竹林 庸雄 先生のプロフィール

竹林 庸雄 先生

たけばやし つねお

竹林 庸雄 先生

札幌円山整形外科病院 理事・院長

専門分野

脊椎脊髄外科、神経生理学

紹介

1995年より脊椎脊髄外科を専門として従事する。札幌医大在職中は神経生理、画像診断、再生医療等のsubspecialtyを中心に基礎研究活動を行い、臨床では脊椎脊髄外科の手術を一貫して25年間行っている。

略歴

1989年 札幌医科大学医学部医学科 卒業
1989年 札幌医科大学整形外科学講座 研究生
1998年 米国Wayne州立大学Bioengineering Center留学(Post-doctoral fellow)
2002年 札幌医科大学医学部整形外科学講座 助手
2003年 釧路赤十字病院整形外科 部長
2005年 札幌医科大学医学部整形外科学講座 助手
2006年 札幌医科大学医学部整形外科学講座 講師
2012年 札幌医科大学医学部整形外科学講座 准教授
2016年 札幌円山整形外科病院院長

所属学会・資格・役職など

医学博士 
札幌医科大学臨床教授
日本整形外科学会専門医
日本脊椎脊髄病学会評議員・指導医・認定医
日本再生医療認定医
日本整形外科学会リウマチ認定医
日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会(評議員、指導医委員)
Orthopaedic Research Society(active member)
IASP (International Association for the Study of Pain) (active member)
日本運動器疼痛学会(理事)
日本再生医療学会
北海道整形災害外科学会(評議員)
東日本整形災害外科学会(評議員)

受賞・著書・論文など

【受賞】
1999年 北海道整形災害外科学会賞
2002,5,11,14,15年 北海道整形災害外科学会賞(共著)
2011年 日本脊椎脊髄病学会賞大正award(共著)
2012~14年 厚労科研 慢性疼痛の客観的評価法研究班(分担)
2014,15年 整形災害外科財団award(共著)
2015年 中富財団学術賞(共著)
2016年 AO Spine research award
2017年 札幌市医師会医学研究活動補助金
2018年 日本臨床整形外科学会学術助成

【著書】
腰椎椎間板ヘルニア 文光堂 2008年
腰椎椎間板障害の最前線 三輪書店 2008年
腰椎終板障害 羊土社 2013年
腰痛を起こす病態の生理 椎間関節と仙腸関節の痛み  文光堂 2014年
運動器慢性疼痛治療薬の選び方と使い方 南江堂2015年

【論文】
1. Takebayashi T,Yamashita T,Minaki Y,Ishii S. Mechanosensitive afferent units in the lateral ligament of the ankle joint. J Bone Joint Surg 1997, 79B:490-493.
2. Takebayashi T, Cavanaugh JM, Ozaktay AC, Kal

【受賞】
1999年 北海道整形災害外科学会賞
2002,5,11,14,15年 北海道整形災害外科学会賞(共著)
2011年 日本脊椎脊髄病学会賞大正award(共著)
2012~14年 厚労科研 慢性疼痛の客観的評価法研究班(分担)
2014,15年 整形災害外科財団award(共著)
2015年 中富財団学術賞(共著)
2016年 AO Spine research award
2017年 札幌市医師会医学研究活動補助金
2018年 日本臨床整形外科学会学術助成

【著書】
腰椎椎間板ヘルニア 文光堂 2008年
腰椎椎間板障害の最前線 三輪書店 2008年
腰椎終板障害 羊土社 2013年
腰痛を起こす病態の生理 椎間関節と仙腸関節の痛み  文光堂 2014年
運動器慢性疼痛治療薬の選び方と使い方 南江堂2015年

【論文】
1. Takebayashi T,Yamashita T,Minaki Y,Ishii S. Mechanosensitive afferent units in the lateral ligament of the ankle joint. J Bone Joint Surg 1997, 79B:490-493.
2. Takebayashi T, Cavanaugh JM, Ozaktay AC, Kallakuri S, Chen CY. Effect of nucleus pulposus on the neural activity of dorsal root ganglion. Spine 2001, 26: 940-945.
3. Takebayashi T, Cavanaugh JM, Kallakuri S, Chen CY, Yamashita T. Sympathetic afferent units from lumbar intervertebral disc. J Bone Joint Surg 2006, 88-B: 554-557.
4. Takebayashi T, Obata H, Minaki Y, Sekine M, Imoto K, Yokogushi K, Yamashita T. Scoliosis in Cat Cry Syndrome. J Orthop Sci 2006, 11: 259-263.
5. Kirita T, Takebayashi T, Mizuno S, Takeuchi H, Kobayashi T, Fukao M, Yamashita T, Tohse N: Electrophysiological changes in dorsal root ganglion neurons and behavioral changes in a lumbar radiculopathy model. Spine 32: E65-72, 2007
6. Takebayashi T, Yoshimoto M, Ida K, Terashima Y, Yamashita T. Minimum invasive posterior decompression for cervical spondylotic amyotrophy J Orthop Sci 2013, 18: 205-7.
7. Takashima H, Takebayashi T, Yoshimoto M, Terashima Y, Ida K, Yamashita T. Efficacy of diffusion-weighted MRI in diagnosing spinal root disorders in lumbar disc herniation. Spine 2013、38:E998-E1002.
8. Ogon I, Takebayashi T, Iwase T, Emori M, Tanimoto K, Miyakawa T, Terashima Y, Kobayashi T, Tohse N, Yamashita T. Sympathectomy and sympathetic blockade reduce pain behavior via alpha-2 adrenoceptor of the dorsal root ganglion neurons in a lumbar radiculopathy model. Spine 2015; 40:E1269-75.
9. Morita T, Takebayashi T, Takashima H, Yoshimoto M, Ida K, Tanimoto K, Ohnishi H, Fujiwara H, Nagae M, Yamashita T. Mapping occipital bone thickness using computed tomography for safe screw placement. J Neurosurg Spine. 2015; 23: 254-258.
10. Morita T, Sasaki M, Kataoka-Sasaki Y, Nakazaki M, Nagahama H, Oka S, Oshigiri T, Takebayashi T, Yamashita T, Kocsis JD, Honmou O. Intravenous infusion of mesenchymal stem cells promotes functional recovery in a model of chronic spinal cord injury. Neuroscience. 2016; 335:221-31.

続きを見る

竹林 庸雄先生 の所属する医療機関

札幌円山整形外科病院

TEL: 011-612-1133

札幌円山整形外科病院

北海道札幌市中央区北七条西27丁目1-3

札幌市営地下鉄東西線「西28丁目」駅 徒歩5分

- -

受付時間: 9:00~12:00 13:30~17:00 土曜AMのみ 臨時休診あり

診療科目: リウマチ科 整形外科 リハビリテーション科 麻酔科

院長インタビュー