【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 43266d27 8e74 4d02 9d16 672ae4dee9fe
胃がん予防のためのピロリ菌除菌の効果
ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は、胃の粘液に住みつき、胃の粘膜を傷つける菌です。ピロリ菌によって、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんなどが引き起こされることがわかっています。ピロリ菌は抗生物...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

胃がん予防のためのピロリ菌除菌の効果

公開日 2015 年 10 月 02 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

胃がん予防のためのピロリ菌除菌の効果
水野 元夫 先生

倉敷中央病院消化器内科主任部長 岡山大学医学部臨床教授

水野 元夫 先生

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は、胃の粘液に住みつき、胃の粘膜を傷つける菌です。ピロリ菌によって、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんなどが引き起こされることがわかっています。

ピロリ菌は抗生物質などによって除菌することが可能です。これまで、胃・十二指腸潰瘍やMALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病などに対してピロリ菌除菌が有効であることはわかっていました。そして、胃がんへの予防効果に関しても、私たちの報告を含め、多くの検討が積み重ねられ、ピロリ菌除菌よる胃がんの予防効果は、もはや疑う余地のない事実となりました。

関連記事1:ピロリ菌の検査いろいろ
関連記事2:ピロリ菌の治療―除菌について

胃がんとは:日本人に非常に多いがん

胃がんは、1998年まで部位別がんによる死因のトップでした。現在は2位ですが、罹患率はトップのままであり、日本において患者数が最も多いがんです。

胃がんの主たる原因は、ピロリ菌の感染であり、胃がんは細菌感染症です。喫煙、高塩食などの生活習慣は、あくまでピロリ菌感染者においてのみ胃がんのリスクとなります。

症状は、初期のうちはなかなか自覚症状がありません。かなり進行しても症状がないこともありますが、胃の不快感、膨満感、吐き気などが代表的なものとして挙げられます。しかし、早期発見によってほぼ100%治癒できますので、ピロリ菌に感染している方は、必ず胃がん検診を受けて、早期発見に努めることが大切です。

胃がんとピロリ菌の関係

ピロリ菌は、胃の表層を覆う粘液の中に住みつく細菌です。ウレアーゼという酵素によって、胃の中にある尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、発生させたアンモニアによって胃酸を中和することで生き延びています。

また、ピロリ菌は、胃粘膜表面の細胞にCagAという毒素を注入して細胞を傷つけます。そして胃粘膜に白血球を呼び寄せて、数十年も続く慢性の炎症を引き起こします。このように胃の細胞が傷つくことや、炎症が続くことで、がんを防ぐ遺伝子が変化してがん化しやすくなるのです。

胃潰瘍で除菌治療を受けた方の観察により、ピロリ菌除菌による胃がん予防効果が明らかに

私たちは、17年間にわたってピロリ菌の除菌治療を受けた方々の追跡調査をしてきました。その結果、ピロリ菌を除菌することによって胃がんが抑制され、その効果は10年以上継続していることがわかりました。また、中国などからも同様の報告がなされています。

2013年には、ピロリ菌の診断治療の保険適用が慢性胃炎に拡大され、実質的にピロリ菌感染者全員の除菌治療が保険診療として行えるようになりました。胃がん予防を目的として、積極的なピロリ菌除菌行うべき時代に入ったといえます。

胃がんのリスクは残るので長期フォローを

ただ残念なことに、ピロリ菌を除菌したとしても、胃がんのリスクが完全になくなるわけではありません。胃がんのリスクは除菌後10年以上の長期にわたって残ります。そのため、除菌をしたとしても、定期的に内視鏡での検査をおこない、胃がんがないかをチェックしていくことが大切です。今後、胃がん予防のためにピロリ菌除去をする患者さんに対して、医師はきちんとこの説明をしていく必要があります。

今後は胃がん撲滅をめざして、「次世代の感染を防ぐ」ための除菌を

ピロリ菌の感染経路は経口感染です。具体的には、ピロリ菌を持っている大人が、赤ちゃんに口移しで食べ物を与える際などに感染しやすいのです。一度感染すると、除菌しないかぎりピロリ菌は生き続け、やがて胃がんを引き起こします。

しかし、子どもができる前の若い世代への除菌を推進していけば、次世代の子どもたちがピロリ菌に感染することはありません。新たなピロリ菌感染者をなくすことは、胃がんを撲滅するためのもっとも近道です。

 

岡山大学医学部を卒業後、米国コロラド大学医学部を経て岡山大学助教授、広島市民病院内視鏡科を経て現在では倉敷中央病院消化器内科主任部長ならびに岡山大学医学部で臨床教授を務める。消化器内科全般、特に内視鏡を専門とする。また、日本ヘリコバクター学会代議員、ピロリ菌感染症認定医ならびにHelicobacter Research誌で編集委員を務めており、ピロリ菌治療の第一人者としても知られる。

関連記事