膠原病 1:検査・症候・臓器障害からみたリウマチ・膠

【受賞】
上原記念生命科学財団研究奨励賞、1996年

【著書】
1. 笠間 毅(分担執筆).膠原病に伴う血液障害 アレルギー・リウマチ膠原病診療最新ガイドライン(総合医学社 東京、2012)
2. Kasama T, et al. Expression and involvement of cytokines, chemokines and adhesion molecules in rheumatoid vasculitis; in Advances in Medicine and Biology (Nova Science Publishers, New York, 2013)
3. Kasama T, et al. Fractalkine/CX3CL1 and CX3CR1 in rheumatoid arthritis and related conditions; in Advances in Medicine and Biology (Nova Science Publishers, New York, 2014)
4. 笠間 毅(分担執筆).III.治療薬について知る 2.免疫調節薬.関節リウマチ治療 実践バイブル(南江堂、東京、2013)
5.笠間 毅(分担執筆)精神神経症状をみたときに鑑別すべき膠原病 1:検査・症候・臓器障害からみたリウマチ・膠原病診療.リウマチ・膠原病診療ハイグレード リウマチ・膠原病の合併症や諸問題を解く(文光堂、東京、2016)

【論文】
1. Kasama T, et al. Interleukin-10 expression and chemokine regulation during the evolution of murine type II collagen-induced arthritis. J Clin Invest 1995; 95: 2868-2876.
2. Kasama T, et al. Vascular endothelial growth factor expression and regulation of murine collagen-induced arthritis. J Immunol 2000; 164: 5922-5927.
3. Kasama T, et al. Vascular endothelial growth factor expression by activated synovial leukocytes in rheumatoid arthritis: Critical involvement of the interaction with synovial fibroblasts. Arthritis Rheum 2001; 44: 2512-2524.
4. Kasama T, et al. Interaction of monocytes with vascular endothelial cells synergistically induces interferon γ-inducible protein 10 expression through activation of specific cell surface molecules and cytokines. Cell Immunol 2002; 219: 131-139.
5. Kasama T, et al. Expression of angiopoietin-1 in osteoblasts and its inhibition by tumor necrosis factor alpha and interferon gamma. Transl Res 2007; 149: 265-273.
6. Kasama T, et al. Effect of the H2 Receptor Antagonist Nizatidine on Xerostomia in Patients with Primary Sjögren's Syndrome. Mod Rheumatol. 2008;18:455-459.
7. Kasama T, et al. Effects of low-dose mizoribine pulse therapy in combination with methotrexate in rheumatoid arthritis patients with an insufficient response to methotrexate. Mod Rheumatol. 2009;19:395-400.
8. Kasama T, et al. Clinical significance of cytokines and chemokines in neuropsychiatric systemic lupus erythematosus. Curr Rheumatol Rev 2012 8: 296-306.
9. Kasama T, et al. Clinical features of neuropsychiatric syndromes in systemic lupus erythematosus and other connective tissue diseases. Clin Med Insights Arthritis Musculoskelet Disord. 2016 18;9:1-8.
10. Kasama T, et al. Clinical effects of tocilizumab on cytokines and immunological factors in patients with rheumatoid arthritis. Int Immunopharmacol. 2016;35:301-6.

続きを見る

笠間 毅先生 の所属する医療機関

昭和大学江東豊洲病院

TEL: 03-6204-6000

昭和大学江東豊洲病院

東京都江東区豊洲5丁目1-38

東京メトロ有楽町線「豊洲」駅 6B出口 東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)も乗り入れ(南口) 徒歩6分

受付時間: 8:00~14:00 原則紹介・予約制 科により異なる 創立記念日(11/15)休診 臨時休診あり

診療科目: 内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

院長インタビュー