松村 正彦 先生のプロフィール

松村 正彦 先生

まつむら まさひこ

松村 正彦 先生

独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO)大和郡山病院 院長

専門分野

小児循環器病学 川崎病

紹介

京都大学医学部を卒業後、小児科の医師としてキャリアをスタート。2017年からJCHO大和郡山病院の院長に就任し、現在に至ります。小児循環器病学と川崎病を専門分野とし、地域の小児医療を支えています。

略歴

1978年 京都大学医学部卒業
1991年 京都大学医学部附属病院未熟児センター助手
1992年 天理よろづ相談所病院小児科勤務
1995年 天理よろづ相談所病院小児科循環器センター副部長
1996年 京都大学医学博士号取得
2009年 天理よろづ相談所病院小児科循環器センター センター長
2013年 奈良社会保険病院小児科部長
2014年 (病院機構移行に伴い)JCHO大和郡山病院小児科医長
2017年 JCHO大和郡山病院 院長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本小児科学会 指導医・専門医
日本小児循環器学会 評議員・指導医・専門医

受賞・著書・論文など

【著書】分担執筆
・肺動脈絞扼術の適応。今日の小児の治療指針(第14版)大関武彦・古川漸・横田俊一郎編集 医学書院 2006/5 373-374
・心膜炎、心タンポナーデ。今日の小児の治療指針(第15版)大関武彦・古川漸・横田俊一郎編集 医学書院 2012/3 491-492

【論文】
松村正彦、西岡研哉ほか:心筋梗塞を起こした川崎病4例の検討。近畿川崎病研究会会誌, 7:35-38, 1985
松村正彦、西岡研哉ほか:心臓腫瘍により大動脈弁下狭窄を来した結節性硬化症の1例。日本小児科学会雑誌, 94(9)2055-2059, 1990
M Matsumura, K Nishioka et al : Evaluation of Cardiac Tumors in Tuberous Sclerosis by Magnetic Resonance Imaging. Am J Cardiol, 68(2)281-283, 1991
M Matsumura, K Nishioka et al : Age-related acute adriamycin cardiotoxicity. JMCC 26,899-905, 1994
松村正彦、須田憲治ほか:川崎病後遺症に対して成人期にCABGを施行した3例。Prog.Med. 24:1704-1708, 2004
松村正彦

【著書】分担執筆
・肺動脈絞扼術の適応。今日の小児の治療指針(第14版)大関武彦・古川漸・横田俊一郎編集 医学書院 2006/5 373-374
・心膜炎、心タンポナーデ。今日の小児の治療指針(第15版)大関武彦・古川漸・横田俊一郎編集 医学書院 2012/3 491-492

【論文】
松村正彦、西岡研哉ほか:心筋梗塞を起こした川崎病4例の検討。近畿川崎病研究会会誌, 7:35-38, 1985
松村正彦、西岡研哉ほか:心臓腫瘍により大動脈弁下狭窄を来した結節性硬化症の1例。日本小児科学会雑誌, 94(9)2055-2059, 1990
M Matsumura, K Nishioka et al : Evaluation of Cardiac Tumors in Tuberous Sclerosis by Magnetic Resonance Imaging. Am J Cardiol, 68(2)281-283, 1991
M Matsumura, K Nishioka et al : Age-related acute adriamycin cardiotoxicity. JMCC 26,899-905, 1994
松村正彦、須田憲治ほか:川崎病後遺症に対して成人期にCABGを施行した3例。Prog.Med. 24:1704-1708, 2004
松村正彦:心臓病を持つダウン症児の療育―事例を通してー。ダウン症療育研究, 3:11-13, 2010

続きを見る

松村 正彦先生 の所属する医療機関

大和郡山病院

TEL: 0743-53-1111

大和郡山病院

奈良県大和郡山市朝日町1-62

近畿日本鉄道橿原線「近鉄郡山」駅 徒歩1分

- - -

受付時間: 8:30〜11:30 紹介状持参を推奨 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 消化器外科 麻酔科

院長インタビュー