編集部記事

目立たない裏側矯正のメリット・デメリットや費用、期間の徹底比較!滑舌への影響と対処法も ◇

目立たない裏側矯正のメリット・デメリットや費用、期間の徹底比較!滑舌への影響と対処法も ◇
 [医師監修] メディカルノート編集部

[医師監修] メディカルノート編集部

1.見えない歯列矯正「裏側矯正」とは?


歯並びの矯正方法にもいくつかの種類がありますが、通常の表側に行う矯正ではなく、裏側矯正とはどのような矯正方法なのでしょうか。裏側矯正の概要とそのポイントを詳しくご紹介します。

裏側矯正とは

歯列矯正には、取り外しが可能なものと固定式の2パターンがあります。治療で行う矯正に用いられるのは主に固定式であり、歯にブラケットと呼ばれる装置とそれを固定する弾力線であるワイヤーが使用されます。このブラケットは歯の1本1本に装着されますが、表側に出てくると目立ちます。口元は話すときなど目がいきやすい場所でもあるので、このブラケットが目立たないよう裏側に取り付ける方法で行われる矯正が裏側矯正です。表にブラケットが見えないため、周囲の人に気づかれることなく矯正が出来るのが魅力の一つといえるでしょう。

裏側矯正は、「リンガル矯正」もしくは「舌側(ぜっそく)矯正」などという呼び方もされます。以前に比べて、ブラケットのサイズも小さく薄型となり、さらに突起部分が少なくなっています。それにより、舌や歯肉にあたって炎症が起こるということも減ってきています。さらに、ブラケットをつなぐワイヤーの性能も向上していることから、表側の矯正とほとんど変わらない効果があるとされています。

裏側矯正のポイント

裏側矯正を成功させるためには、強制装置を取り付ける前段階が大切です。これは、歯の裏側は前側に比べて凹凸があり、その程度に個人差が大きく見られるためです。また、矯正を行う医師も裏側は見づらいため、微妙な付き具合の確認が難しいという点があるのです。
こういった理由により、裏側矯正の場合は患者さんにあったオーダーメイドの矯正装置を作成します。
歯型を取り、ぴったりと歯の裏側に合う矯正装置を、技工士だけでなく医師も協力しながら作り上げます。つまり非常に精工な技工が求められ、これらの技術の差が最終の矯正の仕上がりに大きく影響するのです。

記事のトップへ

 

2.裏側矯正にかかる費用はどれくらい


表側に矯正器具を付ける矯正方法に比べて、裏側矯正は費用が高いといわれます。また矯正は1年~2年と長い期間をかけて行っていくものです。そのため、一度矯正器具を付けたら終わりではなく、補正なども必要であり通院も行います。矯正にかかる費用を知るには、初診から裏側矯正が完了した後にどんな費用がどのぐらいかかるのかを知っておく必要があるしょう。

裏側矯正の費用 ~準備編~

まず裏側矯正にかかる費用を段階ごとに確認しておきましょう。

実際に裏側矯正を始める前段階に発生する費用として、3つの費用があります。

①初診料・相談料

治療の流れや矯正器具についてなど、その人の歯の悩みに応じての説明費用です。病院によっては無料であることもあります。

②精密検査料

歯形や口、顔の写真を撮る費用です。

③診断料

精密検査などに基づき組み立てられた治療計画などに要する費用です。

裏側矯正の費用 ~処置編~

次に、矯正中にかかる費用です。ここには2つの費用がかかります。

①装置及び基本料

装置及び基本料金は、矯正を行う矯正器具代です。矯正器具代も一律ではなく、歯並びなど歯の状態にも左右されます。

②処置料

処置料は矯正器具の調整にかかる費用です。

裏側矯正の費用 ~矯正後編~

矯正が終わった後にかかる費用としては、

①装置及び基本料

矯正後の装置及び基本料金というのは、矯正器具を外した後に矯正状態を安定させるためにつけるリテーナー代です。

②定期検診やメンテナンス料

定期検診やメンテナンス料は矯正の戻りがないかなどの定期検査費用です。


上記でご紹介した費用の中で最も大きなウエイトをしめるのが、治療中に使用する装置及び基本料金です。これが裏側矯正を行っていく上での要となるため、最も高額となるのです。費用的には、上側下側合わせて100万程度となります。
次に大きくかかる費用は、矯正前の精密検査料です。ここできっちりと調べた上で歯形を作り矯正器具が出来上がるわけです。この検査料には、30,000円~60,000円程度かかります。また、ほぼ同じ額がかかってくるのが矯正後のリテーナー代です。
矯正中もしくは矯正後の処置料やメンテナンス料は、1回1,000円程度のところがほとんどです。

総額で裏側矯正にかかる費用を見ると120万前後と考えておく必要があります。

記事のトップへ

 

3.裏側矯正のメリット

歯列矯正の方法の1つである裏側矯正のメリットにはどのようなことがあるのかご紹介します。

裏側矯正における歯へのメリット

●歯へのダメージが少ない

まず歯へのダメージが少ないことがあげられます。歯の表面はエナメル質で覆われています。そこに矯正器具であるブラケットを接着しワイヤーで締めると、どうしてもブラケットが歯に接着している部位のエナメル質が減りやすくなります。しかし、裏側矯正の場合は見えない部位ですので、同様のダメージがあっても影響はないのです。また、表側に比べ矯正中の虫歯トラブルを避けることができるという点もメリットといえます。表側矯正だとどうしてもブラケットやワイヤーが邪魔になり、うまく歯磨きができません。それによって虫歯ができやすくなりがちです。しかし裏側矯正の場合は、うまく磨けなくても、常に唾液が分泌していることから、唾液によって殺菌することが可能なのです。

●矯正器具が見えない

最も大きなメリットともいえるのが、歯の表側に矯正器具が見えないので、他人に気づかれずに矯正することができる部分です。表側矯正のようにワイヤーに食べ物が絡みついているのではと心配する必要も減るので、外食なども心置きなく楽しめます。

●舌癖防止ができる

特に出っ歯の方は、無意識に舌で前歯を押す癖があります。そのせいで、どんどん出っ歯が進行しやすいのです。しかし通常リラックス状態の時の舌の位置は、歯にあたってはいません。そんな出っ歯の人でも、葉の裏側に矯正器具があるとそれに舌があたると違和感をもち、舌で歯を押すことがなくなるのです。また、矯正中に正しい癖がつくと、矯正後も歯を押す癖がなくなるので、出っ歯に戻ることもありません。

他にも、矯正を行う際に歯をまびくために抜いて、作ったスペースを使って歯並びを整える方法があります。しかし前側矯正の場合は、逆に前に出やすくなってしまうのです。裏側矯正であれば前に出ている歯がきちんと後ろに移動しやすいため、この点もメリットといえます。

記事のトップへ

 

4.裏側矯正のデメリット


続いて矯正中に起こりうるデメリットを見ていきましょう。

●矯正器具が舌にあたる

裏側矯正の場合、ブラケットやワイヤーが歯の裏側にあります。そのため、舌と器具が当たり違和感を持つことがあるのです。時間が立てば慣れていきますが、それまでは舌があたっては引っ込めるという動作により、できものが出来てしまう方もいます。

●発音がしづらい

舌が矯正器具に当たらないように話そうとするがために、発音しづらいい葉が出てきてしまいます。特に、さ行・た行・ら行などが不明瞭になり、舌足らずのような話し方になる傾向があります。

●食事や歯磨きがしづらい

特に麺類や細いもやしなどが、矯正器具に絡まってしまうなど食事がしづらいと感じる場合も多いです。装置を付けている違和感から食べづらく誤って口の内側を噛んでしまい口内炎ができる人もいます。また、通常でも歯の裏側は磨きにくい部位ですが、装置があることから余計に磨きにくくなります。そのため、食べかすなどが歯の裏側に残りやすくなってしまいます。

記事のトップへ

 

5.裏側矯正にかかる期間はどれくらい?

歯列矯正の中でも裏側矯正は特に期間を要するため、腰を据えて治療に取り掛からないといけません。特に女性は妊娠など大きな体の変化が起こる可能性もあるので、計画的に裏側矯正を行うことは大切です。

裏側矯正と治療期間

裏側矯正で要する全体的な治療期間は、短い方で1年、長い方で3年程度かかります。一律にどれぐらいという期間設定が出来ず、非常に期間に幅があるのには理由があります。

1つは表側と違い裏側は歯並びが複雑であることがあげられます。また、奥歯の矯正が終わってから前歯の矯正といった具合に時期を分けて行うので、長期間かかってしまうのです。さらに歯並びの状態が良い人とそうでない人とでは要する期間が異なります。具体的には、出っ歯や受け口、かみ合わせがどうかといったことが関係します。また、矯正する部位が上側もしくは下側のみか両側なのかによっても変わってきます。矯正を行う際、抜糸を伴う矯正であれば、抜糸部分を埋める部位の矯正に時間がかかるので非抜糸矯正と期間が変わってきます。

矯正中も歯の矯正度合いを見ながら、ワイヤーを締めていくなど定期的なケアが必要となります。そのため、1か月に1回程度は病院を訪れる必要があります。矯正を行うとかみ合わせが変わったり、違和感を持ちやすくなります。それらが落ち着くまでには個人差はありますが1月程度要します。

裏側矯正の保定期間

裏側矯正の矯正器具をしている期間を動的治療期間といい、その後には保定期間という矯正器具を外した後の経過を見る期間が存在します。この期間は、矯正した歯が元に戻らないようにリテーナーを装着し様子を見ていきます。リテーナーは目立たない透明のものが使用されます。特に矯正器具を外した後の半年から1年は、せっかくの矯正が戻りやすいので食事や歯磨きの時を除いては装着する必要があるのです。

さらに保定期間に自分では分からない戻りなどを確認してもらうためにも、最初は3か月おきに病院に行く必要があります。矯正をして2~3年のうちは、期間は半年ごとと開いてはいきますが、このような保定期間をとることが矯正を確実なものにするために必要とされています。

記事のトップへ

 

6.裏側矯正で食事をとる際の注意点は?

歯列矯正には費用も時間もかかりますから、せっかくの矯正器具が外れたりしないかと心配になるものです。特に食事には気を使わなければと考えると思いますが、裏側矯正を行っている際に避けたい食べ物、また食後のケアはどのように行うのでしょうか。

裏側矯正の食事で避けたいもの

まず、裏側矯正を行っているときに避けたい食べ物をご紹介しましょう。

硬いもの

おせんべい、クッキー、氷、ピーナッツ、硬いお肉や骨つきのお肉、ランスパンなどの硬めのパン など

粘着質のもの

ガム、キャラメル、ソフトキャンディー など

歯に詰まったり絡まりやすいもの

ポテトチップス、麺類、もやし など

硬いものは、思い切り噛んだ衝撃で矯正装置が破損したり、外れてしまうことがあります。また、お肉などにかぶりついたり噛み切ることで、歯に衝撃を与えることも考えられます。その他にも、パン自体が硬くなくても、サンドイッチなどの中身が硬くて噛み切りにくいような場合も要注意です。粘着質なガムやキャラルなどは装置にくっついてしまい、装置が外れる原因となります。また糖分が多いことから虫歯を作りやすいのでお勧めできません。歯に詰まりやすかったり絡まりやすいものは、歯と装置の間に絡まると歯磨きをしてもなかなか取れないことがあるため避けたい食べ物といえるでしょう。

裏側矯正の食後のケア

裏側矯正をしている時は、食べ物を避けるなど食べ方にも気を付けることはもちろん、食後の歯のケアも大切です。

朝昼晩の食事の後はもちろんのこと、間食をした後なども忘れずに歯磨きを行いましょう。歯磨きの仕方としては、まず歯間ブラシで歯とワイヤーの間の食べ物を丁寧に取り除き、その後、矯正装置にあった歯ブラシを使って歯をブラッシングしましょう。すぐには歯磨きが出来ないときは、うがいをするなどして口の中のケアを行うだけでも違います。

記事のトップへ

 

7.出っ歯でも裏側矯正は可能か?


歯並びが気になって、人と話をしたり笑って歯が見えるのが苦手という悩みを抱えている人も多いでしょう。特に、出っ歯だとそれをどうにか治したいと思うものの、本当に矯正で治るのかと心配になるものです。出っ歯の種類と裏側矯正について詳しくご紹介します。

出っ歯の種類

出っ歯と一いでいってもいくつかの種類があり、それによって病院での治療方法は変わってきます。
出っ歯というのは歯の生え方によるものだけではありません、上側の顎が前に出てしまう上顎前突といわれる骨格上の問題と、歯の生え方の傾斜による2つがあります。

さらに細かく見ていくと5つのタイプに分かれます。

①上側の前歯が前方に大きく傾斜している歯槽性の上顎前突
②上あごが異常に前方に出てしまう骨格上の上顎前突
③上側は正常だが、下側の前歯が内側に入り込んだ状態になっている歯槽性の上顎前突
④下側のあごが異常に後ろ側に引っ込んでいる骨格上の上顎前突
⑤歯の生え方と骨格上の双方が組み合わさってできている上顎前突

これらによって、歯のかみ合わせも悪くなり、見た目が気になるだけでなく虫歯などにもなりやすくなっているのです。

出っ歯でも裏側矯正は可能

出っ歯は裏側矯正で治療できるかというと、基本的にほとんどの出っ歯が矯正可能です。

この場合、2つの方法を用いて裏側矯正が行われます。1つ目は、不要な歯を抜くことでスペースを作ってあげ、そこに飛び出ている前歯を下げていく方法です。角度だけを治せばいいという問題ではなく、多くの出っ歯が歯同士で重なり合ってしまい入れ違いになっているケースが多いのです。そこで、抜歯することでその重なりを解消させてあげるスペースを作る必要があるのです。歯の裏側にブラケットを付けることで、目立たず飛び出た歯を奥に引き戻すことができます。2つ目は奥歯の噛み合わせを整えることで、全体的に歯が前に飛び出ているのを正しい位置に戻していく方法です。このように出っ歯の場合でも、一部のみでなく全体的に矯正を行うことで矯正は可能です。

記事のトップへ

 

8.裏側矯正では滑舌はどうなる?通常の歯列矯正と比較して


表側矯正にするか裏側矯正にするか決める際に、両方ともにメリットとデメリットがあるので悩んでしまうことも多いと思います。ここでは、裏側矯正のデメリットの一つといえる滑舌について詳しく説明していきます。

裏側矯正の発音への影響

まず、歯列矯正を行う上での滑舌の問題についてですが、表側矯正を行う場合は特に問題になることはありません。これは、矯正器具が歯の表側についているため、舌と矯正器具があたるこということがないからです。一方、裏側矯正を行った際に、滑舌が悪くなったり発音に支障をきたすのは、矯正器具のブラケットが歯の裏側にあるからです。普段は意識していませんが、私たちがい葉を発するときに舌が動き、音によっては歯の裏側に当たるのです。その音が、サ行、ザ行、タ行、ダ行、ナ行、ラ行の音です。

これらの音を発音しようとしたとき、舌にブラケットがあたることに違和感を持ち、舌が当たらないようにしゃべろうとしてしまうとうまく音が出ないのです。また、ブラケットがない状態に比べて、歯茎や歯、口蓋を利用した適切な空間を阻害することから、発音しづらかったり舌足らずのしゃべり方になってしまいます。ただし、この発音への影響は個人差があり、程度にも差があります。1月程度で慣れる方もいますし、時間がかかる人もいます。

裏側矯正の影響による滑舌を改善させる方法

裏側矯正を行っているときに滑舌が気になるとはいっても、オーダーメイドの矯正器具を変えるわけにはいきません。そこで改善させるには以下の工夫を行いましょう。

最も大切なのはブラケットがある状態に慣れることです。喋りづらいとつい人と話すのを避けようとしてしまうかも知れませんが、出来るだけい葉を発して慣れるようにしましょう。会話をするときには、ゆっくりと大きめの声で話すようにすることがポイントです。

記事のトップへ

 

9.裏側矯正に痛みはある?通常の歯列矯正と比較しよう


矯正を行う際に気になることの一つとして「痛み」があると思います。裏側矯正の場合も痛みはあるのでしょうか?

通常の歯列矯正と共通の痛み

歯列矯正を行うにあたってどうしても痛みはつきものです。これは通常の表側矯正でも裏側矯正でも同じです。痛みの原因としては以下が挙げられます。

①歯が動くことによる痛み

まず、痛みの原因として挙げられるのが、歯が動くことによる痛みです。
矯正は、歯を元々の位置から動かしていきます。そのため、矯正器具を装着しワイヤーでしめる時に痛みを感じるのです。この時、歯の根元の部分が繰り返し圧迫されるので、血流自体も阻害されてしまいます。その痛みは、締め付け感のように感じる人もいれば、歯が浮く感じや、歯痒い感覚など人によって違います。これらの痛みは、はじめて矯正器具を付けた時、矯正器具の締め付け度合いなどを替えた時に感じることが多くなります。痛むきっかけとしては、何か動作をしたときではなくじっとしている時に突然痛みます。

②食事中など物を噛むときの痛み

矯正をした後、3~4日程度は痛みが続きますが徐々に痛みは引いていきます。また痛み自体に慣れていくということもあるでしょう。ただし、矯正器具の調整をした後は、痛みが再発する場合もあります。痛みを感じるのは、歯根膜と呼ばれる部位です。

裏側矯正のみにある痛み

通常の歯列矯正では感じない裏側矯正のみで感じる痛みは、矯正器具と舌が接触することで感じる痛みです。裏側にブラケットがつくことによって、繰り返し舌にあたり炎症を起こすのです。しかし、この痛みにも徐々に慣れていくので心配はないでしょう。器具を装着した後、1~2カ月程度で痛みや傷もできにくくなります。ちなみに、表側矯正の場合は、舌に矯正器具が当たることはありませんが、唇の裏側や頬の内側の粘膜などが矯正器具とこすれることはあります。

痛みを感じるのは辛いものですが、歯が動き、きちんと強制されている合図でもあるので、慣れるまで我慢しましょう。中には矯正が正常に行われていても、人によってはほとんど痛みを感じない方もいます。

記事のトップへ

 

10.裏側矯正と通常の歯列矯正、費用の比較

裏側矯正には漠然と「高い」というイメージをもっている人も多いと思いますが、表面矯正と実際にはどれくらい差があるのでしょうか。

通常の歯列矯正と裏側矯正の費用比較

通常の歯列矯正と裏側矯正において、変わる費用と変わらない費用に分けて比べていきましょう。

まず変わらない費用としては、以下が挙げられます。

・初診料
・検査料
・診断料

これら、治療に入る前の費用には基本的に差は出てきません。

費用が変わるのは、「矯正装置料」と「技術料」です。

比較してみると、裏側矯正にかかるこれらの費用は、通常の歯列矯正の最低1.7倍から2倍程度といわれます。病院にもよりますが、通常の歯列矯正だと600,000円~700,000円程度であるところ、裏側矯正だと1,000,000円~1,200,000円前後かかってきます。さらに、歯列矯正は自由診療であるため、保険が適用されず負担が大きくなってしまうのです。

裏側矯正が高い理由

周りの人から見えない裏側に矯正するというメリットはもちろんありますが、なぜそこまで費用に差が出てくるのかについてご説明しましょう。

①矯正器具が高い

まず矯正器具自体が高いのが1つの理由です。表側矯正の場合はある程度大量生産的に作ることが可能ですが、裏側矯正は個人個人の歯や口の形状などにあったフルオーダーメイドの器具を作る必要があります。そのため、矯正器具を作る前には必ず型を取ります。また型ができた後も、その人にフィットするように調整をする必要があるのです。

②手間がかかる

矯正器具を取り付けるのにも裏側矯正は非常に時間がかかり神経を使います。また、歯の裏側は表側に比べて、力のかかり方が異なります。それらの負荷も考えた上で矯正器具を装着していく必要があるため、治療自体にも時間がかかりますし手間もかかるのです。つまり、同じ患者さんの治療をするのにも裏側矯正の方が時間を要することから、費用自体も高めに設定する必要が出てくるのです。
 

記事のトップへ

 

11.裏側矯正と通常の歯列矯正、矯正期間の比較

矯正はある程度時間のかかるものだということは、ご存知の方も多いと思います。ここでは、裏側矯正を選択した場合の矯正にかかる期間と、通常の表側矯正を選択した場合にかかる矯正期間に差があるのかということについてご紹介していきます。

裏側矯正と表側矯正、矯正期間の比較

結論からいうと、表側矯正でも裏側矯正でも、矯正の期間自体にはほとんど差がありません。医療機関やその方の歯並びによって変わってはきますが、大体1年~2年程度とされています。ただし歯列矯正を行うために、医療機関を訪れてから最終矯正が完了するまでには下記の通りいくつかの段階があります。

①診断から治療開始まで
②治療矯正期間
③保定期間


上記のうち、診断から治療開始までは裏側矯正の方が時間を要します。表側矯正の場合は平均2週間程度とされていますが、裏側矯正の場合は1ヶ月半程度要します。これは、裏側矯正は個人個人で歯形をとり、その人に応じた矯正器具を作成するのに時間が必要なためです。

矯正期間がかかるケース

矯正に掛かる時間を左右する要因の一つに、矯正器具を取り付けて調整を行なう医師の技量があります。特に裏側矯正の場合は矯正器具を取り付ける際、見えにくい部位もあるので技術力と時間を要するのです。そのため、経験が豊富な医師など医師の技量によっても左右されると考えられます。
また、歯の状態が出っ歯になっていたり、歯並びが悪く凸凹としていると時間がかかる場合があります。無理やり強い力での矯正を行い歯茎などに負担を与えてもいけないので、あえて時間をかけたり、矯正する部位を分ける医師もいます。

記事のトップへ

 

12.裏側矯正と通常の歯列矯正、見た目の比較

歯列矯正を行うには、矯正器具を装着する矯正期間だけでも早い人で1年はかかります。また、人によっては2年程度矯正器具を付けた状態が続く人もいます。そのため、治療中の見た目というのも非常に気になるものです。そこで、裏側矯正と表側矯正の見た目の比較をしていきましょう。

裏側矯正と表側矯正のみための比較

裏側矯正は、矯正器具のブラケットやワイヤーが歯の裏側に取り付けられるため、見た目で矯正をしていることはほとんど分かりません。

一方、表側矯正の場合はブラケットとワイヤーが歯の表側に取り付けられるので、口をあけると矯正をしていることが一目瞭然です。そういった意味で接客業をしている方や、見た目を気にされる方には表側矯正よりも裏側矯正のほうがよいかも知れません。

表側矯正を目立たなくさせる方法

最近は器具も進化しており、以前多かった銀色の目立ちやすい金属のブラケットではなく、歯の色とあまり変わらない乳白色のものがでてきています。また、ブラケットだけでなくブラケットをつなぐワイヤーも乳白色や透明で目立たないものがあります。またブラケットは色が目立たないだけでなく、1年、2年と歯に着けていても変色しないというメリットもあります。
色が目立たない矯正器具を使用した表側矯正は、裏側矯正より価格は安いのですが、金属の矯正器具に比べると高くなります。また、目立たないとはいえ、裏側矯正のように見えないわけではないので、どの方法を選択するかは金額・審美などを含めてよく検討する必要があるでしょう。
 

記事のトップへ