S414x320 81a9f32d ec92 420b b391 5c6e7a085c9f

タイアップ

公開日 : 2016 年 08 月 08 日
更新日 : 2017 年 10 月 18 日

医療機関で受けるレーザー脱毛とエステサロンで受けるレーザー脱毛

レーザー脱毛は脱毛をする際に最もポピュラーな選択肢のひとつになっています。とはいえ、レーザー脱毛とはどういったものなのか、詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。また、病院で受けられるレーザー脱毛は「医療用レーザー」を用いている点で、エステサロンなどで受けることのできるレーザー脱毛とはその性質が大きく異なります。レーザー脱毛について、はなふさ皮膚科の花房火月(はなふさ・ひづき)先生に伺いました。

レーザー脱毛は毛根を破壊し、永久脱毛を実現するもの

レーザーを利用した脱毛法では、毛根そのものを破壊することが目的になります。逆に言うと、毛根を破壊しない脱毛は一時的なものでしかない、ということです。具体的なメカニズムは、レーザーを毛根のメラニン色素に照射し、メラニン色素に吸収された光が熱に変わって毛根を破壊するというものです。そのため、きちんと毛根が破壊されれば永久脱毛、つまり同じ毛根から二度と毛が生えてこない効果が得られます。ひとくちに脱毛レーザーと言っても様々な方式があるのですが、日本で使われているのはアメリカで生まれたアレキサンドライトレーザーダイオードレーザーです。ほとんどのレーザー脱毛で、このどちらかが利用されています。

また、レーザー脱毛では毛根のメラニン色素を利用するため、メラニン色素が少ない毛の退行期や休止期には余り効果がないことも特徴です。そのため全ての毛根に対してレーザーが当たるよう、何度か繰り返して行う必要があります。休止期の毛根については、数年たってから再び毛が生えてくる、というケースもあります。

永久脱毛は病院やクリニックなどの医療機関でしかできない

前述の通り、「脱毛=みなさんが期待する永久脱毛」は毛根を破壊するのが目的になります。この毛根を破壊するという行為は医療行為に当たり、これを行っていいのは医療機関だけと法律で定められています。一過性に毛を抜くだけの脱毛なら話は別ですが、永久脱毛は医療機関でなければ受けられません。そのため、エステの脱毛で、永久脱毛の効果を期待するのはナンセンスといえます。

「レーザー脱毛」というと言葉の響きを軽く感じる方もいるかもしれませんが、どれだけ毛根にエネルギーを与えると、どの程度脱毛効果が期待できるのか。これはレーザーの乱反射、深達度といったことから計算できる物理の話です。レーザー脱毛とは、これを人体に応用しているわけですから、医療機関で受けるべきものであることがおわかりいただけるのではないでしょうか。毛根が深くて大きい男性のひげなどは特に施術が難しい部位ですから、医療機関の中でもレーザー脱毛に真剣に取り組んでいる施設で施術を受けるべきといえます。