小竹 優範 先生のプロフィール

小竹 優範 先生

こたけ まさのり

小竹 優範 先生

厚生連高岡病院 外科部長

専門分野

下部消化管

紹介

1998年より医師としてキャリアをはじめる。現在は北陸3県でも大腸がんに対する腹腔鏡下手術率トップクラスの厚生連高岡病院外科部長として、安全性・根治性・低侵襲に最も優れた治療を提供する。

略歴

1998年 自治医科大学卒業
1998年 石川県立中央病院 研修
2000年 市立輪島病院 内科
2000年 舳倉島(離島)診療所 所長
2001年 町立富来病院 内科
2002年 白峰診療所 所長
2003年 石川県立中央病院 外科
2005年 市立輪島病院 外科
2007年 石川県立中央病院 外科
2014年 厚生連高岡病院 外科

所属学会・資格・役職など

日本外科学会 認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本消化器病学会 専門医
日本がん治療認定医機構 認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医(大腸)・評議員・技術審査員
日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医・評議員
大腸癌研究会施設代表者
北陸ストーマ研究会幹事

受賞・著書・論文など

【受賞】
2011年 北國がん基金研究助成
2011年 内視鏡医学研究医海外派遣助成
2012年 JDDW 優秀演題賞
ブルーリボンアンバサダー
Best Doctors (2016-2017)

【著書】
Knack & Pitfalls 腹腔鏡下大腸癌手術の要点と盲点
surgical trunk剥離中の出血への対応
文光堂: 31-35:2016

【論文】
Matsuda C1, Ishiguro M2, Teramukai S3, Kajiwara Y4, Fujii S5, Kinugasa Y6, Nakamoto Y7, Kotake M8, Sakamoto Y9, Kurachi K10, Maeda A11, Komori K12, Tomita N13, Shimada Y14, Takahashi K15, Kotake K16, Watanabe M17, Mochizuki H18, Nakagawa Y19, Sugihara K20; SACURA Study Group. A randomised-controlled trial of 1-year adjuvant chemotherapy with oral tegafur-uracil versus surgery alone in stage II colon

【受賞】
2011年 北國がん基金研究助成
2011年 内視鏡医学研究医海外派遣助成
2012年 JDDW 優秀演題賞
ブルーリボンアンバサダー
Best Doctors (2016-2017)

【著書】
Knack & Pitfalls 腹腔鏡下大腸癌手術の要点と盲点
surgical trunk剥離中の出血への対応
文光堂: 31-35:2016

【論文】
Matsuda C1, Ishiguro M2, Teramukai S3, Kajiwara Y4, Fujii S5, Kinugasa Y6, Nakamoto Y7, Kotake M8, Sakamoto Y9, Kurachi K10, Maeda A11, Komori K12, Tomita N13, Shimada Y14, Takahashi K15, Kotake K16, Watanabe M17, Mochizuki H18, Nakagawa Y19, Sugihara K20; SACURA Study Group. A randomised-controlled trial of 1-year adjuvant chemotherapy with oral tegafur-uracil versus surgery alone in stage II colon cancer: SACURA trial. Eur J Cancer. 2018 Jun;96:54-63. doi: 10.1016/j.ejca.2018.03.009. Epub 2018 Apr 17.
Y Yamada, T Denda, M Gamoh, I Iwanaga, S Yuki, H Shimodaira, M Nakamura, T Yamaguchi, H Ohori, K Kobayashi, Y Miyamoto, M Kotake, K Shimada, A Sato, S Morita, S Takahashi, Y Komatsu, C Ishioka
S-1 and irinotecan plus bevacizumab versus mFOLFOX6 or CapeOX plus bevacizumab as first-line treatment in patients with metastatic colorectal cancer (TRICOLORE): a randomized, open-label, Phase 3, non-inferiority trial
Annals of Oncology ,2017
Yamada S1, Kotake M1, Kakiuchi D1, Hayashi K1, Hada M1, Kato Y1, Oyama K1, Hara T1, Taizo H2. Laparoscopic pelvic lymph node dissection for malignant foot melanoma. Asian J Endosc Surg. 2017 Nov;10(4):430-433. doi: 10.1111/ases.12385. Epub 2017 Jun 13.
Kotake M1, Aoyama T2, Munemoto Y3, Doden K4, Kataoka M5, Kobayashi K6, Nishimura G7, Fujita H8, Nakamura K9, Takehara A10, Tanaka C11, Sakamoto J12, Nagata N13, Oba K14, Kondo K5. Multicenter phase II study of infusional 5-fluorouracil (5-FU), leucovorin, and oxaliplatin, plus biweekly cetuximab as first-line treatment in patients with metastatic colorectal cancer (CELINE trial). Oncol Lett. 2017 Feb;13(2):747-753. doi: 10.3892/ol.2016.5505. Epub 2016 Dec 14.
E.Oki,A.Murata,K.Yoshida,K.Maeda,K.Ikejiri,Y.Munemoto,K.Sasaki,C.Matsuda, M.Kotake,T.Suenaga,H.Matsuda,Y.Emi,Y.Kakeji,H.Baba,C.Hamada,S.Saji, Y.Maehara
A randomized phase III trial comparing S-1 versus UFT as adjuvant chemotherapy for stage II/III rectal cancer (JFMC35-C1:ACTS-RC)
Annals of Oncology 27:1266–1272, 2016
Kaneko M1,2,3, Kotake M4, Bando H5, Yamada T5, Takemura H4, Minamoto T6. Prognostic and predictive significance of long interspersed nucleotide element-1 methylation in advanced-stage colorectal cancer. BMC Cancer. 2016 Dec 12;16(1):945.
Hayashi K1, Kotake M2, Kakiuchi D2, Yamada S2, Hada M2, Kato Y2, Hiranuma C2, Oyama K2, Hara T2. Laparoscopic total pelvic exenteration using transanal minimal invasive surgery technique with en bloc bilateral lymph node dissection for advanced rectal cancer. Surg Case Rep. 2016 Dec;2(1):74. doi: 10.1186/s40792-016-0198-6. Epub 2016 Jul 26.
S. Kobayashi, M. Ito, S. Yamamoto, Y. Kinugasa , M. Kotake, Y. Saida, T. Kobatake, T. Yamanaka, N. Saito and Y. Moriya
Randomized clinical trial of skin closure by subcuticular suture or skin stapling after elective colorectal cancer surgery
British Journal of Surgery: 102: 495-500
Matsunoki A, Kawakami K, Kotake M, Kaneko M, Kitamura H, Ooi A, Watanabe G, Minamoto T
LINE-1 methylation shows little intra-patient heterogeneity in primary and synchronous metastatic colorectal cancer
BMC Cancer. 12: 574-, 2012 
Shiomi A, Ito M, Saito N, Hirai T, Ohue M, Kubo Y, Takii Y, Sudo T, Kotake M, Moriya Y.
The indications for a diverting stoma in low anterior resection for rectal cancer: a prospective multicentre study of 222 patients from Japanese cancer centers.
Colorectal Dis.2011 Dec;13(12):1384-1389

続きを見る

小竹 優範先生 の所属する医療機関

高岡病院

TEL: 0766-21-3930

高岡病院

富山県高岡市永楽町5-10

JR北陸本線「高岡」駅 車4分

- - -

受付時間: 8:15~11:30 原則紹介制、一部診療科予約制 診療は8:30~開始 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科