関 常司 先生のプロフィール

関 常司 先生

せき じょうじ

関 常司 先生

焼津市立総合病院 病院長

専門分野

内科一般、腎臓内科

紹介

1982年から内科医師としてキャリアを始める。内科研修後は主に東京大学医学部附属病院で内科一般および腎臓内分泌内科の診療・教育・研究に従事し、腎生理学の進歩に多大な貢献をした。2015年からは焼津市立総合病院病院長に就任。

略歴

1982年 東京大学医学部卒業
1985年 東京大学第一内科 医員
1988年 東京大学第一内科 助手
1988年 ドイツ・ゲーテ大学生理学教室留学
1991年 東京大学第一内科 医員
1994年 東京大学第一内科 助手 
1997年 東京大学 医学博士取得
2004年 東京大学腎臓内分泌内科 講師 

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本内科学会 指導医・認定医
日本腎臓学会 指導医・専門医
米国腎臓学会
国際腎臓学会

受賞・著書・論文など

【受賞】
三共生命科学研究振興財団研究助成賞、1997年
World Congress of Nephrology ベストポスター賞、2003年
第2回トランスポーター研究会 優秀演題賞、2007年

【著書】
Na+-HCO3コトランスポーター;Annual Review 腎臓 225-227, 2000. (中外医学社)
近位尿細管機能異常;改訂第7版内科学書 391-393, 2009. (中山書店)
腎尿細管性アシドーシス;改訂第7版内科学書 396-398, 2009. (中山書店)
Pathophysiological roles of mutations in the electrogenic Na+-HCO3- cotransporter NBCe1. In Mutations in Human Genetic Disease, Edited by David N. Cooper and Jian-Min Chen, pp167- pp180,2012. (InTech Publisher)
Molecular mechanism of renal tubular acidosis. In Advances in Medicine and Biology Vol 77. pp161-pp176, 2014 Edited by Leon V.

【受賞】
三共生命科学研究振興財団研究助成賞、1997年
World Congress of Nephrology ベストポスター賞、2003年
第2回トランスポーター研究会 優秀演題賞、2007年

【著書】
Na+-HCO3コトランスポーター;Annual Review 腎臓 225-227, 2000. (中外医学社)
近位尿細管機能異常;改訂第7版内科学書 391-393, 2009. (中山書店)
腎尿細管性アシドーシス;改訂第7版内科学書 396-398, 2009. (中山書店)
Pathophysiological roles of mutations in the electrogenic Na+-HCO3- cotransporter NBCe1. In Mutations in Human Genetic Disease, Edited by David N. Cooper and Jian-Min Chen, pp167- pp180,2012. (InTech Publisher)
Molecular mechanism of renal tubular acidosis. In Advances in Medicine and Biology Vol 77. pp161-pp176, 2014 Edited by Leon V. Berhardt. (Nova Publisher)

【論文】
Seki G, Taniguchi S, Uwatoko S, Suzuki K, Kurokawa K. Evidence for conductive Cl- pathway in the basolateral membrane of rabbit renal proximal tubule S3 segment. J Clin Invest 1993; 92:1229-1235.

Seki G, Coppola S, Yoshitomi K, Burckhardt B C, Samarzija I, Muller-Berger S, Frömter E. On the mechanism of bicarbonate exit from renal proximal tubular cells. Kidney Int 1996; 49:1671-1677.

Igarashi T, Inatomi J, Sekine T, Kanai Y, Kunimi K, Tsukamoto K, Satoh H, Schimadzu M, Tozawa F, Mori T, Schiobara M, Seki G, Endou H. Mutations in SLC4A4 cause permanent isolated proximal renal tubular acidosis with ocular abnormalities. Nat Genet 1999; 23: 264-266.

Kunimi M, Seki G, Hara C, Taniguchi S, Uwatoko S, Goto A, Kimura S, Fujita T. Dopamine inhibits renal Na+:HCO3- cotransporter in rabbits and normotensive rats but not in spontaneously hypertensive rats. Kidney Int 2000; 57: 534-543.

Usui T, Hara M, Satoh H, Moriyama N, Kagaya H, Amano S, Oshika T, Ishii Y, Ibaraki N, Hara C, Kunimi M, Noiri E, Tsukamoto K, Inatomi J, Kawakami H, Endou H, Igarashi T, Goto A, Fujita T, Araie M, Seki G. Molecular basis of ocular abnormalities associated with proximal renal tubular acidosis. J Clin Invest 2001; 108: 107-115.

Horita S, Yamada H, Inatomi J, Moriyama N, Sekine T, Igarashi T, Endo Y, Dasouki M, Ekim M, Al-Gazali L, Shimadzu M, Seki G, Fujita T. Functional analysis of NBC1 mutants associated with proximal renal tubular acidosis and ocular abnormalities. J Am Soc Nephrol 2005; 16: 2270-2278.

Shirakabe K, Priori G, Yamada H, Ando H, Horita H, Fujita T, Fujimoto I, Mizutani A, Seki G, Mikoshiba K. IRBIT, an inositol 1,4,5-trisphosphate receptor-binding protein, specifically binds to and activates pancreas-type Na+/HCO3- cotransporter 1 (pNBC1). Proc Natl Acad Sci USA 2006; 103:9542-9547.

Suzuki M, Paesschen WV, Stalmans I, Horita S, Yamada H, Bergmans BA, Legius E, Riant F, Jonghe PD, Li Y, Sekine T, Igarashi T, Fujimoto I, Mikoshiba K, Shimadzu M, Shiohara M, Braverman N, Al-Gazali L, Fujita Y, Seki G. Defective membrane expression of the Na+-HCO3− cotransporter NBCe1 is associated with familial migraine. Proc Natl Acad Sci U S A 2010; 107: 15963-15968.

Endo Y, Suzuki M, Yamada H, Horita S, Kunimi M, Yamazaki O, Shirai A, Nakamura M, Iso-O N, Li Y, Hara M, Tsukamoto K, Moriyama N, Kudo A, Kawakami H, Yamauchi T, Kubota N, Kadowaki T, Kume H, Enomoto Y, Homma Y, Seki G, Fujita T. Thiazolidinediones enhance sodium-coupled bicarbonate absorption from renal proximal tubules via PPARγ-dependent non-genomic signaling. Cell Metab 2011; 13, 550-561.

Nakamura M, Yamazaki O, Shirai A, Horita S, Satoh N, Suzuki M, Hamasaki Y, Noiri E, Kume H, Enomoto Y, Homma Y, Seki G. Preserved Na/HCO3 cotransporter sensitivity to insulin may promote hypertension in metabolic syndrome. Kidney Int 2015; 87: 535-542.

続きを見る

関 常司先生 の所属する医療機関

焼津市立総合病院

TEL: 054-623-3111

焼津市立総合病院

静岡県焼津市道原1000

JR東海道本線「焼津」駅 バス利用可(約15分 南口 焼津大島線、一色和田線 または自主運行バス 焼津循環線ゆりかもめ、大井川焼津線 焼津市立総合病院下車) 車10分

- - -

受付時間: 8:00〜11:00 原則紹介・予約制 科により異なる  臨時休診あり

診療科目: 内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 消化器外科 腎臓内科 胸部外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 乳腺外科 麻酔科

院長インタビュー