インタビュー

心臓弁膜症とはどんな病気?病院選びのポイント

心臓弁膜症とはどんな病気?病院選びのポイント
田端 実 先生

東京ベイ・浦安市川医療センター 心臓血管外科部長、虎の門病院 循環器センター外科特任部長

田端 実 先生

渡辺 弘之 先生

東京ベイ・浦安市川医療センター ハートセンター長

渡辺 弘之 先生

心臓は、全身の血液を集め、同時に送り出すポンプのような働きをしています。そして、心臓には血液の逆流を防ぐための「弁」があります。この「弁」に障害がおこってしまう病気を「弁膜症(べんまくしょう)」といいます。この記事では、そもそも心臓はどのような仕組みになっているのか、そして弁膜症とはどのような病気なのかについて説明します。また、病院選びのポイントについても見ていきましょう。

心臓のしくみ―心臓にある4つの部屋

心臓は4つの部屋に分けられます。左心房(さしんぼう)、左心室(さしんしつ)、右心房(うしんぼう)、右心室(うしんしつ)の4つです。

心臓の模式図
心臓の模式図

この4つの部屋それぞれから、大動脈(だいどうみゃく)、大静脈(だいじょうみゃく)、肺動脈(はいどうみゃく)、肺静脈(はいじょうみゃく)という大きな血管が出ています。

左心室は肺から血液を戻し、体中に血液を送ります。体中に送られた血液は、大静脈から右心房に帰ってきます。

右心室は体から血液を戻し、肺に血液を送ります。そして、肺に送られた血液は、肺静脈から左心房に帰ってきます。

心臓には4つの弁がある

つまり、血液は「左心室→大動脈→全身→大静脈→右心房→右心室→肺動脈→肺→肺静脈→左心房→左心室」というながれで全身をめぐっています。

そして、心臓には、血液が逆流してしまわないように、ところどころに弁がついています。
弁は、血液が通るときには開いて血液の通路となり、その後は閉じて血液の逆流を防ぐ働きをしています。つまり、弁は心臓の拍動(はくどう)に合わせて、開いたり閉じたりをくり返しています。

心臓の弁は4つあります。僧帽弁(そうぼうべん)、大動脈弁(だいどうみゃくべん)、三尖弁(さんせんべん)、肺動脈弁(はいどうみゃくべん)の4つです。

・僧帽弁:左心房と左心室の間にある弁です。「左心房→左心室」の血液の流れをサポートしています(逆流を防いでいます)。

・大動脈弁:左心室と大動脈の間にある弁です。「左心室→大動脈」の血液の流れをサポートしています。

・三尖弁:右心房と右心室の間にある弁です。「右心房→右心室」の血液の流れをサポートしています。

・肺動脈弁:右心室と肺動脈の間にある弁です。「右心室→肺動脈」の血液の流れをサポートしています。

弁膜症とは?

これらの弁に何らかの障害が起き、本来の役割を果たせなくなった状態を「弁膜症」といいます。4つある弁のうち、僧帽弁と大動脈弁が特に重要です。

弁の障害には2つあります。弁の開きが悪くなり血液が流れにくくなる「狭窄(きょうさく)」と、弁の閉じ方が不完全になり血液が逆流する「閉鎖不全(へいさふぜん)」の2つです。

つまり、主な弁膜症として「僧帽弁狭窄症」「僧帽弁閉鎖不全症」「大動脈弁狭窄症」「大動脈閉鎖不全症」の4つがあるのです。

僧帽弁狭窄症(そうぼうべん きょうさくしょう)

僧帽弁狭窄症とは、僧帽弁の開きが悪くなることによって、左心房から左心室へ血液が通りにくくなってしまう病気です。

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべん へいさふぜんしょう)

僧帽弁閉鎖不全症とは、僧帽弁がうまく閉まらず、左心室に入った血液が左心房に逆流してしまう病気です。

大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべん きょうさくしょう)

大動脈弁狭窄症とは、大動脈弁の開きが悪くなることによって、左心室から大動脈に血液が通りにくくなってしまう病気です。

大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべん へいさふぜんしょう)

大動脈弁閉鎖不全症とは、大動脈弁がうまく閉まらず、左心室から大動脈に押し出された血液が、左心室へ逆流してしまう病気です。

弁膜症治療における病院選びのポイント

弁膜症治療は、循環器内科医と心臓外科医の両者ともに弁膜症のエキスパートであり、かつ両者がしっかりと連携しているような施設で受けるのが理想的です。連携が取れているかどうかを外から判断するのはなかなか困難ですが、院内に心臓外科があってもまったく内科・外科の連携が取れていない施設は少なくないので要注意です。心臓外科がない病院やクリニックでも、内科医が院外の心臓外科医にまめに相談して、適切なタイミングで手術を勧めるところがあり、そのような病院やクリニックは安心です。

弁膜症手術における病院選びのポイントは、以下の点です。

  1. 心エコー図検査と弁膜症治療に精通した循環器内科医が在籍していること
  2. 弁膜症手術(とくに僧帽弁形成術)に精通した心臓外科医が在籍していることこと
  3. 循環器内科医と心臓外科医が密に連携して、手術を行うかどうかの判断などを一緒に決めていること
  4. 心臓外科がない場合は、院外の心臓外科医にすぐ相談できる体制をとっていること

特にあとの二つは判断が難しいですが、外来で担当医に「心臓外科医(あるいは循環器内科医)の意見も聞いてみたい」と言ってみるのも手ですね。それを渋るようだと他の病院にも相談したほうがよいかもしれません。