• 土曜日
  • 日曜日
  • 夜間診療
  • 早朝診療
クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
名古屋市立大学病院(愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1 : 「桜山」駅)
名古屋市立大学病院(愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1 : 名古屋市営地下鉄桜通線「桜山」駅 3番出口 徒歩1分))の病院ページ。内科などの診察を行っています。
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

名古屋市立大学病院

  • 地域がん診療病院
  • 災害拠点病院
  • 総合周産期母子医療センター
  • 救命救急センター

愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1

名古屋市営地下鉄桜通線「桜山」駅 3番出口 徒歩1分

http://w3hosp.med.nagoya-cu.ac.jp/

052-851-5511

診療科

  • 内科
  • アレルギー科
  • 血液内科
  • リウマチ科
  • 外科
  • 心療内科
  • 精神科
  • 神経内科
  • 脳神経外科
  • 呼吸器外科
  • 消化器外科
  • 腎臓内科
  • 心臓血管外科
  • 胸部外科
  • 小児科
  • 小児外科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 美容外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 産科
  • 婦人科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 麻酔科
  • 乳腺外科

受付時間

  • 曜日
  • 受付
  • 受付時間
  • 08:30~11:00
  • 08:30~11:00
  • 08:30~11:00
  • 08:30~11:00
  • 08:30~11:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 面会時間(お見舞い)

※ 8:30〜11:00 原則紹介・予約制(予約は紹介元医療機関経由) 科により異なる 臨時休診あり

アクセス

Google Mapで見る

基本情報

医療機関名
名古屋市立大学病院
所在地
愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1
最寄駅
「桜山」駅
アクセス
名古屋市営地下鉄桜通線「桜山」駅 3番出口 徒歩1分
電話番号
052-851-5511
HP
http://w3hosp.med.nagoya-cu.ac.jp/

病院の特徴

地域医療の中核となる病院名古屋市立大学病院は、1931年7月より診療を開始した歴史ある病院です。病床数は、一般病床772床、精神病床36床の808床あります。平成27年4月1日より愛知県から「総合周産期母子医療センター」に指定されており周産期の母子に対する手厚い医療を提供しております。また、2008年に認定された肝疾患診療連携拠点病院・地域がん診療連携拠点病院としての役割も果たしており、集学...

続きを読む

名古屋市立大学病院の所属医師のご紹介

村上 信五 先生

村上 信五 先生

原因不明とされていたベル麻痺における単純ヘルペスウイルスI型の関与を初めて証明した、顔面神経麻痺のエキスパート。顔面神経麻痺に対する薬物、手術治療に関しては国内有数の名医であり、急性麻痺から1年以上経過している方まですべての麻痺を治療している。予後予測プログラムの開発・研究も手がけている。

小椋 祐一郎 先生

小椋 祐一郎 先生

日本における黄斑疾患の名医。糖尿病網膜症や加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症などの網膜硝子体疾患をはじめ、白内障や緑内障などの幅広い眼疾患の治療研究に携わる。日本糖尿病眼学会の理事長も務めており、糖尿病患者の早期眼科受診の重要性を周知するために尽力している。最近の関心事はワインと料理、フライフィッシング。

ストーリー記事を読む

明智 龍男 先生

明智 龍男 先生

日本のサイコオンコロジー(精神腫瘍学)分野の第一線で臨床・研究にあたる精神腫瘍医。名古屋市立大学病院緩和ケア部部長、こころの医療センターセンター長。一般社団法人日本サイコオンコロジー学会代表理事。 日々多くのがん患者さんの心のケアを中心に診療にあたる。モットーは患者さんやそのご家族に根ざした...

ストーリー記事を読む

杉浦 真弓 先生

杉浦 真弓 先生

2006年、全国で初の女性産婦人科主任教授として、名古屋市立大学大学院医学研究科産科婦人科の教授に就任。数々の研究結果を残し、習慣流産(不育症)の標準的医療確立のために大きく貢献してきた。数年後の患者さんの役に立つ臨床研究を心掛けながら、精力的に活動している。

髙橋 広城 先生

髙橋 広城 先生

1997年より消化器外科医師としてキャリアをはじめる。カリフォルニア大学ロサンゼルス校への留学等を経て、2016年には名古屋市立大学消化器外科学准教授に就任。大腸がんの内視鏡外科学の第一人者として、臨床・研究ともに日本をリードしている。

もっと見る